• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

rbengineのブログ一覧

2018年07月21日 イイね!

マークX350RDSに試乗しました

マークX350RDSに試乗しましたトヨタの試乗コース「メガウェブ」にて、1.3キロのコースを2週、試乗しました。
昔ながらの「六気筒+FR+3ナンバースポーツセダン」を求める我々にとって、現在、新車で売っている国産車の中で、一番安心して乗れると思います。おすすめ出来ます。
とにかく、クルマの動きが軽い、軽い!!
自動車の20年間の進化を感じましたね。
Posted at 2018/07/21 14:08:31 | コメント(0) | クルマレビュー
2018年07月14日 イイね!

【 絶対無理だけどお金があれば乗りたいクルマ2選(笑)】

【 絶対無理だけどお金があれば乗りたいクルマ2選(笑)】【 絶対無理だけどお金があれば乗りたいクルマ2選(笑)】

 私の駐車場を見ると、満身創痍の型落ち20年前のオンボロのスカイラインが停まっている。
 この暑さで頭がヤラれてしまったのだろうか、もしお金があれば乗りたいなと思うクルマを、2つピックアップしてみる気になった(笑)。まあ、生涯に渡って、新車購入することは、絶対に無理ですが(笑)

1.アウディS7スポーツバック4.0 4WD(現行型) 新車価格1,367万円
alt

alt

 流れるような美しいデザイン、安心のクワトロシステム、4リッターV8ツインターボエンジン(450馬力)。乗ったことないですが、もはや完璧でしょう。
 新車価格の高さも去ることながら、保険料、税金、ガソリン代、タイヤ等各種消耗品を考えると、いったいどのくらいのお金がかかるのでしょうね(爆)。


2.クラウンアスリート 3.5アスリートG(旧型) 新車価格618万円
alt

alt

alt

 安心・安全のトヨタ性。お金があれば、トヨタの高級セダンを新車で買うというのは賢いと思う。やっぱりクラウン。ただ、運転好きとしてはアスリートが良い。旧型アスリートは、サイドのデザインが良かったですね。また、ナビが埋め込みタイプになっているのもスッキリして好印象でした。

 まあ、現実には到底不可能ですが、妄想の世界で楽しんでおります(*´∀`*)。

 もちろん、ENR34の純正NISMO仕様を新車で作ってもらう、というのもありかもね(*´∀`*)

Posted at 2018/07/14 23:27:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月07日 イイね!

【 新型クラウンを見てきた 】

【 新型クラウンを見てきた 】【 新型クラウンを見てきた 】

 先日、新型クラウンが登場した。クラウンというネーミングを持つ車種は、我が国で最も長い歴史を持つそうで、今回のモデルは15代目となる。
alt

 15代目のクラウンの最大の特徴は、やはりリアのデザインだろう。ハッチバック風の流れるリアは、最近のBMWなども取り入れているが、極めてカッコイイ。歴代最高だと思う。
alt

alt

 フロントは、14代目のアスリートが不評だったからか、ギザギザグリルはやめて、スッキリした印象になった。網目部分が広いのは、クラウンらしい威厳を感じさせる。
 なお、全幅は、クラウンの伝統に則り、1800mmピッタリである。最小回転半径は、5.3mに抑えられているが、RS系グレードは5.5mとなる。
alt
 売れ筋となるのは、2.5G、すなわち普通の直四2500cc+モーターのハイブリッドだろう。エンジンは、184馬力/6000回転、22.5キロ/3800回転〜5400回転と至ってフツー。モーターは、143馬力、30.6キロ。合わせると、十分なパワーだろう。
 ボンネット内がスカスカに見えるのは、V6の3500cc+ハイブリッドというマニア向けグレードがあるので、大きなエンジンを搭載できるようにするためだろう。私なら、直4で十分だと思う。
 クラウンというのは、静かである必要があり、要は、その目的が達成できれば良い。そのためには、「直列6気筒」というエンジン自体を静かにする方法もあるし、「ハイブリッド+たっぷり吸音材と」いう方法もある。このご時世、私は、クラウンの直4+モーターのハイブリッド化には、大賛成の立場です。
alt

alt


 室内はシンプルでクラウンらしい。後部座席の足元・頭上には余裕がある。おそらく、旧型よりも頭上高が確保されていると思う。
alt

alt
 ボンネットの位置が低くなり、運転席からボンネット全体がはっきり見える。運転のしやすさを印象付けられた。
alt

 インパネは、ナビ画面が独立したタイプ。埋め込むとデザイン的にはスッキリするが、見やすさとダッシュボードの低さを考えたときは、これで良いと思う。
alt
 ステアリングのデザインは、少しチープな印象。特に、中央部のプラスチック感はアウトだと思う。クラウンは、やはり4本スポークタイプが似合っている。
 そういえば、かつて、11代目(最後の直6)のアスリートに、アリストと同じステアリングを装着した「VX」という特別仕様車があったのを思い出した。
alt
*参考↓アスリートVX。
alt

 ペダルレイアウトも右寄りで良好だ。さすがFRである。
alt

 運転席・助手席全体の印象は、可もなく・不可もなく、フツーである。
ただし、押し込み式のカップホルダーが壊れないか不安だが。
alt

 新型クラウンは、先代まで残っていた2500ccのV6を、ついに捨て去った。私は、これは大正解だと思う。時代は、大きく・重たく・燃費が悪い六気筒から、小さく・軽く・燃費の良い四気筒や三気筒へとシフトしている。
 また、「アスリート」というネーミングも捨てたが、実質的には「RS」がアルのだから、スポーツ車が好きな方にとっても、良いと思う。RS系は、なんと純正4本出しマフラーが装着されている。カッコイイ。
alt

 新型クラウンは、良いデザインと現実的なパワートレーンで、売れまくるでしょうね。こうなると、先代(ギザギザグリル)、先々代(尻上がり型)、先々々代(ゼロクラウン)の中古車は安くなってくれるかなぁ・・・。
 ただ、私は、リアの先端が運転席から目視でわかるクルマに拘りたいという気持ちがあるので、クラウンは中古でも買いませんが。。。
Posted at 2018/07/07 18:26:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月17日 イイね!

【 80&90ミーティングに行ってきました 】

【 80&90ミーティングに行ってきました 】

 詳細につきましては、フォトギャラリーに投稿いたしました。

 今日は、スカイラインに乗られているヨッコイしょーいち氏が企画している、「80&90ミーティング」(埼玉県)に参加させていただきました。北海道在住時から、気になっていたミーティングなので、初めて参加できて、嬉しかったです。ヨッコイ氏、ありがとうございました(^^)
alt


 同じ雪国出身・同い年で、貴重なA31セフィーロに乗られているあっきー@A31氏にお会い出来、お話できたことは、貴重な体験でした。
 融雪剤がまかれる雪国で、これだけきれいな個体を維持されるのは、本当にすごい限りです。レグノGR-XTにRBエンジンの組み合わせ、同じでした。
alt

 
 私と同じく「タイヤ・ホイール以外は原則ノーマル」ご主義であられるマツ・ヒロ氏にもお会いでき、大変うれしかった限りです。この32は、とてもきれいな個体で、34後期ホイール+ポテンザは似合っておりました。
alt


 RBエンジン搭載車に大変お詳しく、みんカラでも著名なえむしぃ@34は、本日はローレルでお越しであり、その大変きれいな内外装に感動した次第です。C34は後部座席も広く、魅力的でした。
alt


 私と同じく北海道ご出身であり、4WDのスカイラインにお乗りであるnino氏におかれては、34乗りの方をご紹介してくださるなど、大変ご親切にしていただき、心から感謝申し上げます。4WD乗りがおられて、心強い限りです。
alt


 その他にも、いろいろなみん友さんとお話させていただくことができ、大変充実した時間をすごすことができました。ここですべての車両をご紹介できないことが、大変心苦しいですが、今後もぜひ色々と参加させてください(*´∀`*)
 やっぱり、RBは最高ですね(*´∀`*)
alt

Posted at 2018/06/17 20:06:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月16日 イイね!

【 20年間・10万キロ達成! おめでとうスカイライン 】

【 20年間・10万キロ達成! おめでとうスカイライン 】【 20年間・10万キロ達成! おめでとうスカイライン 】

 本日、私のENR34スカイラインが、10万キロを達成しました。
①99999km
alt

②100000km
alt

 1998年にこの世に誕生した個体ですから、20年間・10万キロです。
 前のオーナーは、17年間で75400キロ。
 私は、2年半で25000キロということで、私のほうがペースが速いですね(汗)。

 10万キロは、単なる通過点ですから、少なくとも15万キロまで、できれば20万キロまで乗り通します。

 色々なクルマを運転する機会がありましたが、やはり、ENR34の①天下一品のハンドリング、②すばらしい音色でパワフルなRBエンジン、③雪とコーナーに強い4WDシステム、④純正NISMOエアロの組み合わせは、今後二度と出てこないと思います。
 このクルマに出会えて、大満足です。

 これからも、ノーマル基調で、大切に乗りますよ(*´∀`*)
alt

 *ちなみに、今週末は、日産グローバル本社に行って、最近話題の赤・GTS32などの展示物を見てきます。ご一緒される方、おりませんか(*´∀`*)


Posted at 2018/05/16 21:44:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@34Kouki 役所勤めの私には、「お盆休み」という概念がありません(涙) 3日間の夏休みは頂きました(^^)」
何シテル?   08/16 18:50
1998年式スカイラインENR34の25GT-X-FOURに乗っています。純正NISMO仕様です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

お気軽に幅広く、どうぞよろしくお願いいたします♪
123 人のお友達がいます
kimykimy * Big Foot ★Big Foot ★ *みんカラ公認
こっそりC35こっそりC35 * kurumazukidayokurumazukidayo *
P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 * 徳小寺 無恒徳小寺 無恒 *

ファン

70 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
2,5リッター四駆の純正NISMO仕様です。滅多にないと思います。なかなかいい車です。当 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.