• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

のぞみ163号のブログ一覧

2018年10月15日 イイね!

奥多摩湖等に行ってきました

毎月お馴染みのFCワークスの月例オフ会に行って参りました。

前日は仕事明けから一睡もせず、まずは朝4時に起きてみるの本降りの雨。
まず気持ちがくじけて、二度寝をしました。
で、改めて起きて、軽く朝ご飯を済ませて出発し、R411、多摩川南岸道路、もう一度R411を経つつ、試しにトンネル内でライトの視認性を確認し、ハロゲンとの違いを否応なく実感しました。
そして、到着しました。




奥多摩湖の大麦代駐車場(いわゆる第二駐車場)に到着しました。



隊長を始め来られた皆様にご挨拶とお話をして、特に先日ライト交換をしていただいた整備士の方に状況をお伝えしました。

そして、朝礼が始まり、ちょっとしたいじりがあって終了しました。
そのうちに雨が降り出し、急遽第一駐車場へ移動しました。



移動後に収穫祭の配布大会があり、以下の持っていくことに成功しました。



また、「或る物」の受付があり、発注しました。
で、来られた皆様と半分クルマと関係ない話で盛り上がりました・・・。

その後、一般のクルマが押し寄せ(多分家を出るときに晴れてたから出てきたんでしょうね的な感じの)、しまいには老夫が運転するワゴンがバック時にメンバーの車に接触しそうになり、居合わせたメンバー全員で注意喚起すると、そのワゴンはどこかへ行ってしまいました。(私でも危険をわかる位の角度で進入しようとしたので)
その後入ってきた大型SUV車は何なくきちんと入っていました。
そして、徐々にそういうクルマが入ってくるので、独自の判断で第一から第二へクルマを移動させ、第一に行ってみると早めに昼食のお時間と言うことで、付いていきこちらをいただきました。



いただいた後に、隊長さんにご挨拶をして、第一で数名の方にもご挨拶をして、第二に停めておいたNOTEのステアリングを握って、「西」に進路をとりました。

R411からR139に入ると、前を走る昭和末期から平成初頭のスポーツカーがそのクルマにそぐわない運転をしていました。

一々カーブの手前でブレーキを踏んだり、カーブの曲がり方もおぼつかず、思わず(若葉を付けてない)初心者さんですか?と言う位に思いながら後方で距離を(意図的に)開けて走っていました。

そして、道の駅こすげに行ってみると、駐車場が満車というサインを見て、即座に臨時駐車場に駐車して、トイレと買い物を済ませて、再びR139へ出てみると、白い浜松ナンバーの現行ジムニーがいました。
登坂はきつそうでしたが、松姫トンネルを過ぎて下り勾配になってから相当随分と飛ばされていました。
とはいえ先頭が山梨ナンバーの枯葉印のフィットでしたので、そこで詰まり、後からのクルマを含めて"4両編成(後に5両編成)"で南下しましたが。
とりあえず普段と逆に進んだのと、昼間走行でしたので、感覚が全く逆になってそれも新鮮でした。

その枯葉印のフィットがR139とバス通り(県505)の交点の七保橋手前の狭いところで駐車する暴挙を横に、バス通りを南下しいつもの逆のルートでこちらに着きました。





大月駅。
いつもの駐車場に停めようとすると、運悪く満車になりやむなく西側の路上に駐車して、速攻でSuicaのチャージを済ませ、コレを撮って出発しました。



で、大月バイパス(R20)からR139に入って南下して、とあるCVSにクルマを停めて、こちらに行ってきました。



富士急行線禾生駅。
本当は富士山駅まで行ってみようかと考えましたが断念して、実績のあるこちらにしてみました。

こちらで手持ちのPASMOにチャージして、停めていたCVSで水を買いました。
そこで交通情報アプリで渋滞を確認し、相模湖IC先(いわゆる小仏トンネル)での渋滞を確認し下道で帰る決断をしました。
その際に、カインズが近くにあるというので立ち寄って、欲しかったモノを買い、都留バイパスからR139~大月バイパス~R20を経て県33を北上し、久しぶりに甲武トンネルを通り、東京都側の下りに苦慮しながらも、秋華賞の発走時間の少し前に到着しました。

ちなみに、大月駅と禾生駅は本来は朝行く予定でしたが、「出遅れ」てしまい、こういう風に行程を変えた次第です。

来月も伺う予定ではありますが、前日は仕事明けでサッカーを見るので、行程を今回のようにする可能性があります。
また、来月の今頃は奥多摩湖や小菅も紅葉が真っ盛りでしょうし、天気が良ければ相当の人出が予想されます。
(ハイカーに大型バイクにローディーにクルマに・・・)
そうなると、第二駐車場も大混雑を超えた阿鼻叫喚になることでしょう。
最近そういうレジャーのヒト混みを生理的に拒絶気味の私は(先日の仙台旅行における松島での記述も参照)、11時前には出発するかもしれません。
Posted at 2018/10/15 18:40:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月11日 イイね!

ガソリンが値上がりしているようです

とニュースが報じていました。
経産省の外郭団体がメガバンク系のシンクタンクに委託している定例の調査で判明したものです。

ただ、値上がりしている感覚が私にはありません。
クルマが変わったことが多分に影響していると思うのです。
ガソリンがハイオクからレギュラーへ変わり、燃費も1.3倍位よくなり、価格も行きつけの(島嶼を除く東京都内でも最も高いとされている)スタンドの値段で慣れているからでしょう。

ちなみに今回の原因はかの偉大なるステイツの大統領がイラク産なんか輸入するなよという命令を日本を含めた各国にかけたことと、その穴埋めを他の産油国がしないことが影響しているとされています。
ほとんどの産油国も積極的な増産には及び腰のようです。
ただこれは表向きな言い分で、そもそもは元売りの統合で市場価格を売り手が握れることが大きいように思うのです。
産油国が突然増産を始めれば、需給のバランスを取る意味で値下がるでしょうけれど、そういうシナリオになるとは到底思えません。

ただガソリン高で悦ぶのは元売りの胴元だけで、現場は厳しいようです。
当然消費者も満タンからリッター縛りだの一定額縛りをして節約をしているようです。(特にクルマに乗る必要度が必ずしも高くない連中が)
また石油の値上がりが船舶関係にものしかかり、航空会社ではサーチャージがまた復活しつつあるようです。

どちらにしても景気に水を差すことでしかないのです。

今後どうなるのでしょうか。
Posted at 2018/10/11 19:25:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月24日 イイね!

仙台に行ってきました(6)

久々に仙台に行ってみての感想を。
訪れた先それぞれに7年前の痕跡はほとんどなく、だいぶ変わったように思いました。
女川はまるで別の街に変わったように思いました。
街自体もきちんと整備されていて、新たなフェーズに移ったのかなと思ったものです。
その中にも一つ裏に入りますと、震災の痕跡を残すものがまだありました。

そして、私と同様にゲーム観戦ついでに仙台旅行を楽しんでいたのであろうFC東京サポをあちこちでみかけました。
新幹線でも、泊まっていたホテルでも、仙台市内でも、更には松島でも。
(さすがに女川では見なかったような)
小物であったり、タオルマフラーであったりホームゲームで配っていたバックを携えていますので、すぐにわかりました。
FC東京サポはアウェーの地でその土地の経済に貢献することがつとめて有名で、裏では「青赤イナゴ」と呼ばれているのです。
私もアウェーに行くときはスタジアム以外でおカネを使うようしています。
(スタジアム内で使う価値があるのはカシマ以外にはないと思いますが。)

ただ、私自身がああいうスタイルで街は歩きたく無いと思っていますし、そもそもユニホームは全くもっておらず、グッズをそんなに持っていません。
今回のチケットホルダーは小田急ロマンスカーのものでしたので。

これでも前身の東京ガスから見始めて四半世紀近くは見ています。
(これは今のゴール裏のコールリーダーを含むコアの皆様と同じみたいらしいです)

仙台自体の感想は、とてもコンパクトで住むにはよい街なのかなと思いました。
やはり地下鉄などの鉄道系の公共交通機関が整備されていると、どこか安心します。
(これが金沢は住むところにできない理由でもあります)
もちろんベガルタ仙台を除外すれば尚更に、ではありますが。
ただテレ東系のテレビ局がないところがちょっと難点かなとも思いましたが。

ちなみに、東京~仙台間を「はやぶさ」で行くと東京~青梅間を快速で行くのとそう変わらないのです。
距離は7倍、運賃・料金が10倍近く違うのに、この差は何でしょうねと。

ちなみに、仙台管内のJRの電車のドア上の広告はこれでした。



地元の七十七銀行のカードローンのイメージキャラクターとして、乃木坂46のメンバーを起用していました。
(それも主要メンバー)
千葉銀行のそれは2名(より主要メンバー)を起用していますので、この差は・・・とも思った次第です。

ちなみに、仙台駅西口の改札前にはこういうのが飾られていました。



どうやって運んだのだろうとも思いました。

これにて仙台旅行記の結びとする次第です。
Posted at 2018/09/24 09:52:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月23日 イイね!

仙台に行ってきました(5)

本塩釜駅から仙石線であおば通駅へ向かい、仙台市交通局の定期券売り場で市バスの路線図を貰い、預けた手荷物を受け取りに泊まっていたホテルへ向かいました。
荷物を受け取り、汗びっしょりのTシャツを着替え、ついでにロビーで休憩を。
ローズステークスをネットで見ながら、朝からのカネ勘定をしていました。

ホテルを辞して、取引先のメガバンクの支店へ行ってみると、その前に仕切られた列にカメラの砲列と道路側に背広姿で険しい表情の男達が立っていました。
どうも、自民党総裁選の遊説があるようでした(仙台に来ることは知っていましたが)。
で、別の取引先のメガバンクへカネを移動させ、ついでにほかの銀行行脚も。



そして青葉通一番町駅へ向かい、地下鉄東西線に乗り仙台で南北線に乗り換えて市南部の要衝である長町へ向かいました。



あの震災後には仮設住宅が建っていた界隈(あすと長町)は大型商業施設やアリーナが立ち、さらにはIKEAもできるなど、7年前とは見違える感じでした。

そして、仙台行きに乗って仙台駅へ戻り、最後の素材撮影にいそしみ、出場。
2日間にわたる仙台行脚を終えました。

そして、帰りの乗車券等を引き換えてから、土産物屋に行くと日曜の夕方ということで、凄まじい位の長蛇の列。
昨日目をつけていた商品を探すのにまごつくもなんとか購入したのでした。
若い女性店員の必死なのに事務的な口調が印象的なのでした。

買い物を済ますとフロアの飲食店はどこも長蛇の列をなし、しかも牛タンを含めて重たいものは食べたくない気持ちでした。
そこで、仙台最後の食事はこちらでいただきました。



そばの神田 東一屋名掛丁店。
前日仙台駅からホテルへ向かう道中で目をつけていたのです。
そしてこれをいただきました。



肉そば。
結構だしがきいていて、東京は日本橋にあるそば吉みたいな感じかなと思ったのでした。
ちなみに、「たぬき(天かす)」はサービスのようでした。

で、仙台駅に戻り新幹線ホームに上がり、これに乗りました。






やまびこ156号東京行き。
本当は酒とおつまみを買ってプシュ!と行きたいところですが、最後にブーブーが控えている身なので、炭酸飲料で我慢しました。

様々な客層が乗ってきましたが、一番やかましかったのがどこかの会社のご一行様みたいな団体様で、昭和の顔した強い東北なまりのあるヒト達が、バブル景気の頃のテイストで騒いでいました。
夜なのに、なんでそんなに空元気みたく無駄にはしゃげるの?と思ったのでした。
その間に福島でつばさを併結しましたので、軽く車内に衝撃が走りました。
結局それらは郡山で降りていきました(会津若松へどうこうとか言っていたような)。
静まりかえった列車は東京へ向かった南下し、横の客は宇都宮で降りていった・・・と思ったら別の客が乗ってきました。
横はこれまた宇都宮から乗ってきたメリケン人がメリケン人らしく振る舞っていました(これでわかってください)

そして、赤羽駅の横を通過したタイミングで席を立ち、東京駅に着いたと同時に連絡改札に走り、有人の改札窓口で切符に無効処置を施していただいた後、手持ちの定期券で入場し直通の青梅行きに乗って帰宅したのでした。


※(6)に続く
Posted at 2018/09/23 09:55:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月21日 イイね!

仙台に行ってきました(4)

女川から石巻に戻ってきました。






石巻は石ノ森章太郎さんゆかりのところでもありますので、改札横にはキャラクターが展示されていました。



改札を通過して、手持ちのPASMOにチャージをして、駅前に出るとこういうのが飾られていました。



そしてこちらに行ってみました。



藤や食堂。
ここで、石巻名物のこちらをいただきました。



石巻焼きそば。
普通の焼きそばと違い、魚介類のだしで蒸した麺で具を炒めているようなので、一口目が魚介類の風味がしました。
で、後がけでソースをかけていただきました。
ちなみに食堂自体の雰囲気は良くも悪しくも「地方都市の食堂」そのものでした。

店を辞すと、次に乗る電車への時間がないため(乗り過ごすと1時間近く列車がない時間帯なのです)泣く泣く石巻駅へ戻り、これに乗りました。







仙石線あおば通行き。

「マンガッタンライナー」という石巻ゆかりの石ノ森章太郎さんの作品がラッピングされた編成です。
外はもちろん、中にもシールでキャラクターが貼付されていました。
ちなみに石巻寄りの1両は2WAYシート(いわゆるロング/クロス併用シート)ですので、若干シートがよかったりもするのです。
ただ、7年前と違いクロスシートの運用は停止しているのが少々残念ではありました。

そして再び来たルートを戻り、東北本線のと分岐点を通過してこちらに向かいました。





松島海岸駅。

駅前を降りると、すさまじいヒトの群れ・・・。
さすが超有名観光地と独りごっつをしつつヒト混みをかき分けながら国道45号線を北に向かいました。







遊覧船乗り場で松島を眺め、五大堂では下が見える橋で足が若干すくみました。

で、その橋を渡るときに林檎電話を持って、ポーズを決めている女性を見かけました。
インスタなんとかに乗せるための素材撮影でしょうけれど、混んでる中でやるんじゃないと思ったものです。
ちなみにその2人連れは、懲りずにずっとやっていましたが。

で、あまりのヒトいきれにカラダが拒絶反応を起こし、そそくさと松島海岸駅に戻り、次の電車に乗って、こちらに向かいました。
(松島の滞在時間、わずか26分←ただ行っただけ)






本塩釜駅。
塩竃神社最寄りの塩釜市の中心駅です。
思わず降車し、なぜか手持ちのSuica定期券にチャージして、次の電車であおば通駅に向かいました。

※(5)に続く
Posted at 2018/09/21 18:50:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「奥多摩湖等に行ってきました http://cvw.jp/b/1779059/42066289/
何シテル?   10/15 19:12
のぞみ163号です。よろしくお願いします。 家のNOTEを運転させていただいています。 (昔はジムニーに乗ってました。中距離系以下はピノ) 同じ車でもレー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

静岡に行ってきました(後編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/16 22:27:35
撮ってみました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/09 13:47:30
ご無沙汰しています。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/17 14:46:24

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
※2018年3月を以て旅立っていきました。 家人所有のスズキ ジムニーに乗せさせていただ ...
日産 ノート 日産 ノート
父親所有。 2018年3月よりジムニーに替わってステアリングを握っています。
スズキ スペーシアハイブリッド スズキ スペーシアハイブリッド
我が家における、最終形のクルマ。 基本、乗れません。 しかしながら所有人もなぜか乗りませ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.