• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぱぱにしのブログ一覧

2018年09月23日 イイね!

マイヴァリとの再会




暑さ寒さも彼岸まで

今年の夏は異常に暑かったぁ!!

夜でも気温が高いのでナイトドライブも行かない、軽井沢でも31℃になるときがあると聞いたので軽井沢にも出かけない、秋になるまでオープンドライブをすることもないだろうとマイヴァリをいつものDラーに預けたのは先月の12日でした。

1)巻取りが弱くなったため、シートベルト機構一式の交換(運転席と助手席)
2)今年5月の九州ロングから帰ったころからクーペ走行時にスチールルーフの辺りでガタガタとする音が大きくなってきたので、点検並びに修理


8月下旬に、Dラーから3か月点検も合わせていかがですかと勧められたのでもう仕上がったのかと期待したのですが、9月に入ってもなんの音沙汰もありませんでした。

やきもきしていたら、10日前に一度仕上がり具合をチェックするためヴァリエッタをテストドライブしてくださいと連絡がありました。すぐに行きたかったのですが、私のスケジュールと天候とがうまくかみ合わずにいました。

ようやく今日テストドライブとなりました。


Dラーの整備担当者から「ルーフ開けての走行では音はしないためルーフ周りを重点に点検しています。現状ルーフパネル、パネル補強の鉄板部のシーリングやロック部の調整をして走行テストしました。また、トランク辺りから聞こえるゴトゴトという音を修復しようとまだ模索しています。」と説明がありました。

しかし、ガタガタ音がほぼなくなって満足のいく結果でしたのでマイヴァリを引き取ってきました。

久々にマイヴァリのハンドルを握ったこともうれしかったのですが、Dラーの整備担当者の言葉の方がうれしかった。来年の3月に予定している1年点検の時にゴトゴト音を解消できる方法がわかれば、そのときに調整してもらうことにしました。
Posted at 2018/09/23 21:04:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月15日 イイね!

最後の九州ロング③(5/21~5/24)

最後の九州ロング③(5/21~5/24)











5月21日(月)
松島温泉→松島有料道路→国道324号線→鬼池港→<島鉄フェリー>→口之津港→国道251号線→長崎→国道206号線→西海橋→国道202号線→国道205号線→国道35号線→弓張岳展望台→九十九島パールシーリゾート→弓張岳

夜に降り始めた雨は朝方にはあがっていました。鬼池港に向かう途中、本渡の手前から自然渋滞でなかなか前に進めません。9時発のフェリーをあきらめ、次の便になることを覚悟しましたが、本渡瀬戸をまたぐ架橋を過ぎるとまた流れ始め、なんとか9時発の最後尾に並ぶことができました。

これで、長崎四海楼の開店時間に間に合いました。四海楼の敷地にあるコインパークに駐車することができて、駐車券のサービスを受けられることになりました。

alt


alt
四海楼のちゃんぽん、4年ぶりです!


alt
43年前に長崎から平戸を経て博多まで歩いて旅行したときに西海橋を初めて渡りました。橋から海を覗きこむと、うず潮が見られました。
4年前にヴァリエッタで通ったときに記念写真を撮りました。
alt

9時発の島鉄フェリーに乗船できたことで、佐世保に予定より2時間ほど早く到着したので、明朝に行く予定だった弓張岳展望台に上りました。
alt

43年前は九十九島の景色を見るぞ!と佐世保に連泊したのに両日とも雨、3年前は霧のために九十九島が望めなかったので、生まれて初めての九十九島の景観です!


alt
さあ、いよいよ九十九島サンセットセーリングです!
3年前も予約していましたが、天候不順のため中止でした。 3月〜7月は金土日祝日のみの運航でしたので、今回はチャーターすることにしました。

alt
この日の九十九島の海は穏やかで、高島に落ちていく夕陽をゆっくり眺めることできました。ままにしは初めてのヨット体験でしたが、操舵を楽しんでいました。

alt
3年前に佐世保レモンステーキを食べた「らんぷ亭」は残念ながら今日の夜は定休日でした。ラストオーダーが遅いレストラン本陣を予約して、レモンステーキをいただきました。ハンバーグが評判の繁盛店でした。
※長崎~佐世保
※九十九島サンセットセーリング





5月22日(火)
弓張岳→石岳展望台→展海峰→県道139号線→県道18号線→神崎鼻公園→県道18号線→長串山公園→県道18号線→国道204号線→たびら平戸口駅→平戸瀬戸市場→国道383号線→平戸大橋→県道19号線→生月大橋→道の駅生月大橋→生月島サンセットウェイ→塩俵園地→生月島サンセットウェイ→生月大橋→県道19号線→平戸大橋→国道383号線→国道204号線→唐津伊万里道路→国道202号線→虹の松原→二見ヶ浦(糸島半島)→県道54号線→唐津街道→博多


alt
今日は北九州から来てきてくださるとんちゃんさんと神崎鼻で落ち合ってのオフ会です。幸いにも天気予報が外れてオープン日和!

alt
昨日のうちに弓張岳展望台にいくことができましたので、展海峰に加えて石岳展望台にもいってみました。駐車場から展望台までは林の中を5分くらい歩いて登ります。
展望台に近くなると視界が開けて明るいところに出ました。くまん蜂が花の蜜を集めるのに忙しい様子で目の前をぶんぶん飛んでいました。
石岳展望台から見える九十九島はトム・クルーズ主演「ラストサムライ」の冒頭のシーンに出てくるそうです(私もこの映画は見たことがありますが、残念ながら記憶にありません)。九十九島の景色がよく眺められました。長く見ていたかったのですが、写真をたくさん撮って、次の展海峰に向かいました。

alt
展海峰も九十九島のナイスビューでしたが、先に石岳展望台にいったせいか、石岳展望台がいちばん気に入りました。

とんちゃんさんから「神崎鼻で合流しましょう」と連絡がありましたが、セブンイレブン小佐々黒石店を通りかかると、とんちゃんさんのヴァリエッタを発見!

奥さまにご挨拶をして、ここからオフ会スタートです!

神崎鼻に到着。
alt
マイヴァリエッタ、日本本土四極めぐりの達成です!

alt



<日本本土四極めぐり記念写真>
2016年7月24日
alt
納沙布岬(日本本土最東端)

2016年7月26日
alt
宗谷岬(日本本土最北端)

2018年5月16日
alt
佐多岬(日本本土最南端)




alt


旧国鉄最西端のたびら平戸口駅での記念写真を撮影(2014年5月にもヴァリエッタでこの駅の前を通りましたが、駅前広場が狭く、バスが停車していたので記念撮影は遠慮しました)。これで、旧国鉄駅四極めぐりの記念写真が揃いました!

<旧国鉄駅四極めぐり記念写真>
2016年7月24日

alt


東根室駅(旧国鉄最東端の駅)

2016年7月26日
alt
稚内駅(旧国鉄最北端の駅)

2018年5月16日
alt
西大山駅(旧国鉄最南端の駅)


ここで、話をまたオフ会に戻します。

とんちゃんさんご夫妻が待つ平戸大橋が見える駐車場に戻り、平戸瀬戸市場でランチにしました。

お腹を満たしたあと、平戸大橋を渡って生月島へ!

alt
alt
道の駅生月大橋から塩俵園地までピストンしました。
生月島サンセットウェイは途中で道幅が狭くなるところもなくよく整備されている道路でした。今日は平日のせいか対向車も後続車もなく、気持ちよくオープン走行を楽しみました。
alt

alt




alt
サンセットを見るため糸島半島に急ぐところですが、私のリクエストで唐津の虹の松原に少し回り道していただきました。


alt
二見ヶ浦のサンセットタイムに間に合いました!

alt
とんちゃんさんご夫妻とは二見ヶ浦でお別れしました。
今日一日おつきあいいただき、ありがとうございました!九州ドライブのいい思い出になりました。





alt
長浜ラーメンは博多にきたら、絶対外せません!

alt
ホテルに到着したら、黄色の○辺りに鳥糞があるのを発見!でも、まだここでよかったと思いながら、拭き取りました。
※弓張の丘ホテル
※石岳展望台~展海峰
※神崎鼻~塩俵園地





5月23日(水)
博多→国道3号線→県道529号線→県道69号線→宗像大社→県道69号線→県道529号線→国道3号線→古賀IC→九州自動車道→めかりPA→中国自動車道→山口JCT→山陽自動車道→玖珂PA→宮島SA→福山SA→倉敷IC→児島

alt
宗像大社は世界文化遺産に登録されてまもなく1年になります。1周年を祝う特別な飾り付けもなく、いつもどおりの宗像大社に参拝できてよかった。
ままにしは、やはり長男の嫁の病気平癒を祈願していました。


alt


いままで、ままにしの大好物「ひよ子」を買う機会がなかったので、めかりPAが最後のチャンスでした。
あまおうソフトがおいしい!

alt
九州とお別れのなみだ雨か…


alt
alt
宮島SAでランチです(私は春さくらえび丼、ままにしは弥山焼き)。

alt
岡山に来たら、白十字は素通りできません!

alt
alt
お目当てのワッフルと抹茶モンブランで遅いコーヒーブレイク。



5月24日(木)
児島→由加神社→岡山→山陽IC→山陽自動車道→神戸JCT→新名神高速→宝塚北SA→高槻JCT→名神高速→大津SA→養老SA→上郷SA→豊田JCT→新東名高速→静岡SA→御殿場JCT→東名高速→足柄SA→海老名JCT→圏央道→新湘南BP→茅ヶ崎海岸IC→七里ヶ浜

alt
昨日と違って今日は晴れ、気持ちよく鎌倉まで帰れます。

alt


サービスエリアガイドに宝塚北SAの建物のカラーリングが宝塚大劇場と同じで、女性トイレにはシャンデリアがあると宣伝されており、ままにしのリクエストで立ち寄りました。女性のお化粧直しのスペースはとてもおしゃれだとままにしが感心していました(係員が「撮影はご遠慮願います」とのことだったそうです)。


alt
alt
楽しみにしていたしゃちほこソフトでしたが、一宮JCTでの渋滞で上郷SAに到着した時にはお店のかたづけが始まっていました。(泣)

alt
alt
alt
夕食に私は軽めのさわら焼定食にしましたが、ままにしは名古屋にきたら外せないと海老フライ1本付けた海老天ひつまぶしを注文しました。

上郷SAから道は順調でしたが、一宮JCTでの渋滞が災いして鎌倉帰宅はシンデレラタイムとなりました。

【総括】
総走行距離は4709Kmでした。


行程中、雨は往路の静岡~山口、人吉温泉と松島温泉に宿泊した夜、23日の日くらいで天候には恵まれていました。九州初日、とんちゃんさんのサプライズお出迎えのおかげだと思います。
予定したメニューはほぼこなして、これ以上望めないほど九州を満喫して鎌倉に帰りました。とんちゃんさんにはいろいろご協力していだだき感謝申し上げます!

【反省点】
メニューを盛り込み過ぎて、毎朝6時起床・夜11時就寝の強行軍となりました。今後の旅行は遅くとも夜6時には宿に着いて朝9時ごろ出発となるように計画してくださいとままにしにいわれてしまいました。

来年は「最後の北海道ロング」に行きたいと思っています。また仕事ガンバリます!
(Final)


Posted at 2018/06/15 21:32:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月11日 イイね!

最後の九州ロング②(5/17~5/20)

最後の九州ロング②(5/17~5/20)








5月17日(木)
霧島温泉→国道223号線→霧島神宮→国道223号線→県道31号線→県道108号線→都城IC→宮崎自動車道→宮崎IC→国道220号線→青島→鵜戸神宮→県道434号線→飫肥城→国道222号線→油津→国道220号線→国道448号線→県道439号線→県道48号線→国道448号線→県道36号線→都井岬→県道36号線→国道448号線→串間→国道220号線→国道10号線→鹿児島
(走行距離:360Km)

今日は南宮崎観光ドライブです。終盤にはちょっとした危機がありました。

alt
まずは、霧島神宮に参拝。ままにしは長男の鹿児島出身の嫁の病気平癒を真剣に拝んでいました。手術も術後の治療も終わっていまはリハビリ中ですが、やはり病気が病気だけに、また年齢が若いこともあって心配が残っているようです。

霧島から宮崎に抜けるため、えびの高原ルートを行きたかったのですが、新燃岳の状態から安全策をとって霧島連山の南麓をまわり、都城へ向かいました。

alt
日向灘の風が強く、青島に渡る橋を歩いていると、鬼の洗濯板がハーモニカのリードのような役割をしていて風が鳴っていました。

alt
ままにしは青島神社でも長男の嫁の病気平癒を祈願していたようです。
私は、高校の修学旅行で宿泊したときに夜の神社を参拝したことを懐かしく思い出していました。

alt


あのときは明るい月夜の青島を歩いて一周しました。


修学旅行は、新大阪まで新幹線で行き、寝台列車に乗り継いで別府に入りました。寝台列車を待つホームで東京のお嬢様学校の修学旅行の一団が同じ列車を待っているのを見つけました。

当時はまだクーラーのない3等寝台でした。列車が大きなカーブにさしかかると開いた窓から手を振れば、女学生たちもそれに応えて手を振ってくれました。さすがに、女学生たちのいる車両の前には先生たちが立ちはだかっていて中に入ることができませんでしたから、カーブが来るのが楽しみでした。いまどきの修学旅行と違って、私たちの時代の修学旅行はルートとタイムスケジュールにあまりヴァリエーションがないらしく、九州に入ってからもあちらこちらで出会っていました。


別のクラスに「つわもの」がいて、夜の青島を歩いているとその学校の女学生と手をつないで歩いているのを見かけました。神奈川の田舎の高校生にしては「なかなかやる!」と感心したものです。
当時神奈川に東京から移住する家族が多く、私の卒業した中学校は同学年で18クラスもあり、同級生かどうかもわからないくらいでした。増え続ける転校生に対応するため、3年間のうち、2年間はずっと隙間風が吹くプレファブ校舎でした。また、隣りの敷地には米軍病院があって当時はベトナム戦争の時代でしたから一日何度もヘリが傷兵を運んできていました。そのため、プレファブ校舎の窓がガタガタと揺れ、先生の声も聞こえないほどでした。

「つわもの」は東京から転校してきた奴で、東京にいたときに小学校か中学の同級生がたまたまその女学生の中にいて、修学旅行前から連絡をとっていたのかもしれません。

alt


強い日差しの中を歩いて一周したので、冷たいもので体を冷やすことにしました。宮崎といえば、マンゴーでしょ!

alt
堀切峠はパスして鵜戸神宮へ向かいました。

alt


「運玉」、修学旅行で来たときは入ったのですが…

alt
鵜戸神宮のおちちアメ湯をありがたくいただきました。ほのかに甘かった。



alt
飫肥城へ。20数年前に会社の後輩が宮崎で挙式したときに参列した会社の先輩たちと宮崎ドライブしたときに立ち寄りましたが、そのときは「小村寿太郎の生家」の方に興味がありました。

alt
alt
alt
お腹が空きましたので、ちょっと遅い昼ごはんにしました。私は飫肥天と飫肥の厚焼き玉子、ままにしはかつおめしをいただきました。
「蔵」近くの「おび天茶屋」には、鎧の展示、囲炉裏を囲むテーブルなどもあり、「ザ・ジャパニーズ!」という感じで会社の先輩たちも喜んでくれていましたが、いまは団体専用のお食事処になっているそうです。

まだ3時だったので、都井岬までドライブする時間がありました。国道448号線の一部が工事中とかで県道に迂回するよう道案内があり、林の中、どこをどう走っているのかわからないまま走りました。国道448号線に戻ると、アップアンドダウンのあるワインディングロードで、海沿いの断崖の上を縫うように走っていて運転が楽しかった!

しかし、駒止めの門に近づいたころ、燃料給油警告ランプが点灯してしまいました。この先、ガソリンスタンドがある場所ではないのであせりましたが、根拠のない自信、単なる「思い込み」で、なんとかなるだろうと都井岬ビジターセンターまで省エネ運転で行きました。

alt


駒止の門で協力金(入場料みたいなもの)を支払ったときに配られた注意書ですが、わたしたちが出会った野生馬はみなやさしそうでした。

alt
alt
都井岬ビジターセンター前に駐車したときは車の前にいた野生馬がカメラを用意しているうちに後方に移動してしまいました。野生馬たちはただ黙々と草を食んでいるだけでした。

ビジターセンターから先の都井岬までいくのは、さすがにガソリン切れが心配でした。「とにかく野生馬が見れたことで良し」ということにして、ガソリン求めて串間に下っていきました。
15分くらい走ったところでエネオスの看板が見えたときはほっとしたのですが、まだ何かトラップが隠されているかわからないので、気を緩めず車を進めました。
幸い、お店は営業中でした。事務所から金髪の婦人が出てきて、「えっ!こんなところに日本人が」ではなく外人が「ハイオクですか?」
日本語であることに安心して「ハイオクをお願いします」と答えると、「うちにはハイオクがありません、この先のJAのガソリンスタンドにあるかもしれません」と親切に教えてくださいました。
しかたなく発進しましたが、しばらく走って本城の町に入ってもガソリンスタンドがみつかりません。燃料給油警告ランプが点灯してから20kmくらいは大丈夫ということはわかっていましたが、そろそろ危ないと心配になったので、車を停めてJAに電話してガソリンスタンドの場所、まだ営業しているか、ハイオクがあるかを確認しました。
これで少しは心が落ち着き、車を先に進めました。すると、なぜか燃料給油警告ランプが消えました。これこそ、トラップかもしれないと慎重に10分くらいいくとJAのガソリンスタンドに到着。ハイオクを給油してもらいました。

こんなとき、昨年北海道をレンタカーで旅行した時に使ったカーナビがあればいいなと思いました。要検討項目です。



alt
加治木駅手前3km付近で170000Km到達です。


 
alt
天文館の吾愛人(「わかな」と読みます)には予約時間に到着し、きびなごと黒豚をいただきました。
※吾愛人




5月18日(金)
鹿児島→国道10号線→仙巌園→国道10号線→鹿児島西IC→南九州西回り自動車道→薩摩川内都IC→国道3号線→川内駅→国道3号線→道の駅阿久根→阿久根北IC→南九州西回り自動車道→出水IC→出水駅→国道3号線→津奈木IC→南九州西回り自動車道→日奈久IC→国道3号線→八代駅→国道219号線→人吉温泉
(走行距離:243Km)

また、鹿児島に戻ってきたのは16日の西大山駅で天気が思わしくなく、開聞岳が撮影できなかったときの予備日としてもう一度西大山駅へ向かうためでした。
幸いにも16日は思い通りの撮影ができたので、今日は仙巌園と肥薩おれんじ鉄道の二本立てとしました。

alt
alt
仙巌園は島津家の別邸として建設され、今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になっています。修学旅行で、桜島が一番立派に見えた場所でした。
しかし、今日は桜島が霞んでいて雄大なお姿を拝めませんでした(泣)。


alt
くまモンラッピング車両はこの5月まで東京地下鉄の銀座線で期間限定の運行があり、ままにしは当然乗車済みでした。この電車は熊本電鉄とのコラボで、肥薩おれんじ鉄道のラッピング列車と違い車内は普通の銀座線の車両のままでした。


ホテルをチェックアウトする前に電話でくまモンラッピング列車の運行を肥薩おれんじ鉄道に問い合わせると、「川内駅から出る上りのくまモンラッピング列車は早朝と夜遅い便しかない」という答えと「この日は特別に小学校の遠足用に連結する列車が上りの13時台にあります」という答えが川内駅と本社営業部で分かれていました。朝の忙しい時間と思いましたので、これ以上電話でやりとりせずに直接川内駅に行ってみることにしました。
川内駅の肥薩おれんじ鉄道の事務所は改札を入り、さらにJRのホームの先にありました。13時台の列車に連結して川内駅を出発する上りのくまモンラッピング列車はないとの返事でしたが、出水駅14時36分発の上りがくまモンラッピング列車1号車で運行されることが分かりました。

alt
alt
alt
ちょうど昼時に道の駅阿久根に到着。なんとか2人分の席を見つけ、ままにしは伊勢えび汁にうに丼、私はタカエビづくし定食をいただきました。

alt
ままにしはくまモンラッピング列車1号で出水駅を出発して八代駅まで乗車しました。
私はヴァリエッタで追いかけて、肥後二見辺りでその列車を撮影するはずでしたが、道路の流れが悪くて八代駅まで追いつけませんでした。ままにしが乗った列車の運転手さんが手書きで撮影ポイントまで書いて教えてくださったのに、残念です(泣)。

八代駅に着いたとままにしに連絡すると、「今、ちょうどSL人吉号が出発するわよ」

そして出発の汽笛が鳴りました。私はカメラの用意が間に合いませんでした(泣)。


※仙巌園
※道の駅阿久根~八代駅
※人吉温泉 翠嵐楼1泊目の夕食




5月19日(土)


昨夜は雷まじりの強い雨だったので川の増水が心配でしたが、日本三大急流の球磨川で川下りとラフティングを楽しむことができました。日本三大急流、あと2つは富士川と最上川です。



alt
alt
ラフティングでお世話になったインストラクターが翠嵐楼でお世話になった仲居さんの息子さんとわかり、旅館に戻ってからお礼を申し上げました。

alt
ラフティングで冷えた体を温泉で温めた後、宿の売店でみつけた井村屋たい焼きアイスを食べました。日常の買い物をするスーパーには置いていなかったので、近所のお菓子屋さんのおばちゃんに頼んで取り寄せてもらっていました。おばちゃんが亡くなり、閉店となってしまったので久々のたい焼きアイスでした。

翠嵐楼は、お米を敷地内の田んぼで自作してお客さまに出しています。夕食後、その田んぼの脇を流れる川でホタルを観賞させてもらいました。
温泉は熊本地震の影響による湯量の制限で一部の露天風呂が使えなくなっていますが、風呂よし、食事よし、おもてなしよしの良し良しでした。


※人吉温泉翠嵐楼1泊目の朝食と球磨川での舟遊び
※人吉温泉 翠嵐楼2泊目の夕食




5月20日(日)
人吉温泉→人吉駅→<肥薩線>→吉松駅→<肥薩線>→人吉駅→人吉IC→松橋IC→国道266号線→天草五橋→松島有料道路→国道324号線→県道47号線→五和町→国道324号線→本渡→松島温泉
(走行距離:212Km)

今日はJR肥薩線で人吉駅と吉松駅を往復して、日本三大車窓の1つを楽しみます。
あと2つは、北海道の狩勝峠と長野の姥捨駅です。

alt


人吉駅前にはからくり時計があって、殿様が腰元さんに体を洗ってもらっています。いいご身分だなぁ…

alt
alt
人吉駅で名物おじさんから駅弁を購入しました!

alt
いさぶろう・しんぺい号に乗車。人吉駅を出てから吉松駅まで、大畑駅、矢岳駅、真幸駅のすべての途中駅で記念撮影サービスや地元の名産販売などがあって楽しい!客室乗務員さんがとても親切でした。

alt
肥薩線の日本三大車窓のパノラマを見ました、桜島も見えました!

alt
人吉駅に戻ってきてKioskで売っていた「うまかっタイ」を食べましたが、井村屋のたい焼きアイスとは味がまた違うもんですね。

日本三大車窓の辺りでヴァリエッタの写真を撮れないかと思っていたので、その時間を空けておいたのですが、事前調査でも見つからなかったし、現地でもそれらしいスポットは見つからなかったのですぐに天草に向かうことにしました。

松橋ICを出て天草に向かう途中、ランボルギーニが何台もすれ違っていきました。オフ会でもあったのかな?

上天草までくると、反対車線の交差点には数台のパトカー!その後ろには一般車両が数珠つなぎ状態でした。事故?「西部警察」のロケ?(もう番組は作っていないよね!)、映画のロケ?みんな違うようでした。
洗車のため入ったガソリンスタンドで聞いたら、新天草1号橋の開通式があってまもなく「走り初め」ということでした。しかし、反対車線の渋滞はそこから何キロつながっているか分からないくらい、長かった。しかも全く動く様子がありません。走り初め待ち以外の車まで渋滞に嵌っていました。地元警察はなぜ交通整理していなかったのでしょうか?
こんなことが行く道であったら、旅行は台無しになることでしょう。ランボルギーニの一団はこの渋滞を見て途中で引き返してきたものと思われます。

alt


alt
つくみイルカ島で飼育係の方から「天草のイルカウォチングを体験するといいですよ」とアドバイスがあったので、洗車を待っている間に五和町の天草イルカウォチング受付予約センターに電話して17時の船に空きがあるか問い合わせをすると、「お待ちしています」との返事でした。

船長によれば、天草のイルカの頭数をイルカの背びれで見分けて数えたそうです。つくみイルカ島ではイルカの体の縞模様で個体を識別しているといっていました。閉鎖されたいけすと大海原とでは、数え方に違いがあって当然ですね。



alt


alt
本渡の奴寿司で天草のうにとおまかせ握りをいただいてから、松島温泉に投宿しました。

※JR肥薩線人吉駅~吉松駅①
※JR肥薩線人吉駅~吉松駅②
※天草のイルカ
※本渡の奴寿司
(to be continued)


Posted at 2018/06/11 22:22:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月10日 イイね!

最後の九州ロング①(5/13~5/16)

最後の九州ロング①(5/13~5/16)











旬の城下かれいが食べたくなったこと、マイヴァリで旧国鉄駅四極めぐりを完成させたかったので、5月13日に鎌倉を出発しました。
22日に北九州のとんちゃんさんと生月島サンセットウェイを走るのも楽しみです!



5月13日(日)
七里ヶ浜→茅ヶ崎海岸IC→新湘南BP→圏央道→海老名JCT→東名高速→富士川SA→豊田JCT→伊勢湾岸道→亀山JCT→新名神高速→土山SA→草津JCT→名神高速→高槻JCT→新名神高速→神戸JCT→中国自動車道→赤松PA→福崎IC→播但連絡道路→山陽姫路東→山陽自動車道→福山SA→小郡IC→湯田温泉
(走行距離:1004Km)
今日は観光なしの弾丸西行き、おまけに天気も雨との予報でしたのでオープン走行は自宅から富士川SAまででした。

alt



雨は伊勢湾岸道路走行中が一番激しく、助手席側のサイドウィンドウの上から雨が垂れてきてままにしは忙しく水を拭き取っていました。たぶん、高速道路走行中なので風圧で水が車内に押し込まれてきていたんだと思います。
さらにヴァリエッタを購入以来初めて運転席側のサイドウィンドウからも雨が垂れました。2~3回だったので、SAでドアを開けた際にゴムを拭いたら治まりました。

alt


山陽自動車道下松下りSAには、なぜかくまモンの顔倒し看板がありました。




5月14日(月)
小郡IC→中国自動車道→壇之浦PA→関門橋→北九州JCT→東九州自動車道→速見IC→日出BP→日出IC→日出的山荘→日出IC→日出BP→速見JCT→東九州自動車道→津久見IC→つくみイルカ島→津久見IC→東九州自動車道→別府IC→日出
(走行距離:365Km)

今日は晴れ、オープンで走行開始。

alt
関門橋の写真を撮ろうと壇之浦PAに入っていくと、なんと!とんちゃんさんのサプライズお出迎え!お仕事前に来てくださったと聞いて感激です!
壇之浦PAは下り路線にあるため、北九州からこのPAに来るには一旦本州側に渡ってから高速にのらなければなりません。わざわざ、ありがとうございました!今日から始まる九州周遊の幸先いいこと、この上ありません。


alt

東九州自動車道も順調で、2015年の5月には速見JCT辺りから霧で悩まされましたが、今回は霧もなく予約した時間に的山荘に到着することができました。


alt
3年前にいただいた城下かれいの味が忘れられなかった!

alt


津久見までも道は流れていてイルカショーの開演時間に間に合いました。2016年の夏に北海道ロングでいった知床でカマイルカを目撃して以来、イルカを見るのが好きになりました。
alt
知床沖でカマイルカの群れと遭遇したときの写真

alt
alt
ヤマトくんとチュッー!

alt
3年前に別府湾ロイヤルホテルに宿泊した日は、速見JCT辺りから霧で悩まされてホテル到着が夕食の予約時間ギリギリ、しかもその夜開催された日出城下かれい祭りの花火大会に間に合うよう、30分くらいで食事を出してくれと無理をいっていました。食べてみると食材も調理方法も考えられたおいしい食事でしたが、花火見たさに急いで食べてしまいました。今回はゆっくり味合うことができてよかった。


※富士川SA~壇之浦PA
※的山荘①
※的山荘②
※つくみイルカ島
※別府湾ロイヤルホテル創作中華



5月15日(火)
日出→別府→狭霧台→湯布院→水分峠→やまなみハイウェイ→飯田高原→国道442号線→ガンジーファーム→県道40号線→国道265号線→やま康→国道325号線→国道57号線→くまモンスクエア→御船IC→九州自動車道→鹿児島北IC→鹿児島
(走行距離:382Km)

夏のような日差しの中、オープン走行を楽しみました。
alt
平日なのに狭霧台は観光客でいっぱいでしたが、運よく由布岳寄りに駐車できました。

alt


alt
湯布院駅近くのB-speakで次男が推薦するロールケーキを買って次の目的地ガンジーファームの牛乳といただくことにしました。お店にはイートインスペースがないため、購入客は店の前のちょっとしたところで食べていました(中国人のお客さんが多かった)。

やまなみハイウェイから国道442号線を気持ちよく走りました。ここはなんど走ってもあきない好きなドライブコースです。

alt
とんちゃんさんご推薦のやま康に到着。
alt
人気のステーキは早くも売り切れで、気まぐれあか牛丼をいただきました。じゅるる!
来店客が少し落ち着いてきたのか、店のご主人が調理場から出てきて各テーブルのお客に話しかけていました。気さくな方でした。
alt
「第1回 根子岳山開き 2018」が平成30年6月3日(日)に開催されるとのポスターが店内にありました。

高森町から熊本市内へくだっていき、阿蘇が元気に復興しているのをみて安心しました。


alt
くまモンスクエアに立ち寄るため、3年前と同じように鶴屋デパートの駐車場に停めました。鶴屋は定休日だったので駐車券サービスを受けるための買い物ができないとガッカリしていましたが、くまモンスクエアでも鶴屋の駐車券サービスを受けられるようになっていてホットしました。
でも、ままにしが本当にガッカリしたのはくまモンも定休日だったのです。

熊本城復興の進み具合をみて、震災から立ちあがっていく熊本をこれからも支援していく気持ちを強くしました。

alt


九州自動車道は順調で天文館むじゃきのラストオーダーに間に合い、しろくま(ベビーサイズ)を注文しました。




5月16日(水)
鹿児島→国道226号線→西大山駅→長崎鼻→山川港→<フェリーなんきゅう>→根占港→国道269号線→佐多岬→国道269号線→県道68号線→国道220号線→県道472号線→県道60号線→霧島温泉
(走行距離:269Km)

alt
噴火警戒レベル3と聞いた桜島はいまのところおとなしい感じです。持参したボディカーバーにもほとんど灰は落ちていませんでした(この時期は風が鹿児島市内方向には吹かないとの由)。

alt
旧国鉄最南端の西大山駅で、マイヴァリと開聞岳と気動車の3ショット!
駅には西大山駅到達を目指しているお客さまも数名おられましたので「こんな感じの写真を撮りたいのですが」と申し出たところ、みなさまは1つ前の7時48分西大山駅発の気動車を撮ってあるのでいいですよと快諾してくださいました。それにしても、みなさん朝の早いこと!
これでマイヴァリは旧国鉄駅四極を達成しました!後は旧国鉄駅最西端で記念撮影すれば、旧国鉄駅四極での記念写真も揃います。

alt
西大山駅の線路わきにあるガードレールが絵的には気に入らなかったので、沿線で撮り直ししました。畑仕事に通うお車に少しご不便をおかけしましたが、欲しかった写真が撮れました。

alt
長崎鼻は高校の修学旅行で来て以来です。昨年・今年とクラスメートの急死が続きましたので、感慨深いものがありました。

alt
大隅半島に渡るフェリーの中で食べるおにぎりを買うために入ったセブンイレブンは「日本最南端のセブンイレブン」でした(来年は沖縄にもセブンイレブン他コンビニチェーンが進出する計画があります)。
山川港13時発のフェリーの待ち時間に待合所で食べました。指宿枕崎線で思いどおりの写真が撮れたことに満足していて、知林ヶ島の砂州が干潮時に現れる「いぶすき 砂の道 ちりりんロード」を見に行くことをすっかり忘れていました。鎌倉出発前に16日の干潮時間が11時34分ということを調べてあり、セブンイレブンを出てすぐに指宿まで行けば見られたはずだったのですが…


alt
alt
日本本土最南端「佐多岬」到達!

alt


佐多岬観光案内所の一角にあるCape Sataで食べたマンゴーフロートのアイスが北海道の山川牧場のアイスと引けを取らないくらいに甘かった。店長は、地元で作っている塩を少し混ぜているといっていました。

alt
垂水辺りを走行中、桜島の噴煙が高く立ち上がっていました(降灰で家々の屋根や対向車の多くが白くなっていました)。

alt
霧島温泉の旅行人山荘に着くと、20数年前に来たときの記憶がよみがえり懐かしく思いました。ここの宿は部屋から錦江湾に浮かぶ雄大な桜島が望めるため、20数年前に会社の後輩が宮崎で挙式したときに参列した会社の先輩たちと宿泊したことがあったのです。朝、風呂に入ると金沢から来ているというお客さまが入浴していて、「霧島は鹿児島空港から近いので、小松から飛行機でくれば楽なんです」と聞いて納得したことを覚えています。

広い敷地内には貸切ができる大きな露天風呂が4つあり、わたしたちは「赤松の湯」を楽しみました。

夕食後、ラウンジでピアノの生演奏があり、懐かしい歌える曲はみんなで歌ってくつろぎました。機会があれば、またゆっくり宿泊したいと思います。
※旅行人山荘
(to be continued)



Posted at 2018/06/10 22:19:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月04日 イイね!

GWの渋滞

GWの渋滞
















alt


午前10時にCafe GTで軽くお茶と同席のお客様やマスターと談笑してから、国道18号線に出ると軽井沢方面はしっかり渋滞。

たまらず信濃追分駅方面に迂回し、軽井沢町ゴミ焼却場近くを通って碓井軽井沢ICに抜けることでうまく軽井沢の渋滞を避けられたのですが、鶴ヶ島JCTから圏央道に入ろうとするとあきる野から八王子JCTにかけて渋滞20Km所用時間80分」と掲示されていました。

それならとGWで空いている首都高速を抜けて湾岸高速で逗子までとルート変更しましたが、お台場でGWの催しが何かあるのでしょうか?台場で降りる車列がレインボーブリッジの手前まで伸びていました。

これよりひどかった渋滞は、東海JCT辺り~川崎浮島JCTで1時間くらいかかりました。木更津方面に向かう車列が延びていたわけです。海ほたるに着くのは夜になってしまうのでしょうか?ぴったりと止まっていました。

それからは順調で逗子ICに午後3時ごろ到着。鎌倉を目指して134号線を進みましたが、思い起こしてみれば鎌倉も行楽地、渋滞の名所。滑川手前から七里ヶ浜までのろのろ。帰着は午後4時でした。

明日は、家でのんびりしていようっと!
Posted at 2018/05/04 21:33:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「来週末の仕事の打ち合わせに必要な資料が見つからず、友人の軽井沢宅に残置してきた可能性も考えられたので、急遽日帰りで軽井沢にいってきました。しかし、その甲斐もなく手ぶらで帰ってきました。2時間の滞在、さらに帰路は鶴ヶ島JCT手前から圏央道の入間辺りまでの渋滞で疲れました(泣き)」
何シテル?   09/20 23:12
横浜銀ヴァリのぱぱにしです! シルビアは初代からのファンでした。念願かなってシルビアの、しかも憧れのヴァリエッタを手に入れることができ、さくら並木~新緑~...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

鹿児島ロング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/04 12:58:30

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア ヴァリちゃん (日産 シルビア)
日産 シルビアヴァリエッタに乗っています。 サンルーフ付きの車を乗り継いできましたが、 ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
ままにしの買い物クルマ (メインだった買い物クルマは売却しましたので、セカンドカーから昇 ...
日産 ローレル 日産 ローレル
婚約時代のデート車
日産 レパード 日産 レパード
子供が増えたのでAE86から乗り換えました。 高速では気がつかないうちに100Km/Hr ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.