• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

loose.のブログ一覧

2018年02月21日 イイね!

次期愛車妄想4 (Z 比較)

次期愛車妄想4 (Z 比較)Z900とZ800を諸元から比較します。

Z900




マーケットコード ZR900B
全長x全幅x全高 2,070x820x1,065mm
軸間距離 1,450mm
最低地上高 130mm
シート高 795mm
トレール 105mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 948cm³
内径x行程/圧縮比 73.4mmx56mm/11.8:1
最高出力 92.2 kW(125PS)/9,500rpm
最大トルク 98.6N・m /7700rpm?
始動方式 セルフスターター
点火方式 デジタル
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション(φ36mm×4)
デュアルスロットルバルブ搭載
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.692(35/13)
2速 2.059(35/17)
3速 1.650(33/20)
4速 1.409(31/22)
5速 1.222(33/27)
6速 1.034(30/29)
一次減速比 1.627(83/51)
フレーム形式 トレリス(高張力鋼管)
懸架方式 前 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径41mm)
後 ホリゾンタルバックリンク
ホイールトラベル 前 120mm
後 140mm
タイヤサイズ 前 120/70ZR17M/C(58W)
後 180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 前 デュアルディスク(外径300mm・セミフローティングペタルディスク)
キャリパー:対向4ポッド
後 シングルディスク(外径250mm・ペタルディスク)
キャリパー:シングルピストン
ステアリングアングル (左/右) ─/─
車両重量 210kg
燃料タンク容量 17L
乗車定員 2名
カラー パールミスティックグレー×メタリックフラットスパークブラック、キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック、メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック
※諸元は欧州仕様





Z800





全長×全幅×全高 2,100×800×1,050(mm)
軸間距離 1,445mm
最低地上高 150mm
シート高 834mm
ホイールトラベル (F)120mm (R)137mm
キャスター/トレール 24°/98mm
ハンドル切れ角(左/右) 31°/31°
Fサスペンション
倒立・インナーチューブ径41mm
(伸側減衰力/プリロード調整式)
Fブレーキ デュアルディスク(外径310mm)
セミフローティング・ペタルディスク
【キャリパー】
対向4ポッド(デュアル)
Rサスペンション [ZR800A/B]
ボトムリンク ユニトラック
(ガス封入式・ピギーバックリザーバタンク付)
(無段階伸側減衰力/プリロード調整式)
Rブレーキ シングルディスク(外径250mm)
ペタルディスク
【キャリパー】シングルポッド
車両重量 229kg
エンジン 水冷4ストローク 並列4気筒
DOHC4バルブ 806cm3
ボア×ストローク 71.0×50.9(mm)
圧縮比 11.9
最高出力
83.0kW(113PS)/10,200rpm
最大トルク
83.0N・m(8.5kgf・m)/8,000rpm
トランスミッション型式 常噛6段リターン
一次減速比 1.714(84/49)
ギヤレシオ 1速 2.571(36/14)
2速 1.941(33/17)
3速 1.556(28/18)
4速 1.333(28/21)
5速 1.200(24/20)
6速 1.095(23/21)
二次減速比 3.000(45/15)
燃料タンク容量 17L
タイヤサイズ (F)120/70ZR17M/C(58W)
(R)180/55ZR17M/C(73W)






いつものように気になる部分を並び替えて比較します。

①サイズ
Z900 全長x全幅x全高 2,070x820x1,065mm
Z800 全長×全幅×全高 2,100×800×1,050(mm)

全長と全高はZ900の方が小さいんですね…まぁほとんど同じくらいですが実際見たらデザインも相まってコンパクトに見えそうです。

②シート高
Z900 795mm
Z800 834mm

Z800から-39mmです。約4センチも下がるとは驚きです。それほど不評だったのでしょうか…まぁZ800がそこらのSSより高いんですが笑

高いシート高は確かに足つきの面では不利ですが、視点が高くなり運転時の視界が広く楽しいという利点もあります。(ネイキッド等の運転姿勢が立っているバイクに限ります💦)
またこれは個人的意見ですが高いシートの方がタンクとタンデムシートの間のバランスがよく見えカッコいいです。

ただ海外のZ900のオプションにはハイシートがあるらしく、それを使えば820mmに出来るようです。




オプション設定してくれるなんて有難いので日本でも是非お願いします…新型ninja250もハイシートがあるので期待は出来そうです。

③馬力、トルク
Z900
総排気量 948cm³
内径x行程/圧縮比 73.4mmx56mm/11.8:1
最高出力 92.2 kW(125PS)/9,500rpm
最大トルク 98.6N・m /7700rpm?

Z800
総排気量 806cm3
ボア×ストローク 71.0×50.9(mm)
圧縮比 11.9
最高出力 83.0kW(113PS)/10,200rpm
最大トルク 83.0N・m(8.5kgf・m)/8,000rpm

ボア、ストローク共に拡大で約150cc増えてるので馬力が12、トルクが15.6アップしています。尚且つ発生回転数は下がっているので低い回転数でもグイグイ走れる?羨ましい…

④車重
Z900 210kg
Z800 229kg

−19キロ減量です。エンジンは少し大きくなったのに減量するなんて…Z800がZ1000より重かった事もありますが。

⑤灯火類
Z900
ヘッドライト、ポジション ハロゲン
テールライト LED(Z 柄)
ウィンカー 電球

Z800
同上

灯火類は同じですね。ストファイデザインなのでできればLEDがいいですが、価格の上昇を抑えたのでしょうか。デザイン上の制約かもしれませんが。

ちなみにこの二台、顔つきは似てますが、ウィンカーの位置が変更になっています。Z800はヘッドライト下、Z900はヘッドライト上になってます。確かZ800はシュラウドと干渉するとの事で下だった様な気がしますが、デザイン的には下が好きですね。





またポジションライトはZ800が左右の端にあるタイプでしたが、Z900はz1000と似た形のポジションになりました。(Z1000はLEDですが)
条件は同じですのでZ800に使用しているものをそのまま流用出来そうです。

そのほかタンク容量やタイヤは同じだと思います(多分)気になるお方は諸元をどうぞ!


いいですねーZ900!
次の記事でデザインや用途の比較をしていきます。
Posted at 2018/02/21 13:01:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | Z800 | 日記
2018年02月21日 イイね!

次期愛車妄想3.5

次期愛車妄想3.5今度は日本仕様のZ900が出るという情報を教えて頂き更に妄想がはかどりましたので記載してきます。

情報教えて頂きました愛読ブログの個人的バイクまとめブログ様に感謝です。
http://kojintekibikematome.blog.jp/archives/75017675.html
詳細な発売日や価格は参考URLからどうぞ!

さてまずはZ900の基本情報のおさらいを…

Z900


・Z800の事実上の後継機
・2016年に発表、日本での発売は逆輸入含めて無し(一部並行輸入のみあり)
・排気量は800ccから950ccに拡大。(エンジンベースがZ1000に変更)
・それに伴い馬力、トルクアップ
・排気量アップ!でも車重は20キロ程度ダウン
・アシストアンドスリーパークラッチ装備(クラッチ軽い、バックトルクを何とかする)
・デジタルメーター、ギアポジションインジケーター装備
・シート高大幅ダウン(795mm)で乗りやすく


とZ800の痒いところを改善してきた魅力的なバイクになってます。特に車重、シート高はZ800に乗りたいと思ってた方(いらっしゃるか分かりませんが…)が懸念されていた立ちごけ等のリスクを大幅に減らせますね。
またギアポジやスリーパークラッチなどはツーリングの際に7速に入れる事や握力の消費が少なくなり、精神的・肉体的疲労を大幅に軽減してくれるでしょう…

こんなにいいバイクですがお値段は100万円をきるかも知れないって事みたいなのでかなり魅力的ですね。

ですが現在の愛車のZ800にもかなり満足しており、すぐさま買い替え!とはならないので様々な比較を通してメリットやデメリットを次の記事で記載していきます。
Posted at 2018/02/21 10:06:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 妄想 | 日記
2018年02月12日 イイね!

CB125Rと複数持ちについて

CB125Rと複数持ちについてCB125Rの購入を現実的に考えるための妄想をしていきたいと思います。


基本情報のおさらいから…

CB125R


発売日…平成30年3月初旬
本体価格…448,200円(税込)
諸経費込金額…47万円程度(自賠責5年)
色…黒、赤、白(UKには艶消灰有)

魅力
 ・軽い(127kg)
 ・見た目かっこよい(ネオスポーツカフェデザイン、LED灯火、高いシート高等)
 ・Z800との棲み分けが明確になる
 ・通勤で使用可
 ・任意保険が安くなる?
 ・将来Ninja1000を所有した際に真価発揮

不安
 ・125cc乗ったことない
 ・怒られちゃう

…不安より魅力が圧倒的に多いということはそういうことでしょうか(どういう事)


CBを購入するかどうかはおいといてCBR250RRが万能すぎて現状2台持ちの利点が薄れているかなぁと感じてきてます。そもそもZX6RからCBR250RRに乗り換えた訳を再考してみますと…

・維持費削減
・初バイクが250㏄でとても楽しかったのでもう一度乗りたい。
・大型2台持ちで用途が被っているので、Z800をビックバイクとして(ツーリングメイン)、CBR250RRをスポーツ用として使い分ける。
・6Rからの乗り換えでも見劣りしないある程度の装備(見栄ってやつです笑)

実際は…
・CBR250RRツーリングバイクにも最適!(燃費30km/lマーク、フルカウルで風防ぐ、サイドバック似合う、高速乗れる等)
・そもそもスポーツ走行しないんだった(サーキットよりも旅したい人だった…)
・Z800ちゃんあんまり乗らなくなっちゃった…
・通勤ではもったいなくて使えずバイクに乗る機会がそもそも少ない

って考えるとZ800を手放してCBR250RR一本にする or CBRを125ccに換えるの二つの選択肢が出てきました。

うーむ…
Posted at 2018/02/12 12:08:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 妄想 | クルマ
2018年02月09日 イイね!

次期愛車妄想3

次期愛車妄想3レッドバロンのサイトを見ていたらZ900の取り扱いが開始されていたので勢いあまって色々比較しましたのでメモとして残します。色々検討しましたがninja1000の次年度モデルが出るまで様子見が良さそうです。z900がもう少し安ければ…


Z900 17 色選べる?

税込1,080,000円
諸経費 15万〜20万
合計 123万〜128万
・Z800進化版
・フレーム回りかっこいい
・20kg軽量、クラッチ軽い、馬力アップ、ギアポジあり
・日本でほぼ見ない希少車種
・輸入車なので割高
・せっかく買うならタイプ違うやつがいいかなぁ
・シート高低すぎてタンクとテールの間抉れて見えちゃう
・Z800のままでも良くない?


Z1000SX(EU)18グリーン



税込1,370,000円
諸経費15〜20万
合計152万〜157万
・新車でグリーン&現時点海外仕様限定色(エメラルドブレイズドグリーン)
・立体Kawasaki&Z1000SXエンブレム
・リミッターなし
・ninja1000と少し違う点が出せる
・etc標準じゃない
・2019年国内モデルにもグリーンが出る可能性あり(リミッターもないかも)
・ほ、欲しいけど高い!!

ninja1000 18 黒・銀






税込1,274,400円
諸経費5〜10万?
合計132万4400円〜137万4400円
・上記2つに比べコスパがいい
・ETC標準装備
・緑がない
・リミッターあり
・次年モデルでグリーンがでるか不明
・意外と乗ってる方がおおい?(人とあまり被りたくないマン)



Posted at 2018/02/09 23:19:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月07日 イイね!

次期愛車妄想2.5(125cc考察)

次期愛車妄想2.5(125cc考察)前回に引き続き125cc次期バイク選考のために諸元を比較していきます。CB125Rの諸元は個人的バイクまとめブログ様を引用させていただいております。

個人的バイクまとめブログ様URL
http://kojintekibikematome.blog.jp/archives/73508833.html

詳しく載っていますので詳細は参考URLよりどうぞ!!

Z125



全長×全幅×全高 1,700mm×750mm×1,005mm
軸間距離 1,175mm
最低地上高 155mm
シート高 780mm
キャスター/トレール 26°/69mm
エンジン種類/弁方式 空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ
総排気量 124cm³
内径×行程/圧縮比 56.0mm×50.6mm/9.8:1
最高出力 7.1kW(9.7PS)/8,000rpm
最大トルク 9.6N・m(0.98kgf・m)/6,000rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウエットサンプ
エンジンオイル容量 1.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛4段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 3.000(36/12)
2速 1.937(31/16)
3速 1.350(27/20)
4速 1.086(25/23)
一次減速比/二次減速比 3.409(75/22)/2.142(30/14)
フレーム形式 バックボーン
懸架方式 前 テレスコピック(インナーチューブ径 30mm)
後 スイングアーム
ホイールトラベル 前 100mm
後 104mm
タイヤサイズ 前 100/90-12 49J
後 120/70-12 51L
ホイールサイズ 前 12×MT2.50
後 12×MT3.50
ブレーキ形式 前 シングルディスク 200mm(外径)
後 シングルディスク 184mm(外径)
ステアリングアングル(左/右) 42°/ 42°
車両重量 102kg
燃料タンク容量 7.4L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L) 50.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
56.0km/L(WMTCモード値 クラス1、1名乗車時)
最小回転半径 2.1m
カラー メタリックカレッジグレー(GY1)
キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック(BU1)(Special Edition)
メーカー希望小売価格 34万5,600円(税込)
35万3,160円(税込・Special Edition)
発売予定日 2017年1月15日

※公式サイトより引用

CB125R



http://kojintekibikematome.blog.jp/archives/73508833.html
※諸元は引用元ブログ様でご確認下さい。


個人的バイクまとめブログ様より気になる部分を抜粋し、比較します。

・全長×全幅×全高
Z125     1,700㎜×750mm×1,005mm
CB125R  2,040㎜×820mm×1,055mm
CBR250RR 2,065㎜×725mm×1,095mm

CBが340mm長く70mm広く、50mm高いですね。フルカウルのCBRと比べても大きいのがわかります。これならクマさんにはならないかも、、

・重量
Z125 102㎏
CB125R 127㎏
CBR250RR 165kg

CBの方が車体が大きいので+25㎏ですね。多分CBはABS込みの重さです。私のCBRからは63~38kg減量です。Z800からすればどちらも100㎏程度軽いですので充分です。

・燃料タンク容量
Z125 7.4ℓ
CB125 10.1ℓ
CBR250RR 14L

CBが2.7ℓ多く入りますね。CBRからは-3.9Lですが、燃費が良いので大分変わりそうです。

・燃費WMTC
Z125 56km/l
CB125 48.4km/l
CBR250RR 26.7㎞/l
・予想航続距離
Z125 56×7.4=414.4km
CB125 48.4×10.1=488.84km
CBR250RR 26.7×14=373.8㎞

燃費はZの方が上ですがタンク容量のお陰でCB125の方が計算上は多く走れますね。にしても燃費いいですね。CBR+100kmは魅力的です。

・馬力

Z125
7.1kW(9.7PS)/8,000rpm
9.6N・m(0.98kgf・m)/6,000rpm
CB125
9.8kw(13.3PS)/10,000rpm【13PS】
10Nm/8,000rpm
CBR250RR
28kw[38ps]/12,500rpm
23Nm/11,000rpm

CBの方が3.5ほど上ですが発生回転数が高めですね。トルクは同じなので街乗りならZの方が乗りやすいのかも?CBRからはzで-28ps、CBで-25PSですね。比べるものではありませんが。

・灯火類
Z125
ヘッドライト ハロゲン
テールライト LED
ウインカー 電球
CB125
全てLED(ナンバー灯は不明)
CBR250RR
全てLED

LEDだと最新バイク感がでていいですよね。この点は完全にCB有利かと。

・価格
Z125
34万5,600円(税込)
35万3,160円(税込・Special Edition)
CB125
税込44万8,200円(個人的バイクまとめブログ様より引用)
http://kojintekibikematome.blog.jp/archives/73508833.html
CBR250RR
税込75万6千円

約10万の違いです。250ccに迫るお値段ですが装備がよくプレミアム125ccとしては安い?


あとは足回りやらが違うようですが個人的には明確に違いが分かる腕も持っていないのでそこまで重要視していません。気が向いたら比較します。


こうして書いてみるとけっこうキャラクターに違いがありそうです。原二ならではの小回りや軽さ、街乗り仕様を求めるならZ125 、車体が大きく上記のメリットは少し弱くなるが、見た目がカッコよく走りに特化しているCB125か。

個人的にはバイクに求めるものはスタイル(見た目の格好良さ、ライダーが乗った時のバランス等)なのでCB125Rの方が向いてそうです。





カッコいい…


そもそもそれを兼ね備えたcbr250rrがあるんですけどね笑
まぁ妄想はタダなので…
Posted at 2018/02/08 00:08:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「[パーツ] #CB125R フェンダーレスキット https://minkara.carview.co.jp/userid/1860014/car/2550168/9342160/parts.aspx
何シテル?   07/25 21:13
Ninja250→Ninja ZX-6R→CBR250RR→CB125R ↓ ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

6Rのプラグ交換してみた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 15:15:49
メーカー不明 テーパーハンドル グレー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 14:57:59
PLOT EFFEX スーパーバー Grandprixテーパーハンドルバー Type-4 アルミ ブラック&#160; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 14:50:39

お友達

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスターRF マツダ ロードスターRF
VSグレード、マシーングレープレミアムメタリックです。 2017年3月17日 納車。
カワサキ Z800 カワサキ Z800
ZX6R購入時にかなり悩んだバイクで、何度も公式動画を見比べ結局は6Rを選択しましたが、 ...
ホンダ CB125R ホンダ CB125R
CBR250RRからの乗換え。 大型と二台持ちの利点を活かす為、軽さと燃費にこだわって ...
マツダ アテンザスポーツ マツダ アテンザスポーツ
2012年11月購入。スタイルに惚れました。 2015年3月22日、GJアテンザ買い換え ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.