• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白眉慎太郎のブログ一覧

2018年03月02日 イイね!

子供自転車レベナ改造 最終形へ

子供自転車レベナ改造 最終形へ春シーズンに備えて最期の改造をしました。検索でこられた方むけに部品互換性情報だけ最初にまとめます。

①panaracer minutes lite 18he1.25 bd-1用 互換性検証済
②リンエイ Wガードギヤクランクセット 40T干渉なく装着を検証済

【タイや交換】
乗り物っちゅやつはタイヤが一番大事。僅か170gペナペナのスリックタイヤです。幅狭ですが問題なし。7気圧入れても微妙な弾力あります。セタコードがクロスプライに織り込まれているのか、いわゆる決戦用品質です。BD-1に競技があるとも思えませんがなぜこんなタイヤが市販されているのでしょうか。

子供も最初の一踏みで転がりに驚きを隠せません。またハンドリングがシャープで狙った通りのコース取りができるそうです。子供でも競技用の道具のすごさをかいま見たようでかなり興奮して降りません。下りはとおちゃんのビンテージMAVIC+練習チューブラと同じぐらい出ます。

雨は乗れません。この薄さだと金属片でも拾ったらあっさり終わるでしょうね。

【クランク交換】
ネット巡回しても36Tどまりで40Tが実際に干渉せず装着できた記事はこれが初めてではないかと。さすがに重いようで跨線橋程度でも上りはキツいらしい。ホィール径も考慮に入れれば、おとな用のロードバイクのアウタークランク+一番軽いギアくらいの最終減速比です。18インチでそれならかなり速いといえます。



外見もクランクが大きくなって、タイヤが薄くなってよりレーサーらしく。明日はクルマに乗せてツーリング。
Posted at 2018/03/02 20:06:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | こはくび | 日記
2018年03月01日 イイね!

クリプトンKS-7HQM目指して ~USよりスピーカー着弾

クリプトンKS-7HQM目指して ~USよりスピーカー着弾PartsExpressがちょっとだけ安かったので輸入してみた。アメリカンな梱包でダンパーが変形している。この程度アメリカ人に言っても聴いてもらえん。ちょっとぐらい高くても安心の国内販売かぁ~。

私のオーディオリファレンス機はこれです↓ クリプトンKS-7HQM


展示会で一聴して耳からウロコ、その後自分もなじみ深い音源で相当聴き込ませていただきました。リニアサウンドとははっきり違うデジタルサウンドの最高峰だと思います。漆黒の静寂さをバックに澄み切った歯切れのよい音です。DSPとデジタルアンプのはいった4CHシステムです。お値段を訊いて最初はあきらめてましたが、仕組みを訊くとエレキは自分でもできそうなのでスピーカユニットの銘柄Tymphanyの名前だけ訊いておきました。

よく写真を観察して私の勝手な思い込みですがユニットはこれではないかと

PLS-75F25AL02-08
XT25SC40-04


取り付けに難があるので型番や形状から推定される姉妹機を使うことにしました。ツィータはウェーブガイドがなくネジ止めもできないので、同じドライバーでガイドがついたものではなかいと思われるもの、ウーハーはネオジウム磁石とプラバスケットに替えて200g軽量化したものを実際に使います。

PLS-75N25AL02-08
XT25SC90-04


ツィータはもう購入して現行車につけています。スコーカとして今回PLS-75N25AL02-08を購入しました。これでユニットは揃いぶみ。練習用の現行車Aピラーも取得済み。

パテ細工が苦手なので一回練習して、あとは箱替えを待ちます。
Posted at 2018/03/01 20:01:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2018年02月28日 イイね!

電源妄想 (3) 電源設計に進出?

電源妄想 (3)  電源設計に進出?みんともさんのコメントに刺激されて電源設計に進出。

最近本当に便利ですな、部品メーカーが素人でもある程度使えるシミュレータとデバイスモデルをただで提供してる。本当に設計できるかどうかはツール使えることとは別ですけど、パラメータ決定や仕損防止くらいはできる。この分析ではLCフィルタを後段に着けても電流制限がかかって起動時にICは焼けないことがわかる。

なんだかプロなみ♪おこずかい使わずに妄想だけで遊び倒せる。
Posted at 2018/02/28 19:03:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月27日 イイね!

次世代機に向けて電源妄想 (2)

次世代機に向けて電源妄想 (2)電源は低ノイズと低インピーダンスが命、前回ノイズのことだけ考えたので今度は抵抗のことだけ妄想します。例によって思考を裏付けるような経験も知識もなく、妄想でございす。ご助言をよろしくおねがい致します。

電流が流れるループ全体について考えてパーツ毎にネットで拾えるDC抵抗代表値を入れてみました。尚、拾い食いなので正確性に疑問はあります。あまりに抵抗値が小さいため自分で測るのも難しいし、抵抗値を明示的な売りにしているパーツも少ないのでスペックシートにも滅多に出てこない。

まずアンプICの内部インピーダンスが大事。他部分はアンプICと同程度かそれ以下であることが望ましいですね。特定の部品をアンプIC水準に比べて大幅に攻めてもあまり総合インピーダンスは変わらず効果はないはず。TDA7498Eは150mΩ、対してHypex UcD180 は50mΩで、高級品と普及品には大きな違いがある。それぞれDFに直すと50, 150 になります。

バッテリーの内部抵抗って論文によるとこのぐらいらしい、本当ならたいした重要性はなさそう。本当は普通バッテリー、カオス、固体バッテリーみたいな比較があるといいけど全然わからず。もともとバッテリーってクランキング時の大電力で性能が決まるのでオーディオみたいにちびちび使うときの性能はわかんないですね。

配線では4ゲージと8ゲージの違いはわずかに4mΩ、これだけみるとそんなに重要なこととは思えない。むしろ端子材料や圧着の良しあしでひっくり返される差です。あまり信頼性のある代表値ではないがヒューズは臭いですね~。これが本当なら大穴ですが本当に信頼に値する数値か怪しい。これも製品の明示的な売りにならないのでカタログスペックがない。仕方ないからヒューズは高いやつ奢っておこう。

むしろ心配なのはアンプの箱にはいってから先の部分。パッシブLCの主なDC抵抗はチョークコイル、これ巻き線の細いのはだめ。心配はしていたけどリニアレギュレータは最大の悪党ですね。だた、モノによって凄い違いがあってこれがレギュレータ入れることへの賛否の基になっているような気がする。反対の人はLM317みたいなのを使ったのではないか。しかし内部抵抗が心配ならレギュレータは確かに最も危険なのは間違いない。DCDCは車載では必ず要る。48V車が待ちどおしいですな。

アンプから先は高周波なのでDCを論じても仕方ないが、カナレ4S6と4S8の違いの大きさを目の当たりにするとウーハーだけは4S8にしておこうと思いますね。

結論
- 大DFアンプにはリニアレギュレータを入れるのはよくなさそう。
- 普及品アンプでもリニアレギュレータは低インピーダンスを第一に考える。
- パーツとしてはヒューズとチョークコイルが大穴、しっかり選びましょう。
- 後の部品は地道な戦いとなります。

Posted at 2018/02/27 12:43:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2018年02月26日 イイね!

次世代機に向けて電源妄想 (1)

次世代機に向けて電源妄想 (1)耳元のスピーカーがめっぽう元気になったのでエンジン切って駐車場に静寂が広がると... サーが僅かに聞こえます。次はなんとかなくしたい。お金のかからない妄想だけ始めました。私電源について全く知識がないのでネットで聞きかじったことばかり並べてます。専門的な見地や製作のご経験をおもちのみんともさんには是非助言をいただきたく。



これが現状。データシートをあちこちで拾い食いしてみると、この程度のDCDCのリプルノイズは概ね100mVppのオーダー。



てっきりアンプ基盤にはPOLが載っていると思ってましたが、ヒートシンクはぐってもありません。ああ~これがオーディオの流儀ですかぁ~。生電源がそのままICに届く、電源はまじめにつくってくださいということですね。



LCパッシブフィルタlittlesuisieのカットオフは63Hz、1KHzで-30dBくらい?ここから上の周波数はESR周波数特性の影響で減衰量は減っちゃいます。LC積を増やして矢印①の改善、高周波領域でのESRを減らして矢印②の効果があります。ざっくり平均-20dB弱のゲインを発生しているとすると、10mVppまで下がりますね。パッシブってでかいし高価ですけど自己ノイズや過渡特性のようなアクティブフィルタ固有の副作用がないので嬉しいですね。



PWMICのPSRRは55dB、スペックシートは良いとこどりなのでオペ環境で平均的には40dBだとすると1mVppのリプルノイズを今聴いていることになる。PWMIC自身が出すノイズは200-400uVpp、うぇ、これ結構でかいな。これらを勘案すれば1mVppでアンプに入れてやれば十分静かなシステムがつくれる。



アンプには内部インピーダンスの問題があるのでリニアレギュレータを使う派と使わない派がいるらしいが、電源安定化のためにはあったほうが安全。DEH970の内臓アンプには使われていた。PRS-D700は確証がない。写真はLM317。



初めてリニアレギュレータみたんですが、この30V1Aとなるとチョイスがぐっと狭まる。

ーーーーーーちょっと間違えましたーーーー
【誤】
例えばLT3086を使うと昇圧DCDCのノイズは60dB下がって自己ノイズに概ねマッチし100uVpp。
【正】
例えばLT3086を使うと昇圧DCDCのノイズは40dB下がって1mVpp。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これだけで目標達成ですね。ついついよく人が使っているLM317買っちまったが、このインピーダンスはパワーアンプにはつかえないっす。



ここまで考え及ぶ前に受動部品を調達したので過渡特性補正用コンデンサの代わりにLCフィルター入れちゃいます。Littlesusieに対抗してBigbearと命名します、平均数dBくらい特性はいいはず、-20dB強といったところ。これでざっと100uVppのまで下がる皮算用。



以上まとめますとこんな改良になります。同じ仕組みでホーム用のアンプを作っているのでまずはそちらをテストベッドに。さて、果たしていつ工作が始まるのか?CL=10mFぶら下げて起動時にレギュレータICが焼けないか?発振せずに無事動くのか。本当にノイズフロアは下がるのか。まともに鳴るのか。

ところで例のUcD180、自己ノイズが30uVppクラス、さすがちょっといいアンプ感出してます。

追伸 あ、あにわさん、いいねだけじゃなくてそれだめだよってコメントもくださいな。
Posted at 2018/02/26 18:34:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記

プロフィール

ロシアの大地で無故障神話をもつ超低年式車を少ないお小遣いでメンテ・カスタムしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

トヨタ ヴェルファイア  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/04 07:55:36
ぽちった 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 19:23:56
エアクリーナー清掃・燃料ライン洗浄・オイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/29 22:23:40

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ マークIIクオリス Mobile Jazz QUALYS (トヨタ マークIIクオリス)
好きな時に好きな場所に行って音楽を聴くためのモバイルジャズクラブです。オーディオは「高級 ...
フォード トーラス ワゴン くじら号 (フォード トーラス ワゴン)
アメリカ暮らしの思い出が一杯詰まった史上最高の相棒。日本名「くじら号」。千葉大学構内にて ...
スズキ ワゴンRスティングレー スズキ ワゴンRスティングレー
実家に配備、じじクルマ。ライトは明るいし、踏みつければパワーもそこそこあるし、いつまでも ...
マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
目下次期購入候補No.1です。ガソリンワゴン車両希望。Sky-X搭載機と次期マイナーチェ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.