• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
.

ゴルゴ13翻のブログ一覧

2021年08月03日 イイね!

続✖️79【ボトムズコンバージ】スコープドッグ ターボカスタムの墨入れと部分塗装

続✖️79【ボトムズコンバージ】スコープドッグ ターボカスタムの墨入れと部分塗装ボトムズコンバージ スタンダードのスコープドッグ(¥800)に引き続き、後に発売されたボトムズコンバージ スコープドッグ ターボカスタム(¥2700)をやってまいました

スタンダード版のスコープドッグをやってみたら、価格が3倍以上するリニューアルとも云うべき新しいボトムズコンバージのスコープドッグも見てみたくなりポチってしまいました


外箱


素の状態、正面


素の状態、右側面


素の状態、左側面


素の状態、背面

スタンダード版に比べると、本体はやや小ぶりになってますね

ディテール面では、ターレットレンズにクリアパーツが使われていたり、スタンダードでは省略されていた胸のステップがちゃんとパイプ状になっていたり、肩のフックもスタンダードよりはリアルに造ってあるなど、ちょっと良くなってます


配色を確認します

スコープドッグターボカスタムは登場作品によっていくつかの装備違いや配色違いがあり、このターボカスタムは、OVA「ザ・ラストレッドショルダー」のキリコ機になります


1/20スコープドッグターボカスタム(ザ・ラストレッドショルダー版)説明書1


1/20スコープドッグターボカスタム(ザ・ラストレッドショルダー版)説明書2

シンプルですね

では、お湯に浸けてバラします


先ずはコピックモデラーで墨入れをしておきます

部分塗装は先のスタンダード版スコープドッグと同じく、各関節とアンテナにガンダムガンメタリック、後頭部のセンサーにルミナスメタグリーンを着色


腰のマシンガンのマガジンにティターンズブルーを着色


マシンガンとグレネード、スモークディスチャージャー、ガトリングガンの銃口、砲口をピンバイスで開けました

以上で、部分塗装と小細工は終了

全てのパーツを組み合わせます



完成〜

着色後、正面


着色後、右側面


着色後、左側面


着色後、背面

脚部のロケットブースターが展開状態なのが特徴的です


カコエエな…普通にw


スミ入れが多いのでゴチャゴチャ感はあります


むせるwww


これにて、スコープドッグ ターボカスタムの墨入れと部分塗装は終了〜

ま、スタンダード版のスコープドッグとやった事はほぼほぼ同じなのですが…

これもカコエエな❤️w


ですが、気になった事が一点…


ターレットレンズの赤いやつ
コンバージでは出っ張ってます

出っ張ってるというか表面に貼り付けた感じ


外箱では引っ込んでます


外箱の裏の画でも引っ込んでます

色々調べてみると、製品試作版と箱の画ではレンズが引っ込んで(嵌め込まれて)ました

発売された製品版では何故か出っ張っているようですね

折角クリアパーツまで使ってリアルに造り込まれているターレットレンズなので、この出っ張っぱりは勿体ないと思います

今後、機会があれば中に埋め込んでみましょう


スタンダード版との比較

背は低くなり頭も小さくなってます
自分的には、等身はスタンダード版の方が好みですね

この新ボトムズコンバージ(仮称)は、ターボカスタムとブラッドサッカーの2種しか発売されていませんが、この価格帯なら大型機やボリュームのあるサイズもいけると思うので、是非続けてもらいたいですね

コンバージストライクドッグとか見てみたいです❤️


そして、しれ〜っと紛れ込む…w


お次は、またまた水泳部


現在作業中〜

Posted at 2021/08/03 22:45:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガンダムコンバージ | 日記
2021年07月30日 イイね!

続✖️78【ガンダムコンバージ】カプールの墨入れと部分塗装

続✖️78【ガンダムコンバージ】カプールの墨入れと部分塗装旧弾のカプール(箱無し中古)を、¥310でポチりました
あんまり人気ないみたいですね


素の状態、正面


素の状態、側面


素の状態、背面

ゴリラのようなポージング
ん、これは前に見た事あるポーズだぞと…


森のゴリさんと同じポーズです


配色を確認します

UC登場機のカラーリングに近付けたいと思います


UC公式画像、正面


UC公式画像、背面


UC劇中

メインカラーの水色と青色の色味がかなり違いますが、コンバージの元々の着色をそのまま活かしたいと思います←訳:全部塗るのがメンドイw

未着色部分が多いので、水色と青色の調色は必要になります


では、お湯に浸けてバラします


胴体のカバーはABS製ですが、お湯に浸けると少し色が褪せました

やはり、ABSはクリアパーツに限らず、お湯に浸けない方が無難かと思います

褪色してしまったのは仕方が無いので放置して進めますw

先ずは、全体にコピックモデラーでスミ入れしておきます


元々のモノアイがイマイチなので…


ゾゴックのようにHアイズ(もどき)に換えます

今後もUC登場残党軍水泳部はモノアイを換えましょうかね
旧弾にちょっとアクセントを付けたいってのもあります


仮合わせ


しかし、そのままではモノアイが引っ込み過ぎる模様…


エポパテで埋めます


いい感じに出っ張りました


青色を作ります
SEEDブルー+SEEDレッドで調色

胴体、膝下、腕の収納カバー、胴体カバーのダクト部、足の爪の先端に着色


赤色の着色

各部のバーニア、胸のミサイルランチャー、股間のソニックブラストにロイヤルメタレッドを着色


胸の8連ミサイルランチャーはピンバイスで開口しました

コンバージではミサイルランチャーが何個かカバーに隠れてます
発射したらカバーに当たるw


股間のソニックブラストと6個のバーニア

これもピンバイスで開口しました

下の6個の穴はバーニアって事でいいのかな?
ZZはあまり見ていないのでよくわかりません


水色を作ります

ニューホワイト+SEEDブルー+黒で調色

肩に着色


後は、全体の関節やアイアンネイル、バーニアの外側や各所のダクトにガンメタを着色

今回は黒っぽくしたいので、ヘビーガンメタリックではなくてガンダムガンメタリックを使いました


部分塗装は以上で終了

全てのパーツを組み合わせます



完成〜

着色後、正面


着色後、側面


着色後、背面


うんうん、カプールっぽい❤️(カプールですから…)


森のクマさん以上に前傾姿勢
多分、今までのコンバージで1番の前傾姿勢


モノアイの反射具合も良い感じ


台座は#版に換えてます
安定性は良くなりました


これにて、カプールの墨入れと部分塗装は終了〜

調色がちょっと面倒でしたし、UC登場機よりもかなり明るい色合いですが、概ね満足

カプールもそのうちリニューアル#版が発売されるかもしれませんね


UC登場の残党軍水泳部の2体

そして…


バイカスの盾にされてゾゴックのブーメランカッターが突き刺さるカプールの画…w


お次は、、、


ターボカスタムをポチったのでやってまおうかなと思います


前前々回にシバいた、ボトムズコンバージスタンダード(¥800)のスコープドッグよりもディテールが細かく造り込まれています

ガンダムコンバージ(¥500)と同じサイズの約5.5cmですが、こちらは定価が¥2700だったそうなので、よく造り込まれているのが当然と云えば当然ですね

むせるw
Posted at 2021/07/30 16:01:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | ガンダムコンバージ | 日記
2021年07月23日 イイね!

続✖️77【ガンダムコンバージ】アッガイの墨入れと部分塗装

続✖️77【ガンダムコンバージ】アッガイの墨入れと部分塗装旧弾のアッガイ(箱無し中古)をポチったのでやってまいました

このアッガイ、旧弾の中でもそこそこ人気があるようで、だいたいの相場は1200〜1800円くらいかと思います


素の状態、正面


素の状態、右側面


素の状態、左側面


素の状態、背面

旧弾ですが、非常に良い造形だと思います


他にも、プレミアムの付いた(4000〜10000円くらい)「機動戦士ガンダム サンダーボルト」劇場限定アッガイメタリックバージョンなるものもありますが、造形は旧弾と同じで、サンダーボルトに登場するアッガイとは違います(笑)


配色を確認します



公式画像

ぶっさ…

いえ、ブサカワイイとされてます


ロボット魂、画像1


ロボット魂、画像2


ロボット魂、画像3


ロボット魂、画像4


ロボット魂、画像5

後年に発売されたキットはカワイイに寄せてますね〜

いつの頃からかアッガイがカワイイ扱いになってましたね

因みに、後の設定ではガンダムより背の高い全高19.2m です、デカイんですw


こんなものまで…


シャチハタ
ちょっと欲しいけど使うとこないかな〜w


では、お湯に浸けてバラします



全体にコピックモデラーで墨入れをしておきます


モノアイをHアイズ(もどき)に換えようかなと思い…


Hアイズ(もどき)3mmに金属パーツの縁を付けて嵌めてみましたが…


悪くは無いのですが、良くも無いように思えたので(笑)、今回はHアイズ(もどき)を使うのは止めます


元々のモノアイは綺麗なレンズ状になっていますので、メタリックピンクがイイ感じに反射すると思います

モノアイにメタリックピンクを着色して、縁にはヘビーガンメタリックを着色


頭部

◯が4つありますが、設定ではバルカン砲との事なので…


穴を開けときました


右腕

アイアンネイルを収納している状態ですが、設定では腕の中心部にメガ粒子砲を装備しているタイプもあるとの事なので、穴を開けときました

砲身にはヘビーガンメタリックを着色


ちなみに、アッガイの前腕はユニット化されており、両腕アイアンネイルや両腕6連装ロケットランチャーなど自由に武装変更できるそうです


忘れないうちに、頭部のバルカン砲にもヘビーガンメタリックを着色


チラ見している各関節にヘビーガンメタリックを着色


足の両側にある◯にポスカのダークブラウンを着色

背中の元々の着色が荒いので、ここにもダークブラウンを着色

元々のブラウンとは若干色味が違いますが、許容範囲と云う事でw

部分塗装は以上で終了

全てのパーツを組み合わせます



完成〜

着色後、正面

台座は#版に換えました


着色後、右側面


着色後、左側面


着色後、背面


コンバージなりのアレンジが効いてますが、アッガイっぽさはありますね


けどカワイクは無いw


モノアイも良い反射具合です


これにて、アッガイの墨入れと部分塗装は終了〜

ファースト登場機は元々がシンプルなので、コンバージ化の際にオミットされる部分が少なく、結果として造形が良く見える

ってのも確かにありますが、それを踏まえた上で、この旧弾アッガイは良いディテールだと思います

そのうちリニューアル#版も出るかと思いますが、次はアイアンネイルの展開状態を見てみたいです


劇中ではヤラレメカの印象しか無いアッガイですが、設定上ではかなり秀逸です

ザクIIのパーツ流用で生産性が高い
ステルス性も高く偵察任務にも従事できる
陸上でも陸戦機と比べても遜色のない運動性能を発揮
複座式コクピットで水陸両用機の訓練機としても使われる
ザクIIのジェネレーターを2基搭載しているのでビーム兵器も使用可能

…と、コスパの良いちょっとした高性能機みたいに聞こえますが、、、

以下、ピクシブ百科事典より引用

“現在では上記の設定がどうでもいいとばかりに「萌え人気機体」としての地位を確立した”

だ、そうです(笑)
 


ちょっとコレ読んでみたいw


シャアさんと


ジオン水泳部増えてきました


あとはゾックかな


ファーストのケースは、陸、海、宇宙と中々にカオスなので、見ると楽しいw


こんな感じ


次はコレをいってみようかと思います

Posted at 2021/07/23 20:39:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | ガンダムコンバージ | 日記
2021年07月22日 イイね!

続✖️76【ガンダムコンバージ】リック・ドムIIの墨入れと部分塗装

続✖️76【ガンダムコンバージ】リック・ドムIIの墨入れと部分塗装#20のリック・ドムIIをやってまいました

リック・ドムツーではなくて、リック・ドムツヴァイと読むそうです

ポケ戦は何故かドイツ語表記や読みが多く、ゲルググJもゲルググイェーガー(独語で猟師、猟人)、ケンプファー(独語で闘士)などなど…


外箱


素の状態、正面


素の状態、右側面


素の状態、左側面


素の状態、背面

造形良いですね
細かく造り込まれてます

配色を確認します



公式画像


ロボット魂、正面


ロボット魂、背面

初代ドムを踏襲してますね

では、お湯に浸けてバラします



先ずは、全体にコピックモデラーで墨入れしておきます

各関節にヘビーガンメタリックを着色


バーニア内側にロイヤルメタレッドを着色

バーニア外側にはヘビーガンメタリックを着色


腰のスカート内や脚のアーマー内側にもバーニアがありますが、先ず見えないですねw


モノアイにはルミナスメタグリーンを上塗り

バズーカのセンサーにはメタブルーを着色

胸のビーム砲にはロイヤルメタレッドを着色

以上で部分塗装は終了

全てのパーツを組み合わせます



完成〜

着色後、正面


着色後、右側面


着色後、左側面


着色後、背面


マッシブ!


重厚感ありますね


バズーカを構える格好が1番好みかも


他の通常版コンバージに比べて、ボリュームあります


これにて、リック・ドムIIの墨入れと部分塗装は終了〜

ポケ戦のモブですが、コンバージではボリュームもあり良い造形だと思います


ザク改もそうでしたけど、ポケ戦#版のジオンの量産機はしっかりと作り込まれてますね


11月に発売予定の#22のゲルググJも期待できそうです


このままポケ戦コンプリート出来そうだったので、、、



旧弾ですが、ズゴックEとハイゴッグをポチりました

なかなか作業のやり甲斐がありそうな、墨入れと部分塗装をしたらパッとしそうな造形をしてる気が…しないでもない(笑)






Posted at 2021/07/22 14:35:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | ガンダムコンバージ | 日記
2021年07月18日 イイね!

続✖️75【ボトムズコンバージ】スコープドッグの墨入れと部分塗装

続✖️75【ボトムズコンバージ】スコープドッグの墨入れと部分塗装今回は”ボトムズ”コンバージ”です
オクでポチったスコープドッグやってまいました


このボトムズコンバージ、2017年に発売されたスタンダードと称される税込880円の全6種は販売数が極端に少ないのか、あまり出品されません


ちなみに、2016年に発売された税込2700円のターボカスタムとブラッドサッカーは、よく出品されています


しかし…

やはりここは、どノーマルのスコープドッグが欲しいんdeath!

出品されるのを気長に待って、箱無し未開封品をポチりました


外箱

サンライズ営業部さんのTwitterから画像引用


素の状態、正面


素の状態、右側面


素の状態、左側面


素の状態、背面

あー、いいっすねー

歩く棺桶、使い捨てのAT

むせるw


配色を確認します


公式画像、正面


公式画像、背面

大河原絵ですね〜


設定とは違う色使いですが、こっちははっきりと色が分かれててメリハリついてますね

ん〜、カコエエな〜


ま、ほとんど塗るところは無いですね



ヘヴィマシンガンの銃口が開いてないので…


開けときました

では、お湯に浸けてバラします


先ず全体にコピックモデラーで墨入れしておきます

筋彫りや細かなモールドが多いので墨入れは結構時間がかかりました

部分塗装は簡単

腰サイドアーマーのアームパンチのマガジンにジオングレーを着色

頭部後ろのセンサーにルミナスメタグリーン、アンテナにヘビーガンメタリックを着色

以上っす

全てのパーツを組み合わせます



完成〜

着色後、正面


着色後、右側面


着色後、左側面


着色後、背面


足の裏に穴を開けて、ガンダムコンバージの台座を使ってます


適当に何枚か…


雰囲気出てますね


むせるw


これにて、スコープドッグの墨入れと部分塗装は終了〜

中々に良いデフォルメ具合ですね

デフォルメされているので、上腕や大腿などのライトグリーンの部分が隠れがちになってしまい、全体的にダークグリーン一色に見えてしまいます

墨入れも数が多い上に細かいのでゴチャゴチャ感は否めないです
このゴチャゴチャ感はバルバトスルプス以来ですね

細部のボルトや開口部など細かいモールドも一応作られていますが、形が崩れていたり、成形時の合わせ目のズレで台無しになってるところも多かったです

ボトムズコンバージは初でしたが、ストライクやラビドリー、ベルゼルガなどの大型ATもみてみたい気がします

是非、シリーズを続けて販売してほしいところですが、最後に発売されてからもう4年程経過していますし、どうなんでしょうね


しれ〜っと紛れ込むw

Posted at 2021/07/18 12:41:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガンダムコンバージ | 日記

プロフィール

「姫路の白鳥PAで最後の休憩、残り我が家まで約100km」
何シテル?   04/21 21:13
長らく東京に居りましたが、現在は出身地の岡山でスローライフを満喫中…とは程遠いのですが、”日々是好日”ですね 岡山に戻った際にFITを購入、FIT弄りにハマっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/8 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

海外ホンダ純正、HR-Vリアフォグリフレクター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/18 21:47:15
リアバンパー取り外し 妄想実現最終章へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/18 21:44:22
ホンダ(純正) Z用フロントアンダーグリル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/17 23:22:59

愛車一覧

ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
ミスティグリーンとジャズブラウンに魅せられて買っちゃった💕 前車とは趣向を変えて、純 ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
2019年8月に友人に売却しました 2013年に購入 地道にコツコツと自分なりに弄った ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.