• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

うさぎ@札幌のブログ一覧

2018年03月21日 イイね!

春の遠征 事後報告 その3

3日目、朝起きると辺りは真っ白に雪化粧。


そんな中、先ずは朝ごはん。



家から準備してきたおにぎり、焼きシャケ、野菜サラダ、唐揚げにミニカップヌードル。

遠征の時は、およそ3日分程度のおにぎりやおかずを予め用意して出発するのが、いつものスタイル。

道中メインの移動ルート沿いにスーパーがあるようなことは少なく、探し歩く時間も無駄だし、手軽にコンビニという考え方もあるだろうが、コンビニを使いなれてしまうと、あとでその出費の高額さに驚く事になるからだ。
飲み物ひとつにしても、スーパーの倍の価格だし弁当なども観光地の食堂より高かったりする。
なので、我々はコンビニが嫌いなのである(笑)

ただし、トイレは借りる(笑)

食後のコーヒーは、今日はシングルバーナーで沸かす。



小さいながらもさすがの火力で、コーヒー2杯程度のお湯は2分かからず沸騰する。

このストーブも年季が入ってる。
先に登場したプリムスの2バーナーは実に20年以上使っている。
アウトドアなどと言う言葉が流行りだす以前からのキャンパーだった私の装備は20年越えのグッズが多い。これらもそのひとつ。

道の駅縄文ロマン南茅部を出発して、昨夜南茅部入りした矢別ダム経由のルートとは別の大沼経由で函館市内を避け、湯ノ岱温泉を目指す。


途中、木古内の国道沿いで居宅と同じデザインのゴミステーションを見る。



まだ今年も健在だ(^^)
毎回通るたびに家主のセンスを思い、なぜかホッとする。


木古内からは旧江差線沿いに山越えしたら、湯ノ岱温泉はすぐだ。


湯ノ岱温泉到着。
今日はやってる(^^)



高温42度、中温38度、低温35度の設定で3つの浴槽、決して新しい施設では無いが、鄙びた感がたまらない。熱くなったら浴槽を移動し中温低温で体を冷まし、また高温へと行く…を繰り返し、ここはたっぷり90分の入浴で大満足。


お風呂を上がって湯ノ岱温泉の駐車場でそのままお昼ご飯。
コンビニで買ったすみれスープに、おにぎりを投入して、おじや風にして食す。










これもなかなか体が温まる(^^)

またまた大満足(^^)



どういうわけかこんな時なのに虫歯が病みだし、旅の続行が困難になってきた為、帰ろうかどうしようか考えながらコマを進める。


道の駅「てっくいランド大成」を過ぎてすぐ面白そうな温泉発見!

湯とぴあ臼別
行って見たら、あと10日でオープン…(T_T)


もうちょっとだったのね…ここは必ずリベンジ!
無料(清掃協力金100円は必要)で、このクォリティは、嬉しい。

続いては、通り道で見つけた今金町にある



あったからんど。

強い食塩泉で、しょっぱいが寿都町のゆべつの湯ほどでは無い。
味もゆべつの湯の方がはるかに美味しい…って、グルメレポぢゃ無いので、味はどうでも良い(笑)






駐車場の目の前で次の温泉井戸掘る大工事中。



温泉出るといいね。

強い食塩泉が物凄く良い(^^)
汗がダラダラ出るくらいジンジン効いてくるのがわかる。
思いがけず良い温泉に巡り会えた。

上がってまだ髪の毛も乾かない距離のすぐ近くにこれまた食塩泉の「種川温泉」発見。


今金町って温泉多いのね〜

あったからんどと同じ泉質とのことなので、後ろ髪を引かれる思いをしながらも、種川温泉はパス。

本当はこの先にあるクアハウスピリカの温泉目指していたんだけれど、あったからんどですっかり満足してしまい、こちらもスルー(笑)

ピリカダム横を通って国縫に抜け、長万部でいつものカニ飯。



旅のお供にどうしてもこれは欠かせない(笑)
素通りしたことがないくらい、ここを通ると食べてしまう。

腹が減っていなかろうが、飯の時間でなかろうが兎に角、腹にカニ飯を詰め込むw

食べたらいよいよ歯痛が酷くなり、長万部のツルハで歯痛止めを買う(T_T)
1日繰り上げての帰宅を決意し、札幌まで一気に走り今回の遠征は終了。



本日の走行、437km。


温泉入って飯食って…しかしてない遠征は、今回も3日間でトータル1000km、よく走ったわ(笑)

1日目 279.54km


2日目 277.69km


3日目 437.23km



今回入った温泉

寿都温泉ゆべつの湯
島牧村 ちはせ川温泉
島牧村 モッタ海岸温泉
松前町 松前温泉
南茅部 大船温泉ひろめ荘
上ノ国町 湯ノ岱温泉
今金町 あったからんど

以上7箇所でした。


Posted at 2018/03/21 11:58:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月21日 イイね!

春の遠征 途中報告→事後報告 その2

湯ノ岱温泉で見事に裏切られた我々は、遥々330km(含、寄り道)も走り札幌からやって来たからにはそう簡単に諦めるわけにはいかないので、翌日のリベンジを誓い第2の目的「松前 海苔だんだん」を食すべくその場を後にした。

松前町の温泉旅館矢野さんで食す超高級海苔だんだん。


大盛 1550円は、既に海苔弁の域を完全に超越した世界。
副菜に、旅館オリジナルの「女将の松前漬」(しょうゆ味)、これまた旅館オリジナルの

「しその実わかめ」


売店で買えます、税込650円。


が付くが、こちらも絶品。

ちなみに、「若女将の松前漬」と言うのもあり、こちらは塩味なんだそうな。



腹がいっぱいになったら、次は温泉。
松前温泉。


泉質はナトリウム、塩化物、硫酸塩泉。あまり特徴が無い感じ。
大浴場に浴槽ひとつ、サウナに水風呂とごくありふれた感じ。水風呂は冷たすぎて入れない…(^^;)

松前温泉のあとは、トラピスト修道院の売店で16:30閉店ギリギリ(本当はアウトだったのをもう一度シャッター開けてもらったw)に転がり込み、クッキーとバター飴を購入。

その後、函館市内を夕刻のラッシュにつかまりながらも通り抜け、南茅部まで行き、前回の遠征で寄った「大船温泉ひろめ荘」で、正統派硫黄臭プンプンの温泉に浸かる。


夜なので写真無し(^^;)
撮ってもこうなっちゃうからです(^^;)


前回、MICのノス次郎氏と同行で奥尻に渡ったついでに寄った温泉だが、これが超いい感じの温泉だったので、是非また行かねば! となり、再訪。

この日の宿は、道の駅「縄文ロマン南かやべ」
新しい施設だけに、非常に綺麗。

到着後、先ずは晩ごはん。


途中で仕入れておいた、ハセガワストアのやきとり弁当。
相方はタレ味、自分は塩味とチョイスし、半分交換して食べる。(笑)

やきとり弁当とは言え、形態はやっぱり海苔弁。

今回は海苔弁と温泉満喫の旅。(笑)




(その3へ続く)







Posted at 2018/03/21 10:07:20 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年03月20日 イイね!

春の遠征 途中報告

相方の4連休を使い道南方面遠征中ですが、溜めると億劫になるので途中経過報告(笑)

1日目

札幌を昼頃に出発して、まずは島牧村の先にあるモッタ海岸温泉を目指す。

行き掛けの駄賃に、まずは寿都温泉「ゆべつの湯」で貸切風呂。



ここのお湯は激しょっぱい塩味します。
でもミネラルが豊富なのか、岩塩みたいな旨味があってついつい舐めたくなっちゃいます(笑)


お次は道の駅「みなとまーれ寿都」で売られていると言う「どんじゃ海苔」を使った海苔弁「船澗(ふなま)弁当」を食う。半予約制。
全じゃないのは一般売りもあるが数量限定の為、なくなっちゃうのが嫌な人には予約もオススメしますってスタンスだから。

これこれ(^^)





なくなるのが嫌な口なんで、予約しときました。



おぃ…ちょっと待て!

何かおかしくないか…?

コンビニなんかで配布されてる割り箸より、容器がはるかに小さい…

幼稚園児の弁当箱じゃないんだから、600円も取っておいてこれはないだろ…(^^;)

2個食っても足りませんよこれじゃ…

しかも、激しょっぱい!



温泉と一緒かよ(^^;)

不味くはないが、この価格でこの量では、リピは無いな…チーン…


気を取り直して島牧に向け、ひた走る。

途中、気になる温泉発見!



ちはせ川温泉♨️

以前から存在は知ってはいたものの、いつもルートから外れ山奥に行かなければならないことから敬遠がちになっていた温泉で、先を急がない今回はちと寄ってみるか!となり、寄り道する事に。

初めて来ました。


玄関前、雪ありません。

温泉水をぢゃぶぢゃぶ撒いてるわけですから、雪は無くなりますが…

地面が土なのに、水撒いたら泥沼化するぢゃ無いですか…(^^;)



すごく硬い感じの湯。浴槽狭いです(^^;)
あまり好みじゃ無いかな…

それより何より、営業時間は20時までと書いてあるのに、電話で営業しているか確認したら

「今日は7時までに帰りたいんだよね」(7時に閉める、じゃ無いところがミソw)とか行って、さも面倒臭そうに受け答え。
客商売として、どうなのその姿勢…(^^;)

絶対にリピありませんな、ここ。


続いて、本日のメイン。

モッタ海岸温泉。



時間が遅かったため、写真は無し(^^;)

ここは道内でラジウム濃度が最も高く、知る人ぞ知る名湯。
内湯熱め、外湯ぬるめの2本立て。

日本海を見下ろす露天風呂はなかなかの景色。
ここは日没が見えるので、その時間に合わせて入ればベスト。


上がったら、行けるところまで!と思い毎回走るが、毎回、道の駅ルート229元和台で力尽きるのは何故だろう?
この道の駅でPキャン△するのは、三度目。



相方によると、女子トイレは個室ひとつひとつに手洗い場が付いているそうだが、その装備がなぜ必要なのかが謎…




2日目

朝ごはんはあらかじめ作って冷蔵しておいた焼きそばをレンジで温めて食べた後、コーヒー落としていただく。
キャンピングカーの醍醐味です。
飲みたくなくても、儀式のように「コンロでお湯沸かして」飲みます。


あ、ちゃんと天井換気扇使いますよ、死にますから(^^)

近くのスタンドが開くのを待ち、ルート229元和台を8時に出発。
給油ではなく洗車(^^;)
前日の大風で、海沿いのルート走行でしこたま潮を浴び、ハイエースが真っ白だったため。

サクサクと水浴びさせて一路、今回の大きな目的のひとつの湯ノ岱温泉に10時開店を目指しひた走る。

着いたところが1台も客の車がない…あれ?おかしい………しかも玄関前にででんと車が?



やられた…月に一度の定休日(T_T)
すごい確率w






ここは偶然見つけたお気に入りの湯。
是非入りたかったのに、下調べ不足から20キロのロス。

気を取り直して、すぐ横にある無料混浴露天風呂に行ってみる事に。



小さい、汚い、ぬるい!

夏ならなんとかなったんでしょうが、冬は無理です(笑)




しょうがないから先に進みます(笑)



(続く)







Posted at 2018/03/20 07:48:26 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年10月26日 イイね!

プリちゃんはお利口さん(笑)

札幌ー稚内 単純往復





どんなに後ろにダンゴ兄弟が出来ようと、どんなに視線が背中に刺さろうと、最高速度は60km!
我慢に我慢を重ねた600km(笑)

稚内往復でガソリン約22L!

プリちゃんホントにお利口さん(^^)
Posted at 2017/10/26 22:00:33 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年10月17日 イイね!

奥尻島は、意外と近かった(^^)

奥尻島にハイドラCPは無いと思っていた、うさぎ@札幌です。
島に上陸するまで、本当に無いと思っていました。

お恥ずかしい・・・


本当にこれで北海道CP残り3となりました^^;



今回はminkara IBURI club のノス次郎さんが急遽参戦する事ことになり、悪天候の予報の中、楽しく行って参りました。

14日出発は深夜23:30、翌15日9:30江差港発のフェリーに乗るため、ハイエースを飛ばします。

途中、八雲熊石間の277号線のコンビニ駐車場でノス次郎さんと午前3時に初顔合わせオフ。

一旦はここで別れ、自分は今夜の寝床の「道の駅 江差」に向かい、ノス次郎さんは元気にCP回収ツアーへ(笑)
若いなぁ・・・オジサンには無理ですw


翌朝再合流。

雨予報を跳ね返し、抜けるような青空の下で出発まで埠頭でうだうだw
聞くと、一睡もしていないとか・・・^^;



2等席には予約が無いため、9時半発なのに8時前にはチケットを買うが、相方の事を考え、我々は2等指定席へ。運賃2370円+指定席530円也~、って安っ!


新造船「カランセ奥尻」は今年5月に就航したばかりのピッカピカのおニューのフェリーです。

総トン数は3631トン、旧就航船「アヴローラおくしり」の2248トンに対し、およそ1.6倍大型化したにもかかわらず、定員は逆に460人と24人減らし、余裕の客室を実現しているんだそう。

2等指定席でさえ、前の席に足が届かないゆったりした間隔が確保されており、入れないので写真でしか見ていないけど、1等アイランドビューシート(もちろん指定)なんかゴージャスそのもの。

まだ新しいペンキの匂いも、心地よい「新車」の香りでした。

2等席の果てにまで、今どきの装備「FREE Wi-Fi」「USB充電ポート」「100v充電コンセント」が装備されてます。他にもキッズルームやレディースルーム、ベビールーム、ペット同伴ルーム、パウダールーム(女性用お化粧台)、2等優先席など、時代のニーズを捉えた装備満載です。

流石は新造船!



余談ですが、12日に稚内でこのハートランドフェリーの利尻航路の船が稚内に停泊中火災を起こしてます。13日まではそのせいでダイヤが特別ダイヤになっていたのだとか。
今日から正常運行です。

乗り込むのは、野ざらしの埠頭面から直接タラップで。
立派なターミナルには、あまり意味がありません。(笑)

※写真は復路の奥尻港

出発後は前日の強行軍のせいか、歳のせいか、フェリーの中の2時間は爆睡、到着まで起きず!w

目が覚めたら着いてた、というよりあっという間に着くんですよ、近い島です。





超天気が宜しいです。

でも安心は出来ません。

相方は強烈な雨女なんですよ・・・・いつも行く先々で雨が追いかけて来るんです・・・・(T_T)

上陸し、お出迎えは「うにまるくん」(笑)



予約したレンタカー会社のワゴンで400m先のレンタカー会社に送ってもらうが、そこ、送迎車必要な距離?(笑)

でも、400m荷物持って歩けと言われたらヤダな・・・w

都会だったら駅まで400mのマンションなら「駅近物件!」とか言われるんだろうけど。


自分がレンタカーを借りている間に、相方とノス次郎さんはすぐ裏のコンビニにお昼ごはんを買いに行くものの、さすがは奥尻島唯一のコンビニ。

12時過ぎに店に行くと、既に食い物はほとんど無く、ろくな食料が調達出来なかったと相方談。

礼文島のセイコマも、お昼時は戦争になっていたのを今頃思い出したが、時既に遅し。

我々は出発前に自前の昼食を準備していたので良かったが、ノス次郎さんがおにぎり1個、サンドイッチ1個と、妙な食べ物しか手に入らなかったようで・・・^^;


気を取り直して、借りたSUZUKI  Keiに乗り換え、一路目的地「神威脇温泉」に向かうが、とにかく道が狭い。

軽自動車がすれ違うのがやっとな場所がそこらじゅうにあります。


高齢者マークを付けた車がとても目につきますね・・・高齢者ドライバー率かなり高いです。

お年寄りが多いのかな?と思って調べてみると、65歳以上割合は全国順位は1956地域中の405位と高いものの、道内順位では189地域中73位と、ちょうど中間よりちょっと上くらい。
お年寄りが元気に現役で活躍している島なのね~(^^)

と言うより、運転しないと生きていけないのかも・・・・^^;;;


そんなこと言ってる間に、島の反対側の神威脇温泉に到着。


布団干してて屋号見えないとか、なに?このオフシーズン感w
一応、ここ、ビュースポットなんですけど・・・玄関の上に布団干すのやめようよ^^;






温泉はかなり熱め。

1階2階に浴室が別れており、1階は熱くて入れる温度ではないと思われるほどの高温。
入れと言われれば入れますが、1分で出てきちゃいそうです・・・

2階の大浴場は、そこそこ熱め。長湯したら湯あたりしそうですが、まぁ快適。
いきなり浴室の床におじいちゃん死んでる、寝てるし。(笑)
素晴らしいアットホーム感です。

相方に聞きましたが、女湯の窓ガラスになんら目隠しが無いのだそうです。
素通しのガラスで道路丸見えなんですと。w

温泉堪能した後は、4時間の滞在時間を有効に使うべく、島の南端、奥尻の唯一のハイドラCPである奥尻空港でCP取得後、最南端で記念碑見学。



・・・からの、南西沖地震の大津波で壊滅的被害を受けた青苗地区視察。

自衛隊が野営訓練?的なテント張ってましたが、おっさんたちが海キャンプしているようにしか見えません。^^;
今が正念場ですから、しっかり北朝鮮見張っていてくださいね。



北海道南西沖地震の津波で大惨事となった青苗地区、今はすっかり復興し当時の面影を残すような惨状は全く残っていません。
完全に復活した姿にじーん・・・と感動すら覚えます。


ここから今度は北端に向かって移動です。

途中、うにまるモニュメント見て


鍋釣岩(なべつるいわ)見て



最北端の賽の河原(さいのかわら)見て




これ、ちょうど見えているのは北海道の瀬棚町付近です。

北海道本土との最短距離は20kmくらいしかありません。

ホントにすぐ目の前なんですけど、最短距離の位置には港がありませんので瀬棚港か江差港から行かなくっちゃなりません。

だから遠く感じるんですね。



全部の石が積み上げられています。

これは何か?というと・・・・・奥尻町のサイトをご覧ください。



ぐはっ!
間違いなく遠くで何か空から降ってる・・・・
相方の、雨女本領発揮です。



毎回このパターンで、ウチのハイエースキャンパー、雨に濡れずに帰って来たことって殆ど無いんです。


ノス次郎さん


仏様の香りがしましたね。

それもそのはず、ここは北海道五霊場のひとつなのですから。



さぁ、ここで時刻は14:30を回りましたんで、あとはレンタカーを返し帰りの船の乗船手続きに行かなきゃなりません。

島1週ツアーも無事完了し、奥尻島、制覇です。


ハイドラ、一部でルートが空飛んでしまいましたが、道路は外周と中を縦断する経路を制覇してます。
ちょっともったいなかったなぁ・・・^^;

帰りの船も新造船!

江差港に着いた頃には、日もとっぷりと暮れた18:00。

駆け足の島巡りはこれにて終了。

ここからは、温泉巡りをしながら函館市内へ。

で、この日は函館市内の某所でPキャンするも、夜中にとんだトラブルが・・・・






時刻は深夜1時半少し前の事でした。

車両後部の就寝スペースで寝ていた私は、グラリと大きな揺れで深い眠りから浅い眠りへと引き戻されました。完全に目が覚めるほどではなく、いわゆる現実と夢の区別がつきにくい「半覚醒状態」に引き戻されました。

それと同時に、ドアをバタンと閉める音と荒い息遣い・・・・

半分寝ぼけている私は何が起こっているのかを理解するのに、時間がかかりました。

少ししたら、真っ暗なキャンピングカーの室内で間違いなく相方のものではないいびきが聞こえてくるんです・・・・


「・・・・・・なんだ? 車内に誰かいる???」

ようやく覚醒してきた脳みそで何が起こっているのかを分析し始めた私は、恐る恐るメガネを掛けて、カーテンで仕切られている運転席を覗いてみると・・・・





見知らぬ男が運転席に座っているではないですか!




後部ベッドから出て運転席側に外から回り込み、運転席のドアを開けてその不届き者を叩き起こすが、恐ろしく酒臭い。

取り敢えず威嚇しつつ、運転席から外に引きずり出し、殴る蹴るの暴行を加えて

そこで何をしとるんだお前?と問い質す。

相手はまだ大学生位と思しき、若者だが、質問に全く答えられない。

前後不覚の酩酊状態、おまけに両方の靴、片方の靴下を履いていない。




なんと酔っ払いが施錠し忘れて寝たマイキャンピングカーに勝手に乗り込み、運転席に座って寝てやがったww


会話も成立しない状態なので、そのまま放り投げるわけにも行かないから、しょうがなく警察を呼ぶことにする。

都会の保護色制服警官が10分ほどで3人駆けつけ、正体不明の酩酊にいちゃんは回収されていきましたが、その頃になりようやく事態が飲み込めてきたらしい若者は「ボクは本当に車の中で寝ていたんですか?」と、すっとぼけたことを俺に聞くものの、そのままパトカーへとご案内され何処かへ連れて行かれました。

無防備に施錠無しで眠ってしまった自分の行為にちょっと青ざめた一幕でした。

いい若いもんが、靴も履かず靴下も片方脱げた状態で、一人で街をフラフラと歩いて僕の車までたどり着いたのだろうが、その間誰も助けてくれたり声をかけてくれたりしないのが、函館って町なんだなぁと、かなり函館の印象悪くなりました。








長くなりましたので、ここで一旦旅行記事は切ります。








話は変わって・・・


僕らの旅には毎回、猫が同行しています。

今回の遠征でのキャンカー車内です。

この子は13歳、「とらにゃん」と言います。

6月に他界した猫と共に、私と13年間暮らしてきましたが

先に弟が逝った直後の8月、肺に癌が見つかりとうとう獣医師にも見放されてしまいました。

おそらく今回の遠征が、最後となることでしょう。

今も横にいますが、もう飲むことも食べることも出来ない状態なので、1日3~4回強制的に給餌、1時間毎の給水をしています。




遠征の時はいつも一緒に連れて行っていました。

キャンピングカーはこの子達を連れて行きたいから買いました。

今はもう自力で食事をする力も残っておらず、生への執着は微塵も感じられません。

死期が近い事を悟っているのか、はたまた進行する癌の痛みにじっと耐えているのか

ソファーの影の狭い空間に行き、静かに座っています。

病気で、痛みで苦しむ姿は見たくありませんが

餓死、渇死する姿はもっと見たくありません。

毎回嫌がるのが判っていても、最後の飲み込む力が尽きるまで、涙を流しながら口に食べ物を突っ込むことしか出来ない自分が、歯がゆいです。

もう頑張らなくて良いんだよ・・・と言ってあげながらも、無理やりご飯を口にねじ込む自分は、飼い主としてどうなんだろうと毎回葛藤しますが、強制給餌を止めるべきか続けるべきか、今でもその答えは出ません。



神様、早く連れて行ってあげて下さい・・・・
Posted at 2017/10/17 14:13:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | キャンピングカーでうろうろ | 旅行/地域

プロフィール

「@ノス次郎さん もうシーズン突入ですよ(^^)
既に一度おそと焼肉やりました。炭火だけど(^^;)
今朝はまだ氷張ってますな…GWには稼働させたいところですね。」
何シテル?   04/10 07:55
うさぎ@札幌です。宜しくお願いします。 お酒飲みません。タバコ吸いません。ギャンブルしません。風俗行った事が有りません。何が楽しくて生きてるの?って生活で...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

じゃらん北海道「温泉巡りスタンプラリー2017」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/13 09:50:45
なんか良いもん見たかも^^ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/25 08:19:10
これはダメだろう・・・・amazon君・・・^^; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/09 06:20:07

お友達

ダム好き、バイク好き、ハイエース好き、20プリウス好き、キャンプ好き、野鳥好き、カメラ好き、猫好き、星空好きのみなさん、お友達になってください(笑)

メッセージもお気軽にどーぞ!どんなお話でも結構です。

※逆に絡みが無くなったお友達は、リストから整理させて頂く事があります。
23 人のお友達がいます
ノス次郎ノス次郎 * にゃ~んにゃ~ん *
北の○屋北の○屋 久遠@DC5R久遠@DC5R
ひゅくひゅく アギト777アギト777

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス プリ坊 (トヨタ プリウス)
最初のうちは燃費に一喜一憂していましたが、普通に走っても低燃費なので飽きました(笑) ...
トヨタ ハイエースバン ドルちゃん (トヨタ ハイエースバン)
200系ワイドハイルーフバンベースの今は無き「アムクラフト」製作キャンパー【コンパスドル ...
トヨタ ハイエースバン えーたろう (トヨタ ハイエースバン)
トヨタ ハイエース スーパーロングハイルーフ(KZH138V改)のキャンピング仕様「リン ...
ホンダ GOLDWING 1500SE つばさくん (ホンダ GOLDWING 1500SE)
バイク暦も35年、思えばいろんなバイクに乗りました(笑) 男なら、怒濤の6気筒自重42 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.