• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

とっし~@63のブログ一覧

2018年09月25日 イイね!

AMG E53試乗、そして...

AMG E53試乗、そして...今が旬なAMG E53に試乗してきました。

実はこのクルマ、本当はあまり試乗したくなかったんです。
ここ最近のメルセデスの動向からして相当の自信作であろうと予想できたから。。。

そして53系の良さを知ってしまうとC63一途な自分の心に迷いが生じてしまうのではないかと(笑)

でもやっぱり乗っちゃいました(^_^;


もはやメルセデス伝家の宝刀となりつつある直6+ISGエンジン。
そのパワーは435馬力、53kg-mで、0-100km/hが4.5秒ですと。スゲェー(>_<)

今回は街中+高速試乗で。

早速乗り込んでエンジンスタート、ポチッ。

ん?あれ??
かかりませんけど...

と思ったらタコメーターは6-700回転あたりを差してます。
あ、かかってるんだ。。。

AMGのお家芸、始動時のバフォンッがありません。
それ以前にアイドリングが静かすぎ!!

出発して街中を流す分には以前に試乗したCLS450そのものですね。
2回目なので感動はありませんが、やはり良いものは良い。

そして高速に入り、しばらくは流れに沿った巡航速度で。
うん、普通のEクラスです。
何より快適さが前面に出てます。というより、これ本当にAMG?



一旦高速を降りて、再び逆方面に乗ります。
そして本線への合流時、前に十分なスペースがあることを確認し、モードをS+そしてマニュアルモードに移し、ガツンとフルスロットル。

マシン車体はやや甲高い雄叫びを上げて矢の如く加速してゆきます。
確かに速いです。そしてこのハイトーンなサウンドは今までのAMGにない美しいサウンドです。ドロドロ系と違って...(笑)
直6エンジンの恩恵ですかね。

この瞬間に分かりました。確かにこのクルマはAMGだと。



再び街中に入りコンフォートモードで走行すると普通の上品なEクラス。

やはり凄いものを作ってきました。
表と裏の顔がここまで違うクルマには初めて出会いました。

装備は当然Eクラスの上級装備がてんこ盛り。それでいてC63Sより200万円近く安いときた。



試乗終わりに営業さんに言われました。
「53/43系もAMGらしい作りになってますよ。ご検討されませんか?」


この試乗後、すでに私の心は一つの方向へ。


「否! それより新型C63Sクーペの見積りください!!」(爆)


E53は確かに素晴らしいクルマです。
日常使いではAMGの姿を見せず快適そのもの、そして飛ばせる場面がくればAMGの本性が顔を出しスポーツカーの如く走る。
高級サルーン80% + AMG20%といったところでしょうか。

でも63が染み込んだ人間にとってはAMG100%でなければダメなんです。
飛ばすときだけでなく、街中でも、さらにアイドリング時においてもAMGを感じていなければならないのです。

住宅街を低速で抜ける時でさえ、アクセルペダルから伝わるV8エンジンの鼓動を感じていたいのです。

お馬鹿でしょう?
でも同じ63乗りの方であれば、この気持ちを共有して頂けるものと信じたいです(笑)


53系は素晴らしい車。気になっている人であれば自信を持って勧められる車です。
ただ、少なくとも今の自分には世界が違う車であることがはっきりしました。



しかし、近頃メルセデスが出してくる車は良い意味で期待を裏切る車ばかり。
カタログ上では大きな変更はない新型C63には大して興味ありませんでしたし、前回のブログで述べたように不満もあります。
でも骨の髄までC63に毒された私は振り向かざるを得ません。。。


お値引きを頑張って頂いた見積り書が目の前にあります。
さて、どうしましょう...?

今月が決算月なので今週中にお返事をと言われてますが、追い金まで支払って乗り換える理由も今のクルマには見当たらないし...

このブログの「イイね」が"63"を超えたら決めましょうか...(笑)
Posted at 2018/09/25 21:26:09 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年09月24日 イイね!

キッズカート日記99(2018秋ヶ瀬カートレース Rd.7結果)

キッズカート日記99(2018秋ヶ瀬カートレース Rd.7結果)秋のレース連戦の締め、ホームコースでのレースです。

結果は10位/14台中。
しかしながら親子で奮闘し、先週の中井に勝るとも劣らない満足なレースでした。


<前日練習>
夏休み+中井練習のため、約2ヶ月ぶりのホームコース走行です。
リハビリを兼ねつつ、この日はリアトレッドのセッティングに集中しました。
結果的には従来の幅+5mmがしっくりきた感じ。これで明日のレースに臨みます。

その他の条件は変えず、メインジェット70、燃料混合比10:1で終日走らせましたが、
朝一番では11800回転まで伸びていたエンジンも午後のセッションでは11200回転と600回転落ち。
一般的に夕方になると回転数は落ちる傾向にありますが、周りに比べても落ちすぎ。。。
またエンジン不調か、という不安がよぎります。


この日は通り雨があり、軽いウェット路面で走行する機会がありました。
周りはスリックタイヤのままでコース上に出ますが、うちは敢えてレインタイヤ(比較的新品)で走行しました。低めの空気圧設定で、15分間タレることなく周りよりラップタイムが3-4秒速いペースで走れてました。
これは良い勉強になりました。


<タイムトライアル>
レース当日は朝方に雨が降っていましたが、始まる頃は完全にドライ路面に。
エンジンが気になってましたので、メインジェットを慣れている67.5に戻し、前日と同じ混合比(10:1)でトライすることに。
結果、回転数は11480回転とやや低調、タイムは37秒183とイマイチ振るわず。
14台中12番手で予選ヒートを迎えます。


<予選ヒート>
エンジンの不調は混合比調整でなんとかなるのか?
始まる直前の気温は32.4℃、湿度は47%。過去の記録を見ると梅雨明け直後の練習日に似たような状況があったため、その日によく回っていた混合比9:1に変更。
結果、11730回転まで上がり、タイムも36秒746と更新。
1台抜いて決勝は11番手スタート。



<決勝ヒート>
気温、湿度の変化とも少ない午後の決勝ヒートも同じ混合比でセッティング。
結果、ほぼ同じ回転数、ラップタイムをキープしてレースを終えました。

まあ、私の話なんてどうでもいいのですが、とにかく予選以降は自分なりにベストコンディションで息子にレースをさせてあげられたのではないかと、そう思うわけです(笑)

さて、肝心の息子ですが、特に決勝レースでは強剛相手に見事に戦ってくれました。


0:00~
まずスタートでは出遅れたマシンを含めて3台抜き。
一気に8番手に躍り出ます。

1:40~
しばらくは中盤勢からも離されず、団子状になって争う3台に近づく場面も

3:06~
最終コーナーで隙を突かれて2台に抜かれますが、次の全開区間後のヘアピンで1台差し(軽く接触して後方の1台に抜かれる)、その後再び最終コーナーで抜かれるもクロスラインで取り返します。結局次のヘアピンで差されますが(笑)

最終的に11番手に戻りますが、前方の1台がリタイアとなったため、繰り上がりで10位フィニッシュ。


順位的には褒められたものではありませんが、見ていて非常に面白い戦いをしたレースでした。
中井で鍛えられたのも大きいでしょう。

次のレースは10月の中井...かな?


<サーキット秋ヶ瀬カートレース 第7戦 キッズエキスパートクラス戦績>
天候:曇りのち晴れ
タイムトライアル:12位/14台中 (ベストタイム:37秒183)
予選ヒート:11位/14台中 (ベストタイム:36秒746)
決勝ヒート:10位/14台中 (ベストタイム:36秒805)
Posted at 2018/09/24 17:52:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | キッズカート | 日記
2018年09月21日 イイね!

63ファンを大切にして下さい<(_ _)>

63ファンを大切にして下さい&lt;(_ _)&gt;AMGが世界的に売れるに売れているようですね。

本国ではA35が発表になり、続けてAMG GT4ドア43/53なんかも。



日本でもE53/CLS53が発売されました。展示車、試乗車なども豊富に用意され、評価も上々なようです。



そんな中で先月ひっそりとフェイスリフト版が発売されたC63。


外観の大きな変化はパナメリカーナグリルくらいで、内装もマイナーな変更に留まってます。
動力系ではエンジンは変わらず、ミッションが7速から9速へ、あとESPの細かな変更ができるようになったようです。

一方でC63Sクーペでは100万円近い値上げと、なかなか強気です。。。

乗り換えをそそる要素には乏しいのですが、それでも実車を拝見したいと思うのがC63ファンの気持ち。
ところが、メーカー経由で確認しても国内に後期型C63の試乗車はおろか展示車もなし。
最初の車が入ってくるのがおそらく10月中との回答。

。。。売る気あるの?


「今のAMGが最も販売に力を入れているのは43/53系です」
ディーラーさんも包み隠さず教えてくれました(笑)

それ自体は構いません。
43にしろ53にしろ、間違いなく良い車ですし、実用レベルでは63系を凌ぐパフォーマンスといっても過言ではないと思います。35だって期待できるでしょう。
過激さを求める人でなければ私だってこれらのモデルを勧めます(笑)

一方で、50周年を迎えたAMGを主に支えてきたのは63あるいは45系のオーナーだと思うんです。
各クラスのトップモデルとして君臨してきた63や45がAMGブランドをここまで牽引してきたのではないかと。

63オーナーが蔑ろにされているとまでは言いませんが、昔からの、そしてこれからのAMGファンとして大切にしてもらいたいと思います。
「コアなファンが実車を見ずにオーダーして買ってもらえればそれで良し」、みたいな販売スタンスはやめましょ。コアなファンだってできれば買う前に実車を見たいんですよ。

そしてこれからも、もっと多くの人にC63の魅力を知ってもらいましょう、メルセデスさん👍
Posted at 2018/09/21 11:50:39 | コメント(12) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年09月20日 イイね!

キッズカート日記98(息子の訴え...)

キッズカート日記98(息子の訴え...)興奮のうちに幕を閉じた中井のレースでしたが、個人的に反省すべき点が一つありました。

それはタイムトライアルの際に
「エンジンが止まったりついたりする!」
と訴えてきた息子に対して、即座に「そんなわけないだろ」と思ってしまった自分の態度です。

実際に何らかの電気系トラブルで点火不良を起こしていたわけで、結果的には息子の訴えは的を射ていたのです。

今回ばかりでなく、走行中にピットに入ってきては色んな事を訴えてきます。

「後ろからカチカチ音がする」「ブレーキの効きが悪い」「クルマが勝手に曲がる気がする」...etc

このような訴えに対して、まず私は「そんなはず無い」という疑念から入ります。
練習、レースにかかわらずマシンを万全の状態にしてコースに入れているつもりなので...

しかし殆どの場合、息子の訴え通りに問題が生じています。

考えてみれば息子はもう何十時間もマシンと接しているため、その細かな変化に対して敏感に察知することができるようになっているはずです。

かたや私はというと、まずトラブルはあって欲しくないという思いに加え、「幼い息子の訴えは当てにならない」という先入観が入り、まず否定することから入ってしまっていたのです。

息子はマシンに起こっている問題を的確に表現できる術をまだ知りません。
それを正しく把握し、問題を見つけて解決する責務が自分にあるのだと知らされました。

今後はサーキットにおいては"父と子"ではなく、"トライバーとメカニック"として互いに信頼、尊重して競技に臨んでいきたいと思います。



これは決して親子だけの問題ではないと思います。

「年寄りの言うことだから...」「うるさい客の言うことだから...」

自分が正しいと信じすぎ、また他人に対する先入観を拭えずに接していると、大切なサインを見逃すこともあるかもしれません。

カートを通じて自分の態度を見直すきっかけができました。

Posted at 2018/09/20 09:04:02 | コメント(8) | トラックバック(0) | キッズカート | 日記
2018年09月17日 イイね!

キッズカート日記97(横浜トヨペット 中井インターシリーズ第4戦結果)

キッズカート日記97(横浜トヨペット 中井インターシリーズ第4戦結果)長ブログになります。
しかしそれだけ今回のレースは印象深いものとなりました。

中井でのレースは無念のダブルチェッカーで終えた第2戦以来の参戦となります。
クラスは中堅クラスの「フレッシュマンクラス」。
このクラスでは初参戦です。

中井では十分な練習を積んでいるわけではないため、とりあえずは様子見レースとの気持ちでいましたが...

一週間前のイベントナイトレースで同クラスで幸運にも3位表彰台を獲得、また今回はエントリー台数が5台ということで否が応でも表彰台への欲望が湧いてきます。

ナイトレース翌日はチームコーTレーシング父子の力を借りてヘアピンコーナーを重点的に練習したのも自信の一つになっています。



レース前の天候は曇りで時折霧雨。
ただ、結果的には終始ドライコンディションで経過しました。

フレッシュマンクラスは10分間のタイムトライアル、7周の予選ヒート、15周の決勝ヒートの全3部構成でおこなわれます。

<タイムトライアル>

コースインの順番は早いもの順ですので、とりあえずクリアラップを確保するため先頭に並びます。

10分間のアタックが開始されて、5分もせぬうちにピットロードに戻ってきます。
クリアラップを取れていたはずなのに...❓

息子曰く、「なんか途中でエンジンが切れたり着いたりするー」、と😣

?
エンジンは動いているし、何言ってるの?と思い、とりあえず再びコースへ。

コースサイドからエンジン音に集中していると...
確かに途中でバババンッと聞き慣れない音がします🤔

「あの音は点火系だね。コードの接触不良か、最悪CDIが逝っちゃってるかも...」
と周りから意見を頂きます( ̄◇ ̄;)

みんカラブログ上で解説は要らないと思いますが、スパークプラグで発火させるために一定の電流を流す必要があります。そのための起電装置であるCDIがダメになっている可能性があると...


(キッズカートエンジンのCDI)

うーむ、またもマシントラブルか...😵😵

私の心の中で悲壮感が漂います。

しかしタイムロスはそれほど深刻なものではなく、なんとか26秒台に入れ、表彰台圏内3番手でタイムトライアルを終えました。

ちなみに点火不良と思われるエンジン音の動画です。

4秒-7秒あたりで異音が聞かれます。


<予選ヒート>
予選レースを迎えるにあたり、先程のトラブルにどう向き合うか?
無難なのは予備エンジンのCDIをレースエンジンのと交換することですが...。

CDI脱着は1回しか経験ないし、エンジン降ろして作業して云々となるとレース開始までの1時間で仕上げる自信は全くありませんでした。
もちろん、レース時に他のメカニックパパに助力を頼むわけにもいきませんし。

とりあえず、少し絡まっていたコード類を離す処置だけでレースに臨むことにしました。
これで解決しなくても、とりあえず3番手はキープできる可能性は十分ある...と。


3番グリッドからのスタート。
ヒヤヒヤものです(;´・_・`)ゞァセァセ

レーススタート❗️
スタートダッシュで2番手奪取を試みますが、逆に隙を突かれて2コーナーで3番手を明け渡してしまいます。
その後、全車は下りのヘアピンコーナーへの消えていきます。
ここから最終コーナー手前までは我々の見ている位置から確認することはできません。

「大丈夫。Jr.はヘアピンで3番手を取り戻してここへ戻ってきますよ。あれだけ練習したんですから」
コーTパパが隣で力強く言ってくれました。

そしてまさにその言葉通り、息子は再び3番手で私の前を通過していきました。

予選ヒートスタートから1周目までのオンボードです。


その後、1、2位との差は開けられたものの、3番手のままチェッカー🏁
タイムトライアル時の不具合も今回は確認されませんでした。
コードの接触だけの問題だったのでしょうか...?

残すは最後15周の決勝ヒートのみです。


<決勝ヒート>
まだ表彰台圏内を維持していますが、タイムトライアルの不具合の不安は拭い切れていません。
昼休みを挟んでいることもあり、CDI交換作業の時間は十分ありましたが、不用意に弄ってかえってトラブルを招いてしまうリスクを考慮し、このままレースを迎える決断をしました。

そんな不安いっぱいの我々のもとに、幸運の女神の来訪が...


とろのさんとその孫姫が陣中見舞いに来て下さいました✨

これで恐れるものは何もない!
決勝レースに臨みます😤😤

そして運命のスタートシグナルがブラックアウト❗️
やはり1コーナーで果敢に順位アップを狙いにいきますが、今度は傾斜になっている縁石に乗り上げてマシンが明後日の方向へ...😵😵

(とろのさん提供の動画より切り抜き)

再び4番手降格も、ヘアピンで3番手奪回!
ほぼ予選ヒートと同じ展開でオープニングラップを終えます。

が、違ったのはここから。
予選ヒートでは離される一方だった2番手にピタッと張り続けます。


そして中盤にさしかかった8周目。
ヘアピン立ち上がりの蹴り出しを決め、先行する2番手に並びかけ、最終コーナーでインを取り抜き去ります!

私自身、信じがたい光景を目にした瞬間でした。


(動画はオーバーテイク1周前から)

これで2番手浮上💪

その後程なくして集中力が切れたのか、失速気味になりつつも(笑)、2位を死守してチェッカー🏁

もちろん、ダブルチェッカーすることなく帰還しました。
結局、最初の電気系トラブルもなりを潜めたままでした。



公式戦で初表彰台🥈です!!


初表彰台の喜びもさることながら、予選と決勝2回のレースで計3回のオーバーテイク、特に私の指示無く2位のマシンに果敢に挑んだ息子の精神的、技術的成長は感涙ものでした。

親子の協調性が前面に出るのがキッズカートという競技。
しかし一旦コースに出れば、そこは子供1人の孤独な闘いの場となります。

そこで見せつけられた息子の成長ぶり。
本当にこのスポーツを続けてきて良かったと思いました。


息子のカメラに写るとろのさんと孫姫(...ですよね?)。
応援ありがとうございました🙇‍♂️


この日、コーTは見事ビレルキッズ部門で勝利の美酒🍾に酔いました。
おめでとう‼️


さあ、来週は秋ヶ瀬でのレースに戻ります。
秋ヶ瀬は7月15日のレースが最後、以後練習にも行きませんでしたので、約2ヶ月ぶり...汗

不安てんこ盛りですが、中井修行の効果を期待したいところです!


おわりに。。。


入賞目録にはこんなものも。
「これはママにあげたい!」と、自宅でダラダラしていた応援してくれていた母親にプレゼントすることに。
こうして彼の初任給は母親の懐のに納められることになりましたとさ(笑)


あと、次は上のエキスパートクラスで!、というお声かけも頂きましたが...

無理です🙅‍♂️🙅‍♂️
だってパパメカが未だにデビュークラスで彷徨ってますから笑笑


<横浜トヨペット 中井インターシリーズ 第4戦 フレッシュマンクラス戦績>
天候:曇り
タイムトライアル:3位/5台中 (ベストタイム:26秒910)
予選ヒート:3位/5台中 (ベストタイム:26秒755)
決勝ヒート:2位/5台中 (ベストタイム:26秒596)

Posted at 2018/09/17 23:04:55 | コメント(16) | トラックバック(0) | キッズカート | 日記

プロフィール

「@やもくん さん、もうすぐ外はしろ〜い冬〜♪❓」
何シテル?   09/19 20:56
とっし~@63のページを訪問下さり、ありがとうございます。 AMGに魅せられて5年、その熱は冷めることはありません。 通勤、レジャー、そしてサーキットで...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

デスクトップPCのドライブ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/02 18:06:15
パーソナルCARパーツ 【Cクラス(205系後期)用】メルセデスベンツ用 OBD デイタイムライトユニット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/26 06:57:23
ENKEI ホイールダストブロッカー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/28 21:55:59

お友達

車種を問わず多くの方々と情報交換できたらいいなと思っています。
よろしくお願いします。
118 人のお友達がいます
spoonspoonspoonspoon * スッパイクスッパイク *
チ-ム  コ-Tレーシングチ-ム コ-Tレーシング * とろのとろの *
あるるにあるるに * 銀プリ2銀プリ2 *

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
2台目のC63となります。 車格、動力性能、実用性の全てにおいて自分の条件に合ったクル ...
スバル エクシーガ クロスオーバー7 スバル エクシーガ クロスオーバー7
キッズカート用トランポ2号です。 トランポとしては必要にして十分、走らせればトランポと ...
その他 自転車 その他 自転車
BIANCHI VERTIGO 2013モデル 初めて購入したロードバイクです。通勤用 ...
スマート フォーツー カブリオ スマート フォーツー カブリオ
我が家では2代目のスマートフォーツーです。 最高のセカンドカーです。 【スペック】 全 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.