• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
得意分野 足回り・DIY・パーツ流用等 運転歴 超30年、ジムカーナ歴○○年、軽カー関わり13年の知識 (知恵)・裏ワザなどが皆さんのお役に立てば、と思います。
- メーター内 水温表示 [ はっせ ] 2012/02/20 21:51:59
解説書のコピーです。
- ALTの車種別ランキング [ はっせ ] 2009/11/02 11:25:39
2009.10.31
コージーライツ サーキット チャレンジ Rd.3

エッセは4台出走!
ALTのお土産 [ はっせ ] 2009/11/06 16:09:24
02Gで貰ってきたお土産!

タイヤは違えどいつもになく多い気が・・・・・?!

※画像無し
Re:ALTの車種別ランキング [ はっせ ] 2010/12/23 10:48:59
2010.12.19
コージーライツ タイムアタックバトル 2010 in ALT
エッセ大量11台参加、ベストタイム更新続出。ついに32秒台突入!

Re:ALTの車種別ランキング..2 [ はっせ ] 2010/12/23 10:56:56
2010.12.19
コージーライツ タイムアタックバトル 2010 in ALT

エッセ大量11台参加、ベストタイム更新続出。次の狙いは33秒台
- Gエフェクタもどき [ はっせ ] 2010/01/20 16:35:12
しっかり絵が残ってました。

製品化する場合は、本家本元にご相談を・・・・(笑
Re:Gエフェクタもどき [ エッセ~! ] 2010/01/20 17:31:20
その節はありがとうございました 現在ローダウンなのでプラ板の破損が絶えず、取り付け基部を残して外しています。
近々デイトナばりのゴム素材(ウレタン?)で復活予定です。
Re2:Gエフェクタもどき [ はっせ ] 2010/01/21 08:56:59
プラ板からゴム板に替えてから接触破損がなくなりました。

接触そのものも通常殆んど無いです⇒車高は良い子仕様ですので...(笑
Re:Gエフェクタもどき(材料) [ はっせ ] 2010/01/22 16:36:39
材料
Re:Gエフェクタもどき(仮組み) [ はっせ ] 2010/01/22 16:37:39
仮組み
サンダルや下駄は、スポーツに向かないことは誰でも知っている事だと思いますが・・・・・

でも散歩や買い物なら手軽な履物です。

サンダル履きでジョギング、個人で楽しまれるのは何も問題ないと思いますが、草野球など何人かで集まってやるスポーツではどうでしょう?!
散歩の途中で誘われて・・なら判らんでもないですが、ふつうはサンダル・下駄履きは回りの人に対して失礼極まりないと思いますが・・・・・

これを車、履物⇒タイヤに当てはめたらどうでしょう?!

草野球でスパイクを履きましょう!とは言いませんが、サンダル・下駄履きで無く運動靴だけは履いてスポーツを楽しんで欲しいものです(汗

入賞の法則>当然というか、単純な法則である。

 ①ミスコースしない
 ②ペナルティ(Pタッチ・脱輪)を受けない
 ③1本目から攻めの走り

 そして、4本の合計タイムが最も少ない人が優勝を手にする訳である。


速くても入賞しない(出来ない)>こういう人が少なくないから競技が面白くなっている訳で、
みんな①~③をちゃんと行うようになったらある意味面白みに欠けることになる(汗

で、「①~③をちゃんと行う」には、どうしたら良いか??   ⇒ 続く(のかな?)




①ミスコースしない.....ようにするには?! [ はっせ ] 2009/08/28 10:21:24
一般的なジムカーナでは、当日の朝コース発表というのが普通。
クルマの準備も大事だが、それよりもミスコースしない事を最優先すべきである。

人それぞれ覚え方が違うので、「こうやって覚えろ!」的なものはないが、いくら素晴らしいタイムで走ろうとミスコースしたら記録が残らない事は肝に銘じて欲しい。
具体的には、コース覚えに時間を掛けたいので他にやることへの時間を短縮するのが良い。
D3(ダイチャレ)のように予めコースが公開されている場合は、事前に覚える時間はたっぷりあるから覚えない手は無いだろう!
良く「頭が真っ白に....」と言う声を良く聞くが、こういう人は次元の違う対応が必要である(汗

コース図をダッシュボードに貼り付けているクルマを見かけるが、私は絶対やらないしやらせない!
気持ちは分らんでもないが、結局は雑音でしかなく下手をするとミスコースを誘引・タイムダウンの原因にもなりかねない。
ただ、練習会などで待機中に見て覚えるためにと貼っても良いようにも思えるが、あれば見ちゃう・風で剥がれて舞う...などを考えると止めるべきだ。
本番を想定しての練習、これも練習会の一つの目的(方法)だから...です。

以上、誰もが考え理解出来る内容であるが、「コースを覚える」<時間を有効に使う<時間を掛けない...この発想は好成績に繋げるポイントと考えられないか?

現地での準備(=片付け)の短縮化、事前準備の内容と方法、ちょっとした工夫や大胆な発想、必要最小限の荷物・工具等などナドnado.....。

これらは走る楽しみを倍増させると共にこれら自体も楽しみにすれば、ジムカーナ競技が10倍面白くなります (自爆
Re:①ミスコースしない.....ようにするには?! [ CR乗り ] 2009/08/28 22:22:06
頭が白くなる僕です(汗。
昔から揚がりやすく、すぐ頭が真っ白になるタイプなんです。案の定今回もそうなるのではと思いつつ一本目はいつもの走りだけに徹し、パイロンタッチ&ミスコースだけに気を配っていた次第です。こればかりは一朝一夕には行きませんので僕なりの工夫次第なんでしょうね!でも、少しは慣れていているかもです(汗。場数を踏んで治すしかないんでしょうね?一番はいつのセオリーの走り方をしていれば自然と体が動くって所でしょうか?そうなるよういつもの走りを心がけたいと思っております。それ以外の内容はいつもハッセさんから言われていることを少しずつ実行に移せているかもですが・・・。

前泊は・・・あまり良くないかもですね?前泊で早めの会場入りがベストでしょうね!
Re2:①ミスコースしない.....ようにするには?! [ はっせ ] 2009/09/03 10:44:27
>頭が真っ白...

スタート⇒真っ白⇒ゴール > ミスコースもなくタイムが出てたら、これはこれで良いと思います。
少しでレポ(振り返り)出来る様なら、白くなっているわけでは無いと思いますヨ!

大事なのは自分に合った対処法、自分が出来る対処法を見つけてそれを実行することです。

それと、本番の約50秒間にやるべきことは限られているし、人間そんなに多くの事を出来る訳無いですが、
本番走行以外の時間例えば1時間の中なら59分間をどう使うか?です。
年間で捉えれば本番当日以外は364日ある訳ですから.....。

本番で何とかしようとするより、本番以外で何とか出来ないか考えた方が良さげに思いませんか?(宿題


>前泊

人によると思いますが、僕も昨年の第1戦は前泊しましたが、競技に必要なテンション(緊張感・集中力)が上がらず(上げる方法が解らず)苦労した経験があります。
肉体的な疲労度は、前泊の方が断然有利です。しかし、永く続けた夜発ち⇒そのまま現地入りの方が良い結果に繋がっています。
自分にあった参戦方法を取って下さい。
②ペナルティ(Pタッチ・脱輪)受けない.....ようにするには?! [ はっせ ] 2009/08/28 11:37:05
一般的なジムカーナでは、2本同時脱輪やフロント正面からのパイロンタッチ(飛ばし・咥え込み)はミスコースになることが多い。

パイロンジムカーナでパイロンすれすれで通過する様は「巧い」の一言、そして「巧い」から「速い」と言っても過言ではない!

パイロンは人と思え、だから当てるな!とか、練習では当てて感覚を掴め!などと言われてきた。
前出の「巧い人」はコースジムカーナでもギリギリのラインを取る(取ることが出来る)から速いと解釈すべき。
だが、当てたらペナルティを受けてしまう ⇒⇒ つい意識的に離れて走る ⇒⇒ タイムが上がらない。
↑ こういう人が多いのも事実である。

車両感覚・見極め・内輪差・タイヤの滑り・巻き込み等など理屈ればキリがないが、やはり「当てて覚える練習」が効果的ではないかと思う。

練習会に参加できない人は、一に工夫・二に努力・三四が無くて・五にやる気 ← これで何とかするしか無いだろう(自爆
③1本目から攻めの走り.....をするには?! [ はっせ ] 2009/08/31 08:57:14
考えを逆にして、1本目から攻めの走りが出来ないのは何故か? 単純には次の三つだろう?!

1) アクセルが踏めない  2) ブレーキが踏めない  3)ステアリングが回せない

正しくは、それぞれ「的確に」とか「素早く」とか「思い切って」という言葉がそれぞれの間に入る訳だ。
なら、的確に素早く思い切って操作出来るように=出来ない要因を取り去る。これで解決するはずだ。

具体的には、頭をよぎる色々な不安を消すこと。(決して考えないことではない)
 ・コースは覚えれているか?
 ・空気圧は大丈夫か?
 ・パッドを替えたがちゃんと効いてくれるか?
 ・整備したボルト類に締め忘れ、トルク不足は無いか?
 ・アレはどうだ? コレはどうだ? あっちは? こっちは? ああだこうだ?????

いかに迷うことなく、自分(クルマ)を信じてスタート出来るかである。

五感+勘をフル動員、1本目もスタートしてからではなく、「スタートするまでが勝負」と捉えても良いくらいだと思う。
④上達する(速くなる)人の共通点・・・・・とは? [ はっせ ] 2009/11/11 12:56:49

1.いつも考えている。
2.人より多い練習量
3.人に頼らない。

逆の人の共通点は、
1.物(パーツ)に頼る
2.物知り風を吹かす
3.言い訳、たられば連発

具体例として前者の場合、上級者の集まるショップやイベントに良く顔を出し、練習会や走行会の情報を自ら探し参加したり自ら企画・発案⇒実行するようになると傍で見ていても上達ぶりが判る。
とにかく100分の1秒でも速く走るには・・?!と時間さえあれば考えていると、いろんな処にタイムアップのネタやヒントが隠れているのが見えてくるからである。

後者は「あのパーツを付けたい」とか「このパーツを付ければ速くなる!」とか、やたらパーツに詳しいように見せるが、決して自ら付けて実証はしない⇒実証出来る技量がない。
それと自慢話、何故か一般公道での話がほとんどで、競技会やサーキットでの話は出て来ない⇒ゴマかしようのない話だから当然だろうが・・・・・
こっちはこれらが得意な人に任せましょう(爆


とにかく何もしないで速くなることは有り得ないので、いかにして速さや速くなる技を手に入れるかと言うことに尽きる。  かな?!(笑

1 - 5 / 30 次へ >>
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.