• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

総務ぶちょーのブログ一覧

2018年10月11日 イイね!

ぶちょーの九州縦断作戦 第3話『草原』

ぶちょーの九州縦断作戦 第3話『草原』どうも。 第三話です。

4日目 9/10は大宰府を発し、筑後川沿いに
九重まで走り、やまなみハイウェイを通って
阿蘇外輪山沿いを走って、高千穂へ至る
ルートです。


前日のハレハレ愉快な予報を信じて、気合一閃カーテンを開けます。

おっしゃー!晴れ。

バイキング朝食を済まし、(明太子と高菜漬けうめー)

宿のキャラに見送られてチェックアウト。

さあ、トップ外していこうぜ!

市内のバス、書かれているのは道真様の使い“ウソ”(鳥の種類のアレ)のゆるキャラ。
学問の神様の使いがウソといのは、深いような・・怖いような・・。

原鶴からは久大本線とR386と筑後川沿いを走るルート

朝倉の道の駅で一休み。

自分の持ち歌の『思えば遠くへ来たもんだ』にある筑後の流れです。
小鮒釣りする人はいませんでしたが。

3連水車の図、川岸から山側の土地への灌漑のため揚水を行ってます。

昨年の豪雨被害の爪痕がまだまだ残ってます。

道沿いにまだ夏の残りが。

道・鉄道・河 がもつれあう様に進みます。

九重を曲がってやまなみハイウェイに・・ですが、雲は低く、小雨がパラついてます。
気温17℃、天気良ければカルデラの山並みに囲まれるドライブの筈ですが、
俺、持ってないのか・・・。



開き直って、ご飯は贅沢を、豊後牛ステーキ定食。 流石にうめぇ!

長者原まで来ても天気好転せず、寒くて半パンからデニムに履き替えちゃいましたよ。

だが、山を下って猟師山の峠を下る頃には・・

キター!

いいぞー!。

大観峰に向かう道を曲がるあたりから、

走ってっても感嘆詞しか出ません。

大観峰駐車場手前、11C、オマエとここを走りたかった、そしてとうとう来れた。

強い風が吹くことで、草が靡いて草原の趣を増してます。

ここに立つ為に俺はこの車を維持してきた。 そんな気までします。

9月10日、ぶちょー大観峰に立つ。

感慨に浸りながら次の目的地、高千穂へ向かう中。『offroad』の看板が・・
さあ、寄り道だ! 細い道を進みますと、おお、ヨンマル様の改造車
フレームが赤いぞ。

お話をしたくて、クラブハウスらしきものに呼び掛けても返事無し、生活感はあるが・・
対応してくれたのはこのわんこだけ。

ちょっと見土質は真っ黒黒土ヌタヌタ全開の我々が持ってたコースより手強そうな感じ、
帰ってからweb見たら3年前ぐらいまではシリーズ戦やってたみたい。

高千穂の手前、滝があるので一休み。

『トンネルの駅 高千穂』だそうな。何がトンネル??

廃線前のトンネルでした、お酒の熟成場であるとか。 しかしいきなりトンネル手前に滝かい。

宿にチェックイン前に高千穂神社へ。 天孫降臨に纏わる社とか。
そして、御朱印GOの神社編第一冊目がここにて打ち止めです。

この辺は外食できる所など無いので、ホテルのお食事を頂きます。 
もうね、旅先の居酒屋一人でハシゴ出来た時代とは違いますので、多くの種類を口に出来る
コース料理ってちょっと有難味を感じるようになっています。(超弱気)

代理店通したので、『お飲み物のサービスがありますが、何になさいますか?』と
予期せぬ申し出が来ました、まあフツーはビールなのでしょうが。 到着後小1時間
程あり、ゆっくり風呂に浸かった後、まだ時間があったワタクシは自販機ビールの
長砲身2本を空けちゃってるのダヨ。 なので、迷わず地酒(芋焼酎)の1合(冷)を所望。
(後で確認したら値段的に大正解)
さあ、ぶちょーによる孤独のグルメ(いつもだが)高千穂版スタート。

焼き物のコンロに『火、お付けしましょうか~』というやわらかい言葉を断固として
拒否し、暖かい揚げ物、刺身、椀物をゆっくり頂きます、他人に急かされたり
指示されるのは豊かじゃないんだな。

高千穂牛の焼き肉、鉄板が焼けるまで待つ時間は、期待であって無駄な時間じゃない。
ソースはあるのに『塩コショウをくれ』などと勝手を楽しませてもらって。

〆の御飯とお吸い物。

食べ終わっても、まだ夕暮れ時、チェックイン前に仕入れた酒でもうひと呑みです。

明日は、熊本市で会社の仲間が一席用意してくれてます。(つづく)




Posted at 2018/10/11 00:37:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | ぶらり旅 | 日記
2018年10月09日 イイね!

ぶちょーの九州縦断作戦 第2話『巡礼』

ぶちょーの九州縦断作戦 第2話『巡礼』どうも、ぶちょーです。
筆不精で時間空いてしまいましたが
九州旅行第二話です。

時間があればお付き合いください。


着岸まえの新門司港、天気は生憎の曇り時々雨


新門司下船前にwktkな人々、日曜の朝だからね、これから予定のある人一杯いるんだろうね。


九州上陸0800


本日の目的地大宰府にまっすぐ向かうかと言うとさにあらず、
関門海峡を越えて本土を攻めます、ついでに朝飯もどこかで済ませたい
地場の食堂かローカルチェーンの所がいいなと国道3号を東へ
コンビニはあれど、今時間に空いているカフェ・食堂は見当たりません。

そうこう言ってるうちに関門トンネル通行料¥100
古い・歴史のあるトンネルのため、中の路面も歴史モノ、その上
排気設備も当時モノなのかオープンのぶちょーSエアクリーナー50年ものにはかなりの負担です
クルマも停まっちまうんじゃないかという排気の中3分ほどで本土復帰です
下関駅の向こう彦島というところを目指しますが、まあ適当。

こんな賑やかな空はウチの方じゃ考えられません。

坂を下りて海沿いに出ればそこはあの壇ノ浦、おお、と思いながら赤尾神社の看板が
見えましたのでそっちへ、門前町に早く開いてる食堂など期待して。
ありませんでしたね。

まあ、せっかく停まったんだしご朱印GOしましょ、さて、ご祭神はと・・・壇ノ浦合戦で平家滅亡と共に
入水した安徳天皇・・ああそれで本殿の屋根が天平様式なのかと。いや、そうじゃなく
やばいややばいよ、壇ノ浦の寄せ手の武将、那須与一の領民の子孫が那須ナンバー引っさげて来ていいところじゃないよ。

それでもお参りしたさ、ご朱印貰って宝物殿見たさ、教科書に載ってるような屏風絵見たし。

さて、移動しようと階段中まで降りた所にお堂が、

耳なし芳一センセのお堂でしたぁ、やばいよやばいよ、耳取られる、耳じゃなくタイヤやミラー取られたら
もっと困る、旅始まったばかりなのに。
お参りして退散。

さて、寄り道はこれくらいで彦島を目指しましょう、その前に腹ごしらえしたいが下関の駅周辺も
混雑ばかりで車停めて飯食う状況じゃないし、

でコンビニ。旅先での食事は時間決めて済まさないとね、昼間きちんと動けるエネルギー確保と夜に向けて
きちんと腹を空かせておかないと酒がおいしく呑めないから。

で、彦島の関門海峡側の極点へ。 ここには特に表示などありませんでしたが。
ひとまず本州の西の端踏破。

九州に再上陸して。(さっき下から見てた高速)


早めのお昼、辛子高菜入れ放題だったが・・そう言えば前ちょっとニュースになった高菜の品薄は解消されたのか? もっこすや隼人なワカイモンが頑張ったのか。
(だからってガンガン入れる無謀はしませんでした、辛いし)

宗像大社。 ここは日本で5社しかない大社の1つ。九州では唯一。

御神木のナラの木

宝物殿は紀元前からのお宝一杯、あの沖ノ島までがこの神社の分社だそうな。

大社さんらしく、信者も広い



こんな、おニーさんまで。 いいなぁそのマフラー。

で、今回のメインにして終点

大宰府天満宮さん。

拝殿と有名な飛び梅。

御朱印と甥っ子姪っ子の学業成就の御守頂きました。 大人へのお土産は無しね
ココの神様、上と喧嘩して地方へ飛ばされてそのまま帰れなかったヒトだから(笑)

裏には筆塚やら包丁塚やら習い事系の塚が一杯。
その奥には・・・

お稲荷さん

裏社もあった。

天満宮の宝物殿もありましたが、タッチの差で入館時間に間に合わず、
代わりに県立博物館へ。近いと思ったがメッチャ歩く、そろそろ体力がやばい。

門前町散策中にこちらをガン見していた猫さん。

御多聞に漏れず、この地にもゆるキャラ萌えキャラの波が、飛び梅の精 小梅ちゃんだそうな。

門前町で、夕食&一杯の店を物色してから宿の方にチェックイン。
日帰り温泉も兼ねてるので風呂がデカいのがいい、早速ひとっ風呂浴びて
うだうだしたら、街へ出る気力も溶け落ちてしまいました。

ホテルのレストラン(日帰り温泉の食事処)でビールビール、お刺身に芋焼酎であえなく撃沈
〆に食べたうどんがやたらと美味かった。 関東とは出汁が違う。

さて、明日は阿蘇だ。(つづく)
Posted at 2018/10/09 21:54:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | ぶらり旅 | 日記
2018年09月24日 イイね!

ぶちょーの九州縦断作戦 第1話『帰省』

ぶちょーの九州縦断作戦 第1話『帰省』どうも、ぶちょーです。

九州の旅から帰って1週間。
仕事の反動と、謎の体調不良で
更新おさぼりしてましたが、3連休
キッチリ休んで体調戻ってきたので
九州行きの話を。

9月7日終業後出発して8泊9日の工程です。
(内船中3泊)
終業1時間前からアレはコレはと心配しだす上司、こっちのアタマはもう旅の事で一杯なのに。
まあ、病気とはいえ春先休んでまた特休使うので、こちらとしても後ろめたいキモチもありますので
1時間ほど残業までしましたよ。 ええ。



出発前のオドメーター。 さて、戻った時はどれくらいの距離が刻まれているか・・。

本日のルート。 第一目標、沼津。 残業での遅延が響いて到着予定23:00ちょい前。



餃子市から高速の人になり90km/h巡航で進行。 外環は事故渋滞してましたので首都高C2を
選択、うぉぉぉ、初っ端から空気の悪い処走っちゃうぜ、オマケにウチのナビ子さんはいつの間にか
トンネル内の案内を(つうか自己測位を)サボるようになっており、3号線への分岐は自分の
KKD(カン、経験、度胸)頼み・・、いきなり心配事が露呈しだします。

東名に乗ったら今度は雨。 ドライでも路面が悪いのに、全然ペース上がらず。



それでも何とか当初の時間ぐらいに到着、駐車場にピカピカのBJ42が停まっていたので1枚。

9月8日
9時半に浜松に行かなければならない為、6時半起床、7時出発 19時30分 大阪南港発フェリー乗船


ホテルが気を利かせてツインの広い部屋を取ってくれたのだけど、寝ただけ。
まあ、広い風呂と無料のマッサージチェアは堪能したけどさ。



富士見PAで朝食。



天気はまあまあ、路面もここまでくれば大丈夫。 で、浜松のどこに行くかというと。

スズキ本社・・の前にある、スズキ歴史館。

750カタナがお迎え。

2階のものづくりコーナーは、何かシゴトの匂いがするのでスルスルっとね。
でも鍛造工程やボディ外板のプレス・溶接工程を3Dシアターで見せてくれたのには
ちょっと萌えました。

そして3階、名車展示。 まず2輪

GT750。

憧れの1100カタナ

現役のころ欲しくてしょうがなかったRG250γ!!!
今、2輪はホンダ党の私ですが、このころホンダはMVX250でNS250が出たのは
社会人になる直前位だったからな。 RZは知り合いが1人死んで1人が障碍者に
なっちゃったんでとてもじゃないけど・・でした。

そして。 一番テンション上がったのが

ゼッケン34 ペプシカラーのRGV500γ。

ラッキーストライクカラーもいいですが、こっちの印象の方が鮮烈でしたね。

4輪は

第一世代ジムニー3代。

第二世代の幕開け、SJ30。

中見たら3型でした。 第4世代がデビューして2か月ちょっと、街中でもぼちぼち見かけ始めましたが、やっぱ自分は第2世代のデザインがいいなぁと思います。

そのほか

ツヨシ君(仮名)がやらかして、電柱アタックでクワガタにした初代ワークスや筑波に散った
カプチーノ。 四駆だとX90もありました。 すっかり夢中になって2時間弱の滞在となりました。

ウチの11Cは平成元年式ですので、ちょうど30年前静岡から社会に出たわけですが、
平成が終わる年にこうやって里帰りさせることが出来ました。 (生産は磐田ですけど)

社屋を入れて1枚。

さてあとは18:30までに大阪南港に入る余裕の旅です。

浜名湖の辺りをちょっと流して夏の残り香を嗅いで。


昼飯、鰻にしようかと思いましたが、暑かったので海鮮丼。

再び高速の人になり。


大津PAでお休み。 前が琵琶湖、左が比叡山。
で、ここでちょっとのんびりし過ぎたせいか、到着タイム表示が18:00に。
軽く焦りながらクルマを出しますと、大阪に近づくにつれ渋滞も発生しだしました。

それでもまずまずの時間で大阪市内への高速へ乗り換えようというところで・・
ナビ子さんがやらかしました。 一般道出口へ誘導しやがった・・・。
しかも高架下を走る道だったので案内がサボり気味になってきます。

高速へ再入場を試みますが、何せ大阪の夕方、渋滞がひどい。
しかも数日前の台風の影響なのか信号の方向がちょっとおかしい。 しかも1機2機じゃない。
それでも何とか高速に入り直しましたが余裕時間10分切ってます・・・
出航1時間前には手続しないといけないのに・・(^_^;)

5分前やっと南港着と思ったら!他のフェリーの乗り場だった(T_T)。これは俺のミス。
港近くじゃ信号が無ければおかしいのに無い交差点や信号が微妙にあっち向いてるのとか
あってドキドキしっぱなし。

リカバーして5分遅れでなんとか到着。(最後にまたナビ子がウソ誘導しようとしてましたがシカト)

やっと船上の人になれました。 
速攻で風呂。 のちビールと夕飯でバッタリ寝ました。 朝8時には新門司です。
(つづく)
Posted at 2018/09/25 00:13:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジムニー | 旅行/地域
2018年08月26日 イイね!

ステアリング統一委員会

はいどうもぶちょーです。
皆さん、ステアリングってどうしてますか?
ウチは、SRSエアバッグなんぞ付いていないクルマばっかしですのでそれぞれ換えています。
ちなみに自分は、MOMO派です。


73に装着していたのがもうヒビ割れて来たので、こんな事もあろうかとストック
していた部材と交換。


(最近中古屋でも高くね?ナルディウッドが\15000とか)

外したのを捨てるのももったいないので。

こんな、残念な はいぜっとんに。

ホーン外せばさらに残念

ホーンボタンもTRDからMOMOに変更。 いいっしょ(笑)。

これで

サンマル

11C

と合わせて、ステアリングをほぼ統一出来ましたー。
まあ、握り心地微妙に違うかもですが・・・・。


え、・・ヨンマル?

これは換える必要ないでしょ。

小径にしたら据え切り出来ませんし。

ステアリング交換程度の事するのに汗だくでした、皆さんもお体に気を付けて。
ではでは。
Posted at 2018/08/26 23:28:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2018年08月21日 イイね!

サンマルで遠征。

サンマルで遠征。はいどうも。 ぶちょーです。
那須は休み中は涼しかったけど、今週になったら
また30℃超えですね、仕事行くの億劫だわ・・

さてその休み中の事、家の掃除にお盆の線香上げ
ツアーや親戚の相手、仲間をお招きして庭で
BBQなど忙しくも楽しく過ごしました。

例年やってる夏休み一人旅は今年はナシ、
まあ入院明けの体には暑すぎだし、7月末に大阪行って8月末には2回目もあるしね。

でも、何にもしないのはちょっとさみしいのでプチ冒険。
『サンマルでトライアル遠征~』(どんどんぱふぱふ)
19日に山形某所での大会に参加して来ました。

競技参加なんか10何年振りかですね、楽しみ三割不安七割ってところでしょうか。
近距離支援機扱いのサンマルで県境2つ超えるのはおそらく初です。

受付開始が朝7時なので前日入りです、まあゆっくり行けばいいかと(何せサンマルは遅い)
猪苗代・裏磐梯と休み休みツーリング、檜原湖奥の林道から米沢方面へ抜けられるかと
昔の記憶を頼りに(下調べナシ)入り口まで行くと・・。
アタマの写真のような有り様でした。 まあ、前来た時も路肩が相当危ない箇所あったし。

深追いはせず、素直に白布峠方面へ転進。
競技前にエンジン焼いてしまっては元も子もありませんので5000rpmの
回転上限を厳守。

頂上から裏磐梯方面の眺め。

登り切ったサンマル、ご苦労様。

明日の為と遠征先なのに酒なしで1晩過ごして・・

赤テープ青テープの世界へ。おおー、独特の緊張感。

結果は・・ドライバーの装備品の違反で参考記録扱いでした(爆)
車両のレギュレーションはがっちり読み込んで行ったのに
ほかの規則はナナメ読みだったからなぁ・・(+_+)

ただ、出走は認めてもらえたので全部走りましたよ。
良くも悪くもほぼイメージ通り(イケるイケない含めて)に走れたので
そんなに残念ではないです。

ソロで走る分にはクルマに特に不満は無いと思ってましたが、こういう所に出ると
また色々やりたい事が出てきます・・とりあえずエンジンパワーがもうちょっと。

夕暮れ近い山形の県道をのんびり走って帰りました。

以上、遠征でもオチを付けずにはいられないぶちょーがお送りしました。

ではでは。
Posted at 2018/08/21 21:02:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムニー | 日記

プロフィール

「ぶちょーの九州縦断作戦 第3話『草原』 http://cvw.jp/b/2373005/42050812/
何シテル?   10/11 00:37
総務ぶちょーです。6年2組なる四駆集団で雑役担当 していたので、こう呼ばれる様になりました。 BJ44を手始めに20数年ランクル乗り続けて 今はHZJ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

四駆(特にランクル)好きな方。

話が合いそうだなと思った方、

どうぞ友達になってやって下さい。
76 人のお友達がいます
ねこぴんねこぴん * ジョー 矢吹ジョー 矢吹 *
RANGER☆RANGER☆ * くみちようくみちよう *
TETSU328TETSU328 鈴ジム@JA11鈴ジム@JA11

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー70 73 (トヨタ ランドクルーザー70)
ランドクルーザー HZJ-73Vに乗っています。 荷役とクロカン両立(どっちつかずと言 ...
トヨタ ランドクルーザー40 ヨンマルじいさん (トヨタ ランドクルーザー40)
2014年5月に知り合いから譲ってもらいました、 機関絶好調、加速のキックはHZJ73と ...
スズキ ジムニー 11C (スズキ ジムニー)
オープン・ツーリング担当ですが、後ろの荷台はゴミ出しや 土・植木運びに大変重宝します。 ...
スズキ ジムニー サンマル (スズキ ジムニー)
ウチのトライアル担当です。 昭和63年式SJ30V郵便局仕様だった個体です。 貴重な5 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.