• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

より3のブログ一覧

2018年05月26日 イイね!

神社シリーズ その19吉備津彦神社(オーブの旅)

神社シリーズ その19吉備津彦神社(オーブの旅)

alt

ビミョーに曇り空の中、今日はお隣の岡山県の一の宮を攻略に行きます!

山陽自動車道ではなく中国縦貫道を東条ICまで行き下道を新見→R180号で

向かいます。


東条ICを降り、道の駅で休憩。

alt

ここまでは、順調ですね。初めての道どうかな?

alt

やはり田舎道はいいデスネ! 車も少ないし。

alt

S字コーナーやら・・・


alt

伯備線沿いを新見までのんびり走ります。

しかし・・・


新見からのR180号線はやっぱり交通量が半端なく、途端にスピードダウンです。

覚悟はしていましたけど10時台からこの交通量は半端ねー。

バイパスとかいるんじゃないの?


alt

総社市近くでグダグダでコンビニで休憩。しだいに気温も上がり、日も照ってきました。

さすが「晴れの国 岡山」です。

しかし、ここからさらなる試練が!

吉備津彦神社近くは渋滞寸前のノロノロ運転!死にそうです・・・

alt

スクーターじゃないんだから30kmは勘弁です!。

信号もやたら多く、クラッチを握る手がもう限界です。

alt

ああっ!

おかげで入口を通り過ぎてしまいました!!



alt

Uターンしてやっと入口に入れました。

ここからが参道になります。

alt

橋を渡り・・・

alt

奥に鳥居が見えてきましたよ!

とうちゃこ!

alt

境内から参道を望みます。

長いですねー。

alt

随身門をくぐります。

さすが吉備の国一の宮、広いです。 ここら辺の地名も「一の宮」です。

alt

いよいよ拝殿へ。 立派ですね。

こちらの神社の御祭神は言わずと知れた

alt

「桃太郎」さんのモデル「大吉備津彦命」(おおきびつひこのみこと)です。

「人神祭祀」(実在の人物を祀ったもの)ですかね。わりと史実もあるようですし。

alt

拝殿も広くて豪華ですね。

祭事も大掛かりに行われるそうです。

そして、すごいのは、建物の多さ。拝殿の後ろに「祭文殿」「渡殿」「本殿」と続くんです!なので、写真を撮ろうと・・・

alt

げげっ!!

映っちゃいました! またまた「オーブ」が!

この間レンズを掃除したのに またかい!


まあ、ホコリか何かですね!

気にしない、気にしない

alt

うーん角度を変えてもなんかモヤモヤしたものが映るなあ。



このように巨大な建物が連なっているんですね。一体この中で何が行われている

のか・・・。気になります。

alt

本殿は片方の軒が長く伸びた「流造り」のようです。

現在の本殿は1697年に再建されたので、きれいデスネ。(でも300年以上経ってます)

・・・ほら 角度が変わると白いものは映っていないですよね!

alt

反対側から本殿を撮ります。 大社造りもいいけど、この形も良いです。

反対側から本殿以外を・・・

alt

うっ!うーん。またもや「オーブ」が。

alt

どうやら この建物に何か力があるようですね・・・



alt

ということで、力を信じおみくじを!

「桃太郎」にあやかって、桃の形!可愛いです。

結果は・・・

「中吉」・・・ビミョー

alt

隣に末社のひとつ「子安神社」があります。ほかにもたくさん末社が。

こちらのほうが古そうですね。

alt

御朱印です。

桃の印を期待しましたが、さすがに そこまではしないですよね。

で、次の神社にGO!です





Posted at 2018/05/27 11:22:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 神社 | 旅行/地域
2018年05月12日 イイね!

神社シリーズ その18 須佐神社(三次市)

神社シリーズ その18 須佐神社(三次市)


 今回の神社シリーズは「須佐神社」です。

須佐神社・・・すでに訪問しているのでは?

実は先週、仕事で三次あたりの高速道路PAに立ち寄った際こんなものを

見つけてしまいまして。

alt

尾道自動車道 甲奴ICあたりに「須佐神社」と。

あの「須佐神社」と何か関係が?なぜ三次市に?と妄想が膨らみまして・・・

出発です。

alt

そうなんです。今日は下道で行くのですが、なんだかノロノロの車が前をふさぎ

フラストレーションがたまりっぱなしです。いったん休憩して再出発します。

三次方面に行くために八千代町の土師ダムで休憩。

alt

今日は暑くなりそうです。

メッシュジャケットを着てきましたが、インナーを付けているので汗ばむかも。

なので、ジャケットを脱いで、こうします。

alt

ごめん、ごめん。

でもこれが一番ベストなジャケットのかけ方なんだけど。

ここから目的地までナビに誘導してもらいます。

この間から、ナビで目的地までルートを選択しているのですが、なかなか

いい道をチョイスしてくれるので、今回も使用します。すると・・・

alt

土師ダムから高田に抜ける近道は程よいワインディング!

alt

またも正解か!?と、思いきや

alt

高田から甲田町に入ったところで、急に交通量が増えてきました。

なんでこんな田舎道にこれだけの車が!

確かに、集落が沢山あって、人口も多そうですが・・・

alt

ふー。やっと車が空きました。

さあ気を取り直して疾風シマスカ?

いや、待ってください。

この一見絶好のワインディングに見えますが、これが危険なんです!

辺りを見ると、人家が多いですよね。

こういう道は生活道路なので、脇道から人や車が出てくる危険が高いのです。

周りに十分注意しないといけません!

alt

だめだって!!

こういう道も、周りに人家があるから何が起こるかわからないよ!

ツーリング速度で行きましょう!

alt

こういうところなら、まだ安心です。

ナビによると世羅町に入るようです。

大きな農業地帯なので、人家も多いわけですね。

気を抜かないで行きましょう。

alt

面白くなってきました。あたりに人家のないワインディング!

しかし、ナビはちょくちょく脇道に誘導します。右に行ったり左に曲がったり・・・

けっこう時間がたっています。若干不安が・・・

alt

んー。地図を見ると一応目的地には近づいているようだけど・・・

もうちょっと行ってみよう。

alt

ふーよかった! ちゃんと目的地に着いたようです。

このドキドキ感もナビを使うと楽しめますよね。




一つ目の鳥居をくぐり参道を登ります。


そして


とうちゃこ!
かなり立派な佇まいですね。


鳥居をくぐると両脇に隋神門の代わりに祠が


わらじがたくさん奉納されています。
ということは、足の病に御利益があると
いうことでしょうか?


玉乗りした狛犬さん。
いや大き過ぎるじゃろ!
ふつう片足ですよ!


石段の先に拝殿への通路が見えます。
もう少し。
その前に手水舎でお清めを、、、


何?このロリチックな絵は!?
子供向けにしては ちょっと


拝殿は権現造り。かなり古びていますが
各部の作りや彫刻も手が込んでいて、
由緒ありそうです!


創建年は1500年頃だと伝わっているそうです。奉納されている絵は劣化が酷く見えづらいです。戦いの絵や参拝らしき絵が飾ってありました。


主祭神はスサノオノミコトです。
やっぱり
それで須佐なんですね。
でも由緒書きを見ると出雲と関係があるわけではなく、京都の八坂神社と深い関わりがあるそうです。八坂神社もスサノオノミコトを祀っていますから納得しますね。
摂社も古びてイイ感じです。





でもただ古いだけでなく、きちんと手入れされ、細かく修理がされています。
地元の人たちに大事にされているんですね。
祭りの時の神輿が有名なんだそうです。


神紋は五瓜に唐花。
八坂神社と同じです。どんな繋がりがあったのでしょうかね?
社務所には普段人がいないようで御朱印は無しです。


御神木を見た後神社を後にします。
今回は妄想できる謎らしきものもなかったので残念でしたが、なかなか立派な建物が見れただけで満足でした。

帰りは尾道自動車道(無料)で三次まで行きます


三次からの帰りに前をCB1300SBがいて
しばらく一緒にツーリングしているみたいに走りました。


マフラーが同じストライカーでした。
マフラーのカチ上がり方ですぐわかりますね。

ではまた!




























Posted at 2018/05/13 16:31:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 神社 | 旅行/地域
2018年05月03日 イイね!

神社シリーズ その17 佐太神社(神様がわんさか!)

神社シリーズ その17 佐太神社(神様がわんさか!)

 さて県道24号を快調に抜け松江市内に入りました。

やっぱり車が多いですねー。宍道湖沿いの道を走っていきます。

alt

んー?

5,6年前に一緒に来たような・・・あの時は君はまだしゃべっていなかったから

覚えてないんじゃないの?


そんなことより、松江市内、「メイストーム」とやらで、台風並みの強風が吹き荒れています。

alt

宍道湖の湖面も大荒れです!!

風が真横から吹いてきてハンドルを取られます!

アブナイ!なのです!

宍道湖の対岸から山に向かって田んぼの中の一本道を行きます。

alt

そんなことできるかいっ!!

かっ風がーーー!

R1000は軽量なので簡単にあおられます。直線なのにハングオンしてます!

しばらくすると山の陰に入りやっと風が入り込まなくなったところで・・・

alt

「とーちゃこ!」

佐太神社入口です。警備員のおじさんがいます。

人が多いのかな?

alt

警備員のおじさんの誘導により端っこのほうに駐車します。

何やらにぎやかな感じ。

alt

ほんと。お疲れさん。

風との戦いでしたね。

alt


辺りを見るとたくさんの人がいて、軽快な音楽も流れています。

どうやら町内会のお祭りのようです。

なんか「ゆるキャラ」のようなやつもいますね。出店もたくさん!

後からわかったことですが、5月3日はこの神社の「直会祭」という神事だったらしく、「イザナギ、イザナミ」の2柱を合祀したことが起源だそうです。

これに町内会のお祭りも兼ねているらしいですね。

神聖な神社の境内で・・

なんて思う人もいるかもしれませんが、私はこれが本来の神社の在り方だと

思います。

みんなが笑顔になる場所。神様もいつもお願い事ばかり聞いていたらしんどい

ですよね。こうやって一緒に楽しんでいることでしょう。

alt

本殿へは橋を渡り

alt

出ました!結界。ここからが本当に神聖な場所になります。

alt

立派な随身門をくぐります。すると・・・



alt

おおっ!

スゲー!デカい!しかも大社造りの社が3つも!

阿蘇神社も真っ青です。

前回の物部神社もすごかったけど、ここも相当荘厳です!

alt
向かって左側、南殿は「スサノオノミコト」「秘説四座」の5柱

alt

右側、北殿は「天照大神」「邇邇芸命」(ニニギノミコト)の2柱

alt


中央の正中殿は「佐太大神」「イザナギ、イザナミ」その他大勢・・・

なんと12柱の神様を祀っているんだとか!大所帯です。

alt

南殿の末社

alt


北殿の末社。これらや、敷地外の摂社を含めると一体何柱になるのやら・・・

こんなにたくさんの神様が祀られるようになったのはこの神社の成り立ちに

事情がありそうです。創建は717年とありますが、もっと昔(縄文!)には今

と違う場所、神名火山(カムナビヤマ)のふもとにあったらしく、そこから勅命

にてこの地に再建したとあります。当時から絶大な権力があり、合祀に合祀

を重ねた結果だそうです。由緒書きや、ネットを見ても祭神は大変複雑で・・・

と書かれていることが多いので、ほんと素人には何がなんやら・・・

ただ相当古くから信仰を集めているようですね。オーラがありますよ。

alt

 ちょっと気になることが由緒書きにあったんですね。

南殿の造りは大社造りなんですが「正反対の造り」になっているとあるんですね。

どういうことかというと・・・

alt

中央と右側の社は入口が右にあるため中央より左側に寄っているんですが、

左側の南殿だけなぜか左側に入口があるため右に寄っているんですね。

なぜ?

妄想が沸いてきました。

南殿の祭神は「スサノオノミコト」でしたよね。

須佐神社、熊野大社などで彼はその強大な力ゆえ、結界に縛られていました。

つまりここでも、通常の大社造りではない様式にして結界を張り封じているのでは!


面白い!! こんなのがあるから、やめられませんなあ。

 しかもこの神社にはレアな神様が祀られています。

主祭神の「佐太大神」北殿の「邇邇芸命」南殿の「秘説四座」

今まで行った神社では祭神に祀られているのを見たことがありません。

特に邇邇芸命はレアですね。別の社に奥さんの木花開耶姫命(絶対美人だと

個人的に思う)も祀られているのですが、九州と富士山に行かなくてはお参りで

きない神様がいらっしゃるんです!(木花開耶姫命はその時わからなかったので

いっていないです。(-_-;)


もう一つこの神社のスペシャルなところは・・・神紋です。

alt

正殿は十五本骨檜扇の地紙をモチーフに

alt

南殿は二重亀甲。

alt

北殿は輪違い

と、それぞれ違うんです。これも他にはないデスネ。

なので屋根の飾りにも同じ神紋が

alt



alt

alt

となってます。

これは相当力のある神社だと思います。

神在月の祭事もこちらが最初だとか、佐太大神という古来からの祖神を祀って

いることとか、他の出雲大社系の神社とは一味違います。

alt

巨大な木の切り株。何百年立っていたんでしょう?



興味は尽きませんが、そろそろ帰らないと。

帰りも来た道をそのままなぞって帰ることにします。

alt


24号を疾風して、三刀屋に、R54を掛合に進みます。

alt

おっそうなんですよ。行きに三刀屋と掛合の中間でネズミ捕りをしていたんですね。

みん友さんが捕まったところだと思います。帰りはもういなかったですけどね。

確かに他の車が妙にゆっくりだったので、やはり良く取り締まっている場所なん

ですね。

その後、車の少ないR54を疾風し(広島県側では取り締まり大丈夫でした)

三次市布野まで帰ってきました。

おやつに・・・

alt


ジェラートを。醤油味に挑戦! ウマい!

その後高田IC隣の道の駅に到着。

alt

いやー。そうですね。車も少ないし、いい道だらけで!

充実した日です。

alt


それでは また!





Posted at 2018/05/04 20:52:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 神社 | 旅行/地域
2018年05月03日 イイね!

神社シリーズ その16 須我神社(偶然にも)

神社シリーズ その16 須我神社(偶然にも)

 GW後半の5月3日、再び神社シリーズです。

今回の目的地は松江市方面の「佐太神社」です。

alt

島根半島側になるので松江市をぐるっと回る形になるようですね、

前回に続きナビにてお気に入りの高田ICからの道を検索すると

なんとオール下道!どうやら松江道がすでに混み始めているようです。


出発です!最初は縦貫道を走り高田ICまで。

alt

ですよ。

こうして高速バスの後ろにつければ、この安全速度で延々と走ってくれます。

さすがプロドライバー!追い越しもスムーズで速度の急変がないので、非常に

追走しやすいです。高速道路はぶっ飛ばしても面白くないので、いつもこんな

感じです。制限速度がないのなら別ですけどね。

alt



高田ICの料金所到着。

すぐ隣の道の駅で休憩します。

alt

いやいや。

ちがいます! あれはルーテシア!

 RSでしょうかね?でっかいウィングがついていました。

alt

そうなんですよ。今日は朝から天気が悪く、おまけにくそ寒い!

alt

ここで休憩したのは寒さを紛らわすためでした。

昨日はけっこうな雨も降っていましたけど予報では晴れのはず・・・


少し休憩し出発します。

踏切を渡って

alt

はいはい。わかっていますとも。

って!三江線は廃線になったじゃないの!止まらなくていいんだってば!

alt

きれいな赤い橋を渡ります。・・・・

・・・・・?

・・・・・!

これ、前回と同じセリフ!?

そうです。

途中まで同じ道なんです。

でもこの先、R375を三次方面に抜けるんですよね。

alt

と、いきなりのチャレンジストレート!

この辺の道はどこも快走路です! いいとこみつけたなあ。

誰もいないので気持ちよく疾風会規定速度オーバーしてしまいます。

2kmくらいで私が「シケイン」と呼ぶ工事中の場所に

alt

この先は道幅が狭くなり、スピードダウンです。

一般車も増えてきて、R54号線と合流します。

そして、いつもの道の駅「布野」に到着。

alt

いやー。またしても正解のコース選択。

松江道なんか行っちゃだめです!R54が穴場ですよ。

そのままR54をひた走り、道の駅「掛合」で休憩。

alt

頓原のあたりで霧雨に会いましたが、山を越えると、やっとお日様がでて

少しは暖かくなりました。

alt

水琴窟のある庭がきれいですね。

alt

よかった。よかった。このまま天気が悪いままだったらテンションが下がるもんね。

ここから、三刀屋までR54を行き、ナビに従い三刀屋から奥出雲方面に向かいます。

県道24号は松江に抜ける最短ルートらしいです。(今日は特に)


車も少なく信号もほとんどない道を進んでいくと、なんか見覚えのある道だな?

とおもったら、

alt

やっぱり!

須我神社でした!

偶然ですね!ナビがこの道を示していなかったら、来ていません!

何か縁を感じます!

alt

一年ぶりですね。

alt

このたたずまい。

最高です!

alt

妙なものを発見!

この矢印の樋(?)なんでしょう?

排水溝?でも水が出ていた形跡がありません。

その昔温泉が湧いていたというから、これでしょうかね?

alt

そして今回、新たな発見も!

この本殿の破風の飾りに注目!

alt

表は 「太陽」

裏は

alt

月(三日月)になっています!

凝ってますねー。社務所に説明書きがあったんですが、見るのを忘れていました。

そうして、須我神社を後にし、再び松江向かって走り始めます。

その17に続く!



Posted at 2018/05/04 17:01:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 神社 | 旅行/地域
2018年04月30日 イイね!

神社シリーズその15 邇幣姫神社

神社シリーズその15 邇幣姫神社



 さて、物部神社を後にして次の目的地に向かいます。

物部神社のある地点から東に向かうと三瓶山がすぐあります。


ナビに従い山道を

alt

うひょー!

またしても快走路!

alt

みなさん気持ちよさそうですね。

こっちも楽しみましょう。

alt

じゃあ・・・ちょっとだけっ!!!

178PS開放!! キャーっ死ぬーーーっ

alt


むっむぎゅーっ!!

alt

ハアッハアッ いつまで続くの この道!

集中力が続かないのでこの辺で勘弁してー。

alt

おっそうですよ。

見えてきましたね。三瓶山ですよ。

レストハウスのある草原地帯に向かいますが、

alt

手前で左の脇道にナビで誘導されます。

あっ、ちなみにこんな低回転5速で走れちゃうのが、こいつの魅力です。



alt

さあー?

ナビに従うしかないんですね。

昼ご飯を食べる場所を探しているんですが・・・

alt

うーん。なんか、嫌な予感がしますね。

道は続いているんですけどね。

alt

ヤバいかも・・・

道幅も狭いし。車は離合できませんね・・・。

確かにバイクもUターンは厳しい道幅です。しかも、苦手とする下り坂・・・

行くしかないよね・・・

alt

っと!

急に開けました。しかも、おあつらえ向きに東屋らしきものも!





alt

!!!

いきなり飛び込んできたこの景色!

湖!?

まるで北海道にでも来たかのよう。

三瓶にこんなところがあったなんて!

全然知りませんでした!

alt

そう。

あたりに人家もなく

車も来ません。

聞こえるのは鳥の声だけ。

alt

東屋に行くと展望台になっているらしく、説明書きがありました。この湖は実は池だそうです。「浮布池」と呼ぶこの池は西暦684年に起きた大地震によって川がせき止められ、出来上がった池だそうです。

それにしても素晴らしい景観です。三瓶山をバックに広がる水面。

昼ごはんを食べるにはもってこいの場所ですね。

alt

こんな感じの東屋が設置してありました。












さっそく昼ご飯を。


alt













途中のコンビニで買ったお弁当を食べます。

外で食べると質素なお弁当も、なぜかおいしく感じます。

食べ終わってまったりしていると、いろんな昆虫が飛び交っています。

その中に、なんともきれいなチョウが!

alt

黒に青の模様がなんともオシャレ!

何とかアップで撮りたい!

alt

いや動かないで!

私の腕では飛び回るチョウは撮影不可能です。残念。

食べ終わって、再び山道を進みます。本当の目的地は・・・

alt

どどんっ!

ここです!邇幣姫神社「にべひめ」!(の鳥居)

すばらしい!この構図!映画のセットみたい。誰がこんな設計をしたんでしょうか?

出来すぎですよね。

本当の神社の建物はこの鳥居のずっと先、対岸にあります。

地震によってできたこの池は、ここに住む人たちの重要な水源になっていてそれを感謝する意味を込めて建てられています。

良いですね。その考え方。まさしく日本のアニミズムそのものですね。

こういう風に素直に自然に感謝、畏怖を持ち形にしているところが、私が神社に惹かれる理由のひとつです。


alt



また、神社の名前の「邇幣姫」は昔、邇幣姫という女性がこの池に住む大蛇が姿を変えた若い男に惹かれ、池に身を投げてしまったことから付けられたとあります。

池の名前の「浮布」は身を投げた邇幣姫の衣が水面から白く浮き上がってきた光景から付けられたともありました。なんとも悲しい伝説ですね。


alt

でもそんな悲しい伝説の出来事を名前にするということは、案外事実だったかもしれませんね。

神社に向かうことは難しそうなので、ここから参拝しておきました。

alt

あっ! またいらんお願い事を!

右に見えるのが取水口です。今でも農業用水に使われていました。

alt

ということは約1300年間も・・・すげー

御朱印とかはなさそうでしたので、そろそろ帰ります。

来た道を引き返す感じで行きます。

alt


いや。別に走りを楽しんでいる人には見えないから、やめとこ。

と、思ったのですが、どうやらナビがついていないらしく、信号のない分かれ道などで急減速するもんだから危ないのです。なので・・・

追い越し車線で爆音かまして撃墜してしまいました。(我ながら大人げないデスネ)



今回のルート、高田ICからの道は三次ICから三瓶に向かうよりはるかに走りやすかったので、次回からお気に入りルートとします!

ほんとGW前半のツーリングとしては、とても充実した一日でした。

おまけ

alt

いやー吉田君こんなところにも。

ほんと島根県に貢献していますよね。


ではGW後半に続く!







Posted at 2018/05/02 00:30:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 神社 | 旅行/地域

プロフィール

「 松江に出張
昼ごはんに駅ナカの居酒屋定食!
日本海庄やさんでした。」
何シテル?   05/08 11:20
より3です。よろしくお願いします。 SSに乗っていますがサーキットを走るテクはないのでもっぱらスポーツツーリングにいそしんでいます。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

リア ブレーキパッド交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/21 15:33:20
笠岡ラーメンオフ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/05 11:30:26
アドレスTypeM化計画 メーター/グリップ編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/04 20:56:27

お友達

バイク、自動車、自転車など乗り物全般大好きデス!
どうぞよろしくお願いします。
23 人のお友達がいます
きゃのん@2008きゃのん@2008 * shun!shun! *
シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認 creative311creative311 *
ぽぽろん231ぽぽろん231 * ヒデ@NAヒデ@NA *

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ GSX-R1000 スズキ GSX-R1000
2008年に中古で購入して以来コツコツとカスタマイズを楽しんでいます。 K5〜K6のR1 ...
スズキ アドレスV125 太郎丸(改) (スズキ アドレスV125)
通勤のために購入。 最初はボックス無しだったけど誕生日に納車したのでタダで付けてもらいま ...
その他 エベレスト コルサ ドゥエミラ その他 エベレスト コルサ ドゥエミラ
ロードバイクです。(昔はロードレーサーと呼んでました) 現在レストア中!ボチボチアップし ...
スズキ RG50Γ スズキ RG50Γ
自分がバイクにハマったきっかけとなった、マシン。 当時バイクブーム真っ只中、友人が買っ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.