• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ダ・ヴィンチのブログ一覧

2018年06月13日 イイね!

997と991と993と964

先週から今週にかけては、やけにポルシェとの接点がある1週間となった。


きっかけは、みん友?と言うのだろうか、にゃきおさんのブログにアップされていた1枚の写真から始まる。



(画像提供:にゃきおさん)


にゃきおさんが訪れた際にポルシェセンターで撮影されたこの写真。

何ともキレイな、まさに真紅のポルシェ991。

にゃきおさんのブログで初めてこれを見て以来、頭から離れなくなっていたのだ。


興味があれば担当を紹介するとブログに書いていらっしゃったし、でもこんな車、高額に決まってるし、でも見るだけ、見るだけなら。。。


そう思って、にゃきおさんにメッセージ。

「あの~、あの赤いポルシェ、見てみたいので、ひとまずご担当者をご紹介いただけますでしょうか。」

程なくしてお返事が。

「勿論です!来週(9日)、お店に行くのでご一緒されますか?」

おぉ!ちょうど9日は午後から時間があるし、しかも午前中渋谷に行く用事がある。じゃあ車で行っちゃえ!

ということで話はまとまり、車が比較的停めやすく、落ち合いやすい渋谷のお隣恵比寿で待ち合わせ決定。



そして、9日当日。駅東口のはずれにあるスタバで待ち合わせ。
ちょうどお店の近くに停めやすいパーキングも見つかり、めでたし。


ドリンクをオーダーし、席に戻り飲み始めたら程なくして、にゃきおさんが到着。僕にとって、初めてのみん友との対面だ。


非常に華奢?という表現が正しいかはわからないが、ポルシェがとても似合いそうな出で立ちをしていらっしゃる。

テーブル越しにいろいろ話していると、共通点がたくさんあり、いつの間にか時間が経った。
お店への到着時間にちょうど良い頃合になったので、僕の997で向かうことにした。運転者が男ですいません。


向かうは、荻窪のポルシェセンター。



(画像提供:何故かにゃきおさん、僕の車なのに)


曰く、現有のポルシェ997の調子が悪いらしく、しばらくお乗りになれていないとのこと。
(詳しくは、にゃきおさんのブログを参照されたい。)

久々の997への乗車に、少年のように目を輝かせ、とても嬉しそうなにゃきおさん。


車中でも話は尽きず、あっという間にお店に到着(それにしても、久々の井の頭通り、やっぱり狭かった。)。


そして、かの991とご対面!






やっぱりキレイ。。
もう、その一言に尽きる。
まるで非の打ちどころがない美しい女性が、目の前に立っている、そんな感じだ。

彼女を目の前にして、僕は息を呑み込んだ(何とか春樹の小説みたい)。

ご紹介いただいたご担当の方はにゃきおさんとの商談のため、別の方から一通りご説明いただく。

そりゃ、良い車に決まってるさ。


ここで僕は、心の中のリトル・ダ・ヴィンチに聞いてみた(どこかで聞いたことあるようなフレーズ)。

確かに買えなくはないかもしれない。
が、買うとどうなるか。

マンションのローンもまだ残っている。

企業勤めの中間管理職で、同年代よりは稼いでいるかも知れないが、それでもそんな額なんぞ、たかだか知れている。

普段の食事のグレードを落として、毎日ペ×ングの焼きそばを食べるか。それはさすがに嫌だし、そんな食生活だと身体に悪い(ペヤ×グの焼きそば、好きですけどね)。

同棲中のあの人に作るご飯とおやつのグレードを落とすか。そんなことをしたらまず間違いなく、こう言われるだろう。

「私とポルシェ、どっちが大事なの?普段だってあなたは帰り早くないし、私と仕事、どっちが大事なの?って聞きたいくらいなのに」



(いや、そんなこと、思ってもいないかもな。)

それはさすがに彼女に忍びない。

それに、つい最近997を楽しみ始めたばっかりじゃないか。


うん、確かにそうだ。

ということで、今回は断念(すいません、引っ張りすぎました)。


ただ、いつか、やっぱり赤いポルシェにも乗りたい。その思いを胸に抱き締めて、その日はポルシェセンターを後にした。



そして翌日(10日)午前中、伸び放題伸びた髪を切りに、いつも通っている美容院が入る近所のショッピングモールに。

すると駐車場で出くわしたのが、これ。







もう、僕にとってあこがれのポルシェ993、そして今や真っ赤な993など、冗談ではなく幻に近いだろう。
彼女を目の前にして、僕は息を(村上何とか…すいません、もうやめます)。

試しにカーセンサーで993の赤があるか調べてみたら、1台もなかった(6月11日現在)。
そんな状況だ、まして空冷の最終型の993。
中古車市場にもし赤い993が入ったら、間違いなくとんでもない値段になるはず。


駐車場内でも明らかに異才を放っていたし、通行人の視線を集めていたのは、言うまでもない。

ショッピングモールとなればある程度どこもそうだろうが、ここに来る客もファミリー層が多い。したがって、小さい子も多く、男の子も必然的に多い。

ここでこの993を見つけてからも、小さな男の子が多数、このひときわ目立つ車に魅了されていた。
(少年たちよ、将来こんな車に乗れるように、頑張りたまえ)


しかし週末2日間で、これほどまでにポルシェに魅了されることになるとは。



だが、話はこれで終わらない。


その日の美容院からの帰り道、ラジオから聞こえてきたのは、徳永英明の歌だった。

やっぱりこの人の歌、良いなぁ。
最近あんまり聴いてなかったから、また聴いてみるか。


僕は特定の歌手、何組かに対する愛着が非常に強く、X JAPAN、小室ファミリー、CHAGE&ASKA、TUBE、徳永英明、ZARD、DEEN、GLAY、LUNA SEA、THE ALFEEなどをローテーションのようにして聴く傾向がある。

たとえばだが、先月はTHE ALFEE、今月はX JAPAN、のような感じで。


そして帰宅後、耳に残った心地良い徳永英明の歌声をまた味わいたくなり、今日に至るまで、やたらと徳永英明をCDやらYouTubeやらで聴くようになっている。

そんな中で、ふと昨日思ったこと。

「そういえば、売れてるミュージシャンってみんな良い車に乗ってるけど、徳永英明は何に乗ってるんだろう??」

そうしてちょっと調べてみたら、


ポルシェ964タルガ(!)



(借りものの画像にて失礼します)


何と徳永英明もポルシェに乗っているとのこと。

ステキな歌声で多くの人を魅了し、ステキな曲を作り沢山のファンを惹きつけている。
そんなステキな感性の持ち主だから、きっとステキな車に乗っているんだろうな、とは思っていたが、まさかポルシェオーナーだったとは。
しかも空冷ポルシェ、しかもしかも、オーナー歴20数年。

あぁ、この人もよっぽどポルシェが好きなんだなぁ。

それを知ってからというもの、ものすごく(勝手に)親近感を抱くようになった。


とまぁ、こんなに「ポルシェ」を感じる日々を過ごすことになって、あらためて思ったのは


ポルシェの奥深さ

ポルシェの魔力

ポルシェの魅力

ポルシェの中毒性


こんなところだろうか。


恐らくポルシェオーナーは、こういったものにどっぷりハマっているのだろう。
だからこそ、何台もポルシェを乗り継ぐ、あるいは1台のポルシェを長く乗り続ける、そんな人が多いのだろう。


―ポルシェが人々を魅了するもの―


この1週間ほどで、それがまた少しだけだが、分かったような気がした。


Posted at 2018/06/14 00:04:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月02日 イイね!

洗車と、外環道と。

早くも6月になってしまったことで、あらためて月日が過ぎるのの早さを実感した今日だ。


今日もまた早起きをしてしまい(6時!)、二度寝するのも勿体ない気がしたのと、梅雨入りも近い今の時期、次にいつ週末に好天に恵まれるかも分からない/読めないので、洗車することに。



(タオルを上に置くと、何か浴槽に浸かってるオッサンみたい・・・)





まぁ、洗車はいつも通り順調に終わり(めでたいことに?今日はぎっくり腰にならなかった)、246を渋谷あたりまで軽く流してからそのまま帰宅。



ところで、夕方ニュースで見たのだが、今日外環道の三郷南~高谷JCTまでが開通したのだとか。

調べてみたら、外環道の西側にあたる大泉~二子玉川のあたりまでも近い将来開通し、東名と接続するようになるそうだが、それが予定だと2年後くらいだということが分かって驚いた。
僕は都心方面から車で帰るときによく東名を利用しており、用賀と砧公園近くの東京インターを過ぎて少し走り、多摩川の手前あたりで「外環道接続予定地」といった趣旨の大きな看板が掲げられているのを目にするが、まさかそんなに開通が近いとは。
これで、楽しみが増えた感じだ。


しかし外環道の工事現場の様子をテレビで放送していたが、それを見ていて思ったのは、日本の土木工事の技術ってすごいな、と(完全に素人目だが)いうこと。特に今回開通した区間は、かなりの難工事の連続だったようだ。

高速道路の工事なんて、長距離になるのは明白だし、それだけで気が遠くなりそうなのに、そこに更に気が遠くなりそうな技術や工法を織り混ぜて、気が遠くなりそうな途方もない長期間にわたって工事を行うなど、よくもまぁこんなことやるなぁと敬服する。

今回開通した区間の工事に関わった方々にはお疲れさまと申し上げたいし、今晩はそのときの苦労話や思い出話を肴やおかずに、美味しいお酒やご飯でも召し上がっていただきたいな、と思う。


そして外環道が東名からつながるようになったら、是非通って高谷あたりまで行ってみたい。
今回の区間の工事に関わった方々、そして西側の区間の工事に関わった方々に思いを馳せながら。
Posted at 2018/06/02 22:42:55 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年05月07日 イイね!

運転して楽しいクルマ

この概念、実は最近までよく分からなかった。

勿論、車(車種)によって違いはあるだろうし、個体差があることも何となくは分かる。が、所詮はその程度だろう、そう思っていた。

実家で母が普段運転しているローバー75を初めて運転させてもらったとき(約7~8年前)には、他の車(当時運転していたのはせいぜいレンタカー=当然国産のしかも量産車)と違って加速が気持ち良く伸びる車だな、少し他の車とは違うのかな、とも思ったが。でも、その程度。





(実家のローバー75 今となってはなかなか稀少性のあるクルマになってしまったようだが、母は大変気に入っており、高い修理代やメンテナンスに四苦八苦しながらも、今なお頑張って乗り続けているようだ)


ただ、そんな僕の考えを(何となくだが)覆したのが、ポルシェだ。
いや、覆されたとは言っても、何がそうさせているのかは、自分でもいまだによく分からない。

僕は、車はまずデザインありきで選ぶ、デザインから入る、ということは前にここでも話したが、そんな感じなので、車好きな方々が必ず言及するトルクとか馬力とか、そういうことを言われても、正直なかなかピンと来ない。
ポルシェのデザインが好きだとも言うものの、車内に乗り込んでしまえば自分でそれ(エクステリア)を享受するのは、なかなか難しい。

ただ、ポルシェは、上述のローバーにも増して、加速性能が優れているなということはすぐに分かったし(ローバーの加速性、滑らかさも素晴らしい)、小回りが利くから運転していて楽だということもある。カーブで振られないのも、無用なストレスがかからないという意味ではとても楽だ。
楽しい要素の1つに、あの独特で存在感のあるエンジン音も勿論あるだろうが、それも恐らくは「楽しさ」を構成する要素の一部に過ぎないはずだ。





ただ、そういったこと、そしてそういった(場合によっては)小さな要素の一つひとつが、運転の「楽しさ」を醸成している、ということなのだろうか。

ここまでいろいろ考えてみたが、難しく考えても答えは出なさそうなので、このあたりでやめにしよう。

しかしひとつ言えること。
ポルシェは確かに運転していて楽しい。それはすごくよく分かるし、この前、洗車場で声を掛けてきたオジサンの言う通りだと思う。


これからは、「ポルシェの一体何が楽しいのか(楽しくさせるのか)」を細かく、詳しく追求してみるのも面白いかも知れない。


そうやって蓄積された考察や所感を、10年後くらいに論文として発表でもしたら、読んでくれ、かつ、共感してくれる人は、果たしているだろうか。
Posted at 2018/05/07 23:47:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月05日 イイね!

「ポルシェってやっぱり、楽しいクルマだよね」

GWもあと1日と少しを残すのみとなったが、皆さんはいかがお過ごしだろうか。


僕はというと、仕事も休日も暦通りなので、長期の旅行などにも行かず、首都圏でのんびりする休日を送っている。
とは言っても、日替りでいろいろな人に会っているので、のんびり、というわけでもないが。。

今日は天気も穏やかだったので、いつもの休日のような早起きをして(してしまい)、すぐに洗車しに近所のコイン洗車場へ向かった。

到着したあと、ブースに車を停め、バケツに水を汲みに行った共有の水道で言われたのが、タイトルの言葉。

主は中年のオジサン。

聞くところによると、ご本人はクラウンやBMW、メルセデス(今の車はAMGだそう)と乗り継いでいるそうだが、お父様が空冷ポルシェから3台(今の車は991だそう)、ポルシェを乗り継いでいるとのこと。


「ポルシェやっぱり楽しいでしょ、良いなぁ~」
「ハイ!楽しいですねぇ。でもこのポルシェ、Sでも4Sでもターボでもない、ただのカレラですよ」
「いやぁ、ポルシェはスペック云々じゃなくて、運転しててホントに楽しいよなぁ、そう思いますよ」と。
よく分かっていらっしゃる。恐らくお父様のポルシェを運転させてもらったりしていたのだろう。


僕のポルシェをちら見しながら、ちょっと羨ましそうだった。
何となく、AMGオーナーに勝利した気分。





車を洗い、拭きあげたりして一連の作業が終わったあともまだ彼はいらしたので、話をしに行ったら、その方は今はS63AMGに乗っているんだとのこと。
ちなみに今朝乗っていたのは、アウディのTT?クーペ?で、普段奥様が街乗りで使用しているのだそう。奥様が出掛けたとかで、代わりに洗車しにきたのだとか。
うん、愛妻家だなぁ。

S63のAMGに乗っていると聞いた時点でそうかなとは思っていたが、更にいろいろ話を聞いていると、半端じゃなくリッチな感じが。。一体何の仕事をされているのだろうか。。

いきなり聞くのも何か野暮ったい気がしたので何も聞かなかったが、次回お会いしたら聞いてみよう。何となくだが、また会いそうな気がするので。





僕は僕で、997に乗り換えたばかりなのですぐに、とはならないが、いろいろ話を聞いてみて、将来(遠い将来?)、AMGにも乗ってみたいなと思った。

洗車終了後、折角きれいなポルシェになって我ながらご満悦だったはずなのに、車に乗ろうとしたところで何の前触れもなくいきなり腰に電気が走ってぎっくり腰になってしまい、這うようにして、死にそうになりながら自宅まで戻ってきたのは、ここだけの話にしておこう。


おわり。
Posted at 2018/05/05 19:09:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月21日 イイね!

あらためて、総評

過去に投稿したレビューを編集・上書きが出来ないみたいなので、ポルシェに乗って3か月経ったこともあるし、今回はあらためてこの車の評価をしてみようと思います。


車:
ポルシェ997
色:
白(キャララホワイト)
ニックネーム:
ポルちゃん(まっ白なのと形が丸っこいので、LINEのスタンプの人気キャラクター「うさまる」に似てるかも!?と最近思ってきました。なので、今後のニックネームは、うさまる!?)






走行性能:
とても良い。こんなに走行性能が良い車なんてあったんだ、と日々驚くばかりです。
乗り心地:
まぁ良いかなぁ。というか、思っていたより遥かに良い。時折、カタいなぁと感じることはあるけど、それはタイヤの問題や路面の問題なんかもあるだろうから、車そのものの乗り心地とは、ちょっと別の話になるかも。
燃費:
街乗り(入り組んだ住宅街などスピードが出せない場所)で4~5km/l、幹線道路で6~8km/l、高速道路で11~13km/l
↑↑何なんだこの極端な差は。。苦笑


積載性:
スポーツカーの割には積めるのかな?とは言っても乗るのは1人~せいぜい2人だし、したがって積まなきゃいけないものも少ないんですけどね。アウトドア的な趣味もないので、尚更。
故障経験:
まだなし

満足している点・長所:
1.こんなにカーブで外側に振られない車は初めて(注:別に時速何kmでカーブを曲がれるかとか、そんなムチャなことはしてません)
2.洗練されたデザイン&見た目の可愛らしさ(この911のベースのデザインを考えたフェリー・ポルシェさん、アナタホントに偉い・・・)
3.アクションに対する即レスな感じ(アクセルを踏んだら踏んだ分だけ素直に反応する、ブレーキを踏んだら踏んだ分だけすごい勢いで止まる、など)
4.小回りの利き具合
5.ポルシェならではのエンジン音
6.サンルーフがあり、気持ち良い(車の個体差による話ですが)






不満な点・短所:
1.総じて燃費が悪いこと(スポーツカーとしては優秀なのは十分、分かるんですが・・・)
2.4人乗りの車ですが、絶対に4人は乗れない。もしそんなことをしようものなら、後ろの座席に座らされた2人は、窒息してしまうのではないかと思います苦笑
3.後ろにエンジンを積んでる関係で前が軽くてスカスカで、軌道のコントロールが時折大変=油断するとハンドルを取られる
4.ガソリンタンクが小さい(+燃費が悪い)ので、結構な頻度でGSに行く羽目になる苦笑

総評:
小さな頃から憧れていた車なだけあって、とても大事に乗っている&今後もそうやって乗りたいです。
また当然ながら、万人受けするファミリーカーのような車ではないので、短所や不満な点もあるにはあります。が、車としては極めて優秀なんだろうなということは、自動車工学や機械工学の分野には全く明るくない僕でも分かります。
特に、カーブでそこそこのスピードで走ってても外側にホントに振られないのにはビックリしました。
あ、ビックリしたといえばもう1つ、ミラーの開閉が手動だったことにはある意味ショックをうけました笑

そして車としての「本質」にとても忠実だなと随所に感じられます。僕は997しか乗ったことないけど、程度の大小やその時どきの潮流など程度の差こそあれ、おおよそすべての911シリーズは多分こうなんでしょうね。
見た目の華やかさや華奢な感じを含め、そこから醸し出されるいわゆるナンパな感じとは全く違って、ポルシェって実はものすごく硬派な車なのでは?と思いました。
Posted at 2018/04/22 01:06:34 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「@Rika (911supercars) 確かにカッコ良さげですねぇ。そんな光景を想像したら僕も・・・😍😍」
何シテル?   05/07 22:44
ダ・ヴィンチです。 横浜住まいのマーケッター&プロモーターです。燃費の悪い人たちと暮らしてます。 燃費悪い1号:ダ・ヴィンチこと僕(青年♂、よく食べ、よ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

初めて車を持ち、2年以上が経ちました。
そうは言うものの、まだまだ車そのものに関して分からないことだらけなので、
皆さま、どうぞご教示くださいませ。

よろしくお願い致します。
23 人のお友達がいます
ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認 にゃきおにゃきお
Rika (911supercars)Rika (911supercars) ピロリンちゃんピロリンちゃん
gaku-sangaku-san shira3948shira3948

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ボルボ V70 ボルボ V70
欲しかったシルバーのボルボ、遂に手に入れました(納車は後日)
ポルシェ 911 (クーペ) ポルちゃん(捻りがなさすぎるかなぁ) (ポルシェ 911 (クーペ))
今年、ついに購入!
ボルボ V70 ボルボ V70
ついに念願のV70ゲット! 年式は決して新しくないですが、好きなデザインだったので買って ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
フォルクスワーゲン ゴルフに乗ろうとしています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.