• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おてんぷのブログ一覧

2018年02月21日 イイね!

内張り制振をしてみたものの、まさかの

少し間空きましたが、やっと先週内張りへのビビリ止めをやってみました。

写真撮るの忘れましたが、オスカーショップより売り出し中の
内張り専用制振材「ぴたり音」ぴたりね?ぴたりおん?どっちかわかんないですが。
直径5センチほどの丸いブチルっぽい材質なんですが、これを内張りの裏から
気になるポイントへまんべんなく片ドア10枚ずつ貼り、ビビリの平均化を図るというもの。

ボーカルの低い声がダブって聞こえるように感じたり、ドア内で音が響いて
ちゃんと出きってない気がしたんですね。
それを改善しようと今回重い腰を上げてみたんですが、
ついでにスピーカー部をチェックしたところ、まさかのビビリ原因がこちらにあろうとは。

なんとも、左右ともバッフルのネジが全体的に緩んでました。時間とともに緩んだのか、当時なにかを思って緩めてたのか定かではないんですが、改めて締め直し、バッフルとスピーカー間のネジも多少調整しようと思ったら
こちらはスピーカー側のネジ穴が馬鹿になっててネジがグルグル回る始末。バッフル交換もしないといけないです。

そんなわけで、締め直しだけであれだけビビってた63〜400Hzあたりのトーンが劇的に収まりました(T_T)
内張りよりもこっちに大きな原因があったとは。

内張りを外した状態で検証しなおしてみましたが、インナー側の鉄板は確かにビビってますけど
嫌な反響音はなく、すぐ施工が必要とは思いませんでした。ただビニールが何度も施工してるうちに右側がベリベリに破れてるのでこれ音に影響あるだろうなぁと思いつつ、とりあえず放置笑

さらにはスピーカー周りにも改めてウェーブキャンセラーというウレタンスポンジ剤をぐるっと巻いて、これでしっかり内張りから音が飛び出してくれるかと期待こめてドアの施工を完了させましたが。。。

第一聴は、音がスッキリしたし、車の内側?前方に音が集まってる感覚があり、これは成功か!と思ってました。
いくつか録音してそれをホームオーディオやイヤホンで聴いてみましたが、う〜ん、聴きやすくなったのに楽しさが少し減ったように感じました。

いやなビビリはなくなったものの、一緒にいい響きまで持ってかれた?
よく聞こえる歌もありますけど、キラキラした高域部分がずい分大人しくなった印象です。
男声は確かに安定感が増してる気がします。女性ボーカルも、低い部分のリアリティを感じられるんですが、楽器の響きなどが伸びてないような。いや今までのキンキンにただ慣れてしまっただけなのか?
サ行のカスレも収まってはいますが、これはスポンジの影響なのかなと踏んではいるものの、
やっぱり二つを同時に施工するのは駄目ですね。面倒くさがりな性格が災いしています。
ネジの締め直しも含めれば3つ同時施工^^; いやはやお金がもったいない、反省。
すぐ取るのもあれなので、またまとまった休みに検証し直しですね。



Posted at 2018/02/26 13:38:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | タント | 日記
2018年02月05日 イイね!

デッドニング計画ことはじめ

タントちゃんのフロントスピーカーは、
最初はエーモンのデッドニングキット入門セットを買って
レジェトレックスみたいな3×5センチほどの制振材をSP周りに貼ってたんですけど
これが逆に音の響きを殺してるんじゃないかと疑い始め、結果剥がしてしまいました。

それと一緒にスピーカーをぐるっと包んだスポンジも、
このスポンジ自体内張りに当たることでビビリを伝えてるんじゃないかと疑い、同じく取っ払いました。

で、現在はSP裏に吸音材であるレアルシルト・ディヒュージョン(板チョコみたいなやつ)を貼るのみ。
ビニールもそのまま。サービスホールの塞ぎ方はショップやDIYでの個人のやり方など
さまざまなので、ずっと手をつけられずそのままです。

ある方はギターに制振材を貼るとどうなる?それと同じ事だと、響きとビビリを一緒くたに考えるなと言われてますし、逆にスピーカー裏の逆相音をしっかりシャットアウトするのが大事だとか。
細かいレアルシルトやレジェをピンポイントで張り、コントロールするやり方もありますね。
制振材も全体に貼るなら結構な出費ですから、なかなか前に進めずいました。

ひとつ気になるショップがあり、大場モータースさんというところが提唱する、ドアスピーカーはエンクロージャーではなく平面バッフルと見立てて、サービスホールは計算式によって必要な分だけふさぐというやり方が理に適ってる気がして、最初にするなら大場式(大阪のショップ直伝のようですが)を試してみたいと思ってます。

色々同時にやっても混乱するだけなので、今回はとりあえずインナーパネルやアウターパネルは後にして、内張りから対策をしてみようと思っています。

音楽を鳴らすと、曲によってはかなり内張りがビビってます。それが変な共振を呼んで音が曇ってるように感じる事があり、前よりアンプゲインを上げてるせいでエネルギーが真っ直ぐ伝わらず、インナーと内張りの間で反響した上で出るような気がして、右よりや左よりの楽器がスピーカー位置で停滞して定位が上がってないように思うのです。

まずは一体どの音域が悪さをしているのか、以前買っていた某カーオーディオの音響チェックが出来るCDを使って検証してみることにしました。

最初に内張りを付けている状態で、フェーダーはフロントのみ、サブも0dbまで下げて20Hzから20KHzまでのトーンを順番に再生させていき、その印象をノートにメモしてみました。
車によって様々でしょうから全然参考にならないとは思いますが、10cmのコアキシャルに約200Hzのハイパスをコンデンサーでかけた状態でテストしてみました。

コンデンサーだけのハイパスは-6dbのゆるい減衰となるんですが、聴いてみるとわりと出てますね。63Hzから聴こえ始めて80Hzの時点で結構ビビってます。125Hzだと内張りを外から押さえると音が変わるので、相当この帯域は内張りの共振が影響しているようでした。その傾向はどんどん大きくなり、315Hzでピークを迎え音がやたら大きく感じ、400Hzあたりでやっとビビリがおさまりはじめ、500Hzでほぼなくなったので、このビビリを押さえ込めば200Hzあたりから始まるボーカル域、とくに男声の改善が見込めるのでは、と思いました。

ただハイパスしても思ったより下から聴こえたので、もう少し上から削れるのならより明瞭になるのかもしれません。


日曜日の午後、こんな感じであとリアSPのみとチューンナップウーファー+リアSPそれぞれ音を出して帯域ごとの感想をメモって終わりました。

来週は実際に内張りをはがして、以前オスカーさんで買った内張り専用制振材「ぴたり音」を使って400Hzまでのビビリを抑え込んで、本当に音質が向上するのか試してみたいと思います。
雑味がなくなるのと、音楽性が上がるかはイコールではない、かもしれませんので。

あと、別々に音を聴き込んでいたついでに、サブの位相とローパス値を一番低音が響く設定に今いちど追い込んでみたんですが、前の方がよかったかも笑 低音がうまく絡むと、男女ともに声にリアリティが増すんですけどなかなか難しい。

そして常々思ってましたが、やはりAUXを使ってタブレットで曲を再生は音がぬるくなってますね。USBメモリの方がエッジがあります。

デッキに使ってるMEX-XB100BTはUSBメモリでもタブレット側でBluetoothを使って選曲、音量調整も出来るのでそっちでもいいんですが、いかんせんUSBメモリはたまにフリーズするのが痛い。アルバム単位で聴いていても途中でバグるので、どうもFLACの形式とかじゃないっぽく検証継続中です。
Posted at 2018/02/05 16:27:29 | コメント(0) | タント | 日記
2018年01月15日 イイね!

リア配線の位相反転

日曜日は久々に車を自由に使えたので、大したことではないんですが
車イジリをしてみました。
出かける用事はないものの、親戚や嫁の父母などが訪問してきたので
そのたびに何をしているのかと問われどう説明しようかと悩みましたw

ずっとやってみたかったけど、ずるずると引き伸ばしてたことで
リアスピーカーの位相を反転させてみようと思いまして、
運転席下のアンプのリアの+-を逆にしてみるという実験。
大した作業じゃないのに、席外した方がよほど効率よかったでしょうが、
まだ一度も外した事ないので結局こないだそれ用に買ったLEDライトを駆使し
頭をつっこみながら作業w

配線抜いて逆にするだけなのに、抜いた線が全然ハマらないし、裸線なのですぐヘニャる。

仕方ないので部屋からニチフの棒型端子を持ってきて、しっかりカシメた後に
ガラスチューブをかぶせて絶縁後、さらに絶縁帯電テープにて静電気のイタズラもシャットアウト(のつもり)
してリベンジ!ねじ回しもやっと入る隙間になんとか手を入れて作業が完了。

音出し開始!…うーんどうなんだろう?うまくいけばフロントとのつながりが良くなり、低音がしっかり響くようになる、との事なんですが逆に緩んだような…。と直後の感想はそんな感じで少しがっかり。
4曲ほど録音し、家でイヤホンで聴き直すもやはりどこか淋しい。

今朝、早めに出勤し、近所のホームセンター駐車場でデッキを再確認すると、
SONYのデッキにはリアスピーカーで低音を増強するエンハンサーなるものがあり、
試しにオンしていたんですが、これがいけなかった。
ちゃんとリアから音が出てるんかと思ったら、それをオンにしていたせいで
おもいっきりローパスがかかった状態になってました。
どちらかというとサブウーファーの無い人のためにリアを代わりにして低音増強する機能らしく
サブがついてるウチには必要ない機能だったのが判明。オフにしたらリアからフル帯域が溢れてきた!笑

あらためてフェーダーで前後バランスを調整し、再生してみると、おお!これこれ!
なんかしっくり来なかったのは、ハイパスをかけたフロント中広域+サブの低音でその中間の音が
ほとんど出てなかったというw情けない。

位相も前日に感じたのとまた違う。せっかくなんでしばらく聴いてみます。

Posted at 2018/01/15 13:51:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月11日 イイね!

色々やりたいけど手付かず

最近はみんカラさんのブログや整備手帳を読み漁っており、改めて知る事も多く刺激になっているんですが、実際の所、パーツばかり買ってもなかなか作業に移れず倉庫の肥やし(というか自分の書斎が箱だらけ)になっています。
今一番やってみたいこと、やらないといけない事は、スピーカーケーブルの実験です。今試したいケーブルが四種も買い置きしており、購入時期順に
1.Western Electric 24ゲージメッキ
2.    同    18ゲージ復刻版
3.カナレ4S6G
4.オスカーショップ AET EVOケーブル18ゲージ相当
カナレ以外細くて車内で断線しないよう色々処理も必要です。

皆長めに買っているので、長さによる音のピント合わせもしてみたいところです。
リアスピーカーも使っているので、それぞれの役割に合わせて使いたいです。

そしてフロントSPにはスピード感を重視し、ハイパスをかけます。
今現在もAudyn capのコンデンサを100μF✕2+3.3μFかましていて、
それをさらなる音質の改善を期待しMundolf製と交換、一応比較してよければ入れ替えですね。

あとはショップにてバッテリー交換とアンプのゲインを大幅に上げたおかげで
ドア内張りで響きがでかくなった気がするので、初めて内張りに制振材を貼ろうと
オスカーさんで「ぴたり音」というものを買いました。
それと一緒に、スピーカー周りにぐるっと巻く
ウェーブキャンセラーというスポンジも。
前はつけてたんですが、余計に内部で反響してた気がしたので、一度外しました。

今ドアにはスピーカー裏にだけ吸音拡散材のレアルシルト・ディフュージョンのみ施工のビニールもそのままでデッドニング無しの状態ですが、ハイパスをかけているのでそこまでインナーパネルへの制振を重視してないんですが、ある人の記事を参考に軽くやってみてもいいかな、と思っているところです。

現時点はフロント10cmコアキシャルSRT1033+ハイパス、リアオールパス16cmコアキシャルSRT1633+アドオンツィーターSRH217+チューンナップサブウーファーTS-WH500Aで、ロックフォード4chアンプ一台です。デッキは米SONYのMEX-X100BTというCDデッキです。
最初かなり高音がキツく感じてたんですが、最近こなれてきたのか前より聴きやすくなりました。
フロント+リアにした所、Vocalがしっかり存在感を出すようになり、以前のケンウッドよりも各楽器の分離というか位置関係がはっきりわかるのが楽しいです。
この状態から、ケーブル交換や内張りのビビリ止めでさらに化けてくれるのを期待しています。
なかなか車が丸一日空く休日がないので少しずつですがやっていきたいと思ってます。
Posted at 2018/01/11 12:02:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | タント | 日記
2017年09月13日 イイね!

タントのカーオーディオ

個人的な戯言なのであまり本気で読まないでくださいw

タントが普段の足となって2年、
買ってもう6年程だったので
新車のノアちゃんは気が引けますが
タントならいいか、と自分でスピーカーを付けました。
タントおすすめスピーカーとでも検索したかは忘れましたが、
知恵袋でおすすめのコアキシャルSPが簡単そうだったので。

するとやはり純正よりも楽しい音が出始めて、
普段聞き流していた曲たちが、別物に感じました。
そうなるともう居ても立ってもいられない状態になり、
そのコアキシャルSPを薦めていたおっちゃんの回答を読み漁る毎日が始まりました。

ナビ性能の評判で深く考えず楽ナビを選び、曲も普通に聴いてたんですが
正直そこまで不満がなかったのは、極小音量でたまにカラオケ状態に使ってたので自分の声の方が大きく
音質は気にしてなかったのです。

でもそうそうナビは壊れてるわけでもないから交換出来ないしと思い、
イコライザーを駆使しながらボーカルの気持ちいい所で聴いてましたが、音量は小さいまま。
ショップに悩んだ挙句持ち込んだら、かなりの音量でデモカーを聞かされカルチャーショックでした。
でもここまで上げないと確かに良い悪いは分かりにくいかと思い、自分も実践してみました。
その流れでスマホの音を楽しく聴けるという誘い文句で、オーテクのAT-HRD5の店内中古を
ついつい買ってしまい、同時にリアにも同じコアキシャルを付けました。
ナビの外部入力で最初聴いてたんですが、フロントリアのコアキシャルは楽しく、
それからどんどん欲が出てしまい、サブウーファーもつけちゃいました。

結局どうしても気になってたケンウッドのCDデッキI-K700が、ある日アマゾンで新品があったので即ポチし、とうとうナビと交換することに決めました。

ナビをなくす以上、それに代わるものが欲しくて、ソニーのZ4タブレットをオクで落札。シムフリーなので格安SIMを契約し、やりたかったYouTubeを流しながら運転が実現出来ました。ソニーなので音質もそれなりだろうと言う狙いもありましたし、ソニーが言うにはUSBでのデジタル出力なら、高いソニーのDAPとも変わらないそうなのでそれを信じて。SDカードが128GB入るのでWAVでも相当入るのもポイントです。

程なくして、ここまで来たらアンプだと、これもネットにてロックフォードT600-4を中古購入。さらにプリアンプであるオーディオコントロールのオーバードライブも。
持ち込みでお金はかかりましたが、電源あたりはまだ恐いのでおまかせし、現在のシステムが完成しました。

その後、知恵袋のカーオーディオの師匠にSP設置の極意を教わり、まずやる人はいないと思いますがリアのピラーにチューンナップツィーターをフロントへ向けて設置し、さらにフロントは10センチコアキシャルに交換、通販で買った100μFのコンデンサー×2とフィルムコンデンサー3.3μFを並列でかまして、低域はサブウーファーとリアの低音で補いフロントのVocal域を浮き上がるという技で構成しました。車内全体を使い耳元は全ての帯域がまんべんなく鳴りフラットに近い感覚になってますます楽しくなりました。

1年半ほどで色々いじりながらシステムアップさせ、見た目はわりと純正のまま音質がすさまじく良くなりました。音質というのとはちょっと表現が物足りなく、ホームオーディオとはまた違う活きた音響空間といいますか。
少なくとも毎日が楽しい発見で車に乗るのが楽しくて仕方ないです。

ショップのデモカーは正直隣にスタッフが乗って聴いた気がしなかったのと、前方の空間で平面的か、こじんまりと鳴ってるとしか思えない車ばかりで、自分のこの体感している音とは大きく違うと思ってます。もちろん好き嫌いはあるでしょうけど。

ちなみにDSP、イコライザー、タイムアライメントは使ってません。クロスオーバーもサブウーファーのみです。それで実際楽しい音が聴けているのです。沢山出ているナビ・デッキや外部DSP、スピーカーなど色々考えさせられる1年でしたし、知恵袋の師匠には本当に救われたと思っています。

ただし、これはエントリー向けのシステムで、今でも十分楽しめているのですがさらなる上を目指そうと思っています。これが実現出来ればもうそれ以上お金はかけず、曲にお金をかけます。
Posted at 2017/09/13 11:37:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | タント | クルマ

プロフィール

おてんぷです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ タント タントちゃん (ダイハツ タント)
基本嫁さん用の車でしたが、私の仕事場の駐車場が変わり狭くなったので、嫁がノアで通勤、私が ...
トヨタ ノア ハイブリッド トヨタ ノア ハイブリッド
2月21日あたりに納車予定です。ナビはNR-MZ100PREMIでスピーカーもろもろはま ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.