• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

F14Tomcatのブログ一覧

2016年04月05日 イイね!

ハイゼットS200Vの思い出

ハイゼットS200Vの思い出2年落ちの中古で購入後、先日まで12年の長きにわたり頑張ってくれたハイゼットです。
走行距離は驚異的な420000km強、42000kmではありません。

勿論満身創痍でオイル漏れや排気ガスの関係で車検を通すのはかなり厳しい状況で、代替車両も見つかりやむなく引退の運びとなりました。
途中エンジンを載せ換え、ブレーキローターも3回交換しタイベルも同じく3回交換しました。
ダイナモ、セルモーターも一度交換しましたが、走行距離から見れば仕方ない事だと思います。
エアコンの利きもかなり悪くなり、夏場はきつかったです。
タイロッドも一度交換しましたが、不思議なことに他のブーツ類の交換は無くて、よく持ったものだと感心しました。
この車に乗るまでダイレクトイグニッションを知らずにてハイテンションコードを探した事も良い思いでです。

Twin camエンジンのお陰でパワーは並の軽ターボに何ら遜色は無かったものの、燃費は悪くて夏場は8km/L前後まで落ち込んでいました。

恐らく同年式の他社軽貨物とは比べものにならない荷室の狭さで仕事用には不向きでしたが、スタイル良さとニュートラルな操縦性は満足出来ました。
特に私の車はカスタムモデルで、内装もワゴン系の上級モデルに準じており、トヨタ純正のVICS付きDVDナビもオプション装備されていて快適でした。
それまで乗っていたのが旧規格のミニキャブで超アンダーステアとリアのトラクションの無さ、酷い内装と貧弱な断熱によるお尻のオーバーヒートに悩まされていたので、その大きな差に驚かされたものです。

今回、ひょんな事でホビオに乗り換えてしまいましたが印象に残る良い車でした。
リサイクルの進行報告でスレッダー処理されたことを知った時は寂しい気持ちになりました
長い間ご苦労様でした、有難う。
Posted at 2016/04/05 10:19:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年03月21日 イイね!

ユーザー車検で感じた事 その2



前回の続きです

心はユーザー車検に向いているものの、ハイゼット時代は年間走行30,000km超えのヘビーユーザーで何度も大手術を経ていた車両でしたので、いざと言う時のために近くの整備工場に任せていた為に不安は残ります。

また、かえって費用が掛かってしまったら、それこそ時間の無駄になります。
そこで、まずはネットで色々と調べる事にしました。

情報量が多くて比較に時間が掛かりましたが、最終的になるべく家から近く料金的にも安そうなフランチャイズの整備工場と車検専門店、スタンドの3件をピックアップし、それぞれ問合せをしました。

どの業者にも共通しているのは、あくまで24ヶ月点検のみで整備は全て別料金だと言う事でした。
また、表示されている価格は、あくまで最大割引価格クーポン適用価格であり条件も様々、ホビオのような1Boxでは追加料金が発生する店もあります。

どの店も「一度見積もりをさせてくれ」と言うので、「見積もりだけでもいいのですか?」と聞き返すと、何処でもOKでした。
どちらにしても実際に何処の整備が必要になるかも知りたかったので、3件のうち一番対応が丁寧なお店に見積もりをお願いしました。

予約した日時に出向くと、大きな工場でしたが結構忙しそうで安心感がありました。
早速見積り開始
20分ほどして整備士の方に呼ばれ「今回は車検で問題になる箇所は有りませんね」との事、
他にブレーキ関係のオプションやスチーム洗浄の提案をされましたが、正直料金的には高めだという印象でした。
私が居た間に二人の方が車検を終えて精算をしていましたが、
結構な支払額でした。
多分整備が必要だったり、オプションをつけた結果だと思います。

「点検に要する時間は約60分なので直ぐに出来ますよ」と勧められましたが、今日はあくまで見積もりだけで、後は検討させてくれとお断りしました。
整備士さん、ごめんなさい
車検以外の点検整備も安めなので、その時はお願いしますね。

ユーザー車検との差額は24,000円ほど、
お金持ちは関係ないでしょうが、この金額を稼ぐのはそれなりに大変です。
こんな訳で、これなら何とか自分で出来ると決心し、別の日の車検場を訪れてラインの見学と書類の購入を済ませました。
これなら当日慌てる心配はありません。

前日は車両の洗浄と、ホイールキャップの取り外し、ついでに見える範囲でパッドやブッシュ、カバー類の最終チェックを済ませました。
しかし何でホイールキャップを外すのにジャッキアップが必要なのと憤慨(笑)

 *神無月7563さんからメッセージを頂きました。
   ホビオのようにナットが見えているのなら外す必要は無いとの事です。
   勉強になりました。

予約はインターネットで簡単に出来ます。
年度末が近いのに、どの日も余裕ありでホッとしました。
落ちた時を考えて朝一番の予約にしようかなと思いましたが、
寝坊の恐れもあり、第3ラウンド(13時開始)をチョイス
書類の書き込みも完了。

ただ問題は点検整備記録簿です。
無くても車検は出来ますが、検査員への印象も悪いでしょうし、
車検証に「点検記録簿記載無し」と印字されてしまいます。
そこで書き方を調べて、また過去の記録簿を手本として自分なりに記録簿を作成しました。
排気ガス対策系統など、自分では出来ない整備項目をそうするかで迷いましたが、
予備テスターで異常が無ければ「良好」で大丈夫との情報を得たので、
取り敢えずはチェックマークを入れておきました。
備考欄には「予備車検場にてチェック済み」と記載
気をつけるのは、ホビオには無い装備、例えばパワステベルトなどにチェックを入れない事です。
そんな自分で作成した記録簿を車検場で無視されるのか心配でしたが、
新しい車検証には確かに「点検整備記録簿記載あり」となっていました。
そこで思ったこと
「例え出来ない項目が有ったとしても記録簿は作っておいた方がいい」
もし聞かれたら、その部分は車検後に点検しますと言えばいいのですから。


そして当日。
計測数値が確かであれば安い方がいいと思い、見た目は少々貧弱な(失礼)テスター屋さんに立ち寄りました。
ぶっきらぼうですが親切な社長さん自らが検査してくれて、色々とアドバイスもいただきました。

丁度お昼休みの時間でしたが、車検場に到着。
そこでの模様は整備手帳を参照して下さい。

結果はご覧の通り、あっけない程簡単に車検が終わりました。


最後に感想です
まず、凄く得した気分です。
金銭的には勿論の事、車検整備に対するいい勉強になりました。
また、自分の車に対する心配りや愛情が出来ます。
出来る事なら時間のある方はチャレンジしてもらいたいですね。

ただ、車検だけ通せば2年間は何もしなくても良いなどと考えてはいけません。
その分普段はマメに日常整備し、出来ない交換作業はプロに任せましょう。
タイロッドエンドブーツの交換やブレーキオイルの交換などは、ジャッキと工具があれば誰でも出来るようになると思います。

今回は工具をお借り出来たので、ブレーキドラムを開けました。
ライニングはまだ大丈夫そうでしたが、次回の車検前には交換しておくつもりです。
この作業は不器用な私には無理だろうし、組みあがりに自信が無いので、
それなりのプロにお任せするつもりです。

私なりの結論ですが、
おざなりの点検整備をしてもらう位なら、その分を必要な整備代や欲しい工具・パーツに回して、
誰でも受けられる車検は自分でする方が有益だと言う事です。
勿論、人それぞれ
環境や車の状態によって一概には言えませんが、
少なくとも私はこの方針でやって行こうと思います。
何でも整備工場や他人にお任せしていては、自分の車の僅かな不調にも気が付かないでしょうね。
例え2年間トータルの結果的に経費は変わらなかったとしても、その時の車のコンディションは差が有ると思いますよ。

それと下回りの洗浄。
これは必要項目ではありませんが、検査員も人の子です。
私は最低限のマナーと思って完全では無いものの、それなりに綺麗にしてラインに入りました。

昔と違って陸運局も、軽自動車の事務所も一般人に大変親切になりました。
チャンスのある方はぜひチャレンジしてみて下さい。
Posted at 2016/03/21 19:55:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年03月20日 イイね!

ユーザー車検で感じた事 その1

先日のユーザー車検の感想です

14年間に渡り酷使に耐えてきたハイゼットも満身創痍で次の夏は乗り越えられそうもないな~と考えていたところに、仕事仲間から新車の下取り価格でバモスちゃんを譲ってもらいました。

このクルマ、プロユースで距離は走ってますがディーラーで3ヶ月ごとの整備をきちんと受けていて、タイベルも交換済み、渡りに舟とはこの事でしょうか。
整備手帳は勿論、ホンダでの整備明細書も全部頂き、これからの整備に役立ちます。

こんな経緯で今回はユーザー車検に決めたのです。
車検専門店やスタンドも考えましたが、あくまで点検価格であり、点検と整備の違いに疑問を感じていたので、点検だけなら自分で出来ると判断しました。

例えば点検でプラグを脱着するのは点検で、その際に交換したら整備になって交換工賃が加算される、どうせタイヤはリフトアップで四輪外されるのに、ローテーションは別料金。
下回り洗浄は勿論ブレーキまわりの清掃も別料金、加算される料金はどんどん増えます。

つまりは車検を通す為だけの点検料金であり、必要となった整備は当然の事、色々なお勧め項目もお願いすればどんどん加算されます。
要はあの価格は何もしないでも車検が通る車にだけ適用される料金だと判りました。

それなら自分でやって、浮いたお金でやりたい整備をするなりDIY用の工具を買ったりしたほうがいいと思いました。

実際に何をしたかは、この次に記載します。
Posted at 2016/03/20 17:15:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「[整備] #バモスホビオ オイル交換、ついでに夏タイヤ入れ替え http://minkara.carview.co.jp/userid/2595994/car/2155086/4214876/note.aspx
何シテル?   04/24 18:01
基本ケチでノーマル重視です。 でも改良は好きで、使い易さを第一に考えています。 少し暇になったので今まではプロに任せていた大きめの整備も挑戦してみよう思...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

愛車一覧

ホンダ バモスホビオ ホンダ バモスホビオ
ホンダ バモスホビオプロに乗っています。

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる