• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MONOのブログ一覧

2018年04月25日 イイね!

ADVAN Sport V105 皮むき終了、驚きのウェット性能。

ADVAN Sport V105 皮むき終了、驚きのウェット性能。先日、リアタイヤのみ交換したADVAN Sport V105、その後1000キロくらい走って、ひと皮剥けたようなので、改めてレポートしたいと思います。

写真は以前履いていた純正サイズの18インチの40%偏平のV105、現在は同じV105 ながらも、F:225/35R19・R:255/35R19、ともにBBSのRG-R(8J+43/9J+48)を履いてます。

フロントタイヤをPSSからV105に交換したときも感じましたが、交換直後は全体に柔らかい感じの中にやや硬めの突き上げ感があったのが、ひと皮剥けてふた皮剥けたくらいから、その硬さも感じなくなり、全体に柔らかいというかフラットなソフトな感じになりました。
尚、グリップ感は最初からイイ感じでした♪♪

装着直後から1000キロくらい走って、こうも感じが変わってくるタイヤは初めてですね。悪い意味では良い意味の変化に少し驚きました。

やや乱暴な言い方をすれば交換直後はPSSと同じような硬さ(それでもV105の方がややソフト)、ひと皮剥けると、全体にソフトな感じになり、グリップ感が増してくる感じですね。

横のグリップ:V105>PSS/ここは国産タイヤの得意な面でしょうか
縦のグリップ:PSS>V105/思ったよりV105も良いが、コーナーで前に出るときの感じはPSSが良い
硬さ:V105>PSS/全体にV105の方がややソフトな感じ
ノイズ:PSS=V105/どちらも音はそれなりに大きいものの、あえて比べるとV105がやや大きかな?
転がり抵抗:V105>PSS/両者ともスポーツタイヤなので比較するのも何でが、強いていえばPSS
ウェットグリップ:V105=PSS/両方ともラペリングがAAで、実際に走ってみて両方ともとても高い
重量:PSS>V105/ほぼ一緒ながらもPSSの方が僅かに軽いが、V105も軽量タイヤ
値段:V105>PSS/2.2万円と3.0万くらい
寿命:PSS>V105/UTQGが300と240ですが、実際にはV105も数字よりも短くない感じかな?

以上、当方の主観で、勝手な思い込みなので、参考にしないでくださいね(笑)

PSSは後継タイヤでもあるPS4Sが発売されたので、こちらも試してみたいところではありますが。。。

ADVAN Sport V105を初めて、想像以上に良いタイヤだと思います。まあ、そこはヨコハマタイヤのフラッグシップタイヤですから当然といえば当然なんでしょうけどね。

あと、昨晩の雨で偶然、ウェット性能を試すことになりましたが、さすが国内規格で最高ランク「A」のウェット表示だけあって、雨天時の安定性はすごく良いでしたね。V105はご自慢の太い溝が4本もありますから、数字以上にウェットグリップが良いかもしれません。

最後に結論というものでは無いですが、ADVAN Sport V105、F・Rとも1年落ちのものが1本あたり約2万円と安く入手出来て、性能も想像以上に良く満足しております。あとはどれくらい持つかというとこでしょうか(^^)







Posted at 2018/04/25 09:18:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 5827 | 日記
2018年04月21日 イイね!

RSCHIP-AI搭載サブコン-インプレ第1報。

RSCHIP-AI搭載サブコン-インプレ第1報。1月にシンクデザインさんでRSCHIPなるサブコンをIS350に組み込んでもらいました。その後、そこそこ距離を走ったのでレポートしたいと思います。



前の日記でも同じことを書きましたが、一応再掲しておきます。





=======================================

「AI」いわゆる人工知能が内蔵されたチップだそうで、チップ製造はロシア、制御ソフトはアメリカだそうで、いよいよ軍事技術がクルマの世界にも降りてきたのかなぁとも、妄想した次第です。

さて、詳しい説明は販売先のWebサイトから借用しました。以下。

**********************************
ECU内の、マップと呼ばれる三次元型テーブルへアクセスするようプログラムされています。このマップは、現在の気温、空気密度、スピード、スロットルポジション、その他の要素から、燃料の最適量を計算し、情報を燃料インジェクタに伝え、最適な点火時期を設定します。 また、オートマチックトランスミッションのつながりが円滑かつスムーズになります。メインコンピュータのマップを変更している車両にもサブECUとして取り付け可能です。
**********************************

========================================


それで、約7万円もする高価な製品なので、AI搭載といっても性能に満足しないと何にもなりませんので。

取り付けていただいたシンクデザインの佐藤さんの話によれば、AI搭載なので、学習機能が働き距離を走れば走るほどデーターが蓄積されて、イイ感じになるそうです。

取り付け直後は特に変わった様子もなく、いつもの通りで、効果あるのなかぁ~と思ったものの、少し距離を走った後に、ATの変速が少しスムーズになったかなぁ???ぐらいしか感じませんでした。

ただ、MyISのシフトモードをETCパワーモード、スロットルコントローラをパワーモードにしてみたところ、いままで感じたことがないくらいパワーが出来てちょっと怖かったですね。
アクセルとちょっと多めに踏んだだけでドライ路面でも簡単にトラクションコントロールなる安全装置が作動しちゃいました。

以後、スポーツモードプラスからスポーツモードに変更したりして、距離を走って学習されたところ、イイ感じに乗り易くなってきました。たぶんトルクが増えているのでしょうね。とてもATの変速がスムーズになった感じですね。
加えてエンジントルクが増えた分、アクセルを余分に踏まなくて良い分、燃費が少し良くなった感じで、これがまた距離を走った分、最近、暖かくなったこともあるのでしょうけど、更に良くなった感じですね。

最近の状況として、エンジンパワーとエンジントルクとも体感できるくらいアップしたのは変わりないのですが、燃費が大幅に良くなった感じですかね。
前回2月の日記と同じく、大雑把にいって、希望と主観も目一杯入って、燃費が前回2月の時の約5%くらい良くなった感じから、更に向上して10%くらい燃費が良くなったようにも感じましたが、たぶん気のせい?更には勝手な思い込みかもしれませんけどねぇ(笑)

最後に主観だけではなく客観的なデーターをあげてみました。
夜間、渋滞の無い状態で首都高から東北道を走ったとき約100kmの距離を燃料7リットルちょいで済みましたので、14km/Lの燃費になりますね。走行モードは一番過激なスポーツプラス、こんな燃費データーいままで出たことがありません。

それにしても恐るべし「RSCHIP」、まあ、過激な面はさておき、人工知能搭載で膨大な走行データー蓄積して学習した結果、いままで以上に効率的なパフォーマンスを発揮するようですね。

もっと早く、佐藤さんを信じて装着すれば良かったとも、今ではすごく後悔しております(^^;;)

Posted at 2018/04/21 10:06:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 5827 | 日記
2018年04月17日 イイね!

空母発見。

空母発見。那覇空港に向かう途中、偶然、沖縄付近の近海で空母を発見しました。

後で調べたところ、アメリカ海兵隊のワプス級6番艦「ボノム・リシャール」で正式には空母ではなく強襲揚陸艦のようでした。佐世保が母港ですから、沖縄沿岸にいても不思議ではありませんし、甲板に何もなかったので、もしかしたらF35Bの離発着訓練をしてたのかもしれませんね。






那覇空港に向かう飛行機の窓側(K席)の席から富士山も綺麗に撮れました(^^)







那覇空港でこれまた偶然、航空自衛隊の空中給油機、KC767を見ました。機体のおしりのところに羽根が付いた給油口が付いているのが見えます。空中でここが伸びてF15などの自衛隊機に給油するのでしょうね。


Posted at 2018/04/17 10:38:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 5827 | 日記
2018年04月10日 イイね!

ADVAN Sport V105 255/35R19 皮むき中。

ADVAN Sport V105 255/35R19 皮むき中。昨年9月に購入したADVAN Sport V105 をやっと、ミシュランのPSSから交換しました。

交換してまだ数キロしか走っていないものの、全体に悪くないみたいですね。


まあ、主観的なことよりもPSSとの違いを先ず数字で表現できるものをいくつか。

・サイズはV105もPSSとも同サイズ(255/35R19/96Y/XL)。
・重量:V105(11.7kg)>PSS(11.2kg)
・UTQG:V105(240)>PSS(300)
・お値段:PSS(約3.2万)>V105(約2.8万)<某安売り店価格>
・溝:V105 は8.2㎜ありました。PSSは新品時測定していないので不明ながらも新品時の溝はV105の方があるみたいです。

全く素人的な感想というかやや乱暴な感想として、PSSと比較して少しお値段が安くて、やや軟かめのコンパンウンドのゴムを使って、溝がPSSと比較してややあるぶんゴムがほんのちょっと多く、重量がほんのちょっと重いういうところでしょうか(笑)

まあ、専門的にはケブラーを使っているとか強化ナイロン等々、いろいろ違いがあるのでしょうけど、特に技術的なこと、当方にはよくわかりません。。。

新品タイヤなので、溝がまだたっぷりあるせいか、残り溝が5mmを切ったPSSとは単純比較出来ませんが、僅か数キロ走っただけで何ともいえないところですが、V105の方がやや柔らかめの乗り心地で、全体のグリップはひと皮剥けて少し走ったところ、新品から1000km前後でないと分かりません。先に履いたフロントタイヤ(同じV105)が、ひと皮剥けた頃からみるみるグリップするようになったので。

購入に関して、2017年9月に1年前の製造品ということもあり、某オークションで新品タイヤを2本4万でGet!!

実際に届いたタイヤは英語表示のラベルで(たぶん逆輸入品)「0516」の製造年月でした。
当方、巷で囁かれている「タイヤ鮮度」なるものは全く気にしておりません。逆に新しい製造年月を欲しがる方がいるので、製造後1年を経つと価格の安い製品が流通するようになるのでしょうから、当方としては大歓迎です(^^)
尚、保管状況によりますが新品で未使用の場合、3年間はOKみたいですし。
同じ新品タイヤが1本3万円のところが、ちょっと古いだけで2万円で買えるのは嬉しいですよね♪♪

それで、入手経路が逆輸入品とオークションだったので、ノークレームで返品不可なことを十分承知しつつも、ほんの少し心配したものの、いつものタイヤ職人のお店でBBS/RG-Rに組み込んでいただいたところ、この店ご自慢のホフマンのバランサーに掛けてみてもらったところ、真円度も良さそうでしたし、何よりダイナミックバランスがメチャ良くて、1本は00/05、もう1本は15/15でした。
その後、この職人さんにお願いして1g単位で見てもらったら15/15が13/13でした。バンランスが凄く良いと云われているミシュランのPSSでも30とか35でしたので、この職人さんも00/05にはビックリしてましたね。

そんなわけで、暫く皮むきで大人しく走ってみたいと思います。

Posted at 2018/04/10 20:41:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 5827 | 日記
2018年02月05日 イイね!

New LS500 Fスポーツを試乗。

New LS500 Fスポーツを試乗。先日、MyDに点検で入庫中、新型のLSのガソリンモデル、ツインターボ仕様が試乗可能ということで、試乗してきました。

ハイブリットモデルは先行して発売されたものの、ツインターボモデルは出たばかりということで、新時代のV6/3500ccのツインターボエンジン、試乗を楽しみにしておりました。

さすがに値段も値段ですし、乗り込むのも緊張してますが、今回からアルミ製になったドアを開けて、前のモデルよりも軽い感じでドアの開け閉めが出来、コストの安いプレス品でなく鋳物製のドアヒンジが今回も使われているのも確認し、その後、クルマに乗り込み、Fスポーツ専用の本革/ウルトラスエードのスポーツシートが凄く良くてすんなり体に馴染み、ナビ画面の手前に配置された透明パネルも違和感無く、フロントガラスの歪感も無く、総じてイイ感じのコックピットですね(^^)

さて、助手席に座ったお店の方から一通りの操作方法のレクを受け、エンジン始動、当然ながら静かで振動も感じられなくとってもスムーズなエンジンで当方のIS350 と同じV6/3500ccのエンジンとは比べようもなくイイ感じです。

シートを合わせ、ドアミラーを合わせ、最後にバックミラーを合わせようとしたら、バックカメラで撮影された後方画面が一面に映され、慣れないせいかやや違和感があり、通常のミラーモードにしました。これが最近解禁になったミラーレスのルームミラーなんですね。後ほど後ろからこのLSを見たらバックカメラが2つ付いてました。

その後、お店を出発し、流れるウィンカーを早めに出し、いつも試乗コースを走ってみました。
このエンジン、超ロングストロークとツインターボで1600回転で60kgもある強烈な低速トルクで、2200キロを超える重量級の車重に関係なく、グイグイと加速します。超ロングストロークエンジンにツインターボですから、ターボラグも感じさせず新開発の10速ATが超スームズかつ鬼のように加速しておりますが、ほぼ無音ほぼ無振動、新型のターボエンジンもそうですが、新型シャーシ、想像以上に素晴らしいですね。

こちらのモデルは20インチのランフラットタイヤを履いてますけど、いつもの試乗コースにある路面の悪いところを通過する際のタイヤの重さによるバタバタ感も感じさせず、専用のエアサスペンションもイイ感じで仕事をしているようですね。

想像以上に乗り心地が良く、運転もし易く、このあたりはさすがレクサスって感じですね。

ボディー剛性も非常に高く、なおかつしなやか感じもするので、新開発の新型シャーシの素性の良さをすぐに感じさせますね。

新型のツインターボエンジン、何でもバルブシートに金属の鉄粉をレーザーで溶射する技術が量産車で新型カムリに次に採用されたとか、原理はよく分かりませんが、F1やWECの世界では使われている技術とも聞いておりますけど、量産車では初めて採用されたみたいで、とんでもなく凄い技術みたいですね。

あと、今回の目玉でもあるレーダー+2つのカメラによる画像認識による新型予防安全装置は当然ながらも試す機会はありませんでしたが、こちらも凄い技術みたいですね。

ボディーもドアガラスがフラット化したフラシュサーフェース化したボディになり、200キロで走っても風切音はごくごく僅かなんだろうなとも想像しちゃいました。

最後に日本人の匠の技、職人の技で生み出された新型LS、全てに凄く~良く出来たクルマではあるのは皆さん認めるところだと思いますが、やはり重量がある分、軽快感や素早く動くことはやや苦手かと思いますし、一例ながらこのFスポーツには何と!6ポットの巨大なキャリパーに400㎜ローターが奢られてますが、もう少し制動力があって良いとも個人的には感じましたがタイヤも違うし、そもそもクルマのキャラクターが違うので一括りに良い悪いとか比べらませんからね。

さてさて、発売早々の超高級車に乗せていただき、周囲の眼もウン!ウン!と流しつつ、こういうクルマで長距離を走るのは凄く楽しいのでしょうね。とも、勝手に想像を膨らませた次第で、素直にこういったクルマを所有できる人は羨ましいと思いましたし、たとえ短い時間でも試乗出来てとって幸せでした。
MyDには感謝感謝です♪♪



Posted at 2018/02/05 20:51:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 5827 | 日記

プロフィール

「おはようございます。館林のつつじが丘公園のつつじも満開ですし、あしかがフラワーパークの藤の花とも満開のようですね。どちらともGWを待たず満開ですから、経営者とういか主催者側は頭が痛いでしょうね、まあ、自然が相手ですから、仕方ないですね。」
何シテル?   04/23 07:42
IS350Sを少しカスタマイズしております。 よろしくお願いいたします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

3尻で、異音 and 変音 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/02 02:09:35
乗り換え検討中・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/20 00:21:04
New LEXUS IS ちょいノリしてきましたが・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/22 08:51:10

お友達

お友達を募集しております。
175 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 シティのウリ坊シティのウリ坊 *
おとぅさんおとぅさん * レクサス350レクサス350 *
なまっくすなまっくす * Big Foot ★Big Foot ★ *みんカラ公認

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS レクサス IS
平成18年9月登録 350S(BLUISH/074) F:RG-R(DSK)790+ ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
今年、Sエネチャージが付いた4WDの赤白のJスタイルが我が家に来ました。 カスタマイズ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.