• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

vanirのブログ一覧

2018年03月05日 イイね!

クルマと写真

クルマと写真せっかく夏仕様となったので写真撮影に出かけました

最近みんからでよく見る港湾コンテナとのセットです。

しかしこれがなかなか難しい…
なんだか平凡ですねぇ


これからは写真も磨きをかけて、見栄えあるページにしたいですね。
今日は手探り状態で数は写したため、
コンテナ前のボツ写真も沢山生まれました…

カッコイイ写真に憧れます。
Posted at 2018/03/05 00:34:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真 | クルマ
2018年01月25日 イイね!

氷のエアロを身に纏い

氷のエアロを身に纏い2018年1月25日、書き込みしてるのはその一月後になるんですが、この日はワゴンRの現車確認日。事実その足で名義変更まで持ち込む、強行スケジュールでした。
そして経費削減のため大雨、山間部凍結の中ひたすら国道9号線を東へ…
鳥取→豊岡→舞鶴から南下したのですが…

正直地獄

兵庫県北部の国道9号線は凍結防止で路面に水が撒かれてます。温水かもしれません。
路面は洪水状態。傾斜もありミラでは前に進めません!そしてオルタに水が入りベルトがなく!ライトは暗くなる!孤独な山道…登らない!精神崩壊しそうになりました…
そしてそとはマイナス7度。最強寒波とテレビで騒いでましたね。
ウィンドウもすぐ再凍結。ワイパーも使い物にならなくなり大変危険でした。
巻き上げた凍結防止の水は瞬時に車にまとわりつき凍結し、それが山のように蓄積していく…

結局予定よりも2時間多く走り8時間で目的地へ着いた頃にはミラさんは凍えてかわいそうな姿に…

最後の最後でこんなことになってしまいました。

氷のエアロ…


オーバーフェンダーみたいになってしまいました




フロントはカナードのよう…



次の日の朝になって高速道路を走ってもこの通り。とけません…
結局2日後の昼くらいに溶けてなくなりましたが、雪も降らない京都市内をこんな凍てつくミラで真夜中に走ってたらみなさんびっくりしてたようでした。

ありがとう、ミラ。
Posted at 2018/02/25 01:51:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年11月17日 イイね!

マフラー遍歴

マフラー遍歴ここではマフラー遍歴を振り返ってみましょうということで…既にネタ切れときたもんだ←

いきなりですが、FDはマフラーを交換したのみで全体のバランスが大きく変わり、良い方にも悪い方にも転びます。
よってむやみなマフラー交換というのは他の車種と比べたら御法度レベルと考えます。
下手したらマフラー一本がエンジンブローへの道に100歩近くとは思っいますが…
いかんせんこの子は購入当初から調子悪いです。
コンピュータの燃調と補機類との相性が悪いようです。
これはエンジン載せ替えてもダメ。CPの要セッティングです。
しかしCPのセッティング前に全体の仕様考えてみようと思い、様々な試行錯誤で排気系と格闘しております。その遍歴をここに書いてみます。

全てに共通して言えるのはFパイプは純正と思われます…。熱合と刻印がありましたがこれは果たして…。なので中間以降でお話しします。

①購入当初の状態
(中間)純正触媒
(エンド)FEED Sonic HS-R

購入当初についてきたものです。今や希少なSonic HS-Rでハーフステンで重たかったです。抜けはそこそこですが体感はトルク感があります。高回転の音が一番良かった気がします。さすがロータリーの老舗マフラーと思いました。
問題はエンジン載せ替え前に失火、ハンチング連発。
載せ替え後もハンチング。油圧不良。オーバーシュート。タービン切り替え時のクセあり。


(中間)純正触媒
(エンド)トラスト パワーエクストリーム?保安基準適合品
上記のSonic HS-Rは気に入っていましたが各種不良と腐食があったので某オークションで購入。とりあえずの間に合わせ用です。

こちらは保安基準適合品とありましが上記のSonic
HS-Rよりもアイドルは煩く感じ、当初トルクの盛り上がりはこちらの方が強く感じました。
高回転の伸びは今一歩。タービン切り替えのショックがある。
交換直後に始動した際、ウールっぽいものが飛んだという証言…
問題は時よりハンチング。オーバーシュート。油圧不良
交換当初は難なく走りましたが、1週間後エンジンを始動し暖気後、某急勾配な坂を…あれ、登れない!
失火しまくりローで15キロ程度。危なすぎます
おそらくウールが塞いでしまったのか棚が落ちたのか抜けなくなりました。
普通に始動し平坦な道は難なく走行できただけに怖い思いをしました。


(中間)ストレート
(エンド)HKS リーガルマフラー(JASMA公認)

上記のことがあり、中間触媒を無くしました。因みに純正触媒は12キロ。ストレートパイプはおそらく7キロ程度でした。
一気に音、特性ともに変わりました。
低速時のトルクが段違いで発進がしやすく、先ほどの急勾配な坂もハイギアで難なく登れるようになりました、ら山越えのシフトダウンの必要が減りましたね。
一方音はエンドはJASMAですが中間が無いもんでだいぶ大きくなりました。暖気後は静かですが。
特にセカンダリタービンが回り始めてから以降は爆音で、独特の割れたサウンド、一気に回ります。
タービンの切り替え時の段付きはありますが、一番パワフルな体感を味わえた組み合わせでした。
そしてやはりオーバーシュートしておりました…。
この二点と、個人的に大人しめな外観を除けばベストなマフラーでした。
リアバンパーから丸見えの大きな楕円形サイレンサーと小さなマフラーカッターはあまり詳しく無い人が見たら「えっ?純正なの?」と言われる始末。絶版品ですし、ナイトスポーツのリーガルが最近は有名ですからね。
おとなしい外見にしたいときにまたお世話になるかと思います。

④現在の仕様
(中間)ストレート
(エンド)柿本改 Regu06R



こちらは現在の仕様です。HKSリーガルを入れてから約二ヶ月でこちらの仕様となりました。
オーバーシュートとタービン切り替えのクセ?ショックがあるためで、あとは見た目というところでしょうか。


チタン風処理されたテールは少しオーバーな感じですかね…青すぎです。重量もサイレンサーが大きめなのでリーガルとあまり変わらず。見た目以上に重いんですorz
そしてカタログにも誇らしげに書いてあったカールテール。好みはありますが、シャープさに欠けるのであまり好きではなかったり。でも作業時、車体前方に押し込む時には安心です( ^ω^ )
某オークションで結構綺麗なものを買いました。サイレンサーの状態から前の方は触媒つけて綺麗に燃焼されていた感じです。

さて、交換により上記二点の問題点は克服しました。
下から上まで滑らかに回転が上がります。
Regu06Rはエンドパイプ、メインサイレンサーと二カ所もサイレンサーが入っているため、体感でも抜けは見た目以上にリーガルより悪いです。逆にブースト0.5病になりそうで怖いところ。抜けすぎも抜けなさすぎもマズイです。
しかし音はリーガルとあまり変わらず、暖気後のアイドルはこちらの方が大きいかなと。負圧も若干高くなりました。ただ回転数を上げてもこちらはあまり煩くなりません。ストレートらしい図太い低音が響きます。比べたらリーガルの方が官能的なサウンドを奏でます。本当に意外や意外です。オーバーシュートしない分、高回転の伸びもリーガルに軍配です。
低回転のトルクは特に変わりはありません。
ただ、この現在に至る四つの仕様全てに頻度は様々ですがアフターファイアという問題点はつきものでした…
火はでている感じでは無いですが音がします。まぁ中間が無ければうなずけます。
でも触媒を入れるとハンチングです。

難しいですね、とりあえず問題が少なくなった今の仕様でCPセッティングを急ぎましょう。


Posted at 2017/11/17 10:12:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年08月11日 イイね!

事故車?

事故車?ネタがないので(大したことしてないのは事実)過去を辿って書いてみます
今回は…

念願のフロントバンパーを交換しました…純正はリップがズタズタの上買ったときからステッカー貼ってあったんで良い機会に社外品と巡り合ったので交換いたしました。

純正も好きなんですが、さすがに買い直す気には…

取り付け前に修繕です。購入は通販ですが、バンパー左底面が派手に割れておりました…気付きにくい場所ですが説明に無かっただけにやはり通販は…考えものです

FRPなのでウール敷いて硬化剤をドバッとかけて伸ばして乾燥。おかげでガチガチに固まりました。これでバンパーの下準備は完了!

さてさて、早速外せるものは外しました。



因みに私が必要なものを買いだしている間、諸先輩方がサクサクと外して行ったのは秘密だ!!
そしてこの事故車にしか見えない面。
バンパー外すと本当に事故車です。
HKS Vシステムともじっくりご対面。
アルミ製の導風板の丁寧な処理やらレイアウトを見てお勉強です。2年前に交換したラジエータは大きな腐食、ヒットはなく綺麗でした。

しかしバンパーの内側は18年分くらいの砂埃、汚れまみれで汚すぎます…
エンジンルームも綺麗にしなきゃ…

バンパー取り替えの方ですが
まず、インタークーラー周辺のバンパー上側8本は難なく外れました。
しかし両側フェンダーに埋め込まれた左右4本はビクともしないときた…

車齢がいい年なもんで仕方ないです。
工具を駆使して切ったり貼ったり…
やはりチリもうまく合わないもんですorz

最後にホールソーでナンバーの位置を決めて完成です。…少し高かったですね、コレ。

結果開口が大きくなり交換した当時は夏場でしたが水温の冷却効果が若干良くなりました。
単なるドレスアップではないんです!

そして珍しくバンパー底面がアンダーカバーの様になっております。空気抵抗面と、Vシステムによって地面に近くなったラジエータファンの保護ということで…しかしよくよく考えたらこれでカバーできるラジエータの面積…。あんまり意味ないですね。
おとなしくアンダーカバー買いましょう。ハイ。


純正バンパーから見ると増し増しの開口は迫力満点です。黒色なんでわかりにくいのは泣き所ですが。
見た目の満足感だけでなく…温度管理なも少しは貢献してるみたいです。
しかし油温が今度は下がり過ぎて…65度くらいです
水温は走行してラジエータに風を当てれば夏場85度、冬にかけては70度といったところ。
相変わらず一度90度以上上がったら下がりにくい水温にはビクビクさせられてますが、効果と見た目がリファインされたため良かったです

これが最近一番の変化という感じですかね…
まずは悪いところ修理して現状維持です。

カスタムなんざお預け!!

余談ですが純正バンパーの売却価格と社外バンパーの送料交換含めた総費用はトントンでした…
純正バンパーはリーンフォースメントと純正フォグ付きで売ったんですがそれでもあのキズだらけを考えたらFD後期純正部品ニーズてのは驚かされます…

予想の100倍の値段で買い取っていただいたバンパーも2週間後には新たなオーナーの元へ旅立っておりました。

Posted at 2017/11/17 08:52:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「ここに載せるネタを探して彷徨ってる。」
何シテル?   09/14 04:12
vanirです。バニラではないです。ばにるです。 三つ子の頃から車好きの生涯クルマニアを自負しております。 自動車に関しては変な凝り性らしく、初めて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ブログカテゴリー

お友達

どうぞお気軽に!
よろしくお願いします!
3 人のお友達がいます
Shu-ma.Shu-ma. 糖
じゅんくん。じゅんくん。

愛車一覧

マツダ RX-7 黒いヤツ (マツダ RX-7)
2015年7月17日納車。 またコメントやらなんやら増やします。 黒のマツダRX- ...
スズキ ワゴンR RRRR (スズキ ワゴンR)
"R"EDなワゴン"R" "RR" だからRRRRじゃ!!! …視線が痛い。 読みはよ ...
スズキ その他 Let's⑨ (スズキ その他)
専門学生時代の良き思い出の一台。 希少なツーストレッツⅡです!!!それもCA1KAなの ...
ダイハツ ミラ ミラんだCar (ダイハツ ミラ)
とあるメインカーが現在修理中のため、急きょ購入したのがこのミラさん。 メインカーと同様 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.