• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Setteのブログ一覧

2018年04月13日 イイね!

カスタム完了

カスタム完了愛馬 "Ducati SC 1000" Yellow Desmo

自分の理想とするカスタムが完了した。

マフラーに関しては以前理想的な音量、音質へ変化させた事で、この上なく満足なのだが、今回はバッテリーとヘッドライト。更にリアブレイクの強化を施した。

レーサー系のバイクとなれば、まず一番ストレスになるのがバッテリーの問題だ。

車種にもよるが、3週間以上ほったらかしておくと、大抵バッテリーがリークしてしまう。

そこで、先月。

一週間前に走ったばかりの上、バッテリー寿命も充分だったにも関わらず、いざ走り出そうと思ったらセルが回らない。仕方なく、またしてもレッカーの御世話に。

そこで今回は、バッテリー対策として「Lithium Battery」へと変更。これで、長期間ほったらかしでも問題無さそうだ。

次に純正の光量不足気味だったヘッドライトを最新型の超明るい昼白色へと変更。

相当明るくなった。尚、これがまたおしゃれな事に、通常のバイクはキーを回したと同時にヘッドライトが自動点灯するが、今回はキーを回した状態では柔らかな弱いライトが点灯するだけとなり、その後一度パッシングすることで、ヘッドライトが眩しく点灯する仕組みになっているところが素晴らしい演出だ。


ついでに後ろの制動力を高める為に、ブレイクを強化することで、かなり乗りやすいマシンに仕上がった。

もう満足だ。自分が購入前に思い描いていた理想的なSC 1000 Cafe Racerがこれにて完成。

凄く嬉しい。

これから、どれほど好きな車、バイクを所有することになろうとも、これほどまでに自身のキャラクターに見合った愛車は登場しないだろうと思う。

まさに一生の宝物だ。

4月に入り、桜も散った今日現在。

これからGWに向けて、新緑美しい年間で最高の日和が続く。

Posted at 2018/04/13 00:13:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月18日 イイね!

Full Exhaust System 【超絶大爆音】

Full Exhaust System 【超絶大爆音】■ Full Exhaust

ようやく年内に間に合ってくれた。

愛馬 「Ducati SC 1000」のフル・エグゾーストサウンズへ改良成功。昔のDucati音がどうしても欲しくて、何とか直管にできないものかと思い、今年購入したAprilia Atlantic 200のメカニック「Iさん」と相談。

どうすれば、理想的な音質、音量になるかで最善の方法を検討。

数か月前に、触媒管をレーシング用の「触媒無し」へ交換した。それにより、1.2倍程音量が増加。


それなりに満足ではあったものの、やっぱり昔のDucati Soundsへ改良したくて、昨日昼間から工場へ持ち込みオイル交換も含めてやってもらった。


一緒に立ち会い、結果8時間かかったが、最終的にはサイレンサーを分解し、中に詰まっていた大量の「FRP綿」を除去したことで、消音効果が一気に無くなり、直管の凄まじい大爆音に変化した。

エンジンの鼓動が、地面を伝ってジーンジン脚に来る感じ。まさに鉄の心臓が動いている感覚が味わえて嬉しい。

しかし、サイレンサー内部の綿を取り除くだけで、これほど凄い変化があろうとは、その事に驚きだ。



試しに5分程走行してみたのだが、これが想像以上に凄まじい音量で、遥か彼方からも聞こえてくるほどの爆発音。また、アクセルを開けると少々割れ気味だ。

また、バッフルも抜いている完全なストレートな為、アクセルを戻すと物凄いアフターファイア交じりの花火音が「パンッ !! パーンポンッポンッ!!..........ボッボボボッボ」とまるで、レース用のFerrari F40に乗っているかのような凄まじさである。

超絶爆音というより、もはや爆発だな、これは。 何だか小さな花火を上げているような感じといえばいいか。

物凄い大爆発音量なので、ゆっくり走行しているとその爆発音が周囲に反響し、自分の耳に返ってくる程である。

いやはや、それでもこの音が手に入ったのは、物凄く嬉しいな。


信号待ちの間なんぞ、Harley Davidsonの音を余裕でかき消す程で、周囲の人達も、何だろうと皆さん、こちらへ振り返るほどだ w

非常識な程の「超絶大爆音」になってしまった為、さすがにこれはデカすぎるなと思い、更に対策を練ってもらった。

音質はというと、構造が似ているせいもあり、ちょうどHarleyの3拍子にそっくりな音だ。素人が聴いたら、HarleyとDucatiの区別がつかない程である。



そして、購入してからちょうど3000kmになったので、今回は冬対策でValvolineの10w-30のエンジンオイルへ交換完了。



すべて終了したのが、22:00。

そのまま保土ヶ谷バイパスを気温0.8度の極寒の中、走行し帰宅。



そこで一夜明け、余りにデカすぎる音量対策として、以前外して貰った「バッフル」を改めて取り付けてみた。

するとどうだ。


音の割れが無くなり、音も少し軽減。更に直管によって失われたトルクが元通りに。

全てが大満足の理想的な音量、音質へと改善された。

純製マフラーも、触媒入り管も保管してあるので、車検の時だけ元に戻せばOK。

計測してはいないが、たぶん現時点でおよそ104dbくらいはいってるだろうなと思う。


嗚呼、とにかく大満足。これにて愛車の音対策は理想的な改善となってくれた。冬の間は昼間しか走らないが、明日からが楽しみである。

Posted at 2017/12/18 15:07:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月27日 イイね!

Straight Pipe

Straight Pipe先月になるが、愛馬「Ducati SC 1000」の触媒付管部分(10cm程)を外し、キャタライザー無しの「レース用直管」を取り寄せ、付け替えた。

これにより、だいたい今までの1.2倍程の音量になっただろうか。かなり重低音の効く音質になった。

この位でちょうどいいだろうと思う。

ただ、この車両を購入する前に、同じSC1000でFull Exhaust Typeへ変えたものに試乗させてもらった経験があり、そのド迫力重低音は素晴らしく、どうしても強烈な印象が頭から未だ離れない。

もう少しレース用直管を楽しんでから、Fullにするかどうかを考えようと思って。。。

Posted at 2017/11/27 23:34:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月19日 イイね!

やっぱりItalian Bike

やっぱりItalian Bike嗚呼、またしてもレッカー移動。

2017 11/18

珍しく早朝から都内へ出かける用事があったので、いつものように購入仕立ての「Italian Scooter Aprilia Atlantic 200」にて出動。

しかしながら、自宅から僅か4kmも走っていない場所 R246で、いきなり何かが空回りするような音と共に突然エンジンが停止。

そのまま路肩に移動し、エンジンかけるもかからず。5分程経過してから再びセルを回すと、エンジンだけはかかってくれた。

どうやらベルトが切れたのか、エンジンは廻っているのに一向に前進しない。

急いでいる時に限って壊れてくれるのが、昔ながらイタリアンの特徴だ。

止む無く、またレスキューを呼んだのだが、幸いなことにそこから5kmも離れていない場所にレッカーの会社があり、すぐ駆けつけてくれるとの事なので、不幸中の幸い。

更に止まった場所がマンションの前で、そこに管理人さんが示し合せるようにタイミング良く出勤。事情を説明し、鍵をお渡してレスキュー担当者待ち。

こっちは急いでいるので、車両をレッカー担当者に任せ、購入した横浜市内にある店へ運んで貰う事になった。

あと、重ねて運の良いことに、故障した場所のすぐ目の前が駅前だったので、そのまま電車に乗って都内の目的地へ。

まあ、とはいっても任意保険の契約で、行き返り共にTaxiが使えるんだけどね。

今回は急いでいたし、そんな非常識な贅沢はせず、往復電車+バスにした。

さて、先ほど業者から修理費用の請求がきたが、予想通りベルト切れによる故障だった。

この際ついでなので、エンジン回りのベルト類、水回り、ピ二オンギア、ガスケット、バッテリー等、一通りの修理を依頼。毎日使用する大事な脚なので、これを機にバッチリやってもらわないとなと思って。

しかし、これでレスキュー何度目なんだ。この2年間でパンク、オイル焼き付きでのエンジン大破、交通事故が2度あったので、それらも含めてレッカー5回目か w

やっぱり、そこがイタリアンなんだよな。まあ、趣味の乗り物だから、それを覚悟の上なんだが。

でも、参った。
Posted at 2017/11/19 22:54:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月21日 イイね!

Aprilia Atlantic 200

Aprilia Atlantic 200まさか台風日での納車になるとは予想できなかったが、高速を走ってようやく帰宅。
I bought an Italian scooter. However, I couldn't predict that it will be delivered on a typhoon day...lol.
しかし、高級車と変わらない安定感と新車の輝きは素晴らしい。
I ran out of the highway and finally went home. However, the stability as stable as a luxury car and the radiance of a new scooter is wonderful!

これで、「Ferrari bicycle、Ducati SC 1000、Aprilia Atlantic 200」のイタリアン3台が揃った。With this, Ferrari bicycle, Ducati SC 1000, Aprilia Atlantic 200, 3 Italian units are available.

次は予定通りランボルギーニだな。
Next is Lamborghini as my planned.

http://www.aprilia.com/en_EN/
Posted at 2017/10/21 16:11:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「カスタム完了 http://cvw.jp/b/2767224/41344892/
何シテル?   04/13 00:13
I'm SETTE. Nice to meet you. Especially, I love "Cafe Racer” culture in the worl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

バイク(特にカフェレーサー)中心ですが、スーパーカーも同様に好きです。

いつか都内か横浜辺りで、バイク好きが集まる"Neo Cafe Racers"というCafe & Barを開店したいですね。
11 人のお友達がいます
akaiakumaakaiakuma * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム manouemanoue
どこいこーか?どこいこーか? いとよちいとよち

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

ドゥカティ SPORT1000 Vintage Yellow Cafe (ドゥカティ SPORT1000)
Ducati Sport Classic 1000 (2006)
ホンダ CBR400R ホンダ CBR400R
19歳の時に初めて購入したバイクでした。 今でこそイタリアンばかり乗り続けてきたバイク ...
MV AGUSTA F4 MV AGUSTA F4
世界のモーターサイクル史上に残る大傑作。 私が購入したのは2000年で、当時日本上陸 ...
ドゥカティ 400SSJr ドゥカティ 400SSJr
自身、2台目に購入したバイクで、初のイタリアンでした。 バイクはもういいかなと、興味が ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2000年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.