• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

1nichi1aisuのブログ一覧

2018年08月13日 イイね!

C-HRオイル&フィルター交換、一人で出来た!

ディーラーのオイル、フィルター交換特別無料サービスとやらも終了。

今後、自分でやるには、車高が低いが、何とか工夫して、ドレンボルトとオイルフィルターを外さなければ・・・でもガレージジャッキすら入らないC-HRのフロント側。

カースロープを買う前に何とか家にある物でと、貧者の思考・・・。

そこで、庭石がいくつか余っていたので、試しに厚さ4cmと6cmのものを並べて前輪で乗ってみました。

結果6cmの車高アップ。しかも、ビクともしない丈夫な石!

alt



さて、ガレージジャッキが入るようになったら今度はそのポイント探し・・・

取説のイラストが、イマイチ分かりづらいので、

前回の点検の時、整備士さんにガレージジャッキのポイントに目印のシールを貼ってもらっていましたので、それを参考に・・・・

alt



ガレージジャッキポイントがスムーズに見つかり、車高アップできました。

alt



へたすりゃ命に係わるので、ジャッキスタンドは4つ新調しました。

alt



スタンドジャッキを4つセットし、ガレージジャッキを外してこんな感じに車高がUP。

alt



この四角いアンダーカバーの中に、ドレンボルトとオイルフィルターがあるらしいです。

alt



アンダーカバーを外しました。これが、ドレンボルト。14mm.

alt



オイルフィルター。

alt



廃油受け皿を下に置き、ドレンボルト外し。

alt



オイルフィルター外し。

alt



元気に!?オイルが出てきました!

しばらくぶりに嗅ぐ、廃油の匂い・・・車いじってるーって感じ、バカですねー。

alt



古いオイルを全部排出した後、新しいガスケットを付けたドレンボルト、オイルフィルターを取り付けます。

オイルフィルターまで交換した場合、新しいオイルは約4L入ります。

alt



終了後、敷石からゆっくり降りて、車体は元の車高に。

alt



ナビにメンテナンス記録機能があるらしいので、試行錯誤で・・・

 (私のナビNSZT-Y66Tの取説にはメンテナンスの操作詳細見つかりません。

  もし他機種で、掲載してる取説がありましたら紹介いただけると嬉しいです(^^♪)

alt



alt



   詳細MOVIEです。ご覧ください↓


Posted at 2018/08/13 22:10:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月09日 イイね!

ポイントで「純正」&「第2ブランド」のオイルフィルター買ってみました(^^♪

alt

カード嫌いの私ですが(家族には、絶滅危惧種に分類されています・・)、旧知の所員の勧めで、

車の経費専用としてのカードを作りました。

任意保険の月払い、点検、部品購入などなど、カードで支払っています。


ユーザー登録してしばらくたってカード情報を見るとポイントが少し貯まってました。

いいオイルは買えないが、オイルフィルターならポイントで・・・と、天候が怪しいので直近のディーラーへ。


ここでC-HRを購入したわけではないのですが、美人受付嬢さんに伝えると整備士さんを呼んでくれて

「在庫は第2ブランドのフィルターですが、純正なら夕方まで取り寄せます。」

というわけで、両方試しに頼みました。


ポイントで全部できるそうなのですが、還元手続書なるものを記入するそうです。

alt

出されたアイスティーを飲み、記入後、明日、朝イチで取りに来ることにして帰宅。


次の日、台風の影響で小雨が降ったりやんだりする中、朝イチでディーラーへ。

飲み物を勧められましたが、本降りになる前に帰宅したいので、すぐフィルターを受け取りました。


帰宅すると、雨が本降りに。部屋の中でフィルターを出してみました。

alt


alt


この赤箱懐かしい。確かに今は、MADE IN CHINAになってますが、GENUINE PARTSの文字に安心感。

alt



第2ブランド、オイルフィルターでは缶ジュース1本程度の差額ですが・・・薬局で勧められるジェネリックみたいに感じます。

それにつけてもMADE IN JAPANが少なくなってるんですね。

こんなことを思うこと自体、また家族に絶滅危惧種に分類されてしまいそうです。


    詳細動画MOVIEです。↓




Posted at 2018/08/09 11:06:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月04日 イイね!

カローラスポーツに見る、今度買う時参考になる装備

C-HRのオイル交換をしようと思い、

散歩がてら近くのディーラーにオイルフィルターとガスケットを買いに行きました。

C-HRを購入した店ではないので、ちょっと気が引けましたが、事前に調べておいた「90915-10003の品番のフィルター」と「90430-12031の品番のガスケット」を出てきた所員さんに伝えました。

あまり、オイルフィルターなどを買いに来る客はいないようで、けっこう待たされました。

ちょうどカローラスポーツが展示してあったので、いろいろさわって見ていると、

「どうぞこれもお持ち帰りください」とカタログ4冊も渡されました。

alt


帰宅して暇つぶしに見てみましたが、あえてスポーツと銘打っただけに、今乗っているC-HRには無い新装備も。

今度購入するとき、参考にしようと思うものもいくつかありました。



alt

絶対1回聞いただけでは覚えられないボディーカラー「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」という、

コーンフレークの新製品のようなカラー名。よくもまあ、こんな難しいカラー名を考えましたねー。



ウィンドシールドガラスの視野内に投影される「ヘッドアップディスプレイ」

alt



パドルシフト。

(展示車両にはついてなかったので、所員さんにもらったパンフレットです。カローラスポーツのものかどうかは不明です。)

alt



電子インナーミラー。バックドアガラス内側に付けたカメラの映像が映ります。後部座席の人物が映らず視界が妨げられないそうです。

alt



私のような粗忽者にはあると便利なスマホによるセキュリティ機能。ドアロックなどの確認がスマホでできるそうです。T-Connect設定必要ですが。

alt





以下、詳細MOVIEです。↓


Posted at 2018/08/04 15:02:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年07月29日 イイね!

東北道110㎞/h区間レーダークルーズコントロール走行しました。区間内オービスは2機だったかな

110km/h規制対象は現行100km/hで走ることができる車両に限定し、大型トラックなど80km/h規制車両は対象外だそうです。

ちなみに、警察庁資料によると、車両の速度差に不安を感じるという意見に留意が必要としています。これについて岩手県警交通規則課ではパトカーなどによる取り締まりを重点的に強化することに加えてオービスを新設したそうです。

特に、規制区間が終了した直後の地点、上りでは花巻南IC以降、下りでは盛岡南IC以降の数キロ区間が取り締まり対象となりやすいですね。





こんな制限速度表示が出ています。

alt



1機目オービス

alt




2機目オービス

alt



私がバイク乗ってるころは、2輪は80km/h規制だったんですがねー。

alt



偶然、C-HRの陸送に遭遇(^^)/

alt



しかも、全部4WDターボ(*^^)v

alt

さすがに、1千万円以上の車両代を搭載した陸送、きっちり法定速度内走行でした!エライ(^^)/





Posted at 2018/07/29 18:04:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年07月13日 イイね!

TNGAがもたらす「我が意の走り」って、こんな感じでしょうか

TNGA第1号車のプリウスとプラットフォームを共通にしながらも、

世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングや

ショックアブソーバーのチューニングなど、

運動性能にこだわったTNGAの第2号車としてのC-HR。

alt


「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」を突き詰めることで、

コンセプトである「我が意の走り」を追求し

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革であるとメーカーは謳ってます。


この「我が意の走り」のフレーズ、ちょっと気になり、具体的にどういう感覚がそういえるのか、1年間いろいろ走ってみました。

私のドライブ散歩コースは、奥多摩近辺です。C-HR4WDは、スーパーCVTのシーケンシャルシフトです。(ハイブリッドの方は、電気式無段変速と記憶してます)せっかく7速もあるシーケンシャルなので、特に下りのコーナリングなどは、楽しんでます。


今回は、青梅街道(R411)、軍畑(イクサバタ)から都道193号への下り道でシーケンシャルシフトで走行しました。

alt



コーナーには、センターラインにいわゆるガードポールが設置されていて、けっこう車幅感覚を鍛えるのにも役立ちます。友人は、走りにくいと言ってましたが、物は考えようです。

alt



alt

コーナーの切りかえしや立ち上がり時、重心感が低く、ボディーのねじれ感や横揺れも感じさせません。私の車はローダウンしていないノーマル仕様ですが、安定しています。

法定速度内なら、シフトダウンとアップのみで、フットブレーキは踏まず平坦路まで行けます。「我が意の走り」って、こんな感じを言うのかと勝手に思ってます。



       実走MOVIEです。↓

Posted at 2018/07/13 17:24:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「[整備] #C-HR 配線通しは、この形状が安心・便利 http://minkara.carview.co.jp/userid/2773239/car/2366770/4544946/note.aspx
何シテル?   12/07 09:11
1nichi1aisu。春夏秋冬、365日、1日1アイス! 「和すれど同ぜず」・・・だから「あなた、友達少ないでしょう?!」ってよく言われます。去る者追わ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ C-HR トヨタ C-HR
トヨタC-HR・・・君は夢より美しい!(Compact High Rider が語源?) ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.