• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

大都会パート12のブログ一覧

2017年11月14日 イイね!

初めて所有したクルマを教えて下さい

毎年恒例の繁忙期に突入の為、みんカラは僅かな観覧のみ続いてた一週間でした。

そんな中私の所有車達は先週火曜日にpt11御大のサニー1000とエクセレント号を一緒に走らせた位でMCワゴンRくんの点検とエンジンオイル・エレメント、ATF交換は延期でただ通勤で乗るだけとほぼ手つかずの状態でありました。

さて、そんな中でありましたが、当ブログをご覧いただいてる皆さんに質問です。
初めて所有されたクルマはなんでしたか?
何でこのような質問をするかといいますと、どういう思いで選ばれて決めたのか、どのような思い出があるのか、そしてなぜ手放したのか。初めてのカーライフに興味がありましてね。

因みに私の場合は少し長くなりますが・・・



免許取得したのが平成2年3月でした。当時親父が新車から乗り続けていた9年落ちの2代目レオーネAB型がありまして、小学4年から成人するまでずっと一緒に過ごしたクルマでしたから深い思い入れと強い愛着がありましたから親父から引き継いで乗る気満々でした。


その翌年4月、時折エンストするなど調子が悪くなったのと間もなく車検時期との事でクルマを買い替えると電話があり(当時私は他県に住んでいました)、翌年私が地元に戻って就職するまで取って置いて欲しいとお願いするも「乗らないクルマは取って置けない」と即却下。車齢10年でレオーネは我が家を去って行きました・・・。

その次に親父が買った初代FFギャランΣが来るまででの代車で来たクルマの影響に強い影響を受ける事になったのです。
そのクルマがランサーEX1600XL-5でした。

画像は1800SE

FRならではの自然な操縦性とトルクフルなエンジンで、しかもバワーと足廻りのバランスがひじょうに良くて初心者の私でも自由自在に振り回せる本当に良いクルマでした。

ただ翌年から就職する会社への通勤車は基本日産車から選ばなければならなくて、白羽の矢を当てたのがB310サニー4ドアセダン前期型でした。


当時出会ってしまったこの改造車雑誌に


B310はTSレースでの常勝マシンでそのノウハウで改造すれば高いポテンシャルを引き出せて当時の現行車に一泡吹かせられるらしい事を知って魅力に取り憑かれました。


ただ当時からなかなか程度のいい車両が見つからず、難儀していたところに通っていた学校近くの日産系ディーラーに下取り入庫で後期セダンが入庫した事を教えて貰い、見に行ったところ程度がかなり良くて本当は伯父が乗っていたのと同じ前期セダン1400GLのシルバーが欲しかったもののひと目で気に入ってそれにしようと決めたのですが、数日後・・・

何と書類を出して貰えないとの事でそのB310の話は消えてしまいました (泣
諦め切れなくてしばらくB310を探すもこれといったのがなくて結局諦めました。

そこで次に欲しかったのがDR30スカイライン・セダンRSでした。

FR、4ドアセダン、4気筒エンジンに拘ったのと野太いFJサウンドが魅力だったんですよね。

更にもう1台検討したのが意外かもしれませんがN13パルサーミラノX1ツインカムでした。

テンロクツインカムで走りが良さそうなのと雑誌の評価が比較的高かった事、割りとスタイルが好きだったんですよね。セダンも好きでしたが希少過ぎて出て来ないだろうと思い、3ドアハッチバック狙いでした。

もしどっちも出て来なかったら取りあえずK10マーチの初期型を買って乗ろうとも思ってました。実は (^^;


結局DR30スカイラインの初期型が出てきたので初めてのクルマスカイラインRSになった訳です。

納車された夜は嬉しくて嬉しくて友達乗せて4人乗車で夜中まで走り廻りましたねぇ (懐

でも初めてのクルマでしたので実は色々と失敗しています。

友達のアパートの駐車場に止める際バックに失敗して助手席ドアをぶつけ、板金工場で修理完成直後に雨の日に左折した際にアクセル踏み過ぎてコントロール効かなくなって左フェンダー前後をぶつけて友達に手伝ってもらって素人板金もやりました。

整備面でも実は色々やらかしてまして、購入時ボンネットの塗装が劣化してまして一部クリヤーが剥離しておりました。解体屋で艶のある同じ色のボンネットに付け替えたのですが、交換終えて家に帰ってみると先端2、3カ所に錆びて穴が開いており、今まで付いてたボンネットを塗り替えた方が余程良かったです (汗

あとアイドリングでカラカラ音がしてクラッチを踏むと消えるという現象がおこり、当時の上司に泣きついて試運転同行してもらった結果クラッチに関連する部分ではないかとの事でミッションを降ろしてみるとミッションハウジング内のクラッチスリーブ部の筒の部分が根元から折れていました。クラッチ操作が雑だったからでしょう。しかもミッション外す際にミッションマウントのネジ山を一カ所ナメてしまってネジ山切り直しています (汗

あとオルタネーターパンクしてリビルドオルタネーターに交換した時にファンベルトの付け間違いをしまして(パワステ無し車だったのでファンベルトとエアコンベルト2本使用するのに対してクランクプーリーにパワステベルト用の溝もあったのでそこにファンベルトをかけてしまった)、結局オルタに必要以上負荷がかかったんでしょうね、もう一度オルタダメにしてしまいました (滝汗

結局直してしばらく乗ったものの友達が2代目カリーナEDのGリミテッドからRX-7(FC3S)後期GT-Xに買い替えたのに張合って同じDR30スカイラインのターボCに乗り換えて9ヶ月しか乗りませんでした。

今にして思う事は妥協して買うと結局飽きてしまって違うクルマが欲しくなってしまうものだと思うのと、整備や修理も妥協したり適当にやってしまっても結果クルマがダメになってしまうのでそこはしっかりやってきちんと手をいれてやれば愛着が持ち続けられるものだと思います。

全く持ってダメダメな初めてのカーライフだったと反省することしきりです、はい (汗

みんカラで若い方が初めてクルマを所有されて整備手帳を上げてる方のページを拝見する事もあるんですが、皆さんよく勉強されてる方が多くて本当に感心しますね。

今日の音楽 なぜかDRを手に入れた当初よく聴いていたカーペンターズ  Let Me Be The One
Posted at 2017/11/15 02:11:00 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2017年10月24日 イイね!

粋な会話

また明日から仕事の日々でみんカラから遠ざかる日々になる事間違い無しなので、勢いづいているうちにもうひとつブログをあげておきましょうかね。

実はエクセレント秋のツーリング企画にお友達のコタローさんことkotaro110さんにもゲスト参加していただいてました。
エクセクーペ乗りのワインパープルさんから210クーペの親玉っぽい(?)ケンメリ・ハードトップ1600スポーティGLでの参加を熱望されていたんですが・・・


やはり天候不良を憂慮されましてY31グロリア・グランツーリスモで参加されました。


コタローさんのY31といえば今年の春から初夏にかけて復活のお手伝いをさせていただいた思い入れタップリのクルマ。何と言ってもY31が再び欲しくて欲しくて仕方ないキッカケになったクルマだけに実は嬉しくて嬉しくてしようがありませんでした (笑

そして強引にお願いしまして(汗)塩原から上三川までのそこそこの距離を運転させてもらいました♪
VG20Eのエンジンの回転具合といいピラーレスハードトップからの眺めといい・・・


やっぱY31いいよなぁ、真面目に欲しいよなぁと前ブログとは裏腹な思いがふつふつと沸き上がっておりました (苦笑

前ブログの通りジョイフルホンダにて集まった皆さんと昼食をご一緒して解散、コタローさんとY31を見送る直前にジョイフルホンダ屋内駐車場にてあるショートドラマが始まりました。


隣に止まった100系ハイエースから降りて来た私と同年代の男性がコタローさんに「いいですねぇグランツ、昔乗っていたんですよ!」と声をかけてきました。
そして「奇麗にのってますねぇ」とも言われ、それに対してのコタローさんの言葉が「いやーそうでもないですよ。フツーのグランツですし。親父が乗らなくなったんで引き継いだんですよ。ナンバーも当時ナンバーですし」とサラっと応えてました!

好きで好きで最近やっと買ったんですって感じの熱いマニアもいいんですが、それとは正反対とも言えるコタローさんのセリフに痺れました♪
長く乗り続けた先にはこうした素敵なひとときが待ってるのだと思いました。

コタローさんのセリフのマネは大変残念ながら出来ないもののY31を所有するマネはしたいなぁ・・・(笑


本日の音楽 堀内孝雄 ガキの頃のように
Posted at 2017/10/25 00:30:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | セドリック | 日記
2017年10月24日 イイね!

情熱を取り戻せ

情熱を取り戻せ去る10月22日(土)、23日(日)にエクセレントオーナー勇士による秋のツーリングを予定してまして、どうにか23日(日)休みが取る事が出来たので22日に仕事を終えてから参加させていただきました。

この週末はご存知台風21号が日本列島に接近しておりまして、22日の夕方から既に我が宮城県では雨がしとしとと降リはじめておりました。私もかろうじて(?)エクセレント乗り、前ブログ通り全然乗っていなかったのでウォーミングアップがてら数日間足で使って様子見てましたが、どうしても雨脚の強い中高速で万が一トラブルになったらと思うとエクセレントで行くのは踏み切れず、今回の相棒はいつもの相棒MCワゴンRくんと相成りました。


毎年春の那須合同ミーで利用させていただいてます那須塩原の格安お宿に宿泊、その前に宿近くの居酒屋「九ちゃん」にて乾杯♪

今回、この悪天候の中でギン210さん


ワインパープルさん


お二人はエクセレントで参加! ヘタレな私はホント頭が下がりっ放しです (汗

ギンさんはこの日の為にエクセレントTシャツを作成!


ワインパープルさんに至っては事故をキッカケに1年半程の時間をかけてレストア、しかも前日に車検取得しての初お披露目でありました!



本当だったら九州からオレンジ16さんも参加予定でしたが・・・

残念な事に直前でエンジントラブルで泣く泣く不参加となってしまいました。
居酒屋九ちゃんで皆さんで飲んでいる時に電話でお話させていただきましたが、改めてエクセレントに対する深い知識と愛情を持った方なんだなと再認識致しました!

結局22日(日)は本降りの結構な雨で毎年春の那須合同ミーティングに参加していただいてますエクセレント乗りの大先輩ことSさんと息子さんに上三川町の大型ホームセンター「ジョイフルホンダ」で合流してお昼をご一緒することにしてそこまでのツーリングとなりました。

やはり話題の中心は今後の維持についての話でして、Sさんやワインパープルさんが言ってましたスペアエンジンはインマニから水分が入り込んで錆びるので時々クランクを回してやる、放置期間が長い場合はプラグ穴からオイルを入れてから回す話とブレーキキャリパーもピストンを抜いてキャリパー用グリースを塗布すると固着しにくくなる話などはとても参考になりました。ブレーキオイルを定期的に交換していればそうそう固着はしないだろうと呑気に考えてましたが、部品がどんどん手に入り難くなっている現在より手をかけて維持していけないと感じました。

悪天候ながらとても有意義だった2日間を終えて一日挟んだ本日、先週の雨で濡れたエクセレントを乾かすのにホームグランドである泉ヶ岳までひとっ走りさせてきました。



前ブログでの水回りの着手や


ワインパープルさんが言ってましたリーフのヘタリや錆

錆はウチのも酷くなってきました。

フェンダーミラーの鏡面

ちょっとわかり辛いですが大きく2カ所程黒っぽくなっています。

フェンダー自体の色ハゲなど


色々と手をかけてやりたい部分が出て来ております。

ここ最近ワゴンR維持りが楽しいのと他車種で気になるクルマが何台かある事、エクセレントの部品供給の悪化や高額化などかなりエクセレント所有意欲が薄れつつある中での秋のツーリング企画、エクセ乗り勇士により再び所有意欲が戻ってきたように思います。

もう少し、乗ろうかな?

Posted at 2017/10/25 00:24:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | エクセレント | 日記
2017年10月19日 イイね!

週末に向けてのエクセレント生活

今年はどうも生誕30周年の初代アルト・ワークスやY31セド・グロに目移りする年なんですよねぇ (汗

鹿児島から格安かつツボなグレードのグロリアV20EクラシックSVが・・・

これをコツコツと直しながら乗るのも楽しそう。ただ陸送費が結構掛かりそうですが・・・。

少々値は張りますが地元からはまたまたグロリアV20E、素のグランツーリスモ、5MT車が・・・

私的にはVG20EはATとの組み合わせがマッチングが良いと感じられてベターなんですが、マニュアルとの組み合わせもまた味わい深く、程度も良さげなのであまり手間が掛からなそうなのがいいですね。


そんな他車に目を奪われがちな日常でしたが、今週末久方ぶりにエクセレント号で遠出をするので実家からワゴンRくんと入れ替えて機関の様子を見るのに日常の足に火曜日から使っておりました。


今年はワゴンRなどの整備に追われてほぼメンテどころか乗る事も出来なかったエクセレント号、調子よく走ってくれてるものの懸案事項もあるんですよねぇ・・・。

このクルマ水回りにあまり手を掛けてなくてアッパーホースやヒーターホースなどの劣化が気になってます。




変える時は全てのホース交換とサーモスタット、ウォーターポンプも交換しようと思っていたので手をつけないままになっていたんです。
手をかける時間がもはや無くなってしまったので明日明後日乗りながら様子見てダメだったらデイズルーで行かせていただきますかね (^^;

長年使ったカルソニック製ETCはついに電源が入らなくなって


パナソニック製ETCにチェンジ。


本日セットアップして高速道路ひと区間試運転、正常に作動しました。
高速走行後、自宅に着いてからエンジンルーム点検。懸念した冷却水の漏れ滲みは今のところなし。

今週末の天候は悪い予報ですが、雨はせめて一瞬の通り雨であって欲しいですね。

本日の音楽 森川美穂 通り雨
Posted at 2017/10/19 20:03:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | エクセレント | 日記
2017年09月26日 イイね!

爽やかな秋晴れの中の単なるドライブの筈が・・・

私の休みである火曜日はここしばらく天気が悪いか、晴れてても用事があるなどだったので、気ままなドライブなんてしばらくしてませんでした。

そんな中で爽やかな秋晴れの中少し時間も出来たのでサラッとドライブしてみる琴に・・・

そういえば少し離れたコタローさんところも天気良かったようでコタローさんも用事を絡めてドライブを楽しんでたようですね♪





私もこんな日はエクセレント号を引っ張り出したかったんですが、エクセレント号を取りに行ってしまう時間を考えるとやや厳しそうだったので、日頃の相棒であるMCワゴンRで宮城の県南、亘理、角田、柴田、大河原をサラッとドライブしてきました。

新品ステッカー見る度嬉しいっす (笑

脳内ではどういう訳かマイナーな70年代チューインガムの風と落葉と旅びとがヘビロテ







日常生活から離れた爽快な気分でワゴンRくんを走らせていると、強烈なクルマとまさかの再会がありました (驚


410ブルーバード !!

実はこの410、私の前職場近くでワンオーナーで長い事乗られてたんです。ナンバーも宮5シングルナンバーでした。仙台市内中心部で乗られていて、たまに走っている姿はインパクト強かったですね。
このクルマの素性を知る当時の職場の先輩が「俺と同じ昭和40年式なのや」と言っていたのを思い出しました。
私もここまで古いと流石に詳しくなく、pt11御大にでも聞かないと色々解らない事が多いのですが、確か2代目410系ブルーバードの中期型でこの型まで+アースだったような気が致します。



この顔つきの410ブルといったら何と言ってもルパン3世の銭形のとっつぁんこと銭形警部のパトカーこと銭ブルでしょう!


左側には錆錆ながらホイールキャップが付いてましたが、右側は欠品でした。


そうそう、このブル何年か前のある日突然同じような色の当時現行だったE11ノートに変わっていて、驚いたと同時にそこにあって当たり前だったクルマが無くなったことの寂しさ、残念さが込み上げてきたものでした。

車検ステッカーを見ますと・・・

平成21年まで車検期間があったんですね。
その間今までどういった経緯があったのかは知る由もありませんが、こうしてまさかの再会が出来たのはうれしかったですね。
ただ大部傷みが進んだので、再生するとしたらかなり険しい道のりになると思われますが。

あって当たり前と思われる旧車や廃車体
は気が付くとこのブルのようにある日突然消えてしまいます。そういえば昔からずっとあるけど、スルーし続けていたネタ車があった事を思い出して帰り道に立ち寄ってこちらを撮影

1988sunnyさんいかがでしょうか? (笑)
現役の物置として絶賛撮影中♪

その後自販機で安い缶コーヒーを買っているとその自販機の壁越しに何かとてつもない怪しい影が・・・


初代コンドル!!

まさか現役の初代コンドルを見れるなんて思っても見ませんでした (汗
でも視線をちょい右にずらしてみると・・・



何とレゾナの当時ナンバー車まであるではありませんか!!


更にエルフの後には「ジョナサン・ふそう」ことT652型もナンバー付きで鎮座してらっしゃいます!
ジョナサンふそうは実は数年前に一度だけ路上ですれ違った事があってまさかこんな奇麗な個体が走っている訳がない、疲れていたから錯覚で見えたのだろうと自分に言い聞かせていたんですよね (爆

純粋にドライブを楽しむつもりが珍車発掘になってしまった休日のひとときでした (汗

Posted at 2017/09/27 00:57:18 | コメント(9) | トラックバック(0) | お出かけ | 日記

プロフィール

嫁殿のお下がりのMC22ワゴンRくん、まだまだ珍しくも何ともないクルマですが、コツコツ直し長年乗り続けているうちに愛着が湧いてかけがえのない家族の一員になりつつ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

【4/4更新】スズキのK6A車の方に知っておいて欲しいメンテ・改造のまとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/11 18:59:45
置忘 どうした神奈川日産プリンス!?ユーザーに対する熱意はあるのか。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/04 23:03:01
思い出のクルマを発掘された画像で振り返る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/04 20:58:54

お友達

只今お友達登録はかなり慎重にさせていただいてます。
お友達登録解除をなるべくならしたくない為です。
一度もコメントのやり取りのない方やいきなりのお誘いは容赦なくお断りさせていただいてます。
ご理解の程よろしくお願いします。

151 人のお友達がいます
セリカTA45セリカTA45 * しげぼうずしげぼうず *
JR120XEJR120XE * booby_M+Sbooby_M+S *
研兄ロバⅡ研兄ロバⅡ * 南野恭兵@NANNO CLUB・L南野恭兵@NANNO CLUB・L *

ファン

173 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ワゴンR MCワゴンRくん (スズキ ワゴンR)
嫁カー 2015/6/30追記 Y31亡き現在、私も乗る事が増えたのでサブに昇格! ...
ダットサン サニーエクセレント エクセレント号 (ダットサン サニーエクセレント)
昭和50年式 サニー1400GL 初めてサニーという名前を覚えたのがこのB210でした。 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
昭和57年式 スカイライン2000RS 記念すべき愛車第一号車。ノンパワステでハンドルが ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
昭和59年式 スカイライン2000RS-XインタークーラーターボC マブダチ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.