• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kontonのブログ一覧

2018年11月12日 イイね!

リコール

リコール

 本日、マツダ株式会社 リコール受付センターから“ご愛用者のリコール(無償修理)実施に関するお詫びとお願い”が届いた。




 が、「2019年10月までに改めてご入庫のご案内をいたします。」とは、参るね。

 事前にディーラーの担当からその旨連絡もあったのだが、

 やはり一年もかかるというのは、心証を害するね。


alt


 我がCX-8、システム異常が表示される件については、前回の対策で上手くいったようで、あれ以来表示さることはなくなった。

 ので、良かったのだが、今回のリコール、マツダのディーゼルに暗雲が漂った感じで、ちょっと心配になるね。






Posted at 2018/11/12 20:13:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月10日 イイね!

システム異常その3

システム異常その3


7月16日、三度目となるシステム異常が表示されてしまいました。


その内容はこれまでと同じで、ウォーニング画面にこのような異常表示が出るとともに、





alt


マルチインフォメーションディスプレイには、

①ドライバーアテンションアラートシステム異常

②前進時SCBS AT誤発信抑制制御システム異常

③後退時SCBS AT誤発信抑制制御システム異常

④SBCシステム異常

の四種類の異常表示が10秒間隔程度で循環表示されるものです。


alt


この対策として、4月14日には、

①フォワード・センシング・カメラ交換

②ABSハイドロリック・ユニット交換

③ブレーキフルード交換


6月30日には、

①ブレーキ・スイッチ交換

②RBCM(リヤ・ボディー・コントロール・モジュール)交換

③ストップランプ・ライト・ユニット交換


と、二度にわたってディーラーで処置をしていただいたのですが、残念ながら、7月16日にまた症状が再発してしまいました。


alt



alt


二度のディーラーでの対策もハズレだったということで、早速ディーラーに報告したところ、ディーラーも恐縮したというか、本気になったというか、今回はレンタカーを提供するので、車をしばらく預からせていただきたいとのこと。

止むを得ませんので7月22日から我がCX-8はディーラー預かりとすることにしました。


ディーラではメーカーとかなりやり取りをしていただいたようで、

どうも、私のCX-8だけではなく、全国的にも似たような症状のCX-8があったようです。

このため、メーカーでも原因調査を行い、


RBCM(リヤ・ボデー・コントロール・モジュール)の制御ロジックが原因で、オートホールドを使用して停車中、ブレーキを踏まずにDレンジからPレンジにシフトした場合に、Rレンジでバックランプが点灯する際の突入電流(一時的に流れる大電流)により、RBCMのIG電源電圧が低下し、ストップランプの点灯条件から外れることがあり、一瞬ストップランプへの電源供給が止まることがある。この時、DSC(ダイナミックスタビリティコントロールシステム)がランプ点灯要求とのアンマッチを検出し、サービスコード(DTC)をストアするとともに、DSC異常信号を検出した各種ユニットがワーニングを点灯させる。

表示可能性のあるDTC

・C0023:62[DSC]

・C1020:68[EPB]

・U0415:68[FSC]

・U0316:09[SBS]

ということで、PBCMのストップライト点灯制御条件からIG電源電圧の条件を削除した訂正バージョンのRBCMを用意し、この様な場合には、訂正バージョンのPBCMに交換するよう、ディーラーに通知したようです。


確かに私のCX-8でも

・C0023:62[DSC]

・U0415:68[FSC]

・U0316:09[SBS]

のサービスコード(DTC)が毎回出ていました。


が、私のCX-8の場合は、メーカーの解析する原因内容と異なり、「オートホールドを使用して停車中、ブレーキを踏まずにDレンジからPレンジにシフトした場合」にこのようなシステム異常が表示されたのではなく、「オートホールドで停車し、ブレーキペダルを踏んだままDレンジからPレンジにシフトし、その後ブレーキペダルをリリースしたタイミング」でシステム異常表記がなされるものなので、ディーラーでは、RBCMの新バージョンへの交換を保留して、我がCX-8用にプログラムを開発したログ取得装置を装着して再度エラー表示が出るまで走行してくれということになりました。詳細なLOGを取得してメーカーに解析してもらうためです。


で、8月5日にログ取得装置を取り付けていつもの通りに走行していたところ、8月19日に、めでたく?エラー表示がなされました。(笑)


alt


で、ディーラーでログ装置を取り外し、メーカに送って解析してもらうこと2週間、結局、メーカーの指示は訂正バージョンのRBCMに交換するようにということだったようで、9月8日にディーラに赴き、訂正バージョンのRBCMに交換してもらいました。


alt


なるほど、RBCM(リヤ・ボディ・コントロール・モジュール)の型番号がTK52675Y0Cから対策品のTK52675Y0Dに変わってますね。


というわけで、我がCX-8のシステム異常。停止する直前に発生し、エンジンを切って再起動すればもとに戻ってしまうので、実害は何もないものだったのですが、3月17日に初めて発生して以来、6か月かかってようやく直るのかな、という状況になりました。


もう発生しないことを祈るばかりです。









Posted at 2018/09/10 12:21:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月02日 イイね!

システム異常その2

システム異常その2

我がCX-8、6月18日に6か月点検を受けたばかりの週末22日に、3月から4月にかけて発生したシステム異常がまた発生しました。

あらまぁ、なんということでしょう。


その内容はウォーニング画面で、こう。

alt


マルチインフォメーションディスプレイには、前回のエラー表示の際と同様の表示が循環します。

SBCシステム異常。

alt


ドライバーアテンションアラートシステム異常。

alt


前進時SCBS AT誤発信抑制制御システム異常。

alt


それから、タコメータのところにDSC異常が表示されています。


そして、エンジンを切って再始動すると何もなかったようにエラー表示が消滅したのも前回に同じです。

というわけで、早速ディーラーに連絡したところ、ディーラーも恐縮し、早速入院となりました。


で、診断装置の診断は、

ABS ストップライトコントロール(ABSコントロールモジュールとストップライト点滅動作の不一致)

FSC ABSコントロールモジュール(フォワードセンシングカメラがABSコントロールモジュールから無効なデータを受信)

SBS DSCソフト不一致(スマートシティブレーキサポートとダイナミックスタビリティコントロールのソフトが一致しない)

と、前回と全く同じということでした。


前回、同様のエラー表示の対策として

①フォワード・センシング・カメラ交換

②ABSハイドロリック・ユニット交換

③ブレーキフルード交換

をしているのですが、残念ながら前回の対策はハズレだったということでしょうか。


alt


診断装置は、エラーが出た個所、要因は概略示すものの、その根本的原因までは示してくれないのですね。


従って、要すれば前回も経験的蓄積に基づくという点では同じなのでしょうが、今回は、ブレーキ・スイッチ関係の不具合でこのようなエラー表示につながる事例があったという経験的蓄積に基づいての対策として、

①ブレーキ・スイッチ交換

②BCM(ボディー・コントロール・モジュール)交換

③ストップランプ・ライト・ユニット交換

がなされました。


殆どコンピューター制御の現代の車は難しいものですな。

今回はアタリだと良いのですが、果たしてどうでしょう。








Posted at 2018/07/02 20:51:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月19日 イイね!

CX-3

CX-3



CX-8の6か月点検等の際、1.8Lのディーゼルターボエンジンに換装された年次改良後のCX-3にも試乗させてもらいました。





フロント、リアが多少変わっていますが、エクステリアはほとんど変わっていません。


alt


XD PROACTIVE S Package 6EC-ATのAWDモデルです。

今回、PROACTIVE と L Package の間に追加されたグレードですね。

で、2,954,080円也。


alt


L Package でないこともありインテリアの質感の向上はそれなりという感じです。

ダッシュボードのソフトパッド部分が多少広くなった感じではあります。

メーター周りやマツコネ画面は従来通りです。

ヘッドアップディスプレイも従来通り専用アクリルパネルに投影するものです。


alt


エアコンの操作パネル付近は従前とほぼ同じですが、このS Packageからステアリングヒーターも付いています。

装備はどんどん充実しますね。


alt


センターコンソールは大きく変わり、電動パーキングブレーキとオートホールドが付いて、マツコネ操作部が細い縦長から、上位車種と同様のものに変更となり、その位置も前方に移動して使い勝手が大幅に良くなっています。


alt


サイドブレーキレバーがなくなったおかげでマツコネ操作部が前方に移動し、その後方のスペースにカラクリ式のカップホルダー&物入れ、さらに念願のアームレストも設置されました。


これは良いですね。CX-3の格と質が素晴らしく上がりました。


alt


が、残念なのはヘッドアップディスプレイがフロントウインドウ投影型にならなかったこと。


そして、このダッシュボード上面とドアパネルアッパートリムがハードプラスティックのままのところですね。


ここまでやるならCX-5以上の車種並みにダッシュボードもドアパネルアッパートリムもソフトパッドにして、デミオに明確な差をつけ、CX-5と変わらぬ質感にして欲しかったと思います。


alt


特に残念な部分がここ。デミオは(L Packageでも70万円安い。L Package同士なら80万円安い。)これでしょうがないと思うのですが。


CX-3のドアアッパートリムのBピラー接続部分ですが、ハードプラスティックで、しかもそれをただ切断しただけの終端処理なんですね。相変わらず。


ほぼ300万円の車が。(L Packageならば3,062,080円也)


せめて内側に畳み込む処理にできないのかなぁ。


alt


こちらはCX-5のPROACTIVEの同じ場所です。


ソフトパッドが使われてますし、ちゃんと内側への畳み込み処理が行われています。


質感の差は歴然ですが、これでCX-5 XD PROACTIVE AWDは3.229,200円也ですよ。


alt


そして、こちらは100万円も安いアクセラ1.5Sの同じ場所。

CX-5のものよりは質が落ちますがちゃんとソフトパッドですし、内側への畳み込み処理も行われています。

さらに、ダッシュボード上面もこれと同じソフトパッドで覆われています。


alt


結局、インテリアは機能の向上を含めて頑張っていますけど、目につく肝心な部分の質感をデミオレベルに放置したままなので、値段相応でデミオにするか、ちょっとお金を足してCX-5にしようかとなってしまいますよね。


インテリアの質感向上は今回でも不十分と言わざるを得ません。

何をやっているのでしょう。

せっかくのコンパクトスペシャリティSUVたるCX-3。臥龍点睛を欠いてますよー。もったいない。




さて、1.8Lディーゼルターボエンジンとなり、足回りにも変更が加えられたCX-3の走りですが、こちらは良いですね。


まずエンジン。

車外で聞けばディーゼルエンジンであることが明白ですが、車内では十分に静かです。

従来の1.5Lディーゼルターボエンジンで感じられた2、000回転以下でのトルク不足と、2,000回転を超えてのドッカンターボ的トルクの段付きが緩和されて、低回転域からスムーズかつ滑らかに加速していきますね。これは良いですね。ディーゼルエンジンの力強いトルクフルな走りは気持ちが良いです。


足回りは大分乗り心地が良くなったように感じました。

サスが良く動いて段差を上手くいなしている感じです。これに伴ってのコーナリング性能等については、街中をちょっと走っただけなので良く分かりませんでした。

ただし、CX-3は小型で軽量なので、大型で重いアテンザやCX-8、CX-5に比べれば車体の落ち着きは敵いません。これは物理法則なのでしょうがありません。

が、足回りは今回大分頑張ったと思います。


ですが、インテリアの詰めが甘い。








Posted at 2018/06/19 14:48:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月18日 イイね!

6か月点検

6か月点検

我がCX-8、6か月点検に行ってきました。


走行5,542kmです。




結果、何の問題もありません。

当たり前ですね。


alt


パックdeメンテで前払いしているので、エンジンオイルが無料で交換され、合わせて数日前に公表されたリコールの対応策であるエンジン制御コンピューターのソフトウェアの書き換えが行われました。


作業は年次改良されたATENZAとCX-3の試乗をさせてもらっているうちに洗車も含めて一時間ほどで終わりました。


何となく身軽になったように感じるCX-8。気のせいですが良い気分ですね。

が、ソフトウェア書き換えに伴って、A,Bトリップ計、燃費計、i-DMが初期化されてしまいました。他にもあるかも。






Posted at 2018/06/18 22:13:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #CX-8 新車無料1カ月点検 http://minkara.carview.co.jp/userid/2855807/car/2521505/4605684/note.aspx
何シテル?   01/18 12:47
kontonです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ATENZA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/20 07:13:27
CX-8 白の次は黒 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/05 20:15:31

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ CX-8 マツダ CX-8
マツダ アクセラスポーツXDに乗って3年。マツダのクリーンディーゼル車に魅せられ、CX- ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)XDに乗っています。ディーゼルの力強さとエクステ ...
日産 エクストレイルハイブリッド 日産 エクストレイルハイブリッド
家族が乗ってます。 良い車です。 車名 エクストレイル 4ドアワゴン 2列シート 20 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.