• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

エテポンゲのブログ一覧

2018年03月29日 イイね!

運転席窓のピシピシ異音をどうにかする BP5

路面のうねりや舗装の振動条件が重なると

運転席側窓のBピラー側でミシミシカチカチと賑やかい

窓を全閉にした時には前側からギギィと嫌な音も…

舗装の傷んだ峠道でのボディ柔軟体操も効いているのか

サッシュレスかつワゴンの宿命なのか(BHは鳴らなかったのに…)
ちなみに約13万キロ経過のご老体BP5D型。

気にならない時は気にならないのですが、

ドアを開けてウインドウの上端を手で押すと窓の付け根(ドアの中のウインド支え?)
の当たりでカチカチと同質の音が出ます。

スピーカーエッジがそろそろ怪しいながらもマッキン搭載車としてもこれはどうにかしたい

この程度でディーラーに持っていかない意地とDIY根性(貧乏)でがんばるぞい

という事で構造の把握も含め運転席ドアの内張を初めて剥がしました。


ドアノブ裏の隠しネジを取る この蓋が取りづらいのなんの

そしてドアハンドルのばなな状のカバー これまた内張剥がしにヒビが入る位固い

のっけから難関続きで写真撮る余裕が無いものの
何とか外せて御開帳


純正のデットニングらしきスポンジが防水フィルムの一面に…
スピーカーエッジはまだ亀裂無かったです。


なんとなくウインドウを上げ下げする機構のレールにシリコングリスくれときました。


あちこち揺すって音の出どころをさがしていると
フロント側のゴム状のカバーの中でギコギコしています
めくってみるとゴムを突き破って鉄かアルミの板が出てきちゃってました。
これがボディのよじれた時とガラスを全閉した時にガラスに擦れて
ギョギギィと不快な音を立ててくれていたようです。
ここを完治させるにはツィーターの刺さってる
三角のパーツごと交換になりそうですが追々という事で。


より耳障りなBピラーよりのガチガチを探ると原因らしき部分がわかりました…

狭すぎて写真に写せませんでしたが、
ガラスを一番上まで上げた時にガラスを固定している樹脂部分がドア側と接触しており、ボディが歪んでガラスが外に押されるとゴチゴチッと音をだしてました。

とりあえず手持ちのシリコンオイルとグリスを塗布して様子見ですが、
試乗した感じではグリスがクッションになって前より少しマシになった程度の改善でした。前方の金属の飛び出しもそうですが、いささかウインドウ自体が上がり過ぎてるせいであちこちに想定外の干渉が起きているのではという感じがしました。

ほんの数ミリですがウインドウが下がった所で安定してくれていれば前も後ろも異音の原因をかわせていたのでは・・・ といったもどかしい状態ですが経年によって痩せたウェザーストリップしかり、ウインドウのアッパーリミットみたいなものが段々と上がっていったのであれば納得といった所でした。
届く範囲のレールだけでしたがグリスアップしたおかげか窓の上下がスムーズになって苦しそうなモーター音がかなり改善してました。


ウインドウを現状のUPリミットより数ミリ下げたところで記憶させる方法とかご存知の方おりませんか(´;ω;`)


Posted at 2018/03/30 01:17:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | BP5 | 日記
2018年02月15日 イイね!

たかがプラグ交換

たかがプラグ交換
レガシィのDIYプラグ交換は工賃とくじけぬ心をはかりにかけて計画的に行いましょう。
Posted at 2018/02/15 07:04:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | BP5 | 日記
2018年01月07日 イイね!

ブレーキ鳴き

あけましておめでとうございます。

去年から持越していますが、リアのブレーキ鳴きが収まりません・・・・

グリスを塗ったり、サンド掛けしたり・・・、

もう3~4回弄ってますが一向に改善しません。

一定以上温まって、かつ、足載せより少し踏力を入れた辺りで「ヒキィィィィー」と鳴きます。信号停止寄せなどの低速では鳴きません。

たっかいパッドを入れたフロントならまだしも、ありきたりなパッド&ローターのリアがなぜに・・・

という事で「パッドガイドの金具」の共振部分をガッツリ削ってみました。会社の昼休みにやったので帰り道でテストです。

頼むから直っていてほしい(T人T)
Posted at 2018/01/07 14:35:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | BP5 | 日記
2017年11月10日 イイね!

良いクルマ(運転好き目線で)

ほかの車種への乗り換えが億劫になるほど生活環境(田舎、寒冷地)にマッチした素晴らしいパッケージングです。
Posted at 2017/11/10 08:22:27 | コメント(0) | クルマレビュー
2017年10月27日 イイね!

アジアンからREGNO

オクで買ったグラムライツに付いてきた
天下のBSが誇るコンフォート系フラッグシップのREGNOシリーズ GR-XT
ちょっとサイドがカピりはじめてる3年物の6部山…。

一度は履いてみたかった!

静寂性とかエコなんてものは、車ごと買い替えたほうが早いのでどうでも良いと思ってます。
程度問題ですが、曲がれる止まれる=要はグリップ力が一番大事です。

古さはさて置き、爪を立ててもポテンザのぐにゅ~と粘りつくような感じは皆無で
サイドにはエコピアなんて頼りないロゴが。。。
時代の流れでエコよりにし過ぎてプラスチックの様になってたらショックです

納車時に履かされていたナンカンNS-2(ほぼ新品)より
グリップしなかったらどうしよう…という一抹の不安を抱えつつも、
早速近くのお山に具合を確かめに行きました。

一応スポーツ寄りのナンカンNS2 VS 転がり抵抗、燃費、音質、ウエット性能が売りのREGNO。

土俵も価格帯も比較するのが間違ってるのは明白ですが、万が一もありえます。




どこのタイヤメーカーの信者になるつもりもありませんし、アジアンをこき下ろしたい訳でもありませんが。


比較にならないレベルでした。
値段がとち狂ってますがBSバンザイです。


たまにある日常のハッとする場面でも特に「外的要因」で運動性能を試されるような時。動物の飛び出しや、夜道で不意の落下物を避ける等の時です。


言い表しがたいですが、車格に合った最低限のグリップレベル以下のタイヤでは
冷や汗で済むものがそうではなくなる感じを初アジアンで改めて体験出来ました。
ちゃんとしたタイヤは普段乗りでも確実に事故が減らせるだろうなという感じです(伝われ…)

NS2では鳴くばかりでどうやっても出なかった「峠での未補強のボディがちょっと心配になる横G」一応出ます。ポテンザ程ではないですが。

全て個人的な感想です
NS2は雨の日は特にヤバイです、排水性はぴか一なので高速域でハイドロPっぽくならず勘違いしやすいですが、ゴム自体のグリップがク〇過ぎて低速でもアンダー出ます。縦グリップも驚きの低レベルさで簡単にABS発動しちゃいます。
ドライではスタッドレスに毛の生えた感じの性能です。
煙にするだけだから問題なしとかそういう方には向いていると思いました。
Posted at 2017/10/27 18:31:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ

プロフィール

主に整備の備忘録として
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴンに乗っています。 BH5TS-R → BH5GT-b → ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.