• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

福岡のたかさんのブログ一覧

2018年10月14日 イイね!

お賽銭について考える


フォトアルバムという機能を使ったことがなかったので、試しに今まで授かった御朱印をまとめてみました。

諏訪大社含め25社も回ってたんですね。

夜勤明けの調整ミスということで神社は回れずお賽銭について調べてみました。

いろんなホームページを調べても書いてることがバラバラでこれが正解というのがない。

お賽銭の意味合いとしては共通してることがあるのでそこだけ抑えとけばいいかなと。

初詣なんかでみなさんお賽銭を投げ入れお願い事をすると思います。

こういう1連の作法をするとお賽銭は願い事を聞いてもらうための料金と思いがちですがその認識が違うようです。

お賽銭は古くは米など農産物を納めていて貨幣になったのは鎌倉時代あたりからだとか。

そしてお賽銭は願い事聞いてもらうためでなく、それまであった事象に対しての感謝の気持ちを表すもののようです。

例えば農家なら、今年も豊作でありがとうごさいました。と感謝をお賽銭で示し、来年もよろしくお願いしますと願い事をするという流れ。

先にお礼次に願い事というのが本来の流れのようです。


次に金額です。
これも正しい金額というのはありません。

ただご縁がありますように5円玉は意味がないということ。

前述のお礼の気持ちと解釈すれば5円程度ご利益しかなかったということになります。

こればっかりは昔からやってきたことなんで今更直せといっても無理です。

それならば5円玉に価値を見出せばいいかなと。

5円玉の表のデザイン。

これは稲穂が農業、穴の回りのギザギザが歯車で工業、稲穂の下にある線が水で水産業を表してるそうです。

そして裏の双葉が民主主義の発展を願ってるということなので、この5円に国の全ての産業の発展に感謝してると思えばいいと思います。

ただ自分はこんなことを考えずに、それこそ家族や友達と一緒に行ってお参りして、おみくじ引いて大吉だ小吉だとか言ってワイワイ楽しむのが1番重要だと思ってます。

この喜びの力が1番のパワーで神様に献上し国や民を潤してくれるんじゃないかなと。

それが古くからある憩いの場、神社の役割なんじゃないかなと。


さて、次はどこを回ろうかな?
Posted at 2018/10/14 23:47:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 神社 | 日記
2018年10月14日 イイね!

行き着く先は神功皇后


最初は御朱印帳を埋めたいがためにやった神社巡り。

何の気なしに始めに行った宮地嶽神社は神功皇后が三韓征伐のために出航の安全を祈願にしたのが由来でした。

それから様々な神社を訪れましたが福岡県を初めとする北部九州、下関にある神社はほとんどが神功皇后が縁とする神社。

この土地の神社を巡るということは神功皇后の足跡を辿ることになるのかもしれません。

それが面白くないかと言われたら面白い。

その足跡を辿ることで土地の地名が分かったりします。

どうしても土地の名前なんて固有名詞で深くは考えない。

「なんでここはこんな名前がついたの?」

なんて普段考えないですよね。

しかしこの北九州という土地、調べてみると神功皇后由来でついた地名の多いこと。

前回の到津のように、津に船が着いた(到った)という意味で到津。

山に登って神功皇后が更に日が暮れると言ったことで更暮山が皿倉山になったり、お付きの武内宿禰が砂浜に並ぶ若い松を愛でたことから若松という土地になったりと調べるといくつでも出てきます。

じゃあこの神功皇后がどういう人なのかと調べると、西暦126~226年だったり246年だったりとバラバラ。

これは古事記と後に書かれた日本書紀とで違ってて、どちらにせよ弥生時代には違いなくて日本書紀ではこの時代に存在した卑弥呼と整合させたり、途中で暦を中国歴に合わせたり修正や加色をしたことで120年の誤差が生じて未だに研究中らしいです。

それは置いといて神功皇后、夫はヤマトタケルを父にもつ仲哀天皇、子供は八幡様として祀られる応神天皇。

仲哀天皇応神天皇ともにこれといった逸話もなく、神功皇后の逸話が多く残る女傑です。

神功皇后の足跡を辿ると、熊襲征伐(南九州平定)、三韓征伐、三韓征伐後と主に三つに分けることができます。


香椎宮は熊襲征伐の時期に訪れた場所です。

この時に占いをしていた神功皇后が神懸かりになり、海の向こうに金銀財宝に恵まれた国があるからそこを与えようとお告げします。

その時の神様が住吉さまで神功皇后が祀られてる神社には住吉さんも祀られてます。

しかしこの言葉を仲哀天皇は聞かずその二ヶ月後に急死。

ここから神功皇后やりたい放題。
熊襲征伐の後、応神天皇を宿した身体のままで三韓征伐に赴きます。

見事、新羅、百済、高句麗を平服させます。

帰国するまでは出産を遅らせるためお腹に石を巻きつけ冷やして遅らせるという暴挙。

そして福岡の宇美というところで応神天皇を出産。

その後は福岡の海岸線を船で伝い山口県に。



当然その後も畿内へ帰る途中も武勇伝があり、応神天皇の腹違いの兄たちの襲撃も払いのけ討ち取ったりと強さ爆発。

福岡の女は強いというのは、神功皇后からきてるのかなと最近思うようになりました。


というわけでこの福岡はどこの神社に行っても神功皇后の足跡を知らずに追ってるんですよね。


そんな神功皇后、弥生人の平均年齢が30歳なのに対し100歳まで生きたことになってます。

強いは女性やっぱり長生きするんですね。

Posted at 2018/10/14 03:11:00 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年10月09日 イイね!

八幡ラッシュ

神社巡りなんていう遊びも諏訪で御朱印に出会ってからなんですが、諏訪で学んだことは遊びは自分で作って見つけないといけないという事。

諏訪にはディズニーランドやらUSJやらレゴランドのような与えられたアミューズメントがないんで自分で作り出さないと面白くないんですよね。

諏訪湖と諏訪大社以外は何もない小さな町ですから。

そうやって見つけた御朱印集めの旅。

今日は夜勤週の初日ということで日中は時間があるので近くの小倉北区あたりを狙います。

八幡様を祀る神社は全国に数多くあるので仕方ないとは思うんですけど、この北部九州は三韓征伐の影響で多いんですよね。

というわけで初詣、七五三なんか賑わう神社に狙いをつけるとほぼほぼ八幡様になります。

ソシャゲのガチャでダブりまくるあの感じです。

というわけでまずは篠崎八幡神社に。

場所的には北九州都市高速紫川ジャンクションの前。


楼門からして立派ですね。
国道3号線を走るとデカデカと看板だけは見えるんで知ってたんですけどね。


拝殿も立派ですよ。深い紅ですね。
東方なら藤原もこーが似合いそうです。


摂社も立派です。これが都市高速の前にあるんですよ。

由緒としては三韓征伐後に神功皇后親子が豊浦宮(穴門は今の山口県)に向かう途中に大石の上に赤子の八幡様を立たせ、穴門近いぞと言ったのがきっかけで後世の天皇によって建立されたらしいです。

その後は小倉藩によって手厚く祀られ今日に至る感じですね。

平日にも関わらず境内には雅楽が流れ、社務所横のロビーではジャズが流れる。


どっかのホテルですかここは?


そしてトイレがこんなにオシャンティ!


御朱印右下分かりますかね?

豊前国小倉藩大社と打たれてるのが。
それだけ大事にされた神社なんですよ。


次に向かったのが到津八幡神社。
篠崎からはすごく近いです。

正直到津に神社があることは知りませんでした。

かつては西鉄グループの到津遊園地動物園があったのでこっちの方が有名なんですよ。


初めて行くとどこにあるか分からないとこにあります。


敷地はそんなに広くないですが見取図がファンシー。


神社って騒音でうるさい場所にあってもそこだけ静かなのは何でなんでしょうね?

ここのご由緒も三韓征伐後になります。
宇美(福岡県宇美町)で応神天皇をご出産なされたのち船で豊浦宮へ向かいました。
その途中ここに立ち寄ったのがきっかけです。

到津という地名は船が港(津)についた(到った)という意味で到津(いとうづ)と言うらしいです。


これも右下に企救郡大社とあります。
幕藩以前豊前国企救郡では社格の高い神社だったんでしょうね。 


神社では珍しいかわいい子守犬。
板櫃川で応神天皇を産湯につかられたのがきっかけだと思いますが、それにあやかって子供の無病息災を願うんでしょうね。

神功皇后って女傑ってイメージがあるんですけど、そんな女傑を萌化してしまうこの国はやっぱりすごいですね。

Posted at 2018/10/09 17:20:09 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年10月08日 イイね!

社宅団地から住宅街へ

今回ブログでたかさんのブログなのに御朱印出てこねー!と思った方々。

ありますよ。(ニヤリ

今日御朱印巡りでなく地元散策をした理由。


それは…


予定してた八幡地区を回ると全てが八幡様になってテンションが上がらないことです。


八幡東区八幡西区、これは元々八幡市という地区でした。

名前の通り、八幡様ゆかりの土地で八幡市なんです。

しかしはちまんという同じ呼び方では失礼ではないかと読み方をやはたにしたとかしないとか。


でも御朱印ハンターとしては1つでも授からないとならないので、戸畑に近い高見神社に美術館から寄り道してきました。


この八幡東区高見地区、元々は新日鐵の社宅団地が立ち並ぶ地域でした。確か。

それが鉄冷えとともに労働者減少、団地はほぼ空家のゴーストタウン。

団地だけでなく学校も児童減少で統廃合を繰り返し土地だけが余るという状態だったんですよね。

そして今は整備されたとてもきれいな住宅街へと変貌しました。

そんな地域に高見神社はあります。


神社ですけど超立派です。

大社に格上げされてもおかしくはない神社です。


灯籠から本殿まで立派すぎます。

そもそも木造で灯籠作ってる時点で金がある証拠ですよ。作り直すサイクルが早くなるんで。

ここのご祭神は十二柱。
皇族ゆかりの方々が祀ってあります。

それもそのはずでここは神功皇后が三韓征伐の際に戦勝祈願のためにお祀りしたためです。

その後は豊臣秀吉の九州平定ために来た小早川隆景が祈願に来るわ黒田家は来るわで重宝された神社。

近代になっても官営八幡製鉄が新日鐵がとずーっと手厚く祀っているんですよ。


こんなパンフレットを作れる時点で財力は豊富。

氏子はみんな製鉄関係者だったり安川電機だったりとそりゃあまあ、ね、ってなりますよ。


というわけで御朱印を授かりました。

この高見地区、歴史的にも史跡があり


以前、氏神様のブログで紹介した筑前国の境界石があるんですよ。

『これより西 筑前国』

これが八幡大空襲で粉々にならなかったのが不思議ですよ。


こういう境界石がこれだけ残ってるのは珍しい事だそうで、すげぇなとしか言えませんよね。

史跡探訪家ではないんで追いませんけど。

御朱印巡りで史跡に出会って、この遊びは予想外のことがあって楽しいですよ。

問題は地域によっては同じ神様ばかり回ることですね。
Posted at 2018/10/08 21:03:00 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年10月08日 イイね!

取材ごっこ

しばらくは神社巡りも地元になってくるんで、それだったら取材ごっこみたいなことして遊んでみようかと。

地元といえども自分の知らないこととかもあるんで魅力を見つけられるんじゃないかなと。

というわけで今日は北九州市戸畑区を散策してみます。

戸畑区(とばたく)は北九州市の中で1番面積が小さく人口も最小な地域です。

唯一の長所は農地がないことですかね。
かと言って自然がないわけではなくちょっとした山登りもできます。 

その場所とは金比羅山(こんぴらさん)。


そう、あの香川県の金比羅と同じ神様が祀られてます。

そういうことで山も同じ名前にしちゃえってなったんでしょうね。

そういや以前に氏神のブログで戸畑は4つの神社と書いてましたが、金比羅のことを忘れてました。

小学校の遠足で通年行く場所なんで山って感覚がないんですけど、体力のなさを感じました。

精々10分程度の登山なのに息切れが…


山頂にはお宮はありますが、ここ宮司さん不在なんで御朱印はありません。

それどころかご由緒も分かりません。

全く遭難しない安全な山登りができます。

次に向かったのがほど近くにある北九州市立美術館。


実に個性的な形で、美術館というよりは近未来基地でここからロボットが発進してもおかしくはない建物です。

高台にあるので景色もなかなか。


海の向こうは下関ですね。

この美術館そのものが芸術作品であり、ここから見る景色が展示作品じゃないかと個人的には思ってます。

この美術館が出来たときは、工業都市として発展する様を想定してたと思うんですが、まさかの環境都市としての発展に作品が変わるとは思ってなかったでしょうね。

次に訪れたのが菅原神社のはずが、高峰の山に登ってしまい絶景を見つけて…


若戸大橋を中心に戸畑の街並み。


眼下には無数のお墓。

霊園でした。

取りあえず下りて菅原神社へ。




ここは菅原道真が太宰府に左遷される際に宿をとったのがご由緒で、近くの池で手足を洗ったとされる池が。

この御手洗の池の水で墨を擦り字を書くと達筆になるという言い伝えがあります。


実際はメッチャ、ザリキン(ザリガニ)獲れる池として子どもたちに人気だったんですよね。

この戸畑には山もあるけど海もあります。

というわけで戸畑渡場(とばたわたしば)へ。



ここには恵美須神社がありますが、御朱印はありません。

若松と戸畑、海を挟んで対岸にエビス様がいてもご由緒が違います。

ここは壇ノ浦の合戦で敗れた平家の落ち武者が漁村を営み、島根の美保ヶ浜からお招きしたのが由来です。

誰も対岸にエビス様おるでと教えなかったんでしょうか?


かつて東洋一の吊り橋と称えられた若戸大橋。

昔は歩道もあったんですが渋滞緩和のため4車線化して専用道路になってしまいました。

渡場と名前がつく通り戸畑と若松を結ぶ若戸渡船。


未だに現役、航行時間は3分。

今回1番驚いたのがこれです。


明治時代に完成間近の八幡製鉄所の視察に後の大正天皇がこの地に赴いていることですね。

これはよいこの社会でも学ばなかったので新しい発見です。

実はこの戸畑、江戸時代から昭和初期にかけてはレンコン畑で、それが急速に発展しニッスイのトロール基地が出来たり、明治製菓、日立金属などの発祥の地になりました。

鉄冷えとともにその姿は今はもう無いですが、代わりに便利の良い住宅地へと変貌してゆきました。

そんな戸畑はJR鹿児島本線下りで来れるアクセスの良い場所です。



お立ち寄り際は是非お越し下さい。
Posted at 2018/10/08 18:08:10 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「謎の有給フィーバーに驚きを隠せない」
何シテル?   10/16 12:13
たかさん登録が多すぎて仕方なく福岡のたかさんで登録した福岡のたかさんと申します。 呼び方はたかさんでもかまいませんがTAKAだとTAKAみちのくみたいになっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

カモメマークの穴埋め 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 09:42:55
天井収納作りました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/03 08:42:21
リヤハッチ下端へのメッキモール貼り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/18 15:06:17

お友達

お友達できたら何かしらの自信になると思います。
是非にお願いします。
22 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 ハルみずハルみず
あきりんの日常あきりんの日常 cwかもめのパパcwかもめのパパ
とん ちゃんとん ちゃん りゃありゃあ

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ プレマシー ねむねむひつじ (マツダ プレマシー)
マツダUカーランドにて購入しました。 前車アクセラが車齢11年を迎えての買い替えになりま ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.