• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mr.SIGMAのブログ一覧

2018年08月10日 イイね!

なんでこういうことができるのかなぁ

なんでこういうことができるのかなぁクルマの様子を見に行ったら唖然。
ボディーカバーが無造作に外されていました。
しっかり結んだロープがほどかれていて、
決して台風のせいではないのは明らか。

残念で不安な気持ちになります。
Posted at 2018/08/10 22:06:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月28日 イイね!

空飛ぶタイヤ、ホープ自動車、そしてジムニー

小説・映画「空飛ぶタイヤ」で、ホープ自動車という企業が登場します。
実話をモチーフにした小説なので、登場する人物や企業名はフィクションのはずなのですが、
ホープ自動車は実際に存在した自動車メーカーでした。

20年ぶりのモデルチェンジをしたスズキジムニー。いわば軽のジープ。孤高の名車です。
ご存知の方は少ないのかもしれませんが、そのご先祖、初代はホープ自動車が作ったものでした。
さらにそのご先祖は、なんと三菱自動車のエンジンを搭載していました。

経営難だったホープ自動車は、スズキにその製造権を譲渡したのです。
そのときに携わったのが鈴木修会長でした。
(尊敬の念を込めて)修会長のジムニーに対する特別な愛情を感じざるを得ません。

その後ホープは、遊園地などの遊具を主たる生業にしましたが残念ながら2017年に倒産しています。

池井戸潤先生は、どのような意味を込めて「ホープ」と名付けたのかはわかりません。

まぁ、だからどうしたって話なのですが。
Posted at 2018/07/28 22:25:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | うんちく | クルマ
2018年04月23日 イイね!

業務連絡:デボネアV後期2000 オートマチックECU

デボネアV後期2000 オートマチックECU
お心当たりの方、いらっしゃいましたら、お知らせくださいませ。
Posted at 2018/04/23 22:50:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月17日 イイね!

トヨタMR2とホンダCR-Xの数奇な運命 その3(最終回)

回答編です。
MR2につくかもしれなかった名前。
そのヒントにピッタリな当時のCR-XのテレビCM集がありました。
まずこちらをご覧ください。




「デュエット・クルーザー」
これがCR-X新発売のときのキャッチコピーです。


都市伝説の回答です。

SV-3(MR-2のコンセプトモデル)の市販車名候補に挙がっていたひとつに
「デュエット」があったのです。

デュエット。つまり二人で歌うこと。二人乗りのクルマにつけたくなる名前ですね。

自動車メーカーの中でも、音楽にちなんだ車名にこだわってきたのがホンダです。
プレリュード、バラード、コンチェルト、ビートといった具合に。
三菱が所有していた「プレリュード」の商標を、ホンダが譲り受けたとも言うエピソードは、たまに耳にする話です。


ここでもう一度、CMを見てみましょう。



2本目以降のCMでは、このキャッチ・コピーが使われていません。


それはトヨタが「デュエット」という商標を持っていたから。
もうお分かりですね。その後、ダイハツストーリア(5人乗り)のOEM車には
トヨタ・デュエットという名前が授けられました。
市原悦子さんの「家政婦は見た!」をモチーフにしたCMが印象に残っています。




繰り返します。これは都市伝説です。

ただ本当だとしたら、それは当時のホンダさん、トヨタさんの社員の人たちの情熱を感じてほしいです。自動車メーカー社員へのリスペクトです。

ホンダの社員の方は、たくさんの人にCR-Xを選んでほしいとキャッチコピーを考えぬいた結果です。
トヨタの社員の方は、自分たちのクルマに将来名づけたい商標を大切に守ろうとしたってことです。

MR2には、MR2という一番ふさわしい名前が授けられたと思います。
地面すれすれに飛んでいるような小型飛行機のようなテレビCM。
硬派で、いま見てもかっこいいです。



子供につけようとした名前が、知り合いの子供のニックネームと被ってしまった
というのが、今回のお話しでした。
楽しんでいただけましたでしょうか?


Posted at 2018/03/17 22:10:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月12日 イイね!

トヨタMR2とホンダCR-Xの数奇な運命 その3 の予告です。

3回目 の予告です。

MR2の発売は1984年、バラードスポーツCR-Xの発売は1983年です。
つまりMR2の方が1年後ってことになります。

そうすると、トヨタがCR-Xに対抗して、似たようなアルファベット系の車名をつけたのではないかと
想像してしまうのは、私だけではないと思います。


ここから先は都市伝説の世界です。信じるも信じないもあなた次第。


MR2には、もともと別の車名が授けられる予定だったというのです。
ただそれはトヨタがホンダに仕掛けるために変更したというよりも、
1年前登場のCR-Xに、トヨタが翻弄されたというもの。

子供の名前を一生懸命考えて決めていたのに、
ライバルが似たような名前を先につけてしまったという類のものです。

次回ブログ(をいつ書くかはわかりません)まで、正解をあれこれ想像してみてくださいね。

Posted at 2018/03/12 22:38:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | うんちく | 日記

プロフィール

「なんでこういうことができるのかなぁ http://cvw.jp/b/2902921/41817029/
何シテル?   08/10 22:06
ようやくみんカラに登録しました。 ほとんどアクティビティはありません。 温かい目でみていただければ幸甚です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャランΣ 三菱 ギャランΣ
三菱 ギャランΣに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.