• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takepom3のブログ一覧

2021年11月20日 イイね!

「Lunatic」な夜に。

「Lunatic」な夜に。先週の金曜日、2021/11/19は満月で、「ほぼ皆既月蝕」な部分月蝕が見られました


(画像はwikipediaから。2003年11月9日のものだそうです。)

月蝕の際に見える「紅い月」で思い出すのが、自分が子供のころに親父から貰った一眼レフカメラと双眼鏡を合体させ、望遠鏡代わりに月を拡大撮影し、それをまとめたものを自由研究で提出したこと。写真だらけで情報足らずの稚拙なものでしたが。
今は簡単に色々と調べられて楽しいですね。基本的に知りたがりなので。

調べてみたら1980年代までは結構な頻度で月蝕が起きていたのが2000年代に入ってしばらく停滞し、最近はまた多くなっているとのこと。

https://turupura.com/gessyoku/ichiran.html

日本の高度成長からバブル期、
その後の「失われた20年」
そしてここ最近の動き。

世界経済の状況と太陽黒点(太陽活動レベル=気候)の関連は有名な話ですが、
もしかしたら月も経済と関係してるのかも?

これは新たな発見なのかも?

ノーベル経済学賞……なんてね。



なお、今回のように長い時間をかけて欠ける月蝕は、西暦1440年2月18日以来で、次は2669年2月8日だそうです。

https://www.gizmodo.jp/2021/11/long-lunar-eclipse-will-be-observed-on-nov-19.html

そんな先の話では生きて次回をこの目で見るのはもちろん、オバケになってもムリですね。

以前にも書いたのでしつこいようですが、日本のオバケの寿命は400年しかありませんので。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11252295896

菅原道真さんのレベルで「神様」にしてもらわないとダメでしょう。


欠けた月を見上げて感傷的になって、
ついつい「何シテル?」にポエミーな投稿をしてしまいましたが、お恥ずかしい限りです。

ところで、
皆さんのところから紅い月は見えましたでしょうか。

月を見上げて、
何を思われましたか?



この歳になってから、真っ更なゼロから取り組んだ新しい業務にようやく慣れ、楽しくなってきて気分は躁状態ですが、おそらく今の状態も12月アタマまで。

昨年に続けて憂鬱な年末を過ごすハメになりそうな予感がします。

おそらく、きっと当たります。

というのも、
先日、日中にdéjà vu(デ・ジャ・ヴ)が2回ありました。

いつかの夜に、かなりはっきりとした夢として見たのと全く同じシーンと小物類と会話。

その頃には存在を知らず会ったことも話したこともない人と、経験したことのない世界。

10月から職場にJOINしてきたインターンの学生さんの一人に、抜きん出て優秀な奴が居て。その子にやたらと親近感あったのは自分と属性と趣味が近い、というのもありますが、
どうやら夢の中で会っていたからのようです(と脳が思い混んでるだけ、のはず。)

でも、夢で見ていたはずのストーリーと結末が少し違っていたのは、自分が何処かで意識と行動を変えていたからなのかもしれません。

吹奏楽をやっていて、
アタマが良すぎて周囲から浮きがち、という子(男子)ですが、
その昔に可愛がっていた(と自分だけが思ってる)ロボコンの後輩と、ちょっと怖いくらいで似てて、ここでもデ・ジャ・ヴ。

まあ、単なる偶然でしょうけど。

人間というものは何かしら理由を探して創ってしまいますが、
因果が繋がってるなんてことはそう滅多にはありませんので。




映画「マトリックス」では、
デ・ジャ・ヴが起きるのはシステムに何らかの介入があった証拠という設定でした。

今のこの世界が、あの映画のように「シミュレーション」(シュミレーションは誤用です。ご注意ください)であるという仮説があって、その可能性はかなり高いようです。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E4%BB%AE%E8%AA%AC

この解説がいい感じです。
https://jp.quora.com/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E4%BB%AE%E8%AA%AC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%81%A7%E3%81%99-%E3%81%93%E3%81%AE%E4%BB%AE%E8%AA%AC%E3%81%8C

信じるか信じないかはアナタ次第🗺️


ところで、
最近になって新型コロナウィルスによる疾患の新しい治療薬が承認された、というニュースを皆さんも目にされたかと思いますが、

これです。

米メルク社の「モルヌピラビル」

映画「マトリックス」のはこれ

赤が夢を見続ける。青が夢から醒める。

飛行機の翼端灯は、右が緑で、左が赤

ゲーム「バイオハザード」にでてくるアンブレラ社のマーク


念の為、実際に「バイオハザード」のマーク


もう一回、「モルヌピラビル」

何のギャグ?意図的なもの?

陰謀論は嫌いじゃないので、あくまでも娯楽の一つとして楽しんでるレベルですが、ここまで来ると少し信じてみたくなってしまいます。



正直「古代宇宙飛行士説」だけは少し信じてます。

古代に世界各地で同じようなものが作られたのはどんな理由?

現代の自分たちが失っただけで古代人はテレパシーのようなものを持っていたのか?

それか、
単にアルコールや幻覚成分による脳神経ネットワークのエラー動作なのか。

それとも、

太陽や月や星空
光と影、風や雲や水や炎
音、波、
草や木や動物、岩や石や砂や泥
自らの身体
出産と死

この地球上に居る限り人類に共通する「自然」への感覚なのか。

例の番組ではやたらに宇宙人推しですが、自分の考えでは未来人のタイムリープか、「神様」=シミュレーションの実行者ではないかな?と思っています。

この話なども興味深いですよ。
https://gamp.ameblo.jp/3infinity/entry-12584465290.html

もう後戻りはできないのかもしれません。

信じるか信じないかはアナタ次第💊



金曜は業務の後処理に手間取ってしまい自主残業で、いつもより少し遅く帰宅し、夕食はあとまわしにして毎夜に通っている秘密の練習場へバイクを転がしました。


遅くなったので煩いアイドリングはそこそこに出発。

それにしても最近のバイク(ノーマル)は本当に静かになってますね。
サイレンが電子化された救急車並みに、接近してることに気づけません。

うちのクラブマンはほぼ(?)ノーマルですが自分で乗っていて心地よいを少し通り過ぎ、煩いと思っているくらい。

空冷かつ複雑なカムトレインのエンジンから発せられるメカニカルノイズは仕方ないにしても、
マフラーから放出される破裂的な排気音をもう少し静かにしないと、夜の路地裏ショートカットに気が引けてしまい遠回りを余儀なくされます。

まあ、逆の意味では安全なのですけどね。歩行者はほとんど皆が振り返るし。

週末の夜でしたが気分は晴れ晴れとしていて体力も漲り、
無信号無路地区間で身体を伏せつつ、いつものようにスロットル全開に。

左コーナーをリーンウィズで遠心力を楽しみつつ抜け、坂を下り谷底の直線でふと左側を向くと、フェンスの陰に見慣れない駐車車両の影

白黒??パンダ!!!

・・・嗚呼…

隣に居た観光バスで隠れていて見えなかった。

すぐに上体を起こしパトカー前までの短距離で慌ててフル減速するも、次の上り坂コーナーの先に振られる赤ニンジンの放列

車線が絞られ停止すると歩み寄ってくるお巡りさん。


大人しく覚悟していたら、

「飲酒検問」でした。


本当に20年近くの久しぶりに遭遇しましたが、寒いところ本当にお疲れ様です。

深夜で寒くて、一歩間違ったら酔ってるバカに轢かれる。
本当はあんな大変な仕事しなくて良いはずなのに。

呑んだら乗らない、だけですよ。
(速度違反は棚上げですみませんね)

ヘルメットに自作ブレスガード付けてたので検知器を下から入れてもらって息をフーハー(見えないけどちゃんとしましたよ)

ちなみに「フー」のほうが熱いものが早く冷めるイメージですが「ハー」と空気はほとんど同じ温度らしいですよ。チコちゃんでやってたような無駄知識。

臭い息で壊れた訳ではなく、もちろんアルコールは検知されず。

「この先も、お気をつけて行ってくださいね」と、イヤにやたらに丁寧な対応いただきました。

「紅い彗星」並み(イメージですよ。あくまでも?)に速かった緑のマシンは、全くお咎めなく再発進許可をもらえましたが、
あの感じでは、確実にパトから無線が飛んでいたのでしょう。

何て叫んでたんだろう。
その音声を聞いてみたい。

調子に乗りすぎたことを反省し、事故らなくて良かったと警察に感謝して(本当にです)、その後は車列に続いてトコトコと。

到着した秘密の練習場ですが、
いつもは5kmくらいを小一時間かけ低速でクルクルとグネグネと練習していて、最近になってようやく「8の字GP」を安定して回れるようになってきたところでした。

なお「8の字GP」はこれデス。

http://jage.jpn.org/ia/intro.htm

最初のうちは何度も繰り返していると自分の運転で軽く酔っていましたが、
視線の送り方を変えて何とか慣れてきました。

しばらく練習していたら、
いつも誰も居ないはずの暗いところになのに、怪しいクルマがグルグルと周囲の道路を何度も回っていることに気づきました。

いよいよ闇練がバレてしまったか?と警戒し、エンジンを止めて暗闇に溶け込み、息を潜めていましたが、
観察してみると、どうやら車種的にカーシェアらしく何となくですが運転の練習をしてるようでした。

頑張って上手くなってね。

暗くて誰も来ないところで「考えることは皆おなじ」です。

ちょっと気が散ってしまったのとエンジン止めたので練習を切り上げて、月明かりでバイクの写真(冒頭のやつ)を撮り、
身体も冷えてしまったので帰宅することにして、いつものスーパーへ。


おせち料理の予約が始まってましたよ。今年も過ぎるの早いなあ。
歳をとっただけじゃないと思います。

なお、行きつけの店舗だけなのか、チェーン全店で共通なのか知りませんが、閉店アナウンスで流れる曲がこれ

「somewhere out there」


この曲、大好きです。



あのスピルバーグによるアニメ映画「アメリカ物語」のメインソングですが、
設定や歌詞的に劇中では、これも月を見上げて、というシーンで流れる歌で、槇原敬之の「遠く遠く」みたいな感じです。(彼のクスリの件は、まぁ横に置いておいて)

「遠く遠く」

https://youtu.be/XIQHcECoDgk

そんな音楽が流れる午前0時の閉店直前に酒とツマミを買っていく、似合わない革ジャンと革パン(見た目はジーンズの例のやつ)を纏った、若白髪の多い謎の中年男性がまた来たよ。

そんな噂されているかどうかは知りませんが。





11/18に解禁された今年の(ヌーボー)を入手するだけ、のつもりが余計なものまで買ってしまって。



奮発して「ヴィラージュ」のほう呑んでみたけど、あまり好みじゃなかったのが残念。今年の出来が悪かっただけ?
900円と1200円の価格差は分からず。これならこれまで通り普通のでいいかな。

定番のカベルネ系よりメルローとかピノ・ノワールとか、フルーツ感が残ってるワインが好みなので、若いワインも抵抗ありません。


結局、買ってきた酒は全て空けてしまいました。

柚子のクラフトチューハイ美味しかったけど、それが余計でした。

少し酔いすぎた勢いで、あれコレとみんカラのコメントしたりやってたら、11/6に投稿した自慢のブログが消えてしまいました。(バイクの動画のやつです。)

復元できず、下書きも発見できず。

またあのフランス語翻訳するのかよ、と憂鬱になるも、
Google先生のWEBキャッシュのお陰で、なんとかテキストデータはサルベージできたので、いずれまた投稿します。

そんな「月の魔力」にやられてしまった夜のお話でした。



既視感(きしかん)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる現象である。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A2%E8%A6%96%E6%84%9F



ルナティック

英語で狂気を指す語句。かつてのヨーロッパ圏の文化で月(ラテン語でルナ)が人を狂わせるとされたことに由来。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

Posted at 2021/11/22 12:37:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2021年10月27日 イイね!

「シンクロニシティ」だったのかもしれない。


諸々あって長らくモヤモヤしたまま何も出来ず、皆さんの投稿でスルーしてしまったものが多々ありますが、少しづつ調子を戻していければと思っています。

過去の投稿に激遅なコメントさせていただくことがあるかもしれませんがご対応よろしくお願いします。

以降、気分ノッてるので長文です。




6/10は「下請法」の講習を受けるため稲毛海岸の近くにある千葉市教育会館というところへ行ってきました。

自宅からの直線距離が30㎞ほど。電車とバスでの移動距離は40㎞くらいのところですが乗り換え含めると100分以上かかります。

自動車で下道なら確実に2時間超え。
新幹線で名古屋まで行ってホームで「きし麺」を食べることができます。(リニア開通したら半分?)

長らく千葉県の道路行政は酷い状態でした。

成田闘争の影響で土地収用委員会が機能してなかったためですが、最近になってようやく動きだして溜まってた鬱憤を晴らすがごとく逆に凄い勢いです。

就職で上京してきて以降、チーバ君の鼻の根元付近(東葛地域)になんとなく住み続けていますが、
とにかく道路事情が最悪なため、東葛地域から湾岸沿いへの移動は交通的な「鬼門」だったので、これまでほとんど縁がありませんでした。
https://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/kids/chi-bakun/sorakara/midokoro/toukatsu.html



遅刻癖があるので早目に移動して昼飯

船橋東武百貨店のデパ地下で、ラーメン屋の圧力鍋がシューシュー言ってました。

「百貨店」や「デパート」というところ。近頃は全く縁が無くなってしまいましたが、たまにはいいですね。
やはり「良いもの」は置いてあります。

幼少の頃、週末となると美術館や展覧会好きの母親に連れられ、群馬の太田市から電車に揺られはるばる都内に出てきていましたが、その時に立ち寄るデパートが楽しみでした。

北千住、上野、銀座、新宿と池袋辺りの松坂屋や三越や丸井など。

もっぱら玩具コーナーか本売場で「※※の秘密」といった種類の本を読み漁るのが幼い自分のルーチン。

休憩コーナーに置いてあったパソコンで初めて「テトリス」をプレイしたのは北千住のルミネでした。

各地で苦境にたたされているデパートですが、郊外のショッピングモールに客を取られてしまっていることだけでなく、支えられる街の活気というか、住民の経済力に余裕がなくなってきていることが大きいかと思います。

なかなか難しい時代になりましたね。
自分だけでなく日本全体に余裕がなくなってきていることが非常に残念です。



本題に戻ります。


路線バスに揺られ団地の風景を眺めていたら、
途中でトヨタのレア車「iQ」が黒白の2台連続で追い越していきました。


なんという偶然。


バス終点の「稲毛海浜公園」を少し散歩していたら、


爽やかな風景でそのままサボりたくなってしまった。


潮が戻り始めていたタイミングでしたが砂浜には他国の言語を話す皆様が潮干狩り、もとい密漁中

とやかく言われますが、違いは目立つかどうかだけで一部の日本人も概ね似た感じです。

同じ悪いことするにしても「程度」というものがあるでしょうに。


ところで、波打ち際には小石がたくさんありました。

河口でもないのに珍しいと思ったら、
この海岸は人工の埋め立て地ということを後で知りました。

もしかしたらそれが関係してるのかもしれません。

遅れないように会場へ移動しようと後ろ髪引かれつつ振り返ってみたら、白い雲の浮かぶ青い空に連凧が見えたので、近くまで行ってみました。


ヒモが繋がっているので地上付近と上空で風向きが違うのが良く分かります。

近くに居た方に話を聞いてみたら、これで107枚の長さ約200mとのことで、
場所は違うものの過去に最高800枚まで揚げたことあるそうです。
計算上はリードが1.4kmですよ。いやはや凄い。

凧も航空法にひっかかるので空路の下では無闇に揚げられないけれど、稲毛では特に規制が無くて海風も丁度良い場所、とのことでした。

そういえば、オスプレイ騒ぎの時に凧で妨害してた輩がいましたね。最近では自衛隊機にレーザー照射とか。さすがに捕まってましたが。

それであとで知ったのですが、この連凧を揚げていたのは凄い有名な人でした。

ヒントは「青」と「雲」です。



午後の一番暑い時間帯に汗かきつつ歩いて講習会場へ。

なんだかんだ自分は歩くの大好きです。
5月に豊橋へ出張したときも駅前のホテルから取引先まで、歴史ある用水路沿いを20分ほど歩いて3日間通いました。


そのときに歩いたのは「牟呂用水」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9F%E5%91%82%E7%94%A8%E6%B0%B4




到着した講習会場は昭和な建物でした。なんだか懐かしい。


子供の頃は読めなかったやつ。

ちなみにキャンプ用でこんなの。

https://dailyportalz.jp/kiji/teiso-peg

こういう面白いこと思いつくのすごいな。



肝心な下請法の講習は2時間ほどで終わりました。

ほぼテキストとパンフレットを担当官が読みあげるだけでしたが、鈍りきってバカ(役に立たないという意味)になっていたアタマには有難かったです。
事前にテキスト読んでも理解できてなかったことがありました。

居眠りしてた人がいたので普通の感覚では退屈だったようですが。

本当は都内で受講したかったのですがコロナ感染対策で1会場に1社1名のみ。このご時世なのに何故かオンラインの開催なしという状況でした。(九州などではオンライン実施されるのに)

本来こういうのは下請けになる側の中小企業がターゲットであって、発注側の会社は自前で社内の講習会でやるべきなのでしょうけどね。



写真は撮りませんでしたが、如何にも「教育会館らしい」雰囲気の「生徒を戦場に行かせない!」という趣旨の展示がありました。

去年からのコロナウィルスへの対応は命を奪うのではなく守るためですが、
人生のうちでかけがえのない時期に子供たちへ必要以上の我慢を強いてしまい、どうやっても取り返せない貴重な時間と経験を奪ってしまいました。

誰も遭遇したことのない事例で対処は難しかったのかもしれませんが、大人が判断を誤ってしまい結局は同じようなことを繰り返してしまったんですね。




稲毛から職場に戻っても帰宅しても2時間近くかかるので、16時で業務終了を宣言して再び稲毛海浜公園へ歩きました。


話題の「ナンバー付き電動キックボード」を発見。
ちょっと試してみたかったけどLINEを使ってないので利用登録できず。


途中の稲毛記念館(資料館)に寄って、ここ稲毛海岸が人工の埋め立て地ということと、


民間の飛行場が開設され、所沢のアンリファルマンと同時期で日本の航空史の初期に飛行機が飛んだ場所だということを知りました。


昔は海岸が国道14号のところにあったのが海側へ2.5㎞ほど造成され団地が建てられています。


埋立地ということで、こういうことが起きてしまうようですが。


工事が昭和40年代から50年代ということは自分が生まれた頃とほぼ同じ。

なんだか妙な縁があったようです。


資料館の展望室へ上がってみました。


昔は海だったのが40年ほどで立派な松林になっています。



下りはいかにも「昭和なデザイン」の階段で歩いて1階へ。


こんな展示をやってました。


いろんな凧がたくさん


昭和な絵の凧を発見。
若い人は知らないでしょうね。


置いてあった資料のお名前で調べてみたら、

https://m.facebook.com/chikakuni.haruta


あの「青雲」のTVCMで連凧をあげた凄い人でした。

https://twitter.com/nipponkodo_jp/status/1305348644451672066?s=19

これも昭和ですね。


せっかくなのでお土産を頂戴しました。

ミニ凧を揺らす変なオヤジが歩いて海岸へ向かうと


まだ夏前だったのに海に入ってる人が居ましたよ。


砂浜のベンチに座って海を眺めていたら、隣のベンチに女子高生たちが荷物を置いて裸足で波打ち際へ飛び出していきました。


嗚呼、青春だ。

「映える」写真を撮りたかったようですがタイミング合わなかったのか何度もジャンプしていて、
「動画で撮ってから静止画を切り出せるよ」と教えてやりたかったけど我慢しておきました。

どう考えても通報されてしまうし。

一頻り騒いで砂まみれの女子高生は帰っていき、残された冴えないオッサンは独り砂浜で落日のタイミングを待ちます。


夕日を背景に砂浜を走る高校生カップル、の図

若いなぁ。うらやましいなぁ。



綺麗な夕焼けに見とれて帰りのことをすっかり忘れ、もしかしたら駅まで歩かないとダメか?と焦ったのですが、バスは22時台まで走ってました。

海岸のギリギリまで住宅地なんですね。
津波と液状化と塩害(自動車の敵)のことを考えなければ良いところですよ。

帰宅するまでまた約2時間。
距離は大したことないはずなのに本当に遠い。

すっかり忘れていたけど、
その週は残りあと1日。
ほどほどに頑張ろう、と思ったのでした。

〉〉

これで稲毛海岸が気に入って、
5日後に子供たちと遊びに行ってしまいました。




以下wikipediaより

シンクロニシティ(英語:synchronicity)とは、ユングが提唱した概念で「意味のある偶然の一致」を指し、日本語では主に「共時性」と訳され、他にも「同時性」もしくは「同時発生」と訳され場合もある。例えば、虫の知らせのようなもので因果関係がない2つの事象が、類似性と近接性を持つこと。ユングはこれを「非因果的連関の原理」と呼んだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

この歌は少し意味を違って解釈してますね。

https://youtu.be/f0wbnQw89J0

>>

似た話で、最近読み始めた本がなかなか興味深いので紹介します。

「時間とテクノロジー」 佐々木俊尚

これからしばらくネタとしてご紹介することになるかもしれません。

最近、紫教祖様の投稿へコメントした時に書いたのですが、下記で著者により一部がフリー公開されていますのでご興味あったらどうぞ。

https://note.com/sasakitoshinao/n/nfb9d0e04ef0e
Posted at 2021/10/28 22:44:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2021年10月27日 イイね!

同じようなこと思い出した。

このニュース見て思い出したことがあります。



1.4億円のレーシングカーが無残な姿に 
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/5bf5eb9c252454db705372516aa06f4b47ff0e28/?sid=cv


2005年だったか2006年だったか記憶が曖昧ですが、いつぞやの筑波サーキットでのロードスターパーティーレースで、ルマンを走ったマツダ787(もしくは767)がレース前のデモ走行した時に、
ロータリーの快音を響かせながら最終コーナーからの立ち上がってきたところで踏みすぎたのかスタンド前のストレートでスピンしてしまい、
リアからウォールにヒットしてローマウントのリアウィングを壊してしまったのを現地で見てました。

音だけでスピードはそれほど出してなかったので破損は最小限で済んでいましたが、関係者が車体を囲んで深刻そうな顔をしていたのが印象的でした。

どこかにその画像があったはずなんですが、ストレージにしまい込んでしまい出てきません。もし見つかったらまた書こうかと思います。

当時はSNS普及してなかったので騒ぎにならなかった記憶がありますが、今だったら大騒ぎになるのでしょうか。

これを書くのに当たって調べてみたら、767Bが2015年にグッドウッドで大クラッシュしてたとのことでしたが全く知りませんでした。

https://response.jp/article/2015/06/28/254394.html

なお、廃車にはならずクラファンのパワーでなんとか復活したとのことです。(個人所有だそうです。これも知らなかった)

Posted at 2021/10/27 23:45:12 | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年10月26日 イイね!

ワクチン接種後の生存報告3(なんとか乗り越えた)

副反応が強めに出やすいと言われる新型コロナウィルスのワクチン接種2回目から45時間ほど経ちました。(モデルナ社の「コミナティ筋注」)

昨日は夕方から38℃台に体温が上昇し深夜まで続きましたが大事には至らず。今朝も微熱はありますが峠は越したようです。

現在の状況ですが、
ほとんど寝ていただけなのに非常に疲れています。

ワクチンによりスパイク蛋白を強制的に生産させられ、同時進行で抗体生成を行ったため、何もしてないのに身体がフルスロットルで動いてた感じですが、感覚的に通常の風邪とは違い回復は早そうです。

また、
異常に腹が減って無駄に食べてしまい、それに加え高い体温が長く維持されたことで腸内の活動が高まったらしく、やたらに【屁】が出つづけていて、家族から「ウ○コ臭い」とクレーム付きました。
別に漏らしてないのに。

あとは、
家系的な爆弾である心臓への影響ですが、幸いにして初日の夕方以外は目立った症状は出ていません。
しばらくは激しい運動を控え様子を見ることにします。

とりあえず、ワクチン接種後に容態が急変して、という最悪の事態は回避できたようです。

お騒がせしました。



Posted at 2021/10/26 09:37:19 | コメント(3) | トラックバック(0)
2021年10月25日 イイね!

ワクチン接種後の生存報告2(というか昨日からの日記)

副反応が強めに出やすいと言われる新型コロナウィルスのワクチン接種2回目から29時間ほど経ちました。(モデルナ社の「コミナティ筋注」)

昨日は風邪のひき始めのような感覚で、どうにかなりそうだけどダルくて動きたくない、という感じでした。

夕方に眠気が来ても何となく眠れず、


東大柏キャンパスの一般公開のオンライン講義を聴講してみたり。
北極海の氷は海面下で成長するんだそうですよ。てっきり上に積もった雪が圧縮されてるのかと思ってました。

さすがにアルコールは控えて寝ましたが、前夜に観た007の影響で妙な夢を見て、発汗が多くて何度も夜中に目が覚めてしまい朝になってもボンヤリしたまま。

副反応による筋肉痛だけでなく寝すぎて身体が痛いのです。

先日、低反発マットを娘に盗られてスプリングベッドと布団だけになってたのが大きかった。

寝転がってても仕方ないので、休みのヨメさんとアリオ柏まで行って昼飯とトヨタ車の観察


これはカローラクロスの後ろ足ですがスプリングアッパーのマウントが思いの外きちんとしてました。
車高が落ちすぎた1007にこういうのを導入したいのです。

帰路に低反発マットを入手して寝転がると良い感じですが、
少し動いたらダルくなったので体温測ったら37.9℃と大台の手前まで上昇してました。

今夜が本番のようです。
明日の朝が来ますように。


Posted at 2021/10/25 17:25:44 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「昨日ほどではないものの強めな風の中、グライダーが曳かれながら離陸していきましたが
、かなり機体がシェイクされてました。」
何シテル?   11/28 12:43
10年以上の大幅な周回遅れで、 遅ればせながら、みんカラ始めました。 両親が富士重工勤務だった影響で、 ドライバー人生の前半はスバル漬けでした。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/11 >>

 123456
78910111213
141516171819 20
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

ジブリが無料配布 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/25 08:38:23
『夜の女王のアリア』(魔笛)の歌詞をカタカナにしてみた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/06 12:21:13
✨洗車 10-2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/10/29 15:33:24

愛車一覧

プジョー 1007 ぷじょさん (プジョー 1007)
2006年の秋に新規登録から1000kmくらいしか走ってなかったものを正規ディーラーで中 ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
最終のV型、グランドグリーンメタリックxパールオルティアホワイト(ツートン)のモデルです ...
スズキ その他 スズキ その他
クルマではなくてバイクですが、ジェベル200に乗っていました。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ホワイトマイカ3台目。 個人売買で横浜の2000GT所有のお大尽から譲り受けました。 自 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.