• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

スパーダe:HEVのブログ一覧

2020年03月26日 イイね!

俺は声ガ―!がしたい(笑)

ポチガー。
ウチガ―。
って言葉があることを、つい最近知った無知なオサーン。
今年で44になります。

これを見ていると、声ガ―がしたくなる。
「Ok!グーグル!左スライドドア開けてっ!」
の声でガ―って開いてほしい(;'∀')

調べても調べてもネットには出てこない。
だから多分できないんだろう(笑)

というわけで部品発注(爆)

今の計画では、インチング対応の12VのWIFIのスマートスイッチリレーモジュール。

eWeLinkというアプリ

IFTTTというアプリ

Google Home

そしてポチガーの配線知識。

これらを駆使すれば、ひょっとしたらできるかもということで。
今週末は先に、インテリジェントルームミラー作業。
後方視界特化型カメラとモニターを取り付けます。
(多分リアハッチの中を這わさない手抜き仕様(笑))

来週は、声ガ―開発着手ということで(;'∀')

もし出来なかったら。
ブログにもパーツレビューにも何も書きません。
何も報告が無かったら、失敗したんやなこのオッサン!
と思ってください( ;∀;)

ちなみにIFTTTというアプリ。
これは便利。
超簡単なプログラミングみたいなもんで。

家のリビングルームではフルに駆使中。
自宅の照明の調光から調色。
そしてエアコン操作。
テレビ操作等にフルに活用しています。

家の照明は、ただの電球のON、OFFの操作ではありません。
天井の備え付きのダウンライトすべてが調色で白色→電球色にも
音声操作で行います。


調光もONOFFももちろん。

テレビのリモコンもほぼすべて音声操作。
例えば、番組表→カーソル操作→決定操作などなど。
Posted at 2020/03/26 14:28:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月24日 イイね!

車内音声操作化・車内wifi化 完成!

車内音声操作化・車内wifi化 完成!タイトル画像は、
ギガ無制限のTHE WIFI。
(先述ですが、クラウドSIMタイプの速度制限無し。容量無制限モバイル。)
とGoogle home mini。
Google nest miniは、AC電源仕様で、
USB給電ができないので、一世代前のhome miniを敢えて選択。
Google home miniのアナ雪仕様なので水色。
お値段3300円。
Google home miniは次世代のNest miniに切り替わるので、
お求めの場合はお早めに。

Amazon echo系、Fire stick系で構築する場合は、
USB給電の小型AIスピーカーが数社から出ているので、
色々と選べます。

写真の場所に設置したく、AC電源は配線が這うのでパス。



一列目USB電源オプションをつけたのもこのシステムを構築したかったからです。
カーメイトの滑り止め防止マットを設置しました。

ところでこのWifi。
電波をつかむのに起動から1~2分かかるところ。
電源オフの状態からだと、いちいち電源ボタンで電源オンにしないといけないところ。
パーツレビューで先述ですが、これがFuji wifi等の機種に劣る部分ですね。



フロントテーブルをつけて、
そこにChromecastを設置。
フロントテーブルをオプションでつけて、
Jasbyのパネルと、JasbyのUSB電源ケーブルを面倒なことを頑張ってつけたのも、HDMIケーブルをオプションでつけたのも。
クロームキャストを置きたかったから。

車内の快適なWifi環境とともに完成しました♬

GooglehomeとChromecastの初期設定に関しては、
両方ともGoogle homeアプリを用いれば簡単にできますっ。



インターナビ画面にChromecast開通の瞬間です。

音声操作でGoogle play musicの4000万曲
You tube musicの曲をインターナビ画面上に再生できます。

運転中に選曲の操作をすることなく、ステアリングリモコンを操作することもなく。ナビ画面を注視することもなく。
音楽をかけることができます。

「テレビでYou tubeの白日をつけて」
と言うと、インターナビの音声認識とは全く別次元のレベルで音声認識をし、
画面が切り替わります。





音楽が再生されます。
画面にはプロモーションビデオも表示されるという♬

もちろん曲だけの再生も可能です。
曲はGoogle homeのスピーカーではなく。
もちろん車のスピーカーを介して再生されます。

「OK!Google!Netflixで、鬼滅の刃をつけて」
と言えば。





こーんな感じで鬼滅の刃が再生されます。
ギガを気にすることもありません(;'∀')

通信速度は今のところは問題なく稼働しています。


カロナビとかだったら、もう少し安い通信料で。。


さらに、Nature Remoや、IFTTTというアプリを用いて。
インターナビのリアモニターのリモコンの信号を読み込ませれば。
ある程度インターナビの音声操作も可能になるかも??

そこまでやるかは未定(笑)

最後にまとめます。
1:ギガ無制限
2:音声操作で動画、音楽を楽しむ。
3:音楽は車のスピーカーで流す。

Posted at 2020/03/24 18:48:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月21日 イイね!

エンジンオイル考

エンジンオイルは、私的には初回は3000kmにて交換します。
私の大好きな(;^ω^)ホンダカーズ野崎のてんちょ様の情報によりますと。
(ホンダ車オーナーでもないクセに、)

ホンダの新車には、NEXTやLEOが入っているわけではなさそうです。
3000キロ時点でのエンジンオイルの状態も良いらしいのです。

その新車時投入のオイルは、新車時点でのなじみを良くする添加剤が入っているらしく。
しかもそのオイルは、毎年モデルチェンジ進化しているという。

3000キロ程度でのオイル交換が推奨されると。
1000キロ時点ではちょっともったいないかもしれないとのことで。。

私の場合は、
3000キロに到達次第、まずNEXTに交換します。
エレメントとNEXTはもう入手済み。




とあるホンダ車種のハイブリッドのオーナーさんが、
ホンダ純正はSNだ!ちょっと一個前の規格のもんです。
といってSN-Plusを入れる!と仰っておられましたが、
それはちょっと間違い。
入れて悪いというものでもないのでしょうけど。

もうすぐ、SP GF-6規格が出る。
そちらが出てきたら、ハイブリッド車に対応するものも出てくるだろうから
そっちが本命。

SN-Plusは、LSPI対策のみされていて、
タイミングチェーン摩耗対策はされていない。
LSPIに関しては、直噴ターボエンジンでもないので、
LFAエンジンでは気にする必要ないでしょう。
(LSPI:直噴ターボエンジンに発生する低速でのノッキング)

LFA型式のエンジンはタイミングチェーン方式だが、
タイミングチェーンの摩耗対策をしているのがSP GF-6規格。

しかも、GF-6規格ではさらに省燃費性能が向上するとのことだから。
そっちが本命でしょう。
開発はある程度済んでいるようで。
テスト走行では、省燃費性能は実感として燃費が上がるほどのものらしい。

(※新規格のGF-6B規格の0w‐16については、適応しない車種については使用しないように推奨されるそうです。)

(ややこしい話ですが、GF-6A規格のエンジンオイルはGF-5規格に対しFEI2:96時間後の燃費向上率で0.5%、FEI SUM:16時間後の燃費向上率と96時間後の燃費向上率の合計で1.0%の改善レベルが合格値らしい。さらにGF-6B規格になると、それぞれ0.2%、0.3%の向上が求められるらしいです。)


ホンダカーズ野崎のてんちょ様のブログにも出てきたけど、
オイル交換を怠り。約2万キロ。
大量のスラッジを含んだオイルによって引き起こされた
タイミングチェーン摩耗でタイミングチェーンの表面が光っている映像が出てくる。
とにかくまめに交換していくことの方が重要そうやね。

ホンダのいうエンジンのシビアコンディションは、日本のある程度の都会で生活している人にはほぼ該当するものと思う。
シビアコンディションでは5000キロまたは6か月毎。

15000キロ毎とか12000キロ毎とか書かれているのは。
あくまでノーマルコンディションで、エンジンが壊れず走ってくれるという意味。
エンジンのコンディションを良好に保つには、やはり3000~5000キロごとの交換が推奨されるそう。

ホンダの説明も、各自動車メーカーの説明も!わかりにくいよね。
もっと解りやすくホンダさんは知らせてくれたらエエと思うのになぁ。

あと、ドレンボルトとエレメントの整備書の締め付けトルク。
営業さんに教えていただきました。

ドレンボルト:4kgf・m
オイルフィルター:1~1.3kgf・m

最初のオイル交換以降も5000キロ毎には替えていこうっと。
GF-6規格はあと数か月だから、2回目のオイル交換の時には試せるかなぁ。
楽しみです♬

本日も夜間の走行が多く、高速無しですが、
幹線道路中心で、リッター18キロを超えました♬
Posted at 2020/03/21 19:49:21 | コメント(2) | 日記
2020年03月21日 イイね!

車内Wifi化計画

旅行がしたい。
車中泊もトライしてみたい。車中泊したことないけど(;´∀`)

せっかくのハイテク車。
ハイテクにしたい。
というわけで、前々からやってみたかった
Google Homeの車載化。

Google Homeは、Amazon echoよりも、実際に使ってみて音声認識に優れる。
家にAmazonechoも二台置いてある。
Google homeのほうが優秀なので、つねにGoogle homeを利用し、
Google play musicに加入した。
これが月額980円。
毎日のように家での音楽再生に使用しています。

Android autoの説明では、
「再生、Let it Be」
「再生、フランク・シナトラ」
「再生、カントリー ミュージック」
「再生、「夜のドライブ」プレイリスト」

という音声操作で約4000万曲の再生ができる。
家でも「Ok!Google!白日を流して!」
と言えば、即座に流れてくる。

CDをデッキに挿入したり。
ナビ画面や、ステアリングスイッチを操作したり。
その際にナビ画面を見るということをなくしてみたい。
車で使ってこそ、Google homeは最高の使い方ができると、
前々から思っていました。
そのためにHDMIケーブルをつけています。
クロームキャストを実際に接続するテストは週明けにやってみます。

Net Filixも家族が毎日のように使っています。
それも試してみたいのですね。

ところで。
問題のWifi。
WIMAXにするべきか。
4G/LTE通信のものにするべきか。
クラウドSIMタイプの使い放題にするべきか。

クラウドSIMタイプでも移動中は電波の切り替わりの時に若干の速度低下があるらしいけど。電車移動中も基本問題なく使えるようだし。
WIMAXはベストエフォートでの速度は高いけど、
クラウドSIMタイプでも実効速度は変わらないとのこと。
WIMAXはトンネルでの電波が。。との意見があったので。
WIMAXは今回はパス。

これ関係はまったく詳しくないので(;´∀`)
色々とネットで調査してみてるんです。

Fuji wifiの100Gプラン。
月額3280円。
4G/LTE通信。



なんとこの端末。
USBの給電のON、OFFで!
自動的に端末の電源がついたり消えたりするらしい?
ネットに書いてた。
つまり、エンジン始動で自動的に端末がON、エンジンを切ると端末の電源がOFFになると。
クレードルも別売であるので、車載向き。
一日で3G、三日で10Gを超えると速度制限ってのもない。

25Gプランなら2480円なんてことにも。。
クラウドSIMプランで使い放題なら、逆に3980円。

Fujiも使い放題プランは、
クラウドSIMに対応した端末になるので、
結局上記のエンジン始動でONの端末で無くなるし。
月額使用料も3980円なので、約4000円かぁ。
と思いながら。

Fuji wifiは契約期間の縛りも無し。
と来たもんだから。やっぱり最右翼。
みんカラにもユーザーがいらっしゃる。
実績があるのもいいですね。

通常の使い方なら、
Fujiの25Gプランで十分だと思います。


と思いながらも。
やっぱり使い放題がいいので。
THE WIFIを契約ww
人柱、人柱。

月額3480円のクラウドSIM型。
で、一日制限なし、三日容量制限なし。
使い放題。
Fujiより500円安い。(Fujiも年間契約払いなら3480円)



デメリットは、電源を端末サイドのボタンで毎回電源をONにする必要がある。
ONにしてから、電波をつかんでネットにつながるまで、約1分くらいかかる。
現状の端末は5Gには対応していないが、もしかすると。。
いずれ5G対応になる可能性があるので、事務契約手数料を払えば、
現レンタル端末を返送し、新端末に入れ替わり、5Gになる可能性あり。
(現状いつ5Gになるかは未定)

解約は2年以内は違約金発生。
二年以降は、更新月でなくてもいつでも解約金無しらしい。


どんな〇きもWifiは、2月以降でちょっと不穏なうわさが。。
Twitterで多くのお方が怒ってる(;´Д`)
ということで、THE WIFIに決定しますた。。
吉とでるか、凶とでるか。。。。。。。。。

何よりもですね。
internavi自体がもっと進化してくれたら、こんなことせんで済むのになぁ。
頑張ってよ、ホンダさn。

海外メーカーでは、Amazon echoに話しかけると、
エンジン始動したりするらしいですね。
Fordやったかな。
Posted at 2020/03/21 02:26:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月17日 イイね!

セレナと比較検討

セレナと比較検討高い。
実はかなり良い。
便利。
ホンダの宣伝が下手。(いい車なのに)
万人受けする内外装のデザインを作ることができないホンダ。
e:HEVって意味がわからん。e powerの方が理解しやすい(笑)
Posted at 2020/03/17 22:43:37 | コメント(0) | クルマレビュー

プロフィール

「20000ポイントキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
何シテル?   03/24 23:42
はじめまして。 スパーダe:HEVです。よろしくお願いします。 2020年3月納車されました。 快適装備やメンテをDIYで頑張ります! 車中泊仕...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

わくわくゲートへドライブレコーダーの取り付け2/4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/28 17:07:20
ポチガーのブルーイルミ【仮】接続(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/28 14:57:25
ポチガー取り付け(助手席側編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/28 14:57:17

愛車一覧

ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッド ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッド
ホンダ ステップワゴンスパーダ e:HEV 100v 1500w電源仕様。 初車中泊を ...
ホンダ マグナ50 ホンダ マグナ50
走行距離不明的な 中古マグナフィフティー 原付 車ホンダ+バイクもホンダ になりました。 ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.