• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

鉄狼のブログ一覧

2018年02月24日 イイね!

タウンビーとの出会い

タウンビーとの出会い去年の9月のお話し。

キューブが思いのほか安く購入できて、予定してた金額に少し余裕があったので・・・もじ(´pq`*)三(*´pq`)もじ

も、もう一台、安くて古い軽を買っちゃおっかな~~~?

と思いついたらあらたいへん!もう走り出した気持ちは止められにゃい!

狙いをつけていた軽自動車で比較的年式古くて安価なものをピックアップしたあたいなにょだった!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

長い間、車をいじったりする時間が持てないまま、仕事用&移動手段と割り切って所有してきたけど、もともと若い頃はあれこれ自分で内装を変えたり、カッティングシートでカラーリングなど施してカスタマイズするのが好きだったので、(注:高価なパーツで改造した走り屋とか、ど派手にドレスアップするタイプではにゃい)久しぶりに車に対する欲求が高まってしまった・・・わざわざ古い車を自分で手を加えて所有したい、乗りたいと思うのは長年抑えていた気持ちの反動か・・・古い車なら手を加えるのも躊躇なくできるし失敗しても後悔ないということさ~。

そんな気持ちでいつもの夜間ウォーキングコースを歩いていて途中にある中古車屋さんを歩きながら眺めていたら、赤いちょっとクラシカルなデザインの軽自動車が隅っこの2列目に控えめにたたずんでいたのでした。「あれ、なんだ?」

かつてはフロントマスクのグリルの一部を見ただけで車種やグレードまで当てることができた時期もあったけど、2000年代以降の車種はあまり興味がわかずめっきり疎くなっていたにょで、一瞬でなんの車がわからなかった。それでもメーカーオリジナルなチューニングカーとかカスタマイズされた特別仕様車なんかはチェックしていたのに、これは知らなかった。近づいて見てみると『コミコミ12万円!』(諸費用込で12万円の意味)のPOPがフロントガラスに貼られていて車名を見ると『三菱ミニカタウンビー』・・・(@。@)たうんびい?

あーーーーー!?TownBeeか!

三菱ミニカのフロントグリルやライト、テールランプ等や内装をクラシカルアレンジしたある意味”メーカー純正の改造車”(笑)なにょだ!

1980年代後半に日産Be-1やフィガロ、パオ等で始まった既存のシャーシを流用したレトロコンセプトカーの流れに乗って各社軽自動車にクラシカルバージョンをラインナップするようになって、僕もその手の車は大好物なにょでチェックしていた。その中でミニカタウンビーの初代は知っていたけど、この型のミニカにタウンビーが加わったのは、後で調べたら2000年ということだから僕が車に興味が薄れ始めた時期で、知らなかったわけだ。

んでこのタウンビーになぜ目が留まったかというと、他のレトロコンセプトカーは多くが、BMCミニやシトロエン2CV、ルノー4といった古い欧州車の雰囲気(またはディテール)を踏襲したデザインなのに対し、タウンビーのフロントマスクはどの車とも違って、少なくとも僕の知る限りでは似ている車が見当たらない。”他と違う”というのがとても大事なファクターである僕の好みに合ったというわけでござる。

家に帰ってからネットで調べたら、不人気車とかブサカワなんて表現で揶揄されていて決して主流、本流ではないという素敵な事実が確認されて背中を押された(笑)

たしかに美人ではないけど、無性にかわいい♪そんな感じどすえ。



ネットで見積りをとって電話をした。

買った。

妻にはナイショ(笑)

古い車だし人気車じゃないからタマ数は少ない、いま乗らなかったら将来は乗れない、国内には無くなってるかもしれない、そう思ったら今しかないと思うのはおかしな考えじゃないじゃろうて。(←なじぇ急に村の長老?) 維持費も安い軽自動車ならなんとかなるじゃろう。なんともならなくなったら泣く泣く手放せばよかろう!(よくないけど)。

車輌本体はなんと5万円!車検含めた諸費用込みで12万円ということで、まあ乗り始めたらあちこちガタがくるんだろうな~と覚悟してたのだけれど、今のところ大きなトラブルもなく元気に走ってくれてる♪古い車らしく、ややミッションからのノイズが大き目だけどそのうちミッションオイル交換などしようかな。坂道などでトルク感がやや不足してるけど平地でのエンジンの吹け上りは小気味いい。

なによりも乗った瞬間の違和感がほとんどないのがいい車だと思わせてくれた。このドライビングポジション、シートに座った時のフィーリングというのは人それぞれが持つもので一人ひとり違って当然だから、しっくりくるのは僕だけなのかもしれないけど、その車が自分に合っているか合っていないかというこの感覚は車に乗った時、すごく大事なものだと思っています。


↑大きなラジエーターグリルと片側縦2灯の特徴的なフロントマスク


↑木漏れ日の中のタウンビーにゃん♪


↑斜め上から見たタウンビー



たぶん、特別なタウンビーファンと僕以外の人から見たら、なんてことない車なのかもしれない。どちらかというとミニカを元にして不細工にしちゃった失敗作と一般的には言われてるかもしれない、実際そういう記事も見たけど、僕はとても気に入ってしまったにょ。



納車された日、嬉しくてあてもなく近くを走り回って名残惜しい気持ちでマンションの立体駐車場の一番下の段に停めて地下に沈んでいくその姿をニンマリして眺めている自分に気づいた時、こんな気持ちで自分の車を見るのは久しぶりだな~って思いました。それは子供の頃、

「もうすぐご飯だから片付けなさ~い」

と母に言われて、気に入ったおもちゃを名残惜しく見つめていたあの感覚を思い出したのです。
Posted at 2018/02/25 09:05:27 | コメント(0) | 日記
2017年11月02日 イイね!

よろしくキューブくん

よろしくキューブくんタントくんを廃車したあと、さて何が我が家に嫁いできたかというと・・・
我が家史上初の日産車でもある キューブ!

しかも現行のタイプではなく、僕が探していたのは『2代目中期型』と言われる、丸目2灯のその内側に小さな丸いポジションランプ&ウィンカーが配置されたフロントグリルを持つDBA-BZ11という型式番号で呼ばれるやつです。その中の14S Vセレクションという仕様。
1400ccのコンパクトカーながら、軽自動車ではない普通車となると、2006年に手放したマツダ・プロシード・マービー(2500ccガソリン車)以来で、マービーにしても購入は1995年頃だったので今から20年以上前に製造された車です。今回購入したキューブがマービーを手放した2006年が初年度登録なわけで、その差10年というとかなり装備などで違いが見られます。人間でいうとジェネレーションギャップってやつでしょうか?車のデザインにも流行がありますし、時代の流れに合わせて定着してきた装備などもあります。
 そんな浦島太郎状態の僕が最初にあたふたしたのはジャカジャン♪
 きーーれすえんとりぃーーーーーーーーー!(←ドラエもんふうに読んでくだちゃい)
キーを差し込まなくてもエンジンを始動させることができる!
意味がわからない!(笑)
ど、ど、どゆこと?(・、・;)
離れたところからキーロックを解除するのなら、かろうじて軽のハイゼットやバモスホビオで経験してたけど、キーレスぅ?
中古車店のおにいさんに丁寧に教わってなんとか理解できたけど、いまだにまごつくのです。

 この型のキューブが世に出た時から実は目を付けていましたが、キューブにはMT車の設定がないことから今まで候補から外されていました。免許を取得してから約30年の間、僕は乗り継いできた車はすべてマニュアルトランスミッションでした。しかし世の中の主流がATになっただけでなく、ついに仕事で使う軽バンにさえMTが消えつつある昨今・・・しかも中古車を探すしかない経済状態の我が家でMTにこだわりつづけることが困難になってきたのも事実。約5年前、そんな貧困の中で(笑)「走ればなんでもいいから持ってきて」、と知り合いに頼んで入手したATのワゴンRで僕の中のこだわりの壁は崩れ落ちました。(T_T)
いつかまたあのマニュアルの楽しさに返り咲くというささやかな夢を胸に、AT車で妥協する決意をしてから、何かが決壊し(笑)選択肢が広がったことをいいことに(?)あれもこれも欲しくなってきてしまいました。
それに、「いつからそうなった!?」と驚愕したのが、10年を過ぎた車でも車検が一年ごとでなくてよくなった、ということ。仕事用の軽バンに乗っていたことで、自分の車に対する欲求を抑え、いかに車の情報から疎遠になっていたかということがわかりますね。多少税負担が加担されてでも2年車検で乗り続けられるようになったことも選択肢を大きく広げました。
話がそれましたが、キューブを初めて見た時、その後部ガラスの非対称デザインやどことなく不器用な感じ、武骨なスクエアデザインのボディに魅かれていました。それにヘッドライトが見た目はオーソドックスな丸目だということ。僕は特にコンパクトカーにおいては丸目が好きなので中期型までのキューブの”顔”が好きなのです。
そんなわけで、仕事に使うことで車種を割り切って選んでいた頃からすると、久しぶりに”欲しかった車”を購入した気がします。

購入価格からするとほんとにこの価格でいいの?というほどの状態です。今のところ大きな支障、トラブルも不満もないし、ボディにはところどころタッチペンで塗った跡がありますが、僕は小さな傷は気にしないので問題なし。前オーナーは大事に乗ってたんだな~とわかる綺麗な内装や操作感があります。
過去には乗った瞬間に「まあ、安かったからこんなもんかな?」と思わせる中古車もあり、乗って間もなくいくつかの故障や不満点が散見されることもありました。しかし、これは”当たり”かもしれません。もうすぐ購入後の走行距離が2,000kmほどになりますが、この先少しずつトラブルが発生したとしても、初登録から11年経過している車として仕方ないと割り切れる範疇です。
それにしても、僕の”普通乗用車浦島太郎”状態のせいもありますが、1400ccクラスでこの造り、この雰囲気というのは、正直驚きました。
 あらためて思うのは、キューブにマニュアル車がないのが返す返すも残念極まりないよカルロス! 
思った以上に燃費が良くないのが唯一の難点ですが、大きなトラブルや維持費に困窮することさえなければ長く乗りたいです。
購入前はあれもしたい、これもしたいとDIYで車いじりを楽しもうと思っていましたが、好きな黒基調で痛み・ヘタリも少ない内装に、ちょっと車に対して”遠慮”してる自分もいます。とりあえずカーオーディオ等コンソール周りから少しずつ着手したいと思っています。

Posted at 2017/11/02 11:00:07 | コメント(0) | クルマ
2017年09月21日 イイね!

さよならタントくん。

さよならタントくん。2014年10月からわが家にやってきたダイハツ・タント号。前任の鈴木わごなーる(ワゴンR)が任期満了(車検切れ)とエンジン不調(老衰?)のため、急きょ抜擢されて赴任してきましたが、当初から足回りに不安を抱えていて、まあ年も年だし、ドライブシャフト辺りの部品を換えてもらったりしてだましだまし乗ってきました。エンジンそのものは吹け上りもよく元気だったのですが、去年あたりからオイル、ガソリンホース、ブレーキフルードの漏れ等もあり、そろそろ退任かな?と感じていました。赴任当初はまだ僕が夜中に車輌持ち込みの配送業務をやっていて1日に100km以上走っていたので、どうやらそれも引退を早めた原因かもしれません。

↑初代タントのこの精悍で落ち着きのあるフロントマスクがお気に入りでした。
軽自動車でありながら異様なまでに広いキャビンは特に後部席に座るとその快適さに驚かされます。外観からして極端に短いフロントノーズと思い切って起こしたフロントガラスから後端まで続くルーフは、荷室を大きく取った軽BOXカーのスタイルに匹敵するものです。車幅こそ軽自動車の規格に阻まれていますが、室内の思い切った居住性は日本の小型自動車製造技術の賜物と言えます。こんな車造ってるのは世界でも日本人だけではないでしょうか?そもそも、外国人はこんなの造ろうという発想がないかもしれませんからね。ヽ(゜▽、゜)軽自動車の規格に文句つける前に、こんなん造ってみろや!と思うのですがね(笑)イタリアやフランスあたりは昔は魅力的な小さな車を作ってましたけど、こういう実用的な方向に振る意識は薄いかもしれませんね。
僕は体に似合わず、小さくて面白い車が大好きなので、仕事に使っていたということもありますが、維持費の安さも相まって軽自動車をたくさん乗り継いで来ました。積載量が減るにつれて1BOXにこだわらずに選ぶようにはなりましたが、たくさん積めるというのはやはり魅力的なんですよね♪タントくんは後部席をたたむと見事なフルフラットになって(このへんもよく設計されている!)これまた広大な荷室が現れます。

最近はブレーキディスクが限界にきて、ついにローターまで削り始めて走るとゴーゴーという異音がするようになり、あちこちガタもきてるし、車検や修理して乗り続けるよりは引退を決意、ついにお役御免となりました。

廃車業者さんに引き取りに来てもらって廃車手続きまで無料。いまや車はリサイクルできる資源ですからこうした業者さんもたくさんサービスを展開していますし、程度のいい車なら中古車として販売できるので下取りという形で買い取ってくれるケースもあります。ひと昔前なら車を処分するのに数万円かかると言われて尻込みしていたところですが世の中の移り変わりは早いものです。ありがたや、ありがたや。


こうして積まれてしまうと「やれやれ、こいつももうダメかな~・・・」と手を焼いたことも忘れて、感傷的になってしまものですよねえ。

ドナドナド~ナ~ド~ナ~♪
さよならタントくん。まだまだ使えるパーツとかリサイクルされてみんなの役に立つんだよ~?もしかしたら修理されて外国に行ってまた働くかもしれないね。がんばれよ~~!(つД`)ノ
Posted at 2017/09/21 14:35:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2013年11月10日 イイね!

てんてけてんのばりばり♪


今日は去年買った我が家のおんぼろわごなーる(正式名称:スズキワゴンR)くんのスピーカーを交換しましま。
昨夏、本田のバモちゃんが4年目の車検前に急にぜえぜえと息絶え絶えになったので、急遽元マツダ営業の知り合いに
「走って荷物載せられればなんでもいいから急ぎでつれてこいやぁ!」
と、ちうこしゃを探してもらってやってきたのがこいつ。
平成12年車だから安かったんだけど、人生初のオートマ!!
慣れないうちはよくしふとちぇんじの空振りをしていたっけ(笑)
しかも、いままでクラッチがあったその位置にぱーきんぐぶれーきがあるから、
しふとちぇんじしようとして踏んでしまうこともしばしばしばしばしばいぬ。

まあ、オートマにもなんとか慣れてきた頃、なだれのごとくいろんなとらぶりゅが襲ってきた・・・ま、それもちうこしゃの宿命だわね。
そういうもんだよね。
くるときはまとめてくる。
タイヤだ、ブレーキディスクだ、と出費がかさんだ。(°д°;)

んで、車に乗ってるときに欠かせないのが音楽♪
夜中、長い距離を走るときなんかはけっこう大きめの音で聴いてるんだけど、
もうずっと音がバリバリ割れてて
「あ~、スピーカー換えなきゃなあ」
とは思っていたんです。でも、忙しいってのは言い訳にしたくないけど、
こういうのっていつでもできる程度の作業だからって、
逆に後回しになってしまいますよね。
しかも、格安ちうこしゃだから、そこまで手をかけてやる必要もあんのかなあ( ̄_ ̄ i)、ってのもあってのびのびさろんぱすになってたわけれす。
でもでもデモ行進!
いい音で聴けないって、すんごいストレスたまりゅぅ~~~(((゜д゜;)))

今日やっと、晴れて(空は曇っていた)だっしゅぼーどのカバーをはずす覚悟ができました。
一見、どこからはずすのかわかりゃん・・・なカバーだったのだけれど、
細めのマイナスドライバーをねじこみ「うにゃ!」とめくればあれよあれよとはずれるではありませんか!
ま、想像していたとおりですけどね。
そんなことより、これを見てちょんまげ!(古っ)


どうです、こんがりよく焼けた大判焼き。。。ちゃう!
スピーカですよ、これ。
破れまくり!!Σ(゚д゚;)
指で触ったらぽろぽろと・・・干からびとんのか!腐食かっ!
こんなんでまともな音が出るわけがにゃい!
そりゃバスドラのタイミングでばふばふとまるで電気がショートするような音がするわけですわ!
しばじゅんやFayrayの美声がアメ横のオッサンみたくタンが絡んだようになるわけだ!
ちうこしゃとはいえ、毎日の足、相棒でもあるわごなーるくんに、
こいつをおごってやげやう!
でぇ~~~~~~~~~ん♪

KENWOODですよ♪
デッキもKENWOODだから相性はいいでしょ。
ピークで70W。むふふ。

配線して、カバーも無事取り付けて視聴♪
うへえ~~~~~~、ぜんぜんちぎゃう!Σ(=°ω°=;ノ)ノ
低音もしっかり鳴るようにスピーカーのボックスを自作しようかと思っていましたが、取り付け位置の下にはほとんどスペースに余裕がなく無理なので諦めました。
それでも、なんとクリアなメリハリのある音でしょう♪
ちょっと感動すらしましま。
今までがひどすぎたせいもあるんだども、いんやあ・・・しばらく耳にしてなかった音質だわこりゃ。
音像定位がすばらすいんんだぁぁぁぁ♪
今まで聞こえなかった音も聴こえる!
音が動く!
ハイハットがちきちきしてる♪
弦がうしろのほうで鳴ってるぅ♪広がるぅ~~~♪
しばし帰りたくなくて遠回りしていろんなタイプの曲を聴きながら街を流してました。
音楽はやっぱりいい音で聴かなきゃだめだなあ・・・
でも、この音も慣れてきたら不満に感じるんだろうなあ。
やっぱりバスドラとベースがちゃんと鳴らないね。
ボックス作って吸音材入れればかなり”鳴る”とは思うんですけどね。

ま、とりあえずはしばらくこれでOKo(〃^▽^〃)o
皆さんもスピーカのカバーはずしてみて、純正のたよりな~いスピーカーだったらちょっと名のあるメーカーのそこそこの値段のスピーカーに換えてみるだけでぜんぜん違いますよん♪
Posted at 2017/09/20 11:56:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2009年06月15日 イイね!

ホビオ君のカーステ交換♪

ホビオ君のカーステ交換♪ほとんど、iPodしか聴かないので
純正カーステを、安売りしてたワンボディタイプの
iPod対応のものに交換しました。
今まで別売りFMトランスミッターで
音を飛ばして聴いていたのでノイズが多く、
ストレスを感じていました。
シガライターソケットからの電源コードや
iPodとの接続やらで配線もごちゃごちゃしてくるので見た目もスッキリせず、
不満でしたが、これでスッキリしました。
今度はさらに音質向上のために
フロントスピーカーの交換と
リアスピーカーの設置を予定しています。

ドアマウントのスピーカーは外部への
音もれがひどく近所迷惑ですし、
自分でも暴走族みたいでイヤなのですよね~。
Posted at 2009/06/15 16:18:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

ちいさくて 楽しくて 変なクルマが好きです。 なんだかんだ言って希望しない車に乗ることになった時でも結局、4つタイヤがついてて走れるならば、楽しめる性質なんだ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

鉄狼さんの日産 キューブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/12 01:15:15

お友達

愛車一覧

日産 キューブ 日産 キューブ
このバージョンのフロントマスクが好きで、あえて探していたので久しぶりに”欲しかったクルマ ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
ミニカタウンビーです。 前から軽のクラシックタイプが欲しいと思ってオプティやセルボと並ん ...
ダイハツ タント ダイハツ タント
2014年10月、前任のワゴンRからバトンタッチで仕事に使用するために中古車店で購入しま ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
バモス引退のピンチヒッターで急きょ抜擢された我が家初めてのAT車。解体屋さんが社用に使お ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.