• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たち@静岡のブログ一覧

2020年10月24日 イイね!

#280 GoToケルン

GoToトラベルで国内旅行は盛況のようですが、海外となるとまだまだハードルが高いこのご時世。そこでGoogle先生の引率でドイツへリモート修学旅行に行ってみよう♪

目的地はドイツの地方都市ケルン。そう、言わずと知れたTTE(TOYOTA TEAM EUROPE)の聖地であり、現在のTGR-E(TOYOTA GAZOO Racing Europe)の本丸です。

Googleエアラインはものの数秒でケルン上空へ^^

徐々に高度を下げると、

ケルン中心部から西へ数kmの郊外にToyota Germany GmbH(トヨタドイツ)が見えてきました。
さらに降下すると視界も晴れて(*^艸^)

トヨタドイツの周辺には他にもToyotaほにゃららな建物がいっぱい確認できます。


やがてトヨタ=アレーという外周道路に無事着陸。

右手に見えるのがトヨタドイツのHQで、道を挟んで斜め向かいがTGR-Eのようです。早速行ってみましょう。

これがTGR-Eの正面玄関か。

ん?
なんだかこの景色…、見覚えあるぞ!?

おーっ!


これらの写真は当時TTEだったこのエントランス前で撮られたのね。

駐車場にはpanasonicカラーのヤリスも停まってるし、

テンション上がってきましたよ~^^

敷地内の案内図を見ながらどこに行こうかな~迷ってると、

なんと(ストリートビューでは)部外者はこれより中に立ち入る事ができませんっ(><;)
そこでここからはGoogle先生がドローンを飛ばして、敷地内を低空から俯瞰して見学です♪

赤線で囲った部分が全てトヨタ関係の敷地。広大ですね。中でもTGR-E関連の建物が1番の占有面積です。

先ほどの半円形のエントランスの棟の右を奥に進んでいくと、TGR-Eの社員用の玄関があります。

ドローンの画像は不鮮明だけど、玄関の上の看板は現在は"TOYOTA"のようですが、

その前は"TMG"だったり、

さらにその前は"TTE"だったんでしょうか~?(画像探したが見つからず…。)
この玄関前のロータリーでは色んな記念写真が撮られてますね。ググると出てきます。

ここでまた問題がっ!さすがのドローンも建物の中までは入れませんっ汗
そこでTGR-Eの内部については、副担任のYouTube先生に解説してもらいましょ。

※1:58からのGT86にも注目。今なおこの地で開発される車両には"K-AM"のプレートが付けられ、亡きオベ・アンダーソンへの敬意が払われています。

引き続きドローンは上空から他の建物を見て回ります。
トランスポーターが写るこの建物の写真は、

TGR-E棟の裏側、この辺りで撮影されたものですね。


敷地内の隅っこに何ヵ所か確認できたのは廃棄物集積場でしょうか。

お国柄で分別ルールは厳しそうですね。

再びトヨタドイツの建物。

ドローンから見ると8つの円筒状の構造物が確認できます。

1979年建設当時、これは8気筒エンジンのシリンダーをモチーフにしたとか。(トヨタモーターヨーロッパHPより)

その右奥の三角屋根の建造物。

TOYOTA Collectionという博物館のようです。

中はこんな感じで、

カローラとセリカの収蔵が充実してるそうですよ。

またトヨタドイツの向かいには、こんなL字型の建物があって、

Toyota Kreditbank GmbHという、トヨタファイナンシャルサービスの現地法人だそうです。

まさに銀行みたい^^;

で、そのクレジットバンクの建物の裏手に回ると、

ん?
もっと高度を下げると、

おーっ!

ここはまさしくこの写真が撮られた場所ではないかっ!

赤丸の辺りにST205のGr.Nが6台並び、黄色矢印の方向から撮られたんでしょうね。

中庭の樹木の成長が年月の流れを感じさせます。

他にもこんな写真や、

こんな写真の、

撮影場所を探したんですが、ドローンを隅々まで飛ばしても分からずじまいでした^^;
30~40年近く前ですから建物も変わってるでしょうし、この敷地内じゃないかもしれないしね~。

以上、リモートによる聖地巡礼の旅は現地解散にて終了ですっ笑笑
Posted at 2020/10/24 12:17:54 | コメント(5) | トラックバック(0) | セリカ | 日記
2020年10月18日 イイね!

#279 年を感じる…汗

先週のMt.FUJIツーリングDAY2

スタート前、倍返し橋から望む早朝の富士山は雪が全然なかったのに、

今日は一転して雪化粧。

もう融けずにこのまま冬に突入すんのかな~。

先月初めに入手した17インチのプレオR。

大好きなホイールですが、7Jってのが不満で今まで手を出さずにいたが、安さに負けてポチってしまった^^;
さらに送料節約のため平日の仕事終わりに軽トラで甲府まで引き取り。

時間を作ってはガリキズ補修でアルミパテ盛り→研ぎを繰り返し、今月初めに塗装。


一発で塗装がうまくいくワケもなく汗、垂れやダスト跡を再研磨→再塗装をして、やっと今日ウレタンクリア吹きまでこぎつけました。

クリアも数回吹くので、合間ごとにセリカの車検準備作業を。
しかし2年に1度ほぼ半日かけてするこの作業も億劫に感じるように…、年かなぁ。

クリア塗装も車検仕様への作業も終わったので、気晴らしにまた富士山へ。


ちょっと停めてストラダーレ仕様を眺める。


車検のためにどこをどーしたか詳しくは書きませんが、これはこれでカッコいい♪

シートもフルバケからセミバケに替えて、

乗り降りし易いしアイポイントも上がって運転が楽になった^^
フルバケだとシートベルトがショルダーに引っかかって片手じゃ着脱できないし、セミバケはクッションもイイし、なんかこっちの方がイイかも…、年かなぁ。

マッドフラップも外したんで、おそーじ。

外したおかげで路面のギャップやコーナーでフラップが路面を擦る音がせず静かでイイね。Pでも車止めを気にせずバックできるしイイね。
あのガリガリ音が心地よいと思っていたのは幻想だったのか…年かなぁ。

とりあえず今回の車検の肝はマフラーだ。

もしNGだったらBLITZのニュルに替えるけど、車検終わっても戻さないかも。だってこのマフラーうるさいしね…、年かなぁ。

ヤバいヤバい(><;)なんかヤバい流れだな~。Gr.Aレプリカを追い続けてあえて快適さとは真逆の不便なカスタムをしてきたのに、いざ快適仕様(てか、これが普通^^;)に戻したら楽チンでたまんない…、年かなぁ。

邪念を払うために、プレオRのクリア研磨に没頭しよう。
Posted at 2020/10/18 17:54:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | セリカ | 日記
2020年09月14日 イイね!

#278 久々のイベント

昨日はTVW LO-CAL JAM #3に行ってきました。

T=トラック、V=バン、W=ワゴンのUSDM的はたらくくるまの祭典ですね。


個人的にUSDMイベントは3年前のNAMM5以来かも~^^;

ご無沙汰&お初な方々と牧之原SAにて待ち合わせ、MPV、USオデッセイ2台、シエナ3台でDRLを点灯し会場を目指します。

この日限定で久々にフルブラ、ライセンスフレームを付けて粗相がないよう正装し、

ワタシも足元からアメリ感を演出してみました笑


会場では3rdシエナオーナーでもあるみん友さんのNV200を見つけてご挨拶。

ワタシの会社でもNV200を使ってますが、コイツは車幅も全長も異なるホンモノのダリハンUS仕様。
昨年はVAN部門でアワードを獲得してます。

インテリアもオーナーさんのセンスが光る小技満載で、


カーゴスペースはTARGETなアイテムで溢れています◎◎◎


これは隣市のカスタムショップVANNUYSが20年くらい前に製作したタテグロワゴンじゃないか?

確か当時はクリーム色だったが、この特徴的なテールフィンは間違いないと思う。


シボレーカプリスワゴン。

ヤレた感じがサイコー。ワイド&ロー&ロングで丸みを帯びたとヌルッとしたボディラインがステキ。好きなアメ車の1台です。
その兄弟車、ビュイックロードマスター。

兄弟といってもそこはビュイック。同じGMでも大衆車シボレーとは装備で格の違いを出しています。


他にも、



ラダーや長尺物の積載に、USのはたらくくるまにはトラックラックが欠かせませんね。





わんこも暑さでぐったりです笑


お!これは近所の中古車店にあったシボレーのでかいトラック。偶然目の前を通り過ぎたけど、こんなとこで再会できるとは。


PCも複数台出動してました。



オーナーさんもHWYポリスのコスプレで場を盛り上げる。

出展ブースもUS臭プンプンなアパレルやカーアイテム、ケータリングなどで充実してました。
で、この日の収穫No.1はコレ。

スイッチONでアメリカ国歌がフルコーラスで流れる中、白頭鷲とGOD BLESS AMERICAの文字がピカピカ光り、さらに内蔵されたミニファンで星条旗がたなびくという、ジョークなのかマジなのかよく分からん代物。お値段たった300円では複数あった在庫がすぐ売り切れたのも納得。
他にもライセンスフレームやUSPSの通函など幾つかガラクタを購入。

駐車場が満車になっても会場周辺にはUSDMな車が続々とやって来ます。こんなご時世ですからみなさん待ちわびてたんでしょうね。主催者様はギリギリまで検討されての開催決断だったと思います。今はただただ感謝ですね。

参加されたみなさんおつかれさまでした。またどこかでお会いしましょう♪
Posted at 2020/09/14 08:41:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2020年04月09日 イイね!

#277 ヘンタイすぎて伝わらない部屋の片付け

これまで自宅内の数カ所に分散保管していたセリカやシエナの予備パーツや工具、雑誌などの資料、ミニカーにプラモにラジコン、USDMなアイテムなどなど…。

例えば回り階段下の収納庫にはセリカのルーフやランプポッドとか、

下駄箱の隅っこにはよく使う工具類とか、

あ、2階の子ども部屋のクローゼットには小部さんがお住まいでした笑


この春から生活環境に変化があったりするんで、半年前にヨメはんよりそれらガラクタ(><;)をひと部屋に集約せよとのミッションが課せられてた。
年内は小部さんを里子に出しただけで終わった感を出してましたが、年が変わり暖かくなってきた2月下旬からやっと重い腰を上げ、外出自粛の追い風にも乗って?先日どうにか終了。
大物から小物まで数多あるガラクタお宝をただ詰め込むだけじゃアレなんで、どうせなら趣味性を前面に出した見せる(魅せる)収納部屋にしようと試行錯誤した結果、こうなりました。

入口にはTOYOTAフレームのUKプレート。

中に入って、


先ずは正面に大物パーツから。

1階から苦労して運んできたルーフを壁際に立てかけ、その前に純正フロントシート2脚を並べ、リア内装パネルやリアシートをできるだけコンパクトに積み上げた。このへんは次回車検で2名乗車にしたら処分すっかなー。
ホコリ防止に全体を覆う生地を掛け、その上にはCastrol TOYOTAの特大バナーを。

これ、4つ折りにしてこの大きさで、広げると4.8m×1.2mもある横断幕なんす。

内装パネルの一部はつっぱり棒で上から吊り下げ。

ロッキーの精肉工場のシーンを思い出す笑

その前にはローソファの専用脚部を付けたレカロ。

キャスターチェアタイプの脚部が欲しいけど、たぶん座らないし^^;

対面の壁にはスチールラックに色々収納。

上段は魅せる演出も。フォトフレームの後ろにはセリカなどのミニカー。

作業用スペースを1段空けて、
下段は小物パーツ類の保管スペース。

最上段にはまだまだモノが置けそうだ(*^艸^)

ラック側面には長物を。

純正とC-ONEのタワーバー3本にWISIの長ーいアンテナやシエナのバグガードなど。

結局ひと部屋では収まり切れず、お許しを得て隣の本来の納戸にも^^;


ライセンスフレームは数枚づつ重ねてこんな感じにディスプレイしてますが、全部で50枚以上あります。

ホントはアメリカンガレージみたく壁一面に貼り付けたいんですが…、今後の課題です。

使用頻度の低い工具、ボルト&ナット系、スプレーやケミカルなどは分類別に整理し、

ラックの最上段にはFバンパー。

ランプポッドは対面のラックの最上段へ。

以前の保管場所は玄関横だったから楽だったけど、ここじゃ出すのメンドクサイんで出動機会が減るかな~^^;

あと、ベーンクロックもこんな感じで賑やかに♪


イベントやオフ会の中止はザンネンですが、部屋は片付いたしクルマ趣味のモチベーションも維持できたし、いい機会になりました♪
Posted at 2020/04/09 13:01:33 | コメント(10) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2020年03月14日 イイね!

#276 細かすぎて伝わらない外出自粛での工作

なんか世間では”外出=悪”みたいなフンイキなんで自宅でおとなしく工作でも。

数年前に入手したドライカーボン製のホイールベーン。

WRCではセリカやデルタがブレーキ冷却のためにホイールに取り付けてたアレです。


デルタのスピードラインモンテカルロ用との事で購入しましたが、奇跡的にもワタシのコンポモーティブにもベストマッチ。

導風フィンの数や、ディスク面のフィッティングまで完ぺき。


ただ、ST205ではWRCでワークスの実戦装着は(たぶん)ないし、取り付けにはホイールへの穴あけが必要だし…、てかそもそも1枚しか持ってないんで笑、ずっと自宅の物置で転がってました。
そこでなんとかオブジェとして生かす方法はないかって事で…、

ウォールクロックにしちゃいました♪



アマゾンでこんなムーブメントを購入して、


ムーブメントを固定するベース板には、LPレコードを使用。

Y.M.C.A.でお馴染みのビレッジピープルに犠牲になってもらいました^^;


盤面には3Mのダイノックカーボンシートを貼って、中央にはやっぱりこのロゴ。


時針、分針、秒針を取り付けて、


完成♪


ベーンをホイールに取り付けるボルト穴をそのまま利用してレコードベース板と固定したが、ボルトがちょうど3・6・9・12時の位置にあるのもイイね。


ベーンを知らない人から見ればただの時計。でも知ってる人が横から見ればやっぱりベーン笑


なかなかイイんじゃないでしょうか~^^


<3/16追記>
このベーン、OZラリーレーシングの"17でもフィンの数は同じ。

ただし、ラリレは"17になるとディスク面がフラットじゃなく若干アールがあるんでぴったりフィットとはいかないが、まあ装着は可能レベルでした^^

※車両提供:Ray.Sクン


<3/18追記>
さっそく仕様変更^^;

全体が真っ黒だとベーンのドーナツ形状が分かり難いんで、ベース板を透明のアクリル板に変更し、ムーブメントを隠す部分だけにカーボンシートを貼った。それにより白いTTEロゴだと壁の色と同化しちゃうんで赤ロゴに変更。
Posted at 2020/03/15 08:56:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「@ヤマシ¥太 アメリカですが1.6万kmの80スープラが4桁ですって!https://kuruma-news.jp/post/309202/2
何シテル?   10/27 12:23
USなシエナとEURなセリカに挟まれて…汗
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛車一覧

トヨタ シエナ トヨタ シエナ
北米トヨタのシエナです。 3年くらい探して2004年式XLEのAWDを購入。元は某タイヤ ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
苦節10年、やっと念願の全塗装をしました(*^艸^) 色替えと同時に外観をTTEのGr. ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
ST165に乗って丸8年経ったある日、webでこの車を見つけてしまいひと目惚れからの衝動 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
学生時代に友人が新車で買ったST162の美しさに衝撃を受ける。5年間恋焦がれ社会人3年目 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.