• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おっくnのブログ一覧

2018年09月18日 イイね!

そんなにダメ出しされるクルマかな?

以下東洋経済からの引用です。

>もちろん、S660の仕上がりはすばらしく、速度を上げ限界を探りながら走れば、クルマとの対話は可能だ。だが、あまりに高度なため、そこまで速度を上げていかなければS660は、姿こそミッドシップスポーツカーだが日常的には普通に走る乗用車と感じてしまう側面もある。

 そうしたところがS660に限らず、最新のクルマの多くに当てはまるかもしれない。技術の進化がクルマの面白さを実感しにくくさせているところがあるのも事実だ。

 一方で、マツダのロードスターは最新の4世代目で、絶妙な味を完成させている。それは、開発者たちが目指した運転感覚が明確であったことと、スポーツカーの神髄である軽さを徹底的に追求したことにより、日常の速度域でも単なる乗用車ではなくスポーツカーを運転している実感を持てる乗車感覚を実現したからだ。

 性能を求めるのではなく、感覚を追求する。それは、機械を完成させる過程で数値によって評価できない難しい注文だ。数値の達成ではないため、一朝一夕にはいかない。しかしマツダは、1989年に初代ロードスターを誕生させて以来30年近くそこを模索し続け、今日なお進化を求め、魅力を探り続けている。

 S660は、17年という空白期間を置いて誕生したばかりである。これを20年、30年と続けるなら、傑作の軽スポーツカーに進化することができるだろう。時代や情勢次第でやったりやらなかったりすることは、感性を開発するスポーツカーにおいては致命傷となる。

>以上引用終了


開発の方向性が違うからしょうがないとも言える。

・・・確かにロードスターは無骨に「純粋なスポーツカーとはなにか?」を追い求めて試行錯誤したマツダの技術陣の一つの答えでしょう。(排気量アップ、様々なモデル等々)

自分もビートから乗り換えてイイトコ、ワルイトコ感じてますよ。でもそれは「正常進化」とかいう言葉では測り知れない好みの問題にも関わってくるのでは?(日常使用するのであればターボは非常にラクです。クラス以上の加速感です)

表現するのは難しいですけど「安心して運転できる」のが一般人への入り口になると思います。間口を広げて新しい世界を見せる!そしてそこからは泥沼が広がりますよ!

そこから抜け出せるかはあなた次第です。
日常を重視するか?非日常を重視するか?
そしてそれは許されるのか?

軽自動車のクセにあなたの心に迫ってくる・・・そんなクルマです。コイツ・・・
全く比較対象となるクルマがないです。

クルマの走行性能を求めるなら選びません。(軽のくせに恐ろしく高っけーし葉速くはない)

積載能力?なんですかそれ?(ほぼ一人でも不十分)

ナビしょぼい(マイチェンで改善されたが)

後方視界皆無(慣れですね。でも見えねー)

他にもマイナスはたくさんありますがヒトを笑顔にしてくれるクルマです。

あまりにもニッチなところに突っ込んで提案し実現してくれるホンダ・・・そうじゃなければホンダとマツダは生き残れないでしょうね。

トヨタは優等生として今後も生き残り、そこで満足できない人々がホンダ、マツダに活路を見い出す!この構図なんでしょうね。

・・・・偉そうに語ってしまいスミマセン





Posted at 2018/09/18 22:14:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月17日 イイね!

車内と車外のエキゾースト音

これは会社の人から指摘されて初めて気が付きました。

「さすがスポーツカーやね!心地よい低音響いてるよ」????????????????????

何のことかわからずスタート後に車外に出て聞いてみました。


車内からは軽自動車のサウンドでしたが車外は全然違う!!

車内から聞こえるしょぼい音に幻滅してましたが、このままでいいかな・・・・・

違うだろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

「自分が気持ちよくなれ!!!」と悪魔の囁きが聞こえてきます。

どしよっかなーーーーーーー




Posted at 2018/08/17 21:25:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月27日 イイね!

スズキのAGS

社用車はアルトの4ナンバーAGSです。

初めて乗った時は「この車壊れてますよ!!!!」と言いたいぐらいでした。

クリープはほぼ無い。坂道発進は後退する。速度10Km以下の走行は恐ろしいほどギクシャクする。変速ショックとその体感差・・・・

しかしその機構を理解して能動的に操作するとこんな面白いオートマはない!!

通常のオートマのようにクルマ任せに運転するのではなくあくまでも主体は「運」転手」積極的に働きかけると豹変します。

AGSの凄い点

1、加速が鋭い

2、上り下りの道路の角度とアクセル開度を感知してシフトのホールド、アップダウンを自動で行う(しかもブリッピングする。どのモードでも)

3、上り坂では勝手にシフトアップせず運転手の意図した(アクセルの踏み込み量に応じた)加速が得られる。

4、下り坂ではアクセルを離している限り、現状のスピードをキープできるようにエンブレがかかる。

5、任意でシフトアップ出来る(加速時にアクセルを抜くとメーカー設定速度であればアップされます)

AGSの駄目な点

1、時速10Km以下のギクシャク感(いろいろ試しましたが駄目でした。特に渋滞時の微減速)

2、今までのオートマ(トルコン、CVT、その他いわゆるオートマ)に慣れている人には違和感以外の何者でもない!

AGSを一言で表現するなら

「クルマを積極的に運転するヒトには楽しいオートマ」

「クルマを移動手段と考えているヒトには最悪なオートマ」

これかな。

でもスズキのAGS。俺は好きです。間違いなくその辺の普通車をカモれます















Posted at 2018/07/28 00:27:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月04日 イイね!

クルーズコントロール

使ってみました?

S660にはレーダー追尾式なんて付いてないし設定速度も115Km(うろ覚え)までしかできないですけれど、これがまあ優れものでした!!

アクセル操作をしなくて一定速度で勝手に走行させてくれるというのには最初は違和感しか感じませんでした。

しかし実際に使用すると上り坂での加速はもちろん、下り坂でも設定度±2Km以内に抑えるように作動します。ですので例えば長い下り坂でも時にはフットブレーキを使用しているかのような減速Gを感じます(ブレーキランプが点灯しているのか?と不安を感じますが確認できず)

高速道路での今まで「無意識」と思っていたアクセル操作がいかに「有意識」で疲労の蓄積に繋がっていたのか実感しました。

一般道では当然使えないし使いませんが、高速道路では極めて優れた装備です。以上隠れた名装備報告でした!!

Posted at 2018/07/04 22:46:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月18日 イイね!

断熱対策

夏が本格化する前に体感した直射日光による頭頂部付近の暑さ・・・

https://minkara.carview.co.jp/userid/2541861/car/2089827/3845026/note.aspx

を参考にお手軽対策をしてみました。

2層構造のほうが断熱効果が高いだろうとホームセンターで購入(税込み800円くらい)

お手ごろ価格なので実物あわせでハサミで切断してみました。

隙間に上手くはめ込むと垂れもせずイイ感じ。

走行すると「シャカシャカ」「キシキシ」な異音を感じますが耐えれないほどではないです。

生憎施工後天候不良で断熱効果を実感出来ていませんが、施工直後の幌表面温度と車内側の体感温度には明らかな差がありました。

薄くて高価な断熱シートもありますが、DIYで試してみてもいいのではないでしょうか?
Posted at 2018/06/18 20:55:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「そんなにダメ出しされるクルマかな? http://cvw.jp/b/580773/41961818/
何シテル?   09/18 22:14
ついにS660に乗り換えてしまいました!平成29年10月29日納車です。またこいつとながーい付き合いをしていきます。新車の特権の慣らし運転を楽しんでいます。とり...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

すれ違わないクルマ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/24 23:29:29
おっくnさんのホンダ ビート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/22 22:48:33

お友達

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
あの赤に惚れてしまいました。ビートは黄色しかないと思い18年乗りましたが、Sは赤でいきま ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
18年乗りました。ミッション交換、ECU修理やエアコン15年間なしなど結構過酷でしたが ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.