• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

socuのブログ一覧

2018年10月14日 イイね!

フューエルクーラー設置検討

フューエルクーラー設置検討車両購入当初から懸案事項だった燃料の温度上昇。20分程全開で走るとコレクターの温度が60℃くらいになる。

ガソリンには適温があり、お酒に例えると、冷や酒(20℃)程度が良く、高くても人肌燗までに抑えたい。雪冷え(冷酒)や熱燗はNGである。(冷えすぎは気化しない、高すぎはパーコレーションを起こす)

市販のフューエルクーラーを付ければ解決しそうなもんだが、これと言って良い製品が無い。大抵の製品は放熱性能が明記されておらず、付けたところで狙った温度になるのか不明。

また車体外部に設置するタイプは飛び石やコースオフ時の接触などにより、車両火災の可能性が高い。氷水で冷やすタイプは重い上、温度制御が難しく、その効果も精々10分程度。


という訳で色々と悩んだ結果、発熱と冷却のバランスを計算した上で自作することにした。

設置方法は安全タンク脇に設置して電動ファンで冷却する方式。車内の気温は換気してれば問題なし。


・ガソリンが受ける熱量を試算
タカタサーキットを10分間走行して燃料の温度上昇を計測すると、約40Lのガソリンが10分間で約8℃昇温。

多めに見て10℃上がったとすると、その熱量は約890kJ。

10分間で上がったのだから、仕事にして1.483kW!

1500Wの電気ストーブでタンクを炙っているようなもんだ。思ったよりも発熱量が多くて結構やばい。

これはリリーフ時の昇温だけでなくデリバリーパイプ周辺でエンジンルームの熱を拾ってるっぽいから断熱も考えないと・・・初めはペルチェ素子使って冷やそうかとも考えたが、全然足りないね。

まぁとりあえずは1500W以上の放熱性能があるコアを用意すればいいわけ。


・放熱性能を考えてコアサイズの選定
これは個々の製品に性能表があれば良いがそんなものは無いので、一般的なラジエターコアの効率曲線から導き出すことにした。

ラジエターの放熱量の計算にはパラメータがいくつもあり、小難しくなるので詳しくは日本自動車部品工業会が発行している「自動車用ラジエータ」の冊子を参照。
「コアサイズ、エアフロー、燃料の流量、燃料とエアの温度差」が分かれば大体の見当はつく。


で、選んだサイズはL240×H120×t20のこんな感じのコア。自動車用ではないので、一応気密試験はやっておいた。

放熱性能は86L/sのエアフロー、燃料とエアの温度差30℃のとき1500W程度。温度差の条件は少なめに見積もって30Kにしておいた。実際は40~50K辺り。


・電動ファンの選定
セットで使う電動ファンは、コアの圧損を考慮して風量は2ヶで145L/sの高速ファンをセレクト。3800rpmでかなりうるさいが、他もうるさい物ばかりなので気にしない。

車内で使うから防水は不要、普通のケースファンで充分。
これで実質100L/s程度は流れる。圧損の試算も「自動車用ラジエータ」の冊子が役に立った。

このセットで最小1500W、最大2800W程度の放熱性能を確保した。
因みにファンの消費電力は2ヶで30W程度なので全然問題なし。

設置状況はこんな感じ。


役者は揃ったので、後は燃料のリターンラインに噛ましてコレクターに返すだけ。

次回月末の走行会で効果を検証してみよう。
Posted at 2018/10/14 11:56:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月26日 イイね!

ガスコイル

ガスコイルガスコイルを導入するに当り、ノーマルコイルと比較テストを実施した。

測定条件は気温33℃、湿度72%、ブースト120kPa(気温が高すぎるためハイブーストの測定は中止)

夏場にダイナパックを回すのは気が進まないが、結果は以下の通り。

気温33℃でもブースト120kPaでこれだけ出ていれば優秀。(因みにゲインは馬力表示欄の上下の馬力差を示している)

フルブーストが掛かって以降ガスコイルは平均3.5%トルクアップ。トルクが上がるということは、やはり失火していたということだ。
単純な例えとして、30回点火するごとに1回失火していたとすれば、失火がゼロになれば3.3%パワーアップするという話。(細かく言えば火炎核への熱供給など工学的な話になる)

ハイブーストであれば更に顕著に失火するので、3.5%を超えてパワーアップする。涼しい時期にハイブーストで測定すれば670bhp辺りだろう。

また、高回転域に出ていたトルクの谷も解消された。これもコイルの容量不足で失火していたということだ。

実は過去にセッティングしたときも、トルクの谷はパワーカーブやフィーリングには表れていたが、当時は原因がはっきりしなかった。
ダイナパックのブレーキ制御のノイズやアクティブLSDの影響ではないか?と言われていたが、今からすれば微小なミスファイアだったのだ。

セッティング時にはA/F、ノックアンプ、外気温、外気圧、吸気温度、排気温度、水温、油温、油圧、燃圧、電圧、ブースト圧など、ありとあらゆるデータを計測器を使って収集するが、微小なミスファイアは検知出来ないということが分かった。

それでもパワーカーブにはハッキリと現れるので、今後はこのような谷があったときには点火を疑ってみよう。

計器が捉えないフィーリングの差って結構当たるんだな。


PS
本件は、ガスコイルの導入を決めたときにジュラテックからテストを依頼されて、TTSにて実施したもの。
因みにガスコイルはポン付けでは期待した効果は出ない。
詳しく知りたい人は会ったときに聞いてもらえれば。

後日ジュラテックの宣伝を兼ねてGT-Rマガジンの取材があるとか無いとか? また有る事無い事書かれるかもしれないな。
雑誌屋は信用ならんから、記事は取捨選択して読むべし。
Posted at 2018/08/26 00:37:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月13日 イイね!

Web log

ここのところ、全然モータースポーツしていないのでブログを書く機会が減っている。

日々の些細な出来事は呟くだけで充分済んでしまうし、いまいちピンと来ない。

やはり当面の目標を全て達成してしまって、いまいちモチベーションが上がって来ないのだろう。自分は目標が無いと頑張れないし、楽しめない性格なんだと思う。AWのチューニングが冷めたときも、タカタで目標を達成してしまったからだ。

とは言っても今すぐ何かしらの記録を狙うつもりもないし誰かと競うつもりもない・・・まぁ趣味なのでボチボチで「やりたいときにやりたいことをすればよい」というのが今の心境。


そうなると当面は書くことが無いので、みんカラを始める以前のカーライフについて記録しておくことにした。

みんカラを始める以前の約8年分のカーライフを記録したものは写真が少々残っているくらいで他は記憶しかない。

加齢と共に徐々に記憶が薄れており時系列が曖昧になって来たので、忘れてしまう前にログ(記録)を残そうと思う。

書くこと自体は嫌いではないので、ここのところ書き溜めていた。
年齢的に回顧録を書くにはまだ早いが、このブログ自体を補完する意味では必要なことだ。

過去のブログに1年分単位でアップしていこうと思う。

※最近は記録したいことに重点を置いて、読んで貰うために書くのは止めました。変に読む人を意識するからおかしな文章になったり、書きたいことが書けなかったりするのだろうと感じていました。ライターでも何でもないんだから自分のために書けば良い訳です。自分のために書くんだからデスマス調もやめました。読みづらかったり、意図が分からないことも多いと思いますが、ブログとはもともとウェブ上に残すログ(日記)ですから個人的な記録と思って頂ければ。
Posted at 2018/06/13 18:55:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月01日 イイね!

ディレッツァデイ@TSタカタ

ディレッツァデイ@TSタカタ4/29ディレッツァデイに参加!

Rをまともに動かしたのは、昨年11月にREVで走って以来の半年ぶり

前回出ていた不具合が直っているか確認がしたくて、仕様的に場違いとは思ったがRで参加した


前回の不具合はブースト掛かった時の失火と、左前のショック抜け


ショック抜けの症状は、特に最終コーナーなど勢いよく飛び込むコーナーで、対角に跳ねて、踏めないだけでなく前が見えなくなる(メガネが激しく振動して焦点が合わなくなる)
反力はまだあったけど左右の減衰特性が合わないのでショックをOHした

失火対策は、原因が有機金属系の燃料添加剤の影響かもしれないと思って、プラグを替えてきた


当日は15分×6本とのことで、個人的には結構なボリュームと思ったがトラブルシューティングやセッティングには丁度良いかも?

1本目はエンジンの調子を見て、2本目以降で足のセッティングをした


〈1本目〉
エアを合わせてブースト1.2で出撃・・・即失火
ブーコンいじって0.8に下げるもまだ失火、ブーコンオフでも失火・・・直ってへんやん!

早々に走行を切り上げて、即TTSへTEL
パワトラを2個貸してくれました

タカタはチューナーのサポートがすぐ得られるので安心
自走不能な壊れ方してもクルマ置いて帰ればいいしw


〈2本目〉
失火の確認に加えて、足の様子を見ることにした

結果、失火は直ってキッチリ踏めるようになった!
結局パワトラが原因、どうせまた壊れるから夏の間に戦闘力43533のガスコイルにしてしまおう

@足もしっかり直ってた、流石はラボカロッツェリア! と言っても元に戻っただけか

午前のタイムは57秒2~4で、まぁボチボチ


〈3本目〉
3本目はタイヤに負担を掛けずにコースを流して、操作やラインなどに気付きを得る特訓タイムらしい

自分のクルマでやってもあまり楽しくなさそうと思ってた

そこに、ユウ。氏がS2Kに乗ってみてほしいと言うので、タイヤに負担掛けない程度に流すだけなら事故もしないし、乗らせて貰うことにした

乗らせてもらうだけじゃ悪いので、Rにも乗ってもらうことに

NAハイチューンなFR車は初めて乗った、S2Kを良く知りもしないのに感想を書くのはおこがましいので止めておく
ただ個人的には得られるものがあったので、乗らせて貰えて感謝してます

当のユウ。氏はキルスイッチの場所が分からなかったらしく、結局Rには乗れず仕舞いだったらしい

残念、また機会があれば乗ってみてね


〈4本目〉
大井プロが同乗でRを運転してくれることになった!
乗る前に挨拶すると、開口一番「コレどこで作ったの?」→斯々然々→「本格的なのが1台居ると思ったら成程ね」

走行順を待つ間、質問タイム
立ち上がりで跳ねるのはレース当時から?足のセッティングで対策可能?→「当時も跳ねる症状はあった」「足で対策出来るかは分からないが、乗って見よう」とのこと

その他、試してほしいことを伝えるとクルマの仕様を聞かれ「シフトポイントは?」→8000RPM 「レブリミットは?」→8500RPM 「タイヤの銘柄は?」→HKのセミスリ 「他に気を付けることは?」→心配無用、踏んでください

どうやら本気アタックしてくれるらしい


早速コースイン
2速で踏む 「おぉ・・・速いぞ!」

2周ほど8割くらいで攻めてタイヤを温めながら、クルマをチェック
その後3周目と4周目は全開アタック、プロが乗ってもやっぱりめっちゃ跳ねる

操作で抑え込みながら踏むこと踏むこと、容赦無いわw
タイムは57秒6~7

ブレーキも「未練がましく放す」を実演して頂いた

午前の私のタイムを知っていたらしく、ラップタイムを見て「くやしい!」と一言

オーナー切りするつもりだったらしいw

その後、降りてからセッティングの方向性など色々と教えて頂いた

今日のイベントはタカタにしては割高感があったが、大井プロに乗って貰ってアドバイスまで貰えたのだから、結果安かったと思う
自分のクルマをここまで踏み切ってくれる人は中々居ないので、いい経験になった

最後に「こんなクルマ同乗に持って来られたら、くたびれて帰れなくなるわ!」だそうでw


〈5本目〉
出走せず
見学に来ていたみん友さんとダベってるうちに終わってたw


〈6本目〉
アドバイス通りに足のセットを変更し、加えて実演して頂いた「未練がましく放す」の復習

跳ねるものの、多少マシになった

しかし大井プロ曰く「根本的には直らない、路面の影響もある」とのことで、タカタでは仕方がないらしい

タイムは57秒4~6

気温は27℃を超えていたが、殆どタイムダウンしない
気温が上がれば周りが遅くなるので、相対的に速くなるw

一発アタックには向かない仕様だが、レースでは強い
やっと思った通りの仕様に近づいて来たし、もう壊れないでほしいな



帰り際に大井プロと話す時間が取れた

曰く「同乗なのに本気モードになっちゃったよ!」

やっぱり本気でオーナー切りするつもりだったらしいw


という訳で、大満足の走行会だった。刺激を受けてモチベーションも上がって来たぜ!
Posted at 2018/05/01 20:37:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月15日 イイね!

エンジンの具たち

エンジンの具たち2年前に降ろしたエンジンをバラしてみた

ブロックは純正05Uだけど、状態はボチボチ良い
上面や側面のクラックを探してみたけど見当たらない

内径測ると87.465でクロスハッチはハッキリ残ってる、軽いホーニングで使えそう
上面も刻印が残っていて研磨代アリ

みん友さんが欲しがってたので、差し上げるつもりだったが
使う当てが無くなったらしく、適当に売ってしまうことにした
欲しい方は数日中にご連絡ください


ヘッドは写真が無いけど、ヘミサークルだった
カム山逃げ加工やポートも攻めた形状など、気合が入ったチューンドヘッド

但し、狙ってヘミにした訳ではなさそう
ヘミ形状になった部分に古いノック跡が残ってる(自分が使っている間に付いた跡ではない
ノックでスキッシュがボロボロになったからヘミにして再生したって感じ
今の仕様には圧縮比が合わないから使えない

これも何れ売ってしまおうかな


続いてピストンとコンロッド
ピストンは方々当たったが、結局製造元は分からなかった
トップリングの上側にランドが刻んである珍しいパターン
内部も総切削で、WPCも掛かっているのでコストが掛かっているのがよく分かる

製造元が形状で判別できるマニアの方、ご連絡お待ちしております


コンロッドは現行で販売されているクロワー製のI断面だった(BCではない)

これも買えば結構な価格なので、取っておこう


そしてお宝が出てきたと呟いたクランク
刻印から当時「まつおか」がクロワーにオーダーしたと見られるスペシャルクランクだと判明


1200馬力以上に対応するという旧アペックス製よりもゴツい
これは入手困難な激レアなので、家宝として使わずに取っておこうと思う


今のエンジンよりいい物使ってる
これベースにヘッドだけ作り変えてVカム組めば、それはそれで楽しいエンジンになっただろうなぁ

今後のために、とりあえず具だけ保存しておこう
Posted at 2018/04/15 22:00:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「久しぶりブーコンいじり
次回チューニングフェスタはスクランブル使ってみよう

RON105くらいで走るんで、一瞬なら700bhpでも大丈夫
またMTが壊れるかも知れんから4速だけにしとこ」
何シテル?   10/19 18:38
週末はサーキット マイスターカップに参戦しています 2017年チューニングフェスタ マイスター4WD優勝! 2015年リザルト 第1戦マスター...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

書無し車両の登録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/24 19:51:25

お友達

サーキットランナー募集中
61 人のお友達がいます
sniper Gsniper G * イノウエイノウエ *
りあー(Lear)りあー(Lear) * MI-MUMI-MU
R34.BossR34.Boss 素 うどん素 うどん

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R S耐33R (日産 スカイラインGT‐R)
TTSススキレーシングGT-R 元ススキレーシングのスーパー耐久車両(1997年製作) ...
トヨタ MR2 エーダブターボ (トヨタ MR2)
ターボやで! [仕様] ・車内  メルシート剥がし(カーペットは残し)  リヤ隔壁断熱 ...
ホンダ N-WGN カスタム ホンダ N-WGN カスタム
カスタムターボ クルーズコントロールでラクチン 高速走っても静かで燃費もイイ 坂道で ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン タイヤサービス号 (メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン)
貨物車扱いしてますが、我が家で最も静寂性が高いクルマ これにて全駆動方式コンプリート ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2004年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2003年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2002年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2001年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.