• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Tomosan/Tokyoのブログ一覧

2020年05月19日 イイね!

HD(1080i)をNTSC(525i)へダウンコンバートしてみました。

HD(1080i)をNTSC(525i)へダウンコンバートしてみました。
-------------------------------------------






----------------------------
ご興味の無い方はスルー願います。(笑)

ソニーのBVH-3000シリーズVTRの収集が進みましたが、画質の良いNTSCコンテンツが中々見つかりません。

そこで、高画質が期待出来るHD(1080i)からのダウンコンバートを試みる事にしました。
高画質が目的なので、使用機材も極力放送機器で揃えてみました。

中核は米国グラスバレー社のダウンコンバーター「ADVC G2」で、HD(1080i)の「SDI」若しく「HDMI」からNTSC(525i)のコンポジットとコンポーネント信号を作る事が出来ます。
今回はNTSC-Mコンポジット方式で出力致しました。

以前、グラスバレー社はソニーと業務提携の関係にあって、ソニーのVTRとグラスバレー社のスイッチャーがシステム機器として世界中の放送局に設備された事もありました。

ダウンコンバートの結果、細部の差異は歴然ですが画面全体の印象は悪くありません。
走査線の差、方式やコンポジットなどNTSCならではの不利な点を加味すると上出来です。
印象だけで見ると、ダウンコンバートの結果は十分に満足出来る画質でした。
HD動画素材のみならず、テスト信号素材を使った場合でも同様の結果でした。
------------------------------------------------------------------------
YouTube
動画素材:HD(1080i)をNTSC(525i)へダウンコンバート
https://youtu.be/ZIGDWKpLxkw

YouTube
テスト信号素材:HD(1080i)をNTSC(525i)へダウンコンバート
https://youtu.be/sF0fGdSFwVU

------------------------------------------------------------------------
From HD:1180i 29.94 to NTSC:525i 29.94

Equipment

HD SIGNAL GENERATOR:LEADER LT 441D
NTSC SIGNAL GENERATOR:Tektronix TSG95
DA&DOUN Converter:Grass valley ADVC G2 
HD SDI MONITOR:LEADER LV5700
NTSC WFM:LEADER 5872A
MoniterTV:Panasonic BT-LH1700W

alt
動画HD素材からNTSCへの
ダウンコンバートシステム。

alt
テスト信号HD素材からNTSCへのダウンコンバートシステム。

alt
米国グラスバレー社のダウンコンバーター「ADVC G2」

alt
動画HD素材の信号管理。

alt
ダウンコンバートされたNTSC信号。

alt
HD(1080i)テスト信号のモニター画像。

alt
ダウンコンバートされたNTSC信号のモニター画像。

Posted at 2020/05/19 23:07:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビデオ技術 | 日記
2019年12月14日 イイね!

SONY BVH-3000 修理中の5号機(途中経過)

SONY BVH-3000 修理中の5号機(途中経過)
------------------------------------------------------------
ご興味の無い方はスルー願います。(笑)

5号機は野ざらし保管だった様で、入手時は酷い状態でした。
機械回りは錆びてて可動部分は固着、基板などの欠品が多数・・・
外観ではヒビ、割れなどが多くあって、へッドカバーには穴が開いてました。
上下ドラムは特に悲惨で、アルミ地が真白に酸化していて無残な状態です。

これら等を総分解し、部品単位で細かくメンテナンスした次第です。
ようやく目度が立ち、4号機の修理完了後に一気に組み上げです。

RF出力が少々不安定ですが、一応・・・
動作可能な状態まで漕ぎ付けましたので、ご案内させて頂きます。



YouTube
SONY BVH-3000 修理中の5号機

-----------------------------------------------------------------------------------------------
alt
左側が分解修理中の5号機(BVH-3000)、右側は修理完了の4号機(BVH-3100)

alt
分解修理後、組み上げた5号機(BVH-3000)、通電1222.1H

alt
再生テスト中の5号機、RF波形がやや不安定なのが気になります。








Posted at 2019/12/14 10:47:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理 | 日記
2019年12月07日 イイね!

Vol.2「Kawasaki Ninja」 に「DANMOTO」カーボンマフラーを付けてみた。

 Vol.2「Kawasaki Ninja」 に「DANMOTO」カーボンマフラーを付けてみた。

----------------------------------------------
先日、「DANMOTO」カーボンマフラーの取り付けインプレをご紹介させて頂きましたが、諸問題発生となりました。
決の為に株式会社CIPARTS社が発売する(楽天にて購入)バッフル消音器を購入・取り付けて見ました。
それでは、インプレをご紹介させて頂きます。



YouTube
「Vol.2 Kawasaki Ninja」 に「DANMOTO」カーボン・・・」

<ご注意>
爆音の為、マイク部分を塞いでいるにも係わらず音声が歪んでおります。
飽和状態で記録されれおります。
正確な音量が不明状態ですのでご承知置き下さい。


1、購入品(社外サードパーティ品)

  販売:株式会社CIPARTS

  購入:楽天
  価格:3,000円
  素材:ステンレスパイプ+ステンレス細目メッシュ
  商品名:消音バッフル タイプ 2 、シングル片側出し専用
      (-8~-10dB消音モデル)
      カーボン・チタン・コニカル・SBマフラー専用

2、選択理由
  
  ・「DANMOTO」オリジナル製消音バッフルを装着された方々のレビ
   ューを拝見した所、消音効果は全く無いとのコメントが寄せられて
   おりました。

  ・オリジナル品、社外サードパーティ品を含めて消音効果は-6dB(5
   0%)が最大で当該商品の-8~-10dB(約60~70%の消音効果)
   を上回るモデルが他にありませんでした。

  ・当該商品はバッフルパイプ側面に穴が無く、パイプ底部も塞がれた
   構造です。
   更に排気は底部のスリットからステンレスメッシュを通過すると言
   う構造から消音効果が大きい様に感じられました。

1、装着

  取り扱い説明書ではマフラー下部(エキパイ側)からバッフル消音器
  を挿入すると言う指示です。

  しかしながら、この方法では「DANMOTO」のマフラーには装着出来
  ません。
  「DANMOTO」のマフラーのエキパイ側は説明書と異なり口径が大き
  いのでどうやっても取り付ける事は出来ないのです。

  *「DANMOTO」には「装着不可商品」であることにこの時点で気が
   付きました。

  取り扱い説明書では外れて危ないので「絶対に」排気口側からは「取
  り付けるなと」との指示があります。

  しかしながら、禁止されてる「廃棄口側」から・・・
  硬いですが叩き込みながら入れて行きますと、最後は径の大きい排気
  口部分の外部パイプに当たって途中で斜めになって止まります。
  更にバッフルパイプの縁をドライバーを使ってハンマーで強く叩き込
  むと排気口部分の外部パイプが楕円に歪んで通過します。

  通過してしまえば・・・最後まで叩き込めば完全に装着出来ます。
  万一抜けても排気口部分の外部パイプに当たって絶対に抜けません。

2、音質変化

  今まではパキパキ言って、直管の「爆音」で「痛い」音質でした。
  消音バッフル装着で音量は今までの半分以下です。
  それでもノーマルマフラーの倍以上の音圧はあります。
  音質は動画の通りで、パキパキ音も無くなり、硬さも和らぎました。

3、パフォーマンスの変化

  「DANMOTO」装着で最高の抜け感と伸びにはなりましたが・・・
  低回転ではガックリとトルクが痩せた感じで、8000回転程度まで
  はスカスカでエンブレも効きません。

  今回の装着で多少抜け感と伸びはスポイルされましたが、トルク感や
  エンブレは大分ノーマルに近づきました。

  概ね希望に近い結果となり、かなり満足な状況になりました。
  コスパも最高です。
  スリップオンマフラーにはこれ以上は望めないと思います。
----------------------------------------------------------------------
alt

alt

alt

alt


alt


alt

関連情報URL : http://3done.cart.fc2.com/
Posted at 2019/12/07 10:58:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | Kawasaki Ninja | クルマ
2019年12月02日 イイね!

「Kawasaki Ninja」 に「DANMOTO」カーボンマフラーを付けてみた。

「Kawasaki Ninja」 に「DANMOTO」カーボンマフラーを付けてみた。
-------------------------------------------
未だチョイ乗りですが、インプレをご紹介させて頂きます。

YouTube
「Kawasaki Ninja」 に「DANMOTO」カーボン・・・」


<ご注意>
爆音の為、マイク部分を塞いでいるにも係わらず音声が歪んでおります。
飽和状態で記録されれおります正確な音量が不明状態ですのでご承知置き下さい。

1、音量変化
  広告では100dB(100ホン)以下との事ですが、実際は大爆音です。
  とても自宅付近ではエンジンを回せません。
  恐らく110dB以上出ていると感じます。

2、音質変化
  パキパキ言って、直管クラスの「痛い」音質です。
  「ボ――――」と言う重低音期待でしたので、真逆の決果でした。

3、パフォーマンスの変化
  「抜け」だけは最高です。
  中・低回転ではガックリとトルクが痩せた感じで、エンジンブレーキも効き
  ませんが、8000回転以上では劇的な伸びがあって、効果絶大です
  感じは・・・極端に言えばやや2ストロークに近い感じです。
  ピークパワーは確実に上がっているとも思われます。
  高回転ではミクスチャーがかなりリーン(薄い)になってる様ですので連
  続高回転は要注意かも知れません。

  また、低回転域では常時カリカリとノック状態ですので、一度ハイオクを
  入れてみようかと思います。

  何れにしても、点火時期とミクスチャーの調整、音量対策が必要と思わ
  れます。
----------------------------------------------------------------------
alt

alt

alt

関連情報URL : http://3done.cart.fc2.com/
Posted at 2019/12/02 20:39:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | Kawasaki Ninja | クルマ
2019年11月06日 イイね!

ソニー製1インチVTR「SONY BVH-3100」4号機の修理完了。

ソニー製1インチVTR「SONY BVH-3100」4号機の修理完了。
---------------------------------------------------------------
ご興味の無い方はスルー願います。(笑)

<写真右手:BVH-3100・4号機/修理完了>

4台目となるソニー製1インチVTR「SONY BVH-3100」4号機の修理が完了致しました。
入手時にはシステムエラーが出て、全く動作しません。
サーボ基板の不具合、コンデンサーのパンク、部品劣化、走行系の固着や不良等が見つかり重症です。
回路基板の交換、部品交換、走行系部品の総分解・洗浄研磨などを経てようやく修理完了致しました。
調子は上々で、ビデオへッドのRF出力波形もとても良い状態でした。



YouTube
SONY BVH-3100 修理完了の4号機


<写真左手:BVH-3000・5号機/現在修理途中>

5号機は野ざらし保管だった様で、機械回りは錆びてて可動部分は固着していました。
上下ドラムは特に悲惨で、アルミ地が真白に酸化していて無残な状態です。
それでも大分頑張って、他の動作マシンの正常基板挿入で画像が出る所までは漕ぎ着けました。
現在は写真の通り、分解の途中で故障基板等の修理部品の到着待ち状態です。

1インチVTRも「SONY BVH-3000/3100」据置型が5台、ポータブル型の「SONY BVH-500A 」が3台と「 NAGRA VPR5」が2台の計10台となり、ついに置き場所が無くなってしまいました。
今回修理の2台は場所が無いので、床に段ボールを敷いての作業です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
alt

alt
右側が今回修理完了の「SONY BVH-3100・4号機」
左側が修理途中の「SONY BVH-3000・5号機」

alt

修理が完了した「SONY BVH-3100・4号機」

alt
ビデオへッドのRF出力波形の確認

alt
左手前から1号機「SONY BVH-3000」
2号機「SONY BVH-3100」
3号機「SONY BVH-3000」

alt
修理途中、分解されて部品待ちの5号機「SONY BVH-3000」

alt
現在修理中の5号機の上下ドラムです。

風雨にさらされ真白に錆(酸化アルミ)が進行しておりましたが、試しに磨いてみました。
酸化膜は取れましたが、ドラム表面が酸化によって凸凹している様子が分かります。
研磨を続けて鏡面に仕上げたい所ですが、画像への悪影響やテープの貼り付きを考える
とこれ以上の研磨は難しそうです。
因みに再生は出来ましたので、何とかなりそうです。

何時になるか分かりませんが、5号機修理完成の節にはご報告させて頂きます。

Posted at 2019/11/06 23:43:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「HD(1080i)をNTSC(525i)へダウンコンバートしてみました。 http://cvw.jp/b/651150/44014963/
何シテル?   05/19 23:07
二十余年のサラリーマン生活を経て会社を設立して独立、只今は好き・勝手な「自由人」です。 最近ではロードバイクでの体力強化が最大のテーマです。 一昨年からカニ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

ワンコと薔薇と剣さんと 
カテゴリ:2 ロングへアード・カニーンヘン「アレックス」
2010/02/02 19:30:02
 
The American Kennel Club 
カテゴリ:2 ロングへアード・カニーンヘン「アレックス」
2010/01/05 02:39:20
 
社団法人ジャパンケネルクラブ 
カテゴリ:2 ロングへアード・カニーンヘン「アレックス」
2010/01/05 02:29:15
 

愛車一覧

BMWアルピナ B3 S BiTurbo ツーリング BMWアルピナ B3 S BiTurbo ツーリング
■Alpina B3 S Bi-turbo touring 8号車■ 1、車両交代:B ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
■MB A200 エレガンス 5号車■ 2Lの5ドア・ハッチバックとしては、燃費も良く ...
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
■BMW 540i Mspo. 8号車■ 2003年5月の車で、E39 540i Ms ...
BMW M6 カブリオレ BMW M6 カブリオレ
■BMW M6カブリオレ 8号車■  V10エンジン、4人乗りオープン、SMGミッショ ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.