• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ケイ_のブログ一覧

2016年08月12日 イイね!

夏休みのとある駐車場にて。



そりゃあ足りるよね。。。
Posted at 2016/09/10 20:34:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | シトロエン | クルマ
2013年09月07日 イイね!

アルファロメオでもなく、フェラーリでもなく、ロメオフェラーリスです。

アルファロメオでもなく、フェラーリでもなく、ロメオフェラーリスです。行ってきました、HOT EURO CAR SHOWDOWN。
先日横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で開催された、
オプション主催のイベントです。

イベントの公式ホームページあるいはフェイスブックでも、
どこの自動車メーカーが出展して、どの車種がどのくらい展示されるか等々、ほとんど告知なしでしたので、
あやしいなーとは思いつつ、いっぽうで少し期待してました・・・

が、予想通りのあやしさ、というか残念感漂うイベントでした><
私は今回、招待券で入場できたのですが、
東京モーターショー並みのチケット代払って来てたお客さんが気の毒な気がしました。

それはさておき、ともかく一つくらいは面白い展示車があれば良いなと、
入場ゲートをくぐった瞬間からそんな気持ちでいました。

で、幸いにして、興味を持ったクルマが1台だけありました。
初開催記念ということで、イベント会場にゆっくりとある注目?の1台が登場しました。



ロメオフェラーリスなんて、聞いたことありましたか??
↓クリックで公式ホームページへ



「ロメオフェラーリス・チンクオーネ・ストラダーレ - romeo ferraris Cinquone Stradale - 」


今月号のティーポにも紹介されていたらしく、私は事前知識も何も無かったのですが、
特にこのワイドフェンダーのボディキットに惹かれました・・・とても良く出来ています。


内装は特に派手過ぎな印象であんまり好印象ではなかったのですが、
以前に試乗した695マセラティやトリブート・フェラーリと違い、マニュアルなので良しとしましょう。


このタイヤの収まり具合が素晴らしい^^ きっちりブレンボ。


後部座席は無くなって、代わりに意味もなくヘルメット置き場があります^^;


リアから見ても、ワイドフェンダーとカーボンディフューザーがGood。


ちなみに、お値段はアバルト695トリブート・フェラーリをはるかに凌ぐ、
7,900,000円~です・・・

クルマイベントは完璧にマンモスのユカの人気に負けてましたが、
面白いクルマが見れて良かったような気がします。


最後までお読みいいただき、ありがとうございました。
Posted at 2013/09/08 23:29:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマイベント | クルマ
2013年08月25日 イイね!

アバルト ABARTH 695 EDIZIONE MASERATI 体験記

アバルト ABARTH 695 EDIZIONE MASERATI 体験記アバルトのホームページにて告知されていたイベント、
ABARTH 695 EDIZIONE MASERATI EXPERIENCE」に申し込み、
ABARTH 695 EDIZIONE MASERATIに試乗してきました。
1月に開催された東京オートサロンでも気になっていたモデルで、以前試乗したアバルト500とはどんな違いがあるのか興味がありました。

左ハンドル仕様のみですが、車体も小さいので、特に乗りにくいということは無かったです。
超特別なイタリア車ということでむしろ左ハンドルで乗るべきなんでしょう。

エンジン出力特性とハンドリング特性を、ノーマルモードとスポーツモードで切り替えができます。
まずは変速自動のオートマチックモード+ノーマルモードで走り始めました。

オートマチックモードでは、3,500rpm以上のおいしい部分を使わずにすぐに変速してしまいます^^;
1速→2速→3速くらいまで、体が少し前につんのめるような変速マナーです。
これは以前所有していたシトロエンC2のセンソドライブとどっこいどっこいかなぁ・・・なんて思ってしまいました。
面白いのがステアリングのパドルでシフトしてもオートマチックモードが解除されずに維持されるところ。なので、オートマチックモードを完全に解除するにはコンソールの切り替えボタンを押す必要があります。

ノーマルモードはかなりエンジン出力を抑えるような制御が働いているらしく、思ったような加速感が得られないこともあり、このままでは楽しめないなぁと思ったので、さっそくスポーツモード+MTモードに切り替えました。

・・・・・俄然クルマが元気になります。
3,500rpm以上のターボが効く回転域も使えるようになると、さすがにスピードに乗せやすくなり、
さらにルーフを開けてオープンにして走ると先程までは車内にあまり届いてこなかった、
低く地を這うような排気音もグオォォォォ~という感じで車内に勇ましく聞こえてきて、これはかなり良かったです^^

MTモードではダウンシフト時にグオンっという排気音とともに自動的にブリッピングを行い、かなり素早く上手に回転を合わせてくれます。2速→1速のダウンシフトでも、ほとんど変速ショックを感じさせないスムーズな変速で驚きました。
一方、シフトアップの際は普通にMTを運転するように変速時に少しアクセルを抜くと、これもまた変速ショックのないスムーズに変速ができます。
ただ、ステアリングと左右のパドルが一緒に動いてしまうタイプなので、個人的には交差点でシフトアップしながらステアリングを切ろうとした時など、扱いにくかったです。

見た目も派手なホワイトの本革シートですが、さすがに乗り心地は良かったです。
両モードに共通な印象ですが、サスペンションの路面の捉える感覚も調度良い硬さで、
高級感がありましたし、長時間のドライブでもおそらく疲れることは無さそうな印象でした。
室内もルーフを閉じればとても静かです。

オープンにもなるし、全体の印象としては楽しいクルマに違いないのですが、
「ABARTHの猛々しいパフォーマンスと、MASERATIの洗練されたエレガンスが融合」との文言があるのですが、どうもその「融合」はとても難しいもののように感じました。
やはりこの車のサイズからしてエレガンスを強調するには無理がありますし、
セミATも「5速」のもので、本物のマセラティに搭載されているカンビオコルサとは当然違うものでしょう。
さすがに変速スピードとダウンシフト時のマナーはセンソドライブとは違うものだと思いましたが、
それでもセンソドライブも検討してるな、なんて思ってしまったのも事実なのです。

特に自分の中で一番残念だったのが、アクセルペダルの踏み込み量に対して、
1.4リッターのターボ付きのエンジンということで、やはり若干のターボラグがあるのか、
停車状態からのこの車が反応してくれる発進加速感にかなりの違和感があったことです。

高級車の部類に入るような価格レンジの車に対しては、期待感も非常に大きくなるので、
どうしても辛口の評価になってしまうのですが、もう少しマセラティへのコダワリを感じたいなと思いました。



最後までお読みいただき、ありがとうございました!
Posted at 2013/08/26 00:24:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | テストドライブ | 日記
2012年09月09日 イイね!

CG FESTA 2012 カーグラフィック50周年記念イベント

CG FESTA 2012 カーグラフィック50周年記念イベントミュゼオ御殿場にて行われた、カーグラフィック50周年記念イベントに行って来ました。








イベント会場は熱心なクルマファンや小さなお子さん連れのファミリーなど、たくさんのお客さんで、会場はかなりの賑わいがありました。



綺麗なF40。288GTOも展示して欲しかったな。後ろのボストンテリアくんがよい感じです。



MAZDA 787Bも。でもなんかオーラが感じられないなぁって思ったら、やっぱりレプリカでした。



2013 Ford Mustang。LED化でリアランプデザインが一新されています。



メルセデス300SL。1955年にすでにこんな自動車を作っていたと思うと、やはりメルセデスは偉大ですね。



同乗試乗会も開催されていました。Citroen DS5に乗せていただきましたが、正直ちょっと欲しくなりました。CG TVに出演の某氏は購入を決定されたそうな。気に入ってそうだったもんなぁ。※写真は無関係です。



協賛会社一覧。アルファベット順ですね。



カーグラフィックは最近は雑誌よりもwebCGやカーグラフィックTVのほうが見る機会が多く、カーグラフィックの熱心な読者というわけではないですが(スミマセン^^;;)、50年も車雑誌として刊行され続けていることに、驚きと尊敬の念を持ちました。


この先さらに50年後はどうなってるか全く想像ができませんが、未来の子供たちのために、クルマの楽しさは変わっていないで欲しい、と思いました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Posted at 2012/09/12 22:47:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマイベント | クルマ
2012年09月01日 イイね!

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース第23回メディア対抗ロードスター4時間耐久レースを見に行って来ました。

メディア対抗はこれまでなかなか行く機会が無かったのですが、ギャラッカさんのお誘いで、今年はすでに1度ならず、2度も足を運んでいる筑波サーキットに再び行って参りました。

思っていたよりも、メディア関係者らレース参加者のレースに対する熱意や真剣な雰囲気が感じられ、レース自体もプロのレーシングドライバーが助っ人として参戦したり、かなりレベルの高いバトルも見られて楽しかったです。

決勝前スターティンググリッドの様子


ローリングスタートから、午後4:00、決勝レースがスタート。


第1ヘアピンコーナーからダンロップコーナーにかけて。
ピンクパンサー佐藤 久実さん、ティーポ斎藤 慎輔さん?、ル・マン・ウィナー荒 聖治選手。





日が沈めば、サーキットも当然暗くなります。



そういえば、発売前のMAZDA6が展示されてました。


最後までお読みいただきありがとうございました。
関連情報URL : http://www.media4tai.com/
Posted at 2012/09/02 13:45:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記

プロフィール

「アルファロメオでもなく、フェラーリでもなく、ロメオフェラーリスです。 http://cvw.jp/b/753556/31076431/
何シテル?   09/09 22:31
シトロエンC2乗りのケイ_です。 マニュアルのフランス車を楽しく運転してます。 もしよかったら、 Twitterでフォローしてください。 @k_sm...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト 
カテゴリ:マイリンク
2011/04/02 19:38:36
 
YouTube (smallfieldUKのチャンネル) 
カテゴリ:こちらもどうぞ
2011/02/03 00:37:17
 
Twitter ツイッター (@k_smallfield) 
カテゴリ:こちらもどうぞ
2011/02/03 00:36:27
 

愛車一覧

シトロエン C2 シトロエン C2
ホイールを換えたいですが、今の純正ホイール"Suzuka"も気に入ってます。 限定生産の ...
シトロエン C2 シトロエン C2
現所有車と同じじゃないの? ・・・いいえ、違います。
トヨタ マークII トヨタ マークII
ディーラーオプションの"AERO SPORTS PACKAGE"を装着してます。 直6は ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.