• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

レーム改RKのブログ一覧

2018年12月08日 イイね!

ようやく解決へGo!

ようやく解決へGo!クーラトント漏れと、パドルシフトの手動シフトダウンの鈍さをまだ修理しております(´-`).。oO

11月のF355ミーティングin岐阜を午前で抜けて主治医のとこに入庫して以来ですから、はや一カ月。。

エンジン降ろせば、漏れ箇所の特定や修理も早いのでしょうが、今回は意地でもエンジン降ろさずに頑張ってるので(笑)、主治医も苦労したようです。

なんちゃらガスケットからダダ漏れしてるとのことで、今日明日にも、部品交換で治る見通しがつきました。


問題の、パドルシフト。自動では速度に応じて可愛いブリッピングもしながらダウンするのですが、スポーツカーの醍醐味は、手足で操るシフトダウン!

パドルシフトの左をパンと引っ張り、355F1ならではの醍醐味である、アクセルワークによるブリッピング(煽り)を入れると気持ちよく、ダウンが決まるアノ動作! が、鈍いんです( ´Д`)y━・~~

酷いと落ちない。すると減速する場面で、アクセルだけ煽ってるから、むしろ加速するという恐怖が。

手動でダウンしなくても、ダウンだけ自動任せっていう手もありますが(街中はそうしてますが)、峠のコーナーや、高速での追い抜き場面では自動では、ダウンしてくれないので、

(ダウンしなくても回れるよ、ダウンしなくても加速できるよ、と355が伝えてるわけですが笑)、

やっぱりバシッと自分の足を使ったアクセルワークでブリッビング決めて、エンジン吹かせたいわけでして。。。

(シングルクラッチのセミATでも、モデナから手動シフトダウンしたら、アクセルワークなしで自動的にブリッピングするようです。今時のセミATは全てデュアルクラッチのため、手動シフトダウンの際は自動でブリッピングですね。
あ、モデナも488も乗ったこたないから、ホントのことは知りませんが笑、
とにかく、マニュアル操作でのヒール&トゥを必死で覚えて、足にブリッピングが染み付いてる世代には、355F1のシフトダウンは、セミATでも、実に面白いわけであります(^^))

長々と書きましたが、こんなわけで、ダウン操作だけは完璧にしたいなと思いながら、主治医も悪戦苦闘してくれましたが、結局、リピア品でのアッセンブル交換となりました。

マイクロスイッチをパドルで物理的に当てるだけでのことで、その当たりが鈍くなってるだけなのに、修理は難しいようです。

F1マチックの故障では、CPU、アーキュレーター、油圧ポンプなどが主な原因とよく聞きますが、これらの修理には、一説に100万とも200万とも言う都市伝説があります(o_o)、
そこは完調だけに、マイクロスイッチとは、悔しいーー!

てことで、パドルシフトだけ部品屋に送り、ダウン側だけマイクロスイッチごと、交換いたします。。

正月ランには、間に合いそうですが。

正月に、無駄にシフトアップとシフトダウンを繰り返してブリッピング音を鳴らしまくってる下品な跳ね馬がいたら、それは僕です(^^)

モデナでも、僕と同じパターンを起こした例がありましたので、参考までにリンクしておきます。


http://blog.livedoor.jp/prize_east/archives/65869713.html


そうそう、主治医のとこに、AMG GT入庫してました。

走行8000kの、極上もの。宝くじ当たったら「足」として使いたい(^^)




Posted at 2018/12/08 17:31:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月13日 イイね!

フェラーリF355ミーティングin岐阜!

フェラーリF355ミーティングin岐阜!楽しかったー!




諸先輩に会えてホントに勉強になったー!

皆さん優しくて、ホントに車が好きで、修理も楽しめる、僕同様のドM体質(笑)




同じ355の魔力にハマったもの同士、どんなに話しても飽きないですね!

ミーティングって初めて出たけど、こりゃ、やめられない!







F1乗りの先輩が沢山いらっしゃったので、シングルクラッチならではのセミATの楽しみ方を語り合えました!




そうそう、プロストやマンセルだって90年に導入されたセミAT(89年だったかな?)に苦労しながら克服したんだ、プロスト気分で楽しまなくちゃね!




手動パドルシフトダウンの瞬間にアクセルワーク使って自分でブリッビング! マニュアルのヒールアンドトゥに比べたら楽だし、DCTのデュアルクラッチより、自分で車を扱ってる感あるしσ(^_^;)←ポルシェのPDKへの僻みもあるけどw




僕のはパドルシフトダウンの時に入りづらい時があるから、この際、専門業者さんに分解して、徹底的に治すことにします!

(新品交換すると部品だけで40万するし、シフトアップはパンパン入るので、交換はもったいない!)




マニュアルモードでも低速になると自動シフトダウンするけど(しかも可愛くブリッビングもする!)

F1乗りの先輩たちはみんな自動なんて任せずにパドルシフトダウンしてるからσ(^_^;)




しっかり接触不良無くしてバンバン手動でダウンして、ブイブイとアクセルあおってブリッピングかませちゃる!




ってことで、クーラント漏れ治しと(>_<)、パドルシフト治しのため、ミーティングは午前で退席して午後一に、主治医に入庫!




そしたら、ネロのF355 が出来上がってて!!






カッコよすぎる! うーん、シルバー飽きたらラッピングでネロにしちゃる!




(このマニュアル仕様乗せてもらったけど、F1に、慣れた身では、ロータスヨーロッパより、アクセルもブレーキ幅が狭く感じて、オイラに乗りこなせいと悟りました(>_<)
F1マチックを完調にするしか、僕では355と暮らせないと思ふ!)
Posted at 2018/11/13 22:21:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月25日 イイね!

テスタロッサ先輩にご挨拶

テスタロッサ先輩にご挨拶古くからのスーパーカーファンには有名な、某洋菓子店併設のスーパーカーショップまでドライブ。

なぜか車を買い替えると、ここまでドライブして、ショールームに鎮座する、スーパーカー先輩たちにご挨拶してる笑





テスタロッサ先輩は911ターボ先輩と並んでいたけど、さすが、12気筒! 355とフェイスは似てても、一回り大きくてオーラあるなぁ!

Posted at 2018/09/25 19:19:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェラーリ355F1 | 日記
2018年09月09日 イイね!

355ピカピカ維持戦略その2

355ピカピカ維持戦略その2さて、エンジン内の黒を維持するためには、樹脂部は、スーパーハードとSLシリコーンで復活しますが、インテークの間にある冷却水タンクの蓋部分や、エアクリボックスは、金属のため、一度、斑が出たり、色褪せが出たら、再塗装しちゃうのが、一番手っ取り早いですw

バイカーがエンジンやマフラーを再塗装するときにご用達の「オキツモ耐熱塗料ツヤあり黒」です。

こんな感じで、色塗りして、24時間寝かし、1800円位で買えるヒートガンで20分熱風をかければ、冒頭のように仕上がりました(^^)




ま、ほんとの鬼門は、カムカバーの色落ちと、ホコリまみれになってても手が入らない足回りのアーム類ですが、これは、タイミングベルト交換でエンジン降ろしたついでに、プロに再塗装を任せましょう。

きっとフェラーリ本社の塗装よりも綺麗で耐性のある塗装を日本のプロショップがしてくれます(^^;

跳ね馬本社さん、もうちょっと塗装の耐久性も追求してね(^^; 

エンジンとかはさすがに丈夫なんだけどなぁ・・・

Posted at 2018/09/09 18:15:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | フェラーリ355F1 | 日記
2018年09月09日 イイね!

355 ピカピカ維持戦略その1

355 ピカピカ維持戦略その1ガリ傷修正が無事愛車が戻ってきました。ホント、板金塗装の職人さんって、車好きには神様に思える存在(^^;



これを機に、気になる塗装部分を総仕上げしてみました。

にしても、跳ね馬さんの塗装は、粒子が細かいせいで、耐久性の悪い事。。下地処理とガラスコーティング、さらにその後のメンテナンスは必須ですねえ。

ボディは、ガラスコーティングした上で、毎回洗車は、キラサクEXで3か月ごとにコートし、毎回乗った後は、マキタブロワで埃を飛ばして、絞ったマイクロクロスにゴールドリッターで拭き拭きする、いわゆる「水無し洗車」をしていくことにしました。

問題は、エンジン内。

355は雨水が中に入ると、エンジン熱で、黒い樹脂も、黒い金属も、水あとが斑になりやすいです。

雨の日に乗ることは無いのですが、ショップに預けて居たりすると、エンジン内が大抵、汚れちゃう(^^;

で、エンジン内の黒い部分をブリスやバリアスコート使うと、白濁化しやすい。。

さらに、シリコンオフで下地処理した段階で、355くらいの年月が経っていると、オイルが抜けた時点で白濁化(><)

まぁ、シリコンオフした時の姿が、20年たった本当の姿なんでしょうねぇ。

そこで、一番、ピカピカ維持できるのは、ワコーズSLシリコーン!

こいつは、金属部も樹脂部も黒さを復活させます。が、持ちが悪い(^^;

そこで、しっかりコーティングしなおすなら、ワコーズ・スーパーハード!

これは、樹脂しか効果でないですが、凄いなぁ。355に使う前に、通勤の軽自動車で試したら、こんな感じに。




さて、これでエンジン内樹脂部(インテークなど)は、スーパーハード+普段SLシリコーンで維持できることがわかりました。

問題は、インテークの間にある、冷却水サブタンクの箱表面と、エアクリボックス。

ここは金属なので、一度、斑が出来ると、デボジット除去剤など効きません(^^;

SLシリコーンでなんとかごまかせますが、ちょっと乾いてくると、すぐに斑は出ます。

なので、ここは悩むより、再塗装! エンジンの再塗装はバイカーが詳しい(^^;

そこで紹介してもったのが、「オキツモ耐熱塗料ツヤあり黒」!

以下続くw
Posted at 2018/09/09 17:28:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェラーリ355F1 | 日記

プロフィール

「ようやく解決へGo! http://cvw.jp/b/882588/42274111/
何シテル?   12/08 17:31
一生愛せるクルマを探していたら、ついに自分の理想の車を作るに至り、オリジナル・ケンメリ・セミワークスを制作。 ワンオフカスタムの魅力に憑りつかれら、自分が...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

Unachanさんのポルシェ 911 (クーペ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/25 23:43:38
完成したマイ・カスタムヨーロッパ手放します泣 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/13 18:58:28

お友達

2017年11月
縁あって、熱烈なヨーロッパファンの元へ嫁ぎました!

そして! 次期戦闘機、探してた銀の335F1を手に入れ、さっそくコンプリートマシンにしてますよん!
ワンオフマシンの好きな変態さん、仲良くしてください!
20 人のお友達がいます
夢・心・彩・純夢・心・彩・純 * UnachanUnachan
ヨロジフヨロジフ りむる・テンペストりむる・テンペスト
ミコっちゃんミコっちゃん monsterGRBmonsterGRB

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) 銀馬 (フェラーリ F355 (クーペ))
2017年11月に主治医アウトストラーダさまへ納車。 フェラーリ職人さん達が、僕の拘りを ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
長年探し続けてたケンメリGTR仕様ですが、一生、愛せる車体と出会えました。ショップの社長 ...
AMG その他 AMG その他
デイトレードで稼げれるようになり、調子にのって、屋根つき駐車場のあるマンションと、学生の ...
ロータス ヨーロッパ ロッパブリスター (ロータス ヨーロッパ)
上がりの車は、やはり車好きになった原点、サーキットの狼にしました、 そう、ヨーロッパです ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.