アルファロメオ |  ALFAROMEO (イタリア)

プロフィール

設立年月日

1910年1月1日 

社長名

 

関連リンク(外部サイトへのリンクです)

概要

イタリア自動車メーカーのほとんどがフィアットグループに位置するが、アルファロメオもそのひとつ。日本ではフィアットオートの扱う主力ブランドだ。古くから様々なモータースポーツで実績を残し、スポーティなクルマ作りに徹した自動車メーカーとして知られている。アルファ156に代表されるような、バンパーに食い込む盾型のフロントグリルを大きな特徴とする。F1テクノロジーの導入によって生まれたATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション“セレスピード”は、アルファならではのスポーツ性とイージードライブを両立させた機構だ。 

歴史

1906年、ダラック社はミラノの貴族で実業家のカバリエレ・ウーゴ・ステラとライセンス契約をしてイタリアーナ・ダラック自動車株式会社 (SIAD)を設立し、ミラノのポルテロに工場を建設。
1907年ダラック社は経営危機に陥いる。
1909年9月ウーゴ・ステラはミラノの自動車クラブでジュゼッペ・メロージと会い、最初の車24HPと12HPについて開発の契約を交わします。
1910年1月1日、A.L.F.A. (Anonima Lombarda Fabbrica Automobili :ロンバルダ自動車製造株式会社)が設立。初代社長はウーゴ・ステラ。
1910年6月24日、A.L.F.A.は、SIADから、工場、生産設備、人員等々全てを18万リラで譲渡受けする契約書に調印して自動車メーカーとして創業開始。
1914年8月 第一次世界大戦が勃発。 
1915年5月23日 イタリアが第一次世界大戦に参戦
第一次世界大戦で販売は激減。1915年には乗用車の生産は行われず軍用車生産だけになりA.L.F.A.の財政状態は悪化する。銀行は、軍需で注目を浴びていたナポリのエンジニアで起業家のニコラ・ロメオに支援を要請し1915年12月12日 A.L.F.A.は、ニコラ・ロメオ技師有限株式会社の傘下になる。
1918年 12月 ニコラ・ロメオ技師有限株式会社は更に増資を図り、A.L.F.Aを吸収合併します。 新会社名がニコラ・ロメオ技師株式会社になります。
1920年 Alfa Romeo 20/30 HP E. Sport のエンブレムに記載のブランド名”ALFA“が、旧のブランド名=旧会社名:ALFAと新会社名:ROMEOを ハイフン(-)でつないだ、”ALFA-ROMEO“ に なります。
1928年 ニコラ ロメオは 社長を辞任。
1929年10月24日 ニューヨーク証券取引所で株価が大暴落「暗黒の木曜日」発生。世界恐慌が始まる。
1930年 世界恐慌の煽りを受け、業績の悪化した、ニコラ・ロメオ技師株式会社は各部門の切り売りをし、自動社部門と航空機エンジン部門を 分離独立させます。 独立した為、会社名が ニコラ・ロメオ技師株式会社からアルファロメオ社 ”S.A. Alfa Romeo” に変更。
1932年12月 アルファ ロメオは、航空機エンジン製造と言う、軍事上倒産/解散させることができなかった為、イタリア産業復興公社(IRI)の直轄になります。(事実上の国営企業)
1933年 IRI は アルファ ロメオの社長に 辣腕経営者だったウーゴ・ゴッバートを招聘します。
ウーゴ・ゴッバートは社内改革を行い、合理化を進めると同時に、エンツォ・フェラーリのスクーデリア・フェラーリを活用し、自動車レースにも積極的に参戦させ、輝かしい戦歴を残します。
1943年9月8日 イタリア王国降伏。 1943年9月23日 ムッソリーニ イタリア社会共和国(RSI:サロ共和国)を建国。  アルファ ロメオのあるミラノは サロ共和国の支配下になった。
1943年ポルテロ本社工場が連合軍の3度の空襲によって壊滅する。
1945年5月2日 イタリアの戦いが終結
1948年 アルファロメオ社は IRIにより設立されたフィンメッカニカ社の傘下になる。
1948年 会社名が ”S.A. Alfa Romeo” から ”Alfa Romeo S.p.A.” に変更。

 

技術

 

販売網(ディーラー)

 

モータースポーツ

 

 

みんカラを始めよう!

注目キーワード

最近見た車

最近見たクルマはありません。

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter
閉じる