• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

REドライダーのブログ一覧

2017年05月22日 イイね!

記念イベントに参加!

記念イベントに参加!昨日、伊香保おもちゃと人形・自動車博物館で主催の「前橋クラシックカーフェスティバル スプレンドーレ前橋」に参加してきました。今回のイベントは、マツダ・ロータリー50周年の節目に当たるとして、歴代ロータリー車をメインとした企画モノです。特別展示として要請を受け、我ユーノスコスモでの参加となりました。


一路前橋へ。なんと、まともにクルマを走らせるのは約一年ぶり(汗)。今春に新しく開通した圏央道も初めて走りました。新しい道は気持ちイイね!


本来なら旧車イベントに参加するには、未だ若造な年式になる訳ですが、どういう訳か一番目立つ処へ展示に(笑)。市内の広場と商店街が会場なもんで、なんか余計恥ずかしいなぁ。


















歴代モデル順に並べてみました。後RX-2とRX-4が揃えば、ほぼ完ぺきだったでしょう?まあ、関東近辺のイベントでこれだけロータリー車が揃うのも珍しいです。流石、祝50周年!やったね。
















その他、レア車、珍車、スーパーカー、バイクと内外問わず旧車が参加。自動車博物館の主催だけあって良いイベントでした。
Posted at 2017/05/22 23:24:48 | コメント(6) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年02月11日 イイね!

’70年代の技術革新

’70年代の技術革新まだまだ寒い日が続きます…。
とても、バイクなんか乗る気にゃなりませんね(2st、REにはイイ時季だけど)。ガソリンも高騰して、大喰らいのクルマを出すには辛いもんがあります。
…そんな時には、雑誌でも読んで過ごしております。



RACERS Vol.42より引用。遂に出た!GPマシンKR250/350の全容。1975年デビューのカワサキ・タンデムツイン・レーサーについて、ここまで明確にまとめた書籍は初めてじゃないでしょうか。WGP参戦6年間で、115戦73勝8度のタイトル獲得は大偉業ですね。この頃から、二輪のモータースポーツに興味を持ち始めたので、とても印象に残っています。


まあ、当時はGPの中継なんて見れませんでしたからね。


別冊Old-Timer No.22より引用。試作車になりますが、1971年のモーターショー出品のヤマハ”GL750”。水冷2st4気筒で、なんと燃料噴射!しかも集合チャンバー付きとは…。残念ながら、当時の排ガス規制が始まったアメリカでの需要が見込めない事から、商品化には至りませんでした。これが出ていたら、さぞ凄かったでしょうけどね。まあ後のレーサーTZ750として、実現はしていますが。


こんな風にチューンして、街中走ったら恐ろしいですわ。


カワサキも負けてませんね。なんと、スクエア4!それもレーサーRG500が出る以前に市販前提で開発していたとは…。750SSマッハⅣの後継モデルだったそうで、市販されていたら”マッハⅤ”になっていたのでは?それにしても、ピストンバルブでスクエア4にするとは意外過ぎるけど。まあ、後のKR500もダテじゃなかったんですね。


ヤマハがヤンマーと共同開発のロータリー車”RZ201”。これは本当に、市販されなかったのが惜しい存在。2ローターで、ハウジング側が水冷、ローター側が混合気を通過させての空冷というメカニズムは、相当ハードルが高かった様で、しかもコンビポートにまでしていたのには驚きですね。スタイリングもヤマハらしく秀麗です。


カワサキ”X99”。やはり、黙っていないのがカワサキらしい(笑)。こちらも2ローターを採用し、当時のZ1をしのぐ85psだったそうで、カワサキでは、ロータリーを旗艦に据えるつもりだったんでしょうかね?詳細は不明。


これはバンビーンですが、2ローターだとこんな感じの音になりますね。


ホンダもロータリーをやっていた。ただ、ホンダの場合は他メーカーと違って、小排気量車に使おうとしていた様です。50と125を独自に開発していたそうで、シンプルな空冷シングルで、2stが無いのをロータリーで補てんするつもりだったんでしょうか?でも、これなら気軽にロータリーに乗れる入門バイクとして最適だったかも。


ノスタルジックヒーロー Vol.179より引用。前号に続く、「日産ロータリーエンジンの真実」の後篇。日産ではペリフェラルポートにして、そこへリードバルブで低速域の安定を図ろう考えていた。そうか、その手があったか!しかし、当時でリードバルブを採用するとは可也ハイテクですね。二代目シルビアに搭載して、発売寸前までいっていたそうです。これもやはり、オイルショックで断念だった。

検めて、日本メーカー各社の技術革新には脱帽します。後の日本車の躍進は、この時代にあったんでしょうね。
Posted at 2017/02/11 03:30:48 | コメント(5) | トラックバック(0) | 資料 | 日記
2017年01月08日 イイね!

佐野ニューイヤークラシックカーミーティング!

佐野ニューイヤークラシックカーミーティング!2017年 明けましておめでとうございます!

冬眠せずブログ始めます。第一弾は、本日佐野へ旧車見学してきました。今年はコスモスポーツからのマツダ・ロータリー50周年の節目の年なので、ロータリー車が大挙集結!自分も、我がユーノスコスモで参加したかったんですが、参加台数が60台迄と絞られてたため、残念ながら叶いませんでした。しかし、見ごたえ十分な内容で満足出来ました。




ルーチェ・ロータリークーペ レアものよくぞ来てくれた!恐らく、現存で走行可能な車輌は両手で数えられる?くらいなものでしょう。幻の縦置きFF”13A”ロータリーと8トラックのカセットデッキが泣かせます。


ファミリア・ロータリーTSS グランツーさん秘蔵?の一台。昔、家にもあったんですよコレが、色も同じクリームイエローで。昨年父親が亡くなったもので、見せてやりたかったなぁ。


コスモスポーツのマラソン・デ・ラ・ルート仕様 レプリカですが、84時間耐久でマツダ・ロータリーの実力を世に知らしめた名車。初戦での総合4位入賞は偉業だったと思います。今回、コスモスポーツだけでも10台以上エントリーがありました。


サバンナRX-7・SA22C 最近、SAを旧車イベントでよく見るようになりましたね。今思うと、自分のも残しておけばと悔やまれます。あのサイズで軽さとハンドリング、12Aのシャープな吹けあがりが忘れられません。

 
RX-7カブリオレ FCも数台来ていました。これは、レーシングビートのノーズとホイールでキメてます。


スズキCV-1 幻の”ゼロハンカー”が居ました。しかもコレは試作モデル。販売仕様でも、全部で100台程度しかないのにどうやって手にいれたのか?


初代セリカ・クーペ コレ、よくイベントに来てますが、ご自慢のガルウィング・ドアを開けてくれました。

では、今年も宜しくおねがいします!
Posted at 2017/01/08 23:41:03 | コメント(8) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2016年11月06日 イイね!

初参戦イベント!

初参戦イベント!イベントたけなわの秋ですが、本日は香取市にある中央博物館分室開催の「昭和の名車大集合」に行ってきました。このイベントは開催五回目になりますが、見学も含めての初エントリー。もっとも四輪車中心で、二輪は自車RE5を含めてたったの二台!でも、参加車年代もバラケてて中々楽しめる内容でした。


”幻の車”フジキャビン、とんでもない!珍車が来ていました。60年前、僅か85台だけしか生産されなかった三輪乗用車(二人乗り)で、現・小松製作所の前身の富士自動車製。エンジンは121ccの空冷2st単気筒ですが、何故か登録は原付二種(特定二輪車?)になっています。並列座席でトレッドは結構広い感じです。


実車を見るのは二度目なんですが、今回はエンジンルーム内部まで頭を突っ込んでよく見れました(笑)。


130セドリック。これは後期型ですが、この型のセドリックは、旧車イベントでもほとんど見ませんね。


A30グロリア。いわゆる”タテグロ”ですが、元々プリンス時代の設計で、日産との合併後に発売になったものです。上のセドリックとは独立した存在だったので、この頃のはそれぞれ個性的でしたね。


230グロリア。この頃から統合して”セドグロ”といわれる双子車です。これは珍しい2ドア・ハードトップの2600(3ナンバー)でした。


240Z。晴天下に映えるイエローボディが眩しい!Zはこの型が一番好きだなぁ。


スプリンター。いやー、この型は久しぶりに見た。残念ながらこういった普及セダンって、ほとんど残ってないんですよねぇ。


セリカLB2000GT。初期型のバナナテール。セリカもこの型が一番印象的ですよねぇ?


ヨタハチにエスハチ。この辺りは旧車イベントの定番です。


ベレット・ファストバック。今回べレットが10台以上と大軍団で参加していました。知らなかった事にファストバックとは、こういったクーペでトランクスルーになっているものなんですね。


ポルシェ914。今や希少の元祖ミッドシップ・ポルシェ。外車は少ないながらも参加がありました。


もう毎度々々になりますが、エンジン音が聞きたい!とのリクエストに応えて、イベント終了直前に廻しました。まあ、喜んでもらえて良かったです。

快晴の良いイベント日和で、有意義な一日となりました。どうも皆さま、お疲れさまでした!
Posted at 2016/11/06 20:46:42 | コメント(9) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2016年10月16日 イイね!

10年連続の…

10年連続の…色々訳あって、ようやく今年の初ブログになります。

今年も恒例のオールドタイムランみかもへ行って参りました。まあ、内容は相変わらずなんですけどね。


MVアグスタ750S。久しぶりに大物エントリーがありました。今回の参加車では、最高級な事だけは間違いなし。ファンネル付き四連デロルトキャブに直管メガフォンマフラー!素晴らしいサウンドを奏でておりました。目前で観れて感激モノです。


750マッハ改のサイドカー。このオーナー氏は今回サイドカーで参戦。毎回違う仕様のマッハを持ち込んでくれるのが楽しみです。やっぱイイね、ビッグ2stは。


ヤマハDT400。昨年のハスラーに替わって、今年も来ました2stモンスターが。もう、けたたましいサウンドと煙の迫力がたまりませんよ。


エントリー外になりますが、RG500Γが来ていました。最も希少色といわれる白/赤で、ほぼノーマル状態を保っています。このオーナー氏と話しましたが、やはり、このバイクだけは手放せないんだとか。ま、当然でしょうが。ああっ、自分のゴガンは何時復活になるのやら…。


ええっ、遂に県警がKZ1000Pを採用?いや、違いました。この人は偽ポリスで会場付近にゲリラ参戦です(笑)。しかし、本物の白バイ隊から声を掛けられたそうで、もう爆笑モノでした。


今回のオマケ。初回からの10年連続の参加で、皆勤の特別賞をいただきました。壇上に上がってのインタビューは恥ずかしかったな。まだまだRE5も元気なので、出来る限り参加したいです。
Posted at 2016/10/16 23:02:34 | コメント(7) | トラックバック(0) | イベント | 日記

プロフィール

「記念イベントに参加! http://cvw.jp/b/1245387/39815141/
何シテル?   05/22 23:24
REドライダーです。茨城の片田舎でロータリー車を転がしている趣味人です。 どうぞ、よろしくお願いします!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

三次試験場50周年マツダファンミーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/23 00:45:37
 
EUNOSCOSMO Style 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/23 00:40:52
 
SQUARE4BBS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/23 00:38:24
 

お友達

ご趣味が合いそう(そうでなくても)な方ならどなたでも歓迎です。楽しく語りましょう!
123 人のお友達がいます
VelizyVelizy * バハたん?バハたん? *
たかたん7たかたん7 * 覆面える覆面える *
わかかなわかかな * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認

ファン

119 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
なんと言っても20B・3ローターの魅力にハマっています。 高速走行ならもうサイコー!ただ ...
スズキ ロータリーRE5 スズキ ロータリーRE5
国産市販車唯一のロータリーバイクです。 二輪+ロータリーの組み合わせは振動レスで、はっき ...
スズキ RG500Γ スズキ RG500Γ
最も付き合いが長くお気に入りの一台です。 RG-Γは、今や伝説となった人Barry Sh ...
カワサキ KR250A カワサキ KR250A
80sレプリカの一角をしめたマシンです。 当時RZ、Γ、NS…と各社出そろった時に自分の ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.