車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月21日 イイね!
Z4で行く 爽快!真冬の房総半島ドライブZ4での2017年ファーストドライブは房総半島へ。


まずは市原市を貫く「うぐいすライン」で軽くウォーミングアップ。




峠の駅(といっても自販機があるだけですが)で一休み。

一路半島の南端を目指します。




新東京サーキット(カート)や袖ヶ浦フォレストレースウェイをかすめながら、以前から通るたびに気になっていた「久留里城」を散策しました。


国道からの入口こそ狭い民家の合い間を通りますが、駐車場は広々としています。料金は無料です。


趣のある急峻な坂道を600mほど登ります。


「堀切」と呼ばれる展望所ではプチ絶景を楽しめます。


立派な天守閣。


天守閣の上から望む景色もまた素晴らしいです。

久留里城を後にし、交通量僅少の国道410号を陽光を浴びながら気持ち良く駆け抜けます。


南房総といったら外せない「安房グリーンライン」。
少し風が強めに吹いていますが、たっぷりとした陽射しが頭上に降り注ぎ、真冬とは思えない暖かさを恵んでくれます。


「海底地すべり地層」に初訪問。


ここはかつては海の底だったんですね。


200万年前の巨大地震による地滑りの痕跡だそうです。気が遠くなりますね(^^;


ほどなく房総フラワーラインにぶつかり、国道410号を少し行くと、野島崎に到着です。


野島埼灯台が見えます。


房総半島の最南端になります。


いや~、今日は本当に陽射しが気持ち良い(^^)






「朝日と夕陽の見えるベンチ」にはひっきりなしに観光客が登っていました。

せっかくなので灯台に登って上から景色を見てみましょう。


200円の入館料を支払って螺旋の階段を登ります。


素晴らしい!




登るのは2度目ですが、やはりここからの景色は感動的です。この灯台からの眺めはおススメです。


続いて、さらに風が強くなりつつあるフラワーラインをトレースし、伊戸漁港へ立ち寄ります。




短いコーナーですが、海の眺めと相まって画になるロケーションです。


そしていつもの「見物海岸」へ。


白波が立ってきました。


強風でさすがに寒くなってきました。


たまらずルーフを閉じることにします。


珍しくアクアラインが空いていたので、夕陽の眺めを期待しつつ、海ほたるに立ち寄ってみます。


予想通り、夕陽をバッチリ見ることができました(^^)


彼方に富士山もかすかに遠望できました。


結局渋滞無しに、無事帰宅の途へ。

最近はNDロードスターに目移りしがちでしたが、こうやってオープンドライブをしていると、Z4の愉しさ、駆る歓びを存分に感じられて、終始ニコニコしっぱなしのショートドライブでした♪

走行距離:約305km
所要時間:約9時間

ここまでのルート
Posted at 2017/01/21 21:19:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年01月14日 イイね!
東京オートサロン2017
今季最大の寒波襲来の中、東京オートサロン in 幕張に行ってきました。


外は寒くても会場内は文字通り熱気で暑かったです。


トヨタブースではなつかしのセリカ。昔、まさしくこのセリカのプラモデルを作った記憶があります。





スバルブースは人が多くて満足に写真が撮れず。新型インプレッサをじっくり観たかった(^^;


新型スイフト。スイスポのデビューが待ち遠しいです。




BMWもさりげなく撮っていきます。


メルセデスブースにて。

そして気になるホンダブースへ。
シビックオーナーとしては見逃せないアレを見に行きます。




バトンのサインかな?


久しぶりに日本で発売されるシビックのプロトタイプが初披露。これはセダンですね。
フロント周りが若干地味な印象?


こちらはハッチバック。セダンに比べてかなりスポーティです。


アンダースポイラーやセンター2本出しマフラーがなかなか良い感じ。「SPORT」のバッヂがこの車の印象をそのまま表しているようです。


ハッチバックのシビック、最近のホンダにしては色も含めて結構気に入りました(笑)


そして注目のタイプR。


センター3本出し!


ハッチバックベースでしょうかね。


FK2との違いはよく分かりませんが、チャンピオンシップホワイトではなく、あえてマシングレーのようなボディカラーが渋い!

これはカタログモデルになるようですが、もう少し手の届きやすいお手頃価格を希望します(^^;


無限のS660コンセプトカー、GARU。どこかで見たことのあるようなフロントマスク。見事なまでにS660の面影がありませんね~。


リアフェンダーの膨らみはわりと好み。


ロードスター、やっぱり今最も欲しい車のうちのひとつです。
もし買うなら、素のSかNR-Aで迷いますね。


RFの注目度はやはり高かったです。フルオープンにならないのが個人的には残念ですね。


マニアックな軽の「オープンカー」、ケータハム7。
重量は驚異の490kg!アルトワークスより全然軽いです。


ガレージがあれば所有してみたいですね。




1400万円超えのロータス3-Eleven。これはRoadモデルのようです。
案内板には925gとありましたが、間違いなく925kgが正しいでしょうね(笑)
そしてスペックは怒涛の416ps!生粋のサーキットマシンですね。

おまけ


オートサロンらしからぬ?軽キャンパーの展示もありました。
実は昔、本気で欲しかった時期があったんですよね(^^;


一度は憧れるキャンピングカー。走行性能にさえ目をつむれば、軽キャンパーならその夢が叶えられそう♪

さて、午後から外は小雪がぱらつくほど冷え込んできました。
9時からずっと歩き回って足が棒のようになってしんどくなったので、いつものように快適な高速バスに乗って帰宅の途に着きました。
Posted at 2017/01/14 20:27:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年01月08日 イイね!
シビックで行く 2017年ファーストドライブ in 西伊豆スカイライン遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

元旦に初詣を済ませた後、あまりにも天気が良かったので実家のフィットで両親を連れて足柄峠に出掛けてきました。東名の大井松田ICで降り、足柄道(県道78号)で足柄万葉公園へ。




更に先に行くと、足柄城址があります。




う~ん、素晴らしい眺め!今年は幸先が良いです(^^)

帰りは東名で渋滞がありましたが、新年初ドライブを無事終了。両親も喜んでくれたようです。

そして昨日、マイカーでファーストドライブへ。
場所はマイフェイバリットコースの西伊豆スカイライン~西天城高原道路(県道127号~県道411号)。クルマはシビックをチョイス。


東京ICから入線。
沼津IC、伊豆縦貫道、伊豆中央道と進んでいきます。

タイトコーナーが連続する県道18号を、ストレスのないトランスミッションで3速、2速と小気味良くコクコクと変速しながら、達磨山に向かって徐々に高度を上げていきます。


だるま山高原レストハウスに到着。


若干霞んでいますが、富士山もバッチリ見えました。

荒れた路面の県道18号を経て西伊豆スカイラインへ入線。

ここから路面のコンディションはガラッと良くなりますが、序盤は先の見えないタイトコーナーの連続。安全マージンを十分に確保しつつ、極端に交通量の少ない天空への道を気持ち良く快走します。


いつものコーナーでも富士山が顔を出してくれました。


夕刻時の何とも言えない爽やかな風景に心が洗われます。冠雪したアルプスも遠望できました。


西伊豆スカイラインの白眉な景色。
自宅から3時間半と決して気軽に来れる距離ではないですが、それでも思いついたらサッと出掛けられる場所の中では最高のシチュエーションであることは間違いないです。


プチ雲海も綺麗。


中盤以降はパッと開けた景色の中をなぞる中・高速コーナーが延々と続きます。

新鮮な空気を目一杯吸い込む無限製のエアクリーナーの管楽器のような吸気音、ペダルを踏めば踏み込んだだけドライバーの期待通りのレスポンスを与えてくれるB16Aエンジン、そして小気味良いエグゾーストノートを奏でる排気システムと、この峠道でシビックは駿馬のように生き生きと駆け回ります。


望遠レンズでズームしてみました。










仁科峠にて。




暮れ行く西天城高原。

時刻は17:00を回り、あっという間に日没を迎えます。
そのまま西伊豆スカイラインを下って、珍しく渋滞のない東名で帰宅の途に着きました。

新年から素晴らしいドライブを堪能しました(^^)

走行距離:358km
所要時間:約8時間半

ここまでのルート
Posted at 2017/01/08 09:18:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2016年12月30日 イイね!
2016年ラストドライブ in 房総半島Z4で2016年最後のドライブに出掛けてきました。
時間の関係で近場の房総半島へ。


アクアライン→圏央道の木更津東ICで降りて飯給駅へ。



暖かな陽射しが心地良いのんびりとした午後のひととき。ここでは年末の慌しさは全く感じられません。


月崎駅にも立ち寄り、一路鹿野山を目指します。


九十九谷公園の駐車場にて。






今年は早朝の雲海を見ることができなかったので、来年こそは必ず!


マザー牧場近くの県道から見た東京湾。遠くにアクアラインが見えます。


このまま帰ろうかと思いましたが、海が見たくなったのでたまたま見つけた上総湊海水浴場へ。思いのほか素晴らしい景色の海岸です(^^)


ちょうど日が沈むタイミングでした。


いやー、素晴らしい!


無料駐車場(200台)完備です。




帰り際に一匹の猫が近づいてきました。


猫なで声で鳴きながら膝の上に乗ってきました。まとわり付いて全然離れません(笑) 猫は好きですが、一定の距離を保つ生き物だと思っていたのでビックリです(^^;

というわけで今年のドライブは全て終了。
最後に良い夕陽が見ることが出来て満足です(^^)

走行距離:163km
所要時間:約4時間半

ここまでのルート



みなさん、良いお年を!
Posted at 2016/12/30 20:25:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2016年12月30日 イイね!
2016年朝景・夕景セレクションとベストドライブ今年は早起きして、早朝を好んでドライブに出掛けたことが多かったです。
道は混んでいないし、綺麗な朝陽が見られるので早朝はやっぱりドライブの王道ですね。


4月 早朝の大峰高原


5月 早朝のビーナスライン


6月 早朝の魚沼スカイライン


8月 生月サンセットウェイの夕景


8月 豊海水産埠頭の夕景


10月 早朝の志賀草津高原道路


10月 西天城高原道路の夕景


10月 早朝の磐梯吾妻スカイライン






11月 早朝の銚子ドーバーライン

そして、今年の栄えあるベストドライブは・・・


真夏の西日本GTです!

湯布院日田往還~やまなみハイウェイ~ミルクロードと続く日本を代表する絶景・長大ドライバーズロードは、走りも景色も最も好きなコースです。

熊本の震災の爪跡もまだ癒されていませんでしたが、復興を願いつつ、また訪れることは間違いないでしょう。今度はシビックで駆け抜けてみたいですね。

さて、2016年も残すところあとわずか。
今年一年拙いブログに訪問いただきましてありがとうございましたm(_ _)m

来年も未知の道を求めて愛車2台とともに駆け抜けて行くつもりなので、よろしくお願いします!
Posted at 2016/12/30 10:55:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
プロフィール
「Z4で行く 爽快!真冬の房総半島ドライブ http://cvw.jp/b/1784472/39206257/
何シテル?   01/21 21:19
2台の愛車でドライブやスポーツ走行を楽しみながら、絶景巡りとドライビング・プレジャーを追求するTamonのブログです。 コチラでもブログを更新しています。...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
年末年始 瀬戸内・九州の海岸線を巡る2,117kmの旅 前編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/16 20:56:55
Okutadami autumn drive… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/18 10:13:09
車中泊スタイル@インテグラ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/15 19:34:33
お友達
突然の申請はお断りしていますので予めご了承ください。また、イイねは本当にイイねと感じた時のみに付けさせていただきますのでこちらも予めご了承下さい。
22 人のお友達がいます
kane.kane. * サンジくんサンジくん *
TEC-DB8TEC-DB8 Mr.REDMr.RED
しろかずしろかず トモ@b3トモ@b3
ファン
79 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シビック ホンダ シビック
6台目の愛車です。 たまたま行きつけのオートテラスで10万キロフルノーマルのコイツを発見 ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
人生初の輸入車です。Z4と共にニシヘヒガシヘ、グランドツーリングに駆け回ります。(22, ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
4台目の愛車です。 やはりtypeRへのあこがれが強く、00スペック4ドアを選択してみま ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
3.5台目の愛車です。 2台所有の夢を叶えさせてくれた、ホンダからの奇跡の贈り物。まさし ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.