車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月12日 イイね!
Z4で行く 初春房総半島リハビリ?ドライブご無沙汰です。
1ヶ月ぶりのリハビリ?ドライブに出掛けてきました。

バンパーの傷はそのままのZ4で首都高→アクアラインを突っ切り、房総半島鉄板ドライブコースを駆け抜けます。


九十九谷展望公園にて。


道の駅三芳村 鄙の里にて。

安房グリーンラインを快走し、外房黒潮ライン(国道128号)を鴨川方面へ。




房総フラワーラインにて。

曇りがちで少々肌寒く、日差しは弱めですが、オープン走行にはもってこいのコンディション。心地良い潮風が顔を優しく撫で、少し交通量が増えた黒潮ラインを軽く流します。

天津(あまつ)で県道81号(清澄養老ライン)へスイッチ。


2車線の県道を1kmほど進むと天津ループ橋(市原天津小湊線坂本2号橋)が姿を現します。


房総半島唯一のループ橋ですが、実は未完の橋。着工から20数余年。平成33年に近隣の清澄寺などで日蓮生誕800周年行事があることと、それを観光促進への起爆剤とするべく行政の思惑などが後押しし、交通量僅少なヘアピンカーブの続く急峻で狭隘な県道が徐々に整備されているようです。

赤茶けた工事用仮桟橋はようやく今月で撤去されるようなので、ループ橋は間もなく開通するのでしょうか?


ヘアピンカーブの続く急峻な県道。大型バスは通行できません。


ループ橋本体は完成しているように見えます。


Googleマップの航空写真。完成したら、現道は旧道になるのでしょうか?



この先は1~1.5車線の険道になり、意外と対向車とのすれ違いが多い清澄養老ラインを楽しみつつ、圏央道→渋滞が始まる前のアクアラインでサッと帰宅の途に着きました。



やっぱりこの時期のオープン走行は最高です!久しぶりにドライブを楽しみました(^^)

走行距離:233km
所要時間:6時間

ここまでのルート
Posted at 2017/03/12 21:46:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年02月12日 イイね!
シビックで行く スリップに注意?陣馬街道~道志みちドライブうちの近所では早桜が咲き始めました。

まだまだ寒い日が続きますが確実に春は近づいてきています。そんな週末にシビックで初の陣馬街道を走ってきました。目指すは和田峠。積雪もありえるかもしれないので慎重に行きます。


中央道の八王子西ICで降りて、いざ陣馬街道をひた走ります。


奥に進むとY字路の手前にバスの転回場とお蕎麦屋さんが現われます。近くにハイカー用に有料駐車場もあります。(800円)


和田峠へは右手に進みます。


かつては「陣場山」と表記されていたようです。


あらら、残念ながら2月の下旬まで和田峠への道は通行止めのようです。

元来た道を引き返して、反対側から攻めてみましょう。

甲州街道(国道20号)の藤野で右折し、県道522号を北上しますが、山道を登るに従って日陰に雪が積もってきたので泣く泣くUターン。

これ以上進むと確実にズルッといきますね。

続いて甲州街道から山梨方面に向かい、富士みち~県道24号の道坂峠へ。


ワインディングの路面は除雪と融雪剤のおかげでほぼドライコンディション。


気持ち良く走りを楽しめました。


峠のピークにて。


「みちさか」と思っていましたが、正しくは「どうざか」なんですね・・・



道志みちへ至る下りの路面は若干シャーベット状のコンディションもあり、少しだけスリリングでした。


締めに久しぶりに道志みちを快走!といきたかったんですが、日陰の路面はかなり雪が残っていて、前を行くハイペースなステップワゴンがコーナーでズルッと滑りかけていました。

さらに下っていくとライダーが立ち往生していたり、1BOX車どうしで事故っていたり、夏タイヤでは絶対走ってはいけない状況になっていました。

幸いにも最徐行でアクセルワークを慎重にしたおかげで滑ることはありませんでした。過去にツインリンクもてぎの「スリパリー走行」の体験が役に立ちました。ただ、Z4(後輪駆動車)だったら確実にスリップしていたでしょうね。

なんとか危険なセクターをクリアし、国道413号、412号を経て、東名の厚木ICから帰宅の途につきました。

少しづつ暖かくなってきたとはいえ、冬季の峠の路面はまだまだ危険がいっぱいです。
慎重に走りましょう。



走行距離:274km
所要時間:約7時間

ここまでのルート











番外編


まさかこの歳になってはじめてアイドルグループにはまるとは・・・

欅坂46 の『世界には愛しかない』。 なんなんでしょう、この格好良さは!
楽曲とダンスが疾走感にあふれていて、圧倒的な爽やさとしなやかさが心地良い。
そしてシンプルな詩が胸に力強く訴え、心が揺さぶられて遠い過去の青春の感覚が蘇ってきます。

『サイレントマジョリティー』『二人セゾン』も良曲で素晴らしい。
センターの平手友梨奈は若干15歳の中学生。『語るなら未来を・・・』での表情は中学生とは思えないほどの迫力のオーラを放っています・・・

今までアイドルを毛嫌いしていましたが、欅坂46のクオリティの高さにただただ驚くばかりです。秋元康恐るべし!(笑)
Posted at 2017/02/12 21:46:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年02月04日 イイね!
Z4で行く 険道アタック?東名皆瀬川橋探訪先日テレ東の番組でやっていた険道特集に触発されて、足柄上郡山北町にある東名皆瀬川橋を探訪してきました。「かながわの橋100選」に選ばれていますね。

実は探索のラストに事件?が起こりますが、それは後ほど・・・


海老名SAでトイレ休憩。天気が良いですな。

大井松田ICで下車、国道246号に接続し、途中で右折して県道76号(旧国道246号)を進み、JR山北駅方面を目指します。


脇道を右折し、クネクネした急坂をトコトコ登ります。


奥に見える東名の赤い橋を目指します。


左折し、1車線の県道725号の支線へ。そういえば昨年もこの周辺を探索したような。




画像には写っていませんが、この先は枯れ木や枯れ草がボディ側面や下回りを攻撃してきます。


あっという間に皆瀬川橋に到着!見上げると凄い迫力です。






3台くらい停められるスペースがありますよ。


3本あるうちの手前の2本は昭和44年に完成。塗装の色褪せ具合が年季が入っていることを物語っています。


特に構造物マニアではありませんが、日本の大動脈を支える3本のアーチ橋を下から仰ぎ見るのは年甲斐もなくワクワクします(^^)


3連の全景。手前のが一番新しい橋です。


元来た道を少し戻り、東名の静岡側を眺めます。こちらは下りの左ルート。
必ず立ち寄る鮎沢PAは左ルートからしか行けないので、私は自動的に左ルートを選択します。


神奈川側の眺め。
斜面に3段の路線が通っているのが分かります。


一番左から、下り左ルート、下り右ルート、上りの3本です。




見晴らしの良い景色を求めて、狭隘な側道を探索します。








斜面に咲く梅の花の香りがほんのり漂っていました。




相模湾を遠望できました(^^)




菜の花とともに。


一番奥に見えるのが国道246号、真ん中が県道76号(旧国道)、そして手前が東名です。



更に1車線の狭苦しい農道を彷徨っていると、ついに行き止まりにぶちあたります。

左側の土手には軽トラが停まっていて、右側にはあぜ道のような斜面。
Z4のノーズを右に軽く振って土手をバックして切り返しを試みます。しかし後輪はむなしく空転するばかり・・・

スペースが狭く、道路脇には縁石もあるので土手を後退するしか手がありません。

嫌な汗をかきながら何度かハンドルを切り替えしていると、何とか無事脱出に成功!久しぶりに冷や汗をかきました(^^;

さすがにこれ以上探索する気にはなれず、早々に打ち切って高速に乗り帰宅の途に着くのみ、と思いきや、中井PAで何気なくZ4を見てみると・・・




ふぉ、思いっきり土手?縁石?にこすっていましたよ!
下地まで逝っているのでコンパウンドがけでは直りませんね。

FR車での無謀な険道探索は痛い目に遭うという教訓を得た、ショートドライブと相成りました(^^;

走行距離:約185km
所要時間:約6時間

ここまでのルート
Posted at 2017/02/04 19:04:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年01月29日 イイね!
Z4で行く 御前崎サンロードドライブ暖かな1月下旬の週末、Z4で御前崎までドライブしてきました。ちょうど昨年のこの時期と同じルートです。

東名に乗ってしばらくして、海老名JCT辺りだったと思いますが、左の車から車線変更のブラインドアタックをかまされそうになり、思わずクラクション!幸先良くないですが、気を取り直して安全運転で静岡を目指します。


富士川SAからの富士山の眺め。美しい!


由比PAにて。清々しい駿河湾の水面に心が安らぎます。




日本平パークウェイに寄り道。

ワインディングの道中、後ろからパトカーがサイレンを鳴らしてきてビクッとなりましたが、コーナーのところで2台の車が接触事故を起こしていました。事故現場を徐行で横切りながら更に安全運転を心がけます。


展望台にて。少し霞んでいますが午前中は良く富士山が見えました。


大崩海岸にも初めて立ち寄ってみました。






度重なる土砂崩壊によって通行できなくなった崖沿いの旧国道を避けるように建設された石部海上橋(県道416号)を走ります。




かつての基幹路線であったであろう旧国道150号の石部洞門の第一洞門。なんと昭和18年竣工だそうです。歴史の重みが凄すぎる・・・




私の生まれた年の土砂崩壊によって崖沿いの第五洞門で乗用車1台が下敷きになったそうです。近くには鎮魂の碑がひっそりと佇んでしました。

この先の焼津側は無期限通行止めなので、Uターンして現国道150号へ。

いちご狩り農園が軒を連ねる、文字通りの国道150号「いちごライン」をひた走り、御前崎を目指します。


御前崎サンロードに到着です。このアングルはワクワクしますね!


奥に御前崎灯台が見えます。






灯台下からの景色


灯台の上から見た景色。まるでオロロンラインのような海岸線。行ったことないけど(^^;


灯台の上は物凄い強風で体が吹っ飛ばされそうなほどでした。


でも不思議と強風の中をオープンで走ると心地良い。思わずここを1往復してしまいました。



帰りはお茶畑を貫く県道242号を快走し、東名に乗って帰宅の途に着きました。

走行距離:約505km
所要時間:約12時間

ここまでのルート
Posted at 2017/01/29 09:45:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年01月21日 イイね!
Z4で行く 爽快!真冬の房総半島ドライブZ4での2017年ファーストドライブは房総半島へ。


まずは市原市を貫く「うぐいすライン」で軽くウォーミングアップ。




峠の駅(といっても自販機があるだけですが)で一休み。

一路半島の南端を目指します。




新東京サーキット(カート)や袖ヶ浦フォレストレースウェイをかすめながら、以前から通るたびに気になっていた「久留里城」を散策しました。


国道からの入口こそ狭い民家の合い間を通りますが、駐車場は広々としています。料金は無料です。


趣のある急峻な坂道を600mほど登ります。


「堀切」と呼ばれる展望所ではプチ絶景を楽しめます。


立派な天守閣。


天守閣の上から望む景色もまた素晴らしいです。

久留里城を後にし、交通量僅少の国道410号を陽光を浴びながら気持ち良く駆け抜けます。


南房総といったら外せない「安房グリーンライン」。
少し風が強めに吹いていますが、たっぷりとした陽射しが頭上に降り注ぎ、真冬とは思えない暖かさを恵んでくれます。


「海底地すべり地層」に初訪問。


ここはかつては海の底だったんですね。


200万年前の巨大地震による地滑りの痕跡だそうです。気が遠くなりますね(^^;


ほどなく房総フラワーラインにぶつかり、国道410号を少し行くと、野島崎に到着です。


野島埼灯台が見えます。


房総半島の最南端になります。


いや~、今日は本当に陽射しが気持ち良い(^^)






「朝日と夕陽の見えるベンチ」にはひっきりなしに観光客が登っていました。

せっかくなので灯台に登って上から景色を見てみましょう。


200円の入館料を支払って螺旋の階段を登ります。


素晴らしい!




登るのは2度目ですが、やはりここからの景色は感動的です。この灯台からの眺めはおススメです。


続いて、さらに風が強くなりつつあるフラワーラインをトレースし、伊戸漁港へ立ち寄ります。




短いコーナーですが、海の眺めと相まって画になるロケーションです。


そしていつもの「見物海岸」へ。


白波が立ってきました。


強風でさすがに寒くなってきました。


たまらずルーフを閉じることにします。


珍しくアクアラインが空いていたので、夕陽の眺めを期待しつつ、海ほたるに立ち寄ってみます。


予想通り、夕陽をバッチリ見ることができました(^^)


彼方に富士山もかすかに遠望できました。


結局渋滞無しに、無事帰宅の途へ。

最近はNDロードスターに目移りしがちでしたが、こうやってオープンドライブをしていると、Z4の愉しさ、駆る歓びを存分に感じられて、終始ニコニコしっぱなしのショートドライブでした♪

走行距離:約305km
所要時間:約9時間

ここまでのルート
Posted at 2017/01/21 21:19:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
プロフィール
「Z4で行く 初春房総半島リハビリ?ドライブ http://cvw.jp/b/1784472/39443932/
何シテル?   03/12 21:46
2台の愛車でドライブやスポーツ走行を楽しみながら、絶景巡りとドライビング・プレジャーを追求するTamonのブログです。 コチラでもブログを更新しています。...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
年末年始 瀬戸内・九州の海岸線を巡る2,117kmの旅 前編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/16 20:56:55
Okutadami autumn drive… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/18 10:13:09
車中泊スタイル@インテグラ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/15 19:34:33
お友達
突然の申請はお断りしていますので予めご了承ください。また、イイねは本当にイイねと感じた時のみに付けさせていただきますのでこちらも予めご了承下さい。
22 人のお友達がいます
サンジくんサンジくん * ドリーム?ドリーム? *
トモ@b3トモ@b3 * kane.kane. *
TEC-DB8TEC-DB8 Mr.REDMr.RED
ファン
77 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シビック ホンダ シビック
6台目の愛車です。 たまたま行きつけのオートテラスで10万キロフルノーマルのコイツを発見 ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
人生初の輸入車です。Z4と共にニシヘヒガシヘ、グランドツーリングに駆け回ります。(22, ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
4台目の愛車です。 やはりtypeRへのあこがれが強く、00スペック4ドアを選択してみま ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
3.5台目の愛車です。 2台所有の夢を叶えさせてくれた、ホンダからの奇跡の贈り物。まさし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.