車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月29日 イイね!
Q1. d'Action 360でやってみたいこと

回答:ドラレコと駐車監視です。

Q2:d’Action 360について、良いと思ったポイントを教えてください。(例:360度駐車監視できること、アクションでも使えること など)

回答:駐車監視もできることです。


この記事は モニタープレゼント!【d'Action 360】 について書いています。

※質問の文章を編集、削除しないで下さい。
Posted at 2017/05/29 10:52:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2017年05月28日 イイね!
代車の代車はPHV愛車のE300、故障をきっかけに、新車のC220dステーションワゴンに乗り換えることになりました。
とは言っても、納車まで2週間ぐらいはかかるものですから、その間も、代車と言うか、車を借りて置けるようお願いすることになりました。
それで、最初に故障の引き取りに来た時の代車はC180ステーションワゴンだったのですが、これは試乗の希望もありますから、代車を取り換えてくださいと言われてもってきてくれたのが、何とCクラスはCクラスでも、プラグインハイブリッドのC350eだったのです。
何でまた納車予定のC220dより200万も高い車をと思ったら、Cクラス初のPHVということでデモカーにしたものの、試乗希望もないし、栃木では1台も売れないしで、代車にまで回ってきたらしいことがわかりました。
でも、運転してみると、大変いい車でした。
正直、C180ステーションワゴンと同じCクラスとは思えない感覚で、エンブレムが無ければ、Eクラスと言われても信じると思いました。
それもそのはず、この車エアサスペンションで、サスペンションから違うのですから、むべなるかなですが、正直な話、C180ステーションワゴンよりも運転もしやすい車でした。
ただ、ハイブリッドの哲学がトヨタや日産とは全く違っていることも痛感しました。
この車、決して静かではありませんし、メーターの表示を見るか、ハイブリッドだよと教えてもらうかしなければ、ハイブリッドだと、特にPHVだと気づかない人も多いのではないかと思います。
スタートで電気モーター走行(EV)になることが多いので、その際は静かなのですが、アクセル踏み込んだらスムーズにエンジンがスタートしますし、そのエンジン音は、普通というか、とりわけ静かではありませんから、普通のエンジンのアイドリングストップとの感覚的な差が明確ではないのです。
また、EV走行時も、プリウスやレクサスに比べれば、モーター音が大きいように感じました。
ウーンと唸る感じで、エンジン音ではないものの、明らかに何か回っていることは感じられるのです。
エンジンとEVとのつながり、走行自体は大変スムーズなのですが、それも、ウルトラスムーズかと言えばそうでもなく、むしろプリウスの方がスムーズに感じられるぐらい割とラフな感じもしました。
その点でいえば、車格の近いレクサスGS450hあたりの方が絶対的にスムーズないい?車だと思います。
ただ、人間が操ることを考えると、このC350eのラフさの方が、私としては自然に感じられました。
以前、レクサスのイベントで、メルセデスベンツS550ロングと、レクサスLS600h、メルセデスベンツE350とレクサスGS450hを比較試乗させてもらえた時と同じ感想で、レクサスの方がスムーズだし、挙動も徹底して洗練され、制御されているし、恐らく安全性でも優れているように思われるのですが、ウルトラスムーズ過ぎて、自分で運転するとなると面白くないって感じです。
結局は好みの問題と言えそうですが、どちらがいい車?どちらがお得?と問われれば、私でもレクサスと答えます。
そんなわけで、このC350eが売れなかったのもよくわかると思いましたが、とにかくベンツがいい、ベンツのPHVに乗ってみたいという人には悪くない選択だと思いますので、とりあえず一度試乗されることをお勧めします。
私としては、早く来い来いC220dステーションワゴンです。
来たらその感想も投稿します。




Posted at 2017/05/29 21:13:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | メルセデスベンツ | クルマ
2017年05月17日 イイね!
3回目の車検を取ろうかと考えていた7年目を前に、愛車のE300、突然動かなくなりました。
しかも、土曜の夜買い物に出かけたスーパーの駐車場で、帰ろうとエンジンをかけようとしたら、全くかからなくなったのです。
セルモーターが回っていないし、代わりにライトが点滅して、時計が逆回転して、怪奇現象みたいだったからか、同乗していた妻、真っ青になっていました。
私は、車だからこんなこともあるはと冷静に閉店寸前のヤナセに電話してみたところ、時計が逆回転する現象が出るのはバッテリー上がりとのこと。
しかし、最寄りのヤナセは50キロ彼方ですから、とりあえず、ヤナセの勧めによりロードサービス無料の保険会社に電話してみました。
この時、直にJAFに電話してもよかったのですが、結局保険会社は、提携の修理工場かJAFに連絡しますとのことで、お金がかかるなら15万円までは無償で補償しますと言いつつも、JAFの会員証を持っているならJAFの方がいいでしょうとなり、こちらから連絡しますというので、しばらく待っていました。
5分後ぐらいにJAFから電話があり、JAFも、バッテリー上がりでしょうが、エンジンがかからなかった時のことを想定して、キャリアカーで行きますとのこと。
ただし、30分お待ちくださいとのことで、結局閉店して無人になった駐車場で、妻と二人で待っていることになりました。
おかしなもので、閉店後のスーパーの駐車場でも、目的不明に訪れる車が居るんです。
1台は、「ありゃ、もう閉店してるわ。」って感じだったのですが、不倫の待ち合わせ?風の怪しい車も来ましたから、人間観察も、面白いものでした。
幸い、20分ぐらいでJAFが来てくれて、試してみてもやはりかからないので、蓄電池の携帯型スターターをつないだら、あっさりとエンジンがかかりました。
しかし、電流を図ると、非常に低いレベルで、「これは、バッテリーの寿命です。」と言われました。
実際、しばらくかけた後でいったんエンジンを切って再始動させようとしてもまったくかかりませんでしたから、「バッテリー交換をお勧めします。」とのこと。
ただ、このバッテリー2年前の車検時に交換したもので、パナソニック製で純正よりも容量の大きなものにした上に1か月に一度は補充電もしていましたし、2週間前に補充電したところでした。
以前のバッテリーは、それほど補充電もしないで5年もちましたから、突然寿命と言われても不可解なのです。
幸い、再度スターターをつないだら、エンジンは何事もなかったかのようにあっさりかかりましたし、我が家まで帰れれば、高性能のバッテリーチャージャーがありますから、JAFの担当者にお礼を言って帰ることにしました。
JAFは、会員でしたから無料で、分析結果も書かれた伝票をくれました。
無事帰宅してから、放電したバッテリーを復活させるというパルス充電のブーストモードで充電してみましたが、途中で一般モードに変わったものの、フル充電まで一晩かかりました。
メルセデスに乗って29年、止まったのは初めてでしたし、妻が不安だから代車つきで修理に出してくれと望みましたから、翌朝ヤナセの開店を待って電話し、なじみのセールスマンに頼むと、日曜日はサービスが休みで、月曜は休みなので、代車を用意して取りに行くのは火曜日になるとの答えでした。
しかし、娘が里帰り出産したばかりだから、何かあると困るし、買い替えも検討するからと泣きついて、今日中に何とかしてもらえることになりました。
たまたま私、その日曜日も仕事だったのですが、何を思ったか連休に10年ぶりに自転車を使えるようにとチューブを交換する修理をしたばかりだったため、早速しっかり役立ちました。
夕方仕事を終えて自転車で帰宅すると、代車で昨年9月登録のC180ステーションワゴンが来ていました。
ガレージから出っ張った部分がなかったため、一瞬車がないと思ったほどで、E300に比べるとずいぶん小さいなと思いましたが、普段二人しか乗りませんし、乗ってみると十分な広さでした。
バッテリーは、2年もしくは4万キロ補償というものでしたから、そちらも販売店に問い合わせしたら、とりあえず現在の状況を確かめてきました。
「パルス充電で復活したようだが、詳細はまだわからない。」と回答すると、翌日になって、「無償で交換する。新品を送るから、入れ替わりに今のバッテリーを返送してくれ。」とのありがたい申し出がありました。
ヤナセ、原因究明に丸一日かかり、今朝問い合わせたら、なんと冷却用の電動ファンの故障で、回りっぱなしになった結果、放電したとの報告でした。
このところ何度も誤作動しているコーナーセンサーについても、前のバンパーのナンバープレート脇のセンサーが一つ故障していて、逆にそのことで誤作動していたとのことでした。
バッテリーは、負荷試験にかけても良好な状態に復活していたとの報告でしたから、バッテリーの販売店に、事情を話して、疑いは晴れたから、送らないでよいと電話すると、喜んでいました。
原因はわかったのですが、問題はお金で、電動ファン、部品代だけで10万円オーバーとのこと。
8月の車検の見積もりもしてもらったのですが、そちらは大したことはなさそうで税金込みで20万円ぐらいかなというのですが、この際買い替えられてはと、売り込む気満々ですから、検討することにしました。
ちなみに、代車で来たC180ステーションワゴンですが、昨年からのキャンペーンで、20万円のレーダーセーフティーパッケージが無料サービスで装着されていましたし、動力性能や足回りは文句のないレベルなのですが、さすがに装備品では見劣りがしました。
まず、助手席側はパワーシートのコントローラーがドアーにないため、助手席のシートバックが視界の邪魔になるので操作しようとしたら、運転席からではできませんでした。(一旦降りて、助手席に座らないと操作不能。)
また、インテリジェントライトシステムが装備されていないため、妻は「Eは自動でハイビームのコントロールしてくれて夜でも見やすいのに、このCはライトが暗い。」と文句を言っていました。
でも、500万を切る価格を考えれば、C180もありだと思います。

Posted at 2017/05/17 12:49:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | メルセデスベンツ | クルマ
2017年05月02日 イイね!
卒業中学の45年たっての還暦同窓会で大阪に行ったついでに、京丹波の無人の家まで足をのばしてきました。
そこで足にしたのが、イツモレンタカーだったのですが、値段が同じだったのでMSセダンタイプを借りてみたら、来たのが13年前の平成14年のブルーバード・シルフィでした。
非常に程度の良い中古車で、オートマのシフトレバーが如何にも古いタイプでしたが、運転してみると違和感はなく、高速安定性も問題のないレベルでした。
強いて言えば、中~高速でアクセル踏むと、キックダウンして結構大きなエンジン音がした割にはスピードは出なかったことと、最近の車と違って、キーを半分ひねればかかるというわけには行かず、しばらくひねってないとかからなかったことぐらいでした。
大阪国際空港の近くで借りて、亀岡に抜けて京都縦貫道を利用するつもりが、間違って中国道に入ってしまったため、中国道から吉川JCで舞鶴若狭道、綾部JCで京都縦貫道に戻る9割高速コースをたどってみました。
GWではありましたが、幸い渋滞はなく、1時間半で京丹波に着きましたから、121キロと、亀岡~京都縦貫道コースよりも約50キロも遠回りした割には30分ぐらい早く着きました。
京丹波のセルフスタンドで、入るだけガソリンを入れてみたのですが、7.47リットルしか入りませんでしたから、単純計算ではリッター16.22キロ走ったことになります。
まあ、これでもいい燃費だなと思ったのですが、帰りは丹波から京都縦貫道で亀岡まで行き、そこから国道423号線で大阪に抜けるコースを通ったところ、72キロで着き、しかもガソリンは3.24リットルしか入りませんでしたから、帰りの燃費はリッター22.22キロでした。
渋滞にかからなかったとは言え、秀逸な燃費でしたから、13年落ちの中古もばかにできません。
ちなみに同様のコースをフィットで走った時の燃費はリッター16キロ、クレスタでは11キロでしたが、プリウスは楽々25キロ走りました。
MSセダンのクラスだけあって室内も広い車ですから、ブルーバード大健闘です。

Posted at 2017/05/02 21:02:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | レンタカー | クルマ
2016年10月24日 イイね!
岐阜から京丹波まで行くのに、レンタカーを借りました。
安心プランのヴィッツクラスを予約したのですが、何と、ヴィッツではなく今年3月登録のカローラセダン1.5リットルに当たりました。
ラッキーと言うべきなのか、その時はわからなかったのですが、走り出して直ぐ思いました。
これは、いい車だ。
ヴィッツやフィットに比べて車体全体にしっかりしているのです。
ですから、挙動も安定していて自然です。
アイドリングストップも、小さな車よりもスムーズですし、コーナリングの安定性も明らかに優れていました。
しかも、燃費も、往路はかなり強い向かい風だったこともあってか、半分高速、残りは流れの良い一般道(要は空いていた)で、18.83キロ/リットルだったのですが、帰路は、3分の2ぐらい高速で、一般道含めて飛ばしたにもかかわらず、何と23.28キロ/リットルの好燃費だったのです。
車としては、メルセデスユーザーの私が、これなら買ってもいいと思う出来の良さでした。
難点は、ナビ画面と共有のためか、停車しないとFMラジオの再設定ができなかったことぐらいでした。
流石トヨタ、流石カローラと言うべきか、とにかく素晴らしい車でした。
おじさんの車のイメージがあるかもしれませんが、1.5リットルクラスの車をお探しの方は、是非試乗してみましょう。
Posted at 2016/10/24 23:36:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | レンタカー | クルマ
プロフィール
「13年落ちのブルーバード・シルフィ http://cvw.jp/b/1879110/39702941/
何シテル?   05/02 21:02
神坂俊一郎です。よろしくお願いします。 40年前に某メーカーのテストドライバーに誘われた経験があるほど運転感覚は鋭敏で、自分の感覚にもっとも優しかったメルセデ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
1 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
現行 Eクラスの前期モデルで、コーナリングランプや、ポジションランプがLED化された20 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
既にセダンはモデルチェンジしていて、ワゴンだけ旧モデルが残っていたため、20年来の付き合 ...
メルセデス・ベンツ 190シリーズ メルセデス・ベンツ 190シリーズ
記念すべきメルセデスベンツの1台目。初めて試乗した時の感動は、その後のどんな車よりも上で ...
メルセデス・ベンツ 190シリーズ メルセデス・ベンツ 190シリーズ
2台目の190、サンルーフ、本革シートのついた、ブルーブラックメタリックの特別使用車でし ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.