• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

meissenのブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

都もみじに浪速のしほかぜ・・・(強風) 後編

都もみじに浪速のしほかぜ・・・(強風) 後編初訪問の建仁寺なのですが、京都の繁華街にありながら、広大な敷地を有する寺院です。

広大過ぎて勅使門横から入るところを、勘違いして横ちょ(大和大路通)から入り、横ちょ(花見小路通)から出てしまい、結果的に多くの場所を見逃してしまったと後から気付いたのでした。


それはさておき、本坊から入り、御庭を拝見します。


















奥の大書院ではアニメや時代の異なる絵画とのコラボが。。。。

本坊入口すぐの屏風は陶板複製で、こちらが本物と思い写真に収めたのですが、こちらも複製。本物は通常、京都国立博物館にあるようです。

見所の一つである法堂。


その内部です。

圧倒されます。
天井画は平成に入ってからのもので古いものではありません。

時代の中で新しいものを取り入れる姿勢は昨今いくつかの神社仏閣に見られますが、大書院でのイベントなどを実際目の前にすると、とても「型破り」に見えます。
変化への対応、いや、先取りかもしれませんね。

御朱印待ちの番号札を出す際、ハッと気付いて写真を撮ります。(確か以前にも。。。)


そろそろ国宝展観覧に備えて、ホテルへのチェックインのため、京都駅近くの駐車場に移動します。
推するに貴船の興の跡。。。


ほとんどのホテルは駐車場を持っておらず、車での観光の場合はホテル近くの駐車場を利用することになりますが、料金設定も24時間最大料金制等、考えられています。
チェックインの後、京都伊勢丹で「おみや」を買います。(その2)

そして、その足でいよいよ「国宝展」に向かいます。


チケットは事前にセブンイレブンのコピー機端末で購入。
16:00着で入場待ちは5分程度。




雪舟6点も曜変天目も風神雷神図屏風も金印も展示は終わっていましたが、
 今にも動きそうで目が離せなくなる仏像達
 源氏物語絵巻の御簾と女性の繊細さ
 縄文式なのに縄目の無い火焔型土器の迫力
 伝源頼朝像の大きさと計算された描写
等、陳腐な表現ですが、実物を見なければ絶対に感じられない素晴らしい展示だったと思います。(2周半してしまいました。)

博物館を出る頃は、当然真っ暗になっていました。




本日のイベントは終了です。ホテルに向かいます。
が、ホテル近くで、ふと、あることに気付きました。。。
晩御飯を食べていないことに。。。
「肉?肉?そう。京都は肉の消費量が多いのです。」と頭の中ではテンションが高いのですが、ちょっと歩き疲れていたので夜食予定を前倒し。

訪れたのは、「吟醸らーめん 久保田」さんです。


頂いたのは「吟醸つけ麺 味噌」に「煮玉子」トッピングです。

一気に頂いてしまいました。味噌風味のつけ麺は初めてでおいしゅうございました。

ホテルはここです。

上層階はホテル&京都タワー、低層階はSANDOというショッピングモールです。
辻利カフェもあります。

部屋で「おみや」を見ますが、まぁ、「本日中にお召し上がり下さい。」の多いこと。。。

ラス一で超悩んだ「出町ふたばの豆餅」3個入を買わなくて良かった。。。

日付変わって11月19日(日)
いよいよナナガンオフです。
天気は昨日と打って変わって晴間も見えます。
が、寒い。風が強い。雨と興の跡で車はデロデロ。
で、集合場所近くのガソリンスタンドで洗車。

予定場所に集合となるのですが、もうここからは一気。時間が経つのを忘れます。
皆さんを待ちながら、車を眺めたり車談義。60系のみということもあり、話が尽きません。
IKEAで食事をし、自己紹介やらで顔と名前を一致させていよいよナナガン。

憧れのHatさんとのツーショット。。。


日曜昼間、たまたま奥側に並べられるという幸運に恵まれ、我を忘れて撮影しまくります。









己がどのような痴態であったか、己では把握できておりません。。。

Hatさんのドローン。風が強くて飛ばせなくて残念でした。


LMマッチもできました。。。



あともう少し車高を落としてみようかな。。。

最後になりましたが、集まられた方皆さんが魅力的で本当に楽しかったです。
とてもとても寒くて、いろんな何かが飛んで行きそうでしたが、そんなことはどうでも良い程でした。
この会を企画頂いた、小鉄さん、MiniCrovelerさんに感謝です。
そして御縁ができた皆様、今後とも宜しく御願いします。

今回も長文にお付き合い頂きありがとうございました。
Posted at 2017/11/23 22:48:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月18日 イイね!

都もみじに浪速のしほかぜ・・・(強風) 前編

都もみじに浪速のしほかぜ・・・(強風) 前編メンバとして参加させて頂いている、関東リーマン倶楽部の先輩であるMiniCrovelerさんから、
「60系による60系のための60系のオフ会@11・19大阪ナナガン」 のお誘いを頂き、

「60っ!ナ・ナ・ガ・ンッ!! うきゃぁぁぁ~」という感じ。

ちょっと大事な用事も、他の方に「ちょっと」なのですまぬ・・・とお願いし、万難を排して(?)参加のお返事。


そして車検受けたての我が愛車をディーラーで受け取り、夜中出発に向け準備します。
(ミニクロ初車検では、MINI広島の皆様に助けて頂き、とても感謝でした。(別記予定)

さて、私、ひとり旅は基本「日帰り派」なのですが、この時期、関西と言えば『国宝展』。
京都国立博物館で絶賛開催中のイベントであります。マスコミでもたくさん扱われておりものすごい人出。但し、夕方からはちょい空く、ということで、「前泊(京都観光込)」であります。

京都観光のターゲットを数日前からちょいちょいと選択し、どうやったら一日で回れるかを、う~~んと考え抜いたのでした。


第一ターゲットは「貴船神社」に決定です。京都は年に何回か訪れるのですが、ここには22年ぶりの訪問。

貴船神社は駐車場が少なく、早朝着でチャンスが見出せるとのこと。
googleさんによると広島から貴船神社まで三百数十kmで5時間程度。
で、スココココ~ンと桂川PAまで来ました。
そして、あまりにも早く着き過ぎて「そりゃないぜ、googleさん。」と愚痴をこぼしつつ、?時間(?)程、車中睡眠をとり、小雨の中、落葉をタイヤで踏みしめつつ、貴船神社本殿横駐車場に到着。


御朱印等は9:00からなので、ゆっくりお参りします。
本宮、奥宮は水神をお祭りし、結社は縁結びそして丑の刻参りの呪詛の神としても有名ですね。
本宮、奥宮、結社の順にお参りします。

本宮参道です。まだ暗いです。




貴船神社は、晴天を願う時は白馬、降雨を願う時は黒馬を奉納した事から、絵馬発祥の地とされているそうです。



本宮を御参りして、一旦結社を通り過ぎ、奥宮に向かいます。
通りは旅館等が多いのですが、市内よりもさらにひんやりとした張り詰めた空気、貴船川の流れの音、そして大きな木々や岩の数々、言葉にはならないモノと向き合うような気がします。








御船形石からの奥宮です。


来た道程を半分ほど戻り、結社に向かいます。
市内は紅葉の盛りのようですが、ここ貴船の盛りは過ぎ、冬に向かおうとしています。







訪れる人のうち、女性が9割くらいかもしれません。
お店も電気もない昔に、この辺りに丑の刻参りに来るというのは、やはり「狂う」という感覚のなせる業かと考えてしまいます。

9:00前に御厚意で御朱印を頂き、貴船神社を後に、車で30分程の上賀茂神社に向かいます。
ここも訪れるのは22年ぶりになります。


上賀茂神社で有名な、神が降り立った神山を模した立砂。

楼門をくぐって石段を登ったところで本殿に向かって御参りします。

境内を散策します。


川が流れ、見頃になりつつある紅葉と多くの社殿が素晴らしいところです。


そして山城国一ノ宮のもう一つ、下鴨神社を目指しますが、ちょっとその前に休憩。
市中の駐車場に車をとめて、「茶寮 宝泉」に立ち寄ります。


お庭が素晴らしい。




そして実にお店の中が静かなんです。話す時は自然とヒソヒソ声になります。
撮影もOKなのですが、なるべく音が出ないように気遣う気持ちになる静かさです。
まずは丹波大納言あずきを使った上品なぜんざいをいただきます。

ひとり旅ゆえ、静寂の中、ただひしひしと食べます。上品な小豆の御味です。
ひしひしと食べます。焼いたおもちが香ばしいです。
ひしひしと食べます・・・以下繰り返すこと数たび。

有名なわらびもち(グミでも、スライムでもないです。)もいただきます。

ほんのり草わらびの風味と上品な甘みでおいしゅうございました。
「おみや」を買ってお店を出ます。

下鴨神社までは車で5分ほどの距離です。


国歌 君が代の「さざれ石」です。




干支の守護神である「言社」にお参りし、幣殿から本殿に向かってお参りします。


次は建仁寺、京都最古にして風神雷神図屏風でも有名な禅寺です。有名すぎてこれまで訪れることのなかった場所です。国宝展では展示が終わったので、実物を見たかったのです。(が、)

場所はさすが四条と五条との間の京都繁華街ど真ん中。なんとか車をとめて花見小路通を通って向かうのです。
が、もうすぐ建仁寺というところでふと、あることに気付くのです。
今日、まだご飯を食べていないことに・・・。


晩御飯はうなぎを予定していたのですが、我慢ならず場所を変えて前倒ししてしまいました。
場所は花見小路通の一本横の小道にある「祇をん う桶や」さんを久しぶりに訪れてみました。


近年は大人気でなかなか飛込みでは入れなかったのですが、一人なら入れるとのこと。
でも、いかにお腹がすいた(?)とはいえ、「ひとりう桶」は無理そうなのでうな丼で我慢(?)です。




外人さんのお客が多く、接客の店員さんまで過半が外人さんになっており、聞こえてくるのは異国の言葉ばかり。何ともなしにブレードランナーのうどんシーンを思い出しましたが、これはこれで新しい感じ。

腹もくちたところですぐ近くの建仁寺に入るのでした。

<続く>

Posted at 2017/11/21 14:24:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月03日 イイね!

関門の間に宗像詣で

関門の間に宗像詣で過日、下関を訪れた際、到着が夜になってしまい、思い出が
 1.カモンワーフの回転寿司 (何が何でも寿司。)
 2.カモンワーフのフラダンス (イベント中。)
 3.カモンワーフのジェラート (おいしかった。)
という、偏ったものになってしまったことから念願の再訪。

当然、海峡反対側の「門司」もターゲット。
あ。。。でも、九州側に行くなら「宗像大社」。
行ってみたかったんですよね。


ということで、中国道をスココココ~ンと行って来ました。
で。腹ごしらえは当然、唐戸市場でお寿司。



回転寿司もそれなりに良かったと思うのですが、御値打ち品もあって大満足。
大トロ、のどぐろ、ヒラメ・・・etc 思い出1.が完全にオーバライトされました。

関門大橋を見ながら、近くにある赤間神宮にお参りします。




そして、関門海峡を渡り、九州道を通り、川をさかのぼって宗像大社に向かいます。
道主貴(みちぬしのむち)であります。
『あらゆる道を司る最高神』、と公式ホームページにも書いてあります。
そして「貴(むち)」の尊称は他に、伊勢の大神、出雲の命の二神のみ。
車を、ドライブを愛するものとして、詣でないわけにはいかぬわけです。

つい先日、天皇皇后両陛下もお越しになっていましたね。

宗像大社ではいくつかやっておきたいことがありました。
 1.「しっかりと」お参りする。
 2.三角縁神獣鏡を見る。
 3.車の御祓いをして頂く。
 4.御朱印を頂く。

結果的には、本殿にのみ御参りして、4.のみ実行。


宗像大社は、沖津宮、中津宮、辺津宮にそれぞれ3人の女神が祀られています。
玄界灘の絶海の孤島にある沖津宮はともかく、一応本殿の裏に、第二宮、第三宮として沖津宮、中津宮の神が祀られていますので、本殿にお参りした後にせめてそこに御参りすればよかったのですが・・・。

ええっと。。。
門司で『食べたいもの』があり、お店が17:00閉店だったので。。。。
食欲に負けました。。。。

交通安全は過日の「速谷神社」の御祓いと今回頂いた御守の御利益にすがろうと思います。


そして、トリャアアア~と急いで門司港レトロに向かいます。


向かったところは、旧門司税関の建物。

その裏にある老舗フルーツ屋さんが営むカフェ「Fruit factory Mooon de Retoro」です。

食べたかったのはこゆやつです。

右側はパイナップルシェイク(タルタルソースではありません。)なのですが、超濃厚です。

エネルギー充填していると、窓の外は夕焼け時刻。


美しい雰囲気に急いでシェイクを口にかきこんでゴロゴロパイナップルにむせながら撮影。



来て良かった。。。。

下関名物「焼きカレー」はお腹いっぱいの為、次回になりましたが、充実の一日でした。

今日も長文に御付き合い頂きありがとうございました。
Posted at 2017/11/06 18:57:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月10日 イイね!

日本海 こころ洗えど からだ洗わず

日本海 こころ洗えど からだ洗わず気が付けばもう9月です。

パソコンがお亡くなりになってしまい、一眼レフの写真が上げられず、MINILIVEやお盆の活動が下書きのままです。
iPhoneの写真のみの2ヶ月ぶりの生存確認となってしまいました。

いつもに増して文多目ですが大目に見てやってください。




さて、この週末は全国的に天気も良く、やはりどかに出かけねばと思います。
これまで山口県の角島が良いとのお話もあったのですが、やはり季節は夏が良い。
でも、もう9月=>週末の最高気温30度超え=>真夏日=>夏
という前向きな発想で出発を決意。
日帰りでも角島だけではもったいないと調べてみると、あったよ、ありました。心の琴線に触れる場所達が。

第一目的地に向け、中国道と一般道をカックラキーンと車を走らせ、いきなり昼御飯。(爆)
場所は須佐駅すぐ横の「口福の馳走屋 梅乃葉」さんです。

ブランドいか「須佐男命いか」で有名なお店です。
11:00開店ということで到着ピタリ賞だったのですが、既に一番隊は入店済の一時間待ち。
「まぁ、いイカ。」(おっと、だじゃれ)と、今更はまっているツムツムで時間をつぶします。

そして、入店。注文。つぶらな瞳と御対面です。

活きてま~す。ゲソ動いてま~す。色チラチラ変わってま~す。
ゲソは備え付けのトングでつまみ上げ、つぶらな瞳を見つめながら、はさみで切って食べます。
生食を堪能した後は残りを天ぷらにしてもらえます。
また、200円ちょっと足して七輪を借り、炭火焼や酒蒸しで味わうこともできます。
とてもおいしゅうございました。

そして、第一目的地。須佐といえば「須佐ホルンフェルス大断崖」を目指します。
ただ、なぜか目的地が地名検索で出てきません。カーソルで場所指定したのですが。。。

目的地まであと2、3kmというあたり。分かれ道から目的地には近付いているものの道は細くなり、木々が道を暗くしていきます。
道幅は超細くなって離合不能な道幅。左はガードレール下が断崖、右は崖の上り斜面という状態。
そして目的地。車を降りてみると、ガードレールの遥か下に海が。。。目的地が。。。

「これは死んだな。」と思い、意を決して、極力左ガードレールが断崖側に飛び出している&右崖がえぐれている場所を探します。
そして、秘技「百万回切り返し」。。。その場で180度回頭。

「ミニじゃないけど、MINIで良かった~。」と、トトロの名台詞チックな思いを胸に技を繰り出しておりました。

そして、駐車場に辿り着き車を止め、徒歩10分弱でついに到着。

堆積、貫入、変性、断層、隆起と、地学用語満載の世界ですぅ。
基本海岸に面した崖ですが、手すりもなくフリーな感じ。

苦労の末の到着ということもあったのかもしれませんが、普段はしない自撮もしちゃうはしゃぎようでした。

次に第二目的地に向かいます。
アメリカCNNが取り上げ最近話題。長門市の「元乃隅稲成神社」(もとのすみいなりじんじゃ)です。
なんと、萩は素通りです。また今度っ。

ここも神社へのラスト5kmの道路が狭く、大型の観光バスも通るので離合できず渋滞もしばしば。
引き返している車も見受けられましたが、何とか到着。

日本海を臨む景色に朱の鳥居が映えてとても美しかったです。お参りの後、御朱印(印刷)も頂き、しばらくボーっと眺めてしまいました。
あと、ここは鳥居の上にくっついた賽銭箱が有名で皆さんお賽銭を上に放り投げていました。


戻りの道は離合渋滞もなく国道191号線に復帰。第三目的地はいよいよ「角島」であります。
ここでミニクロとのコラボ写真は撮れないものかとも思ったのですが、それなりに人も車もいらっしゃったので断念。それでも角島大橋のカットをこれでもかと撮影しちゃいました。




そして最後は山陰本線に沿って下関市街に。
「海峡ゆめタワー」に行くつもりが、まぁ、近かろうと大雑把な判断で「あるかぽーと」に来てしまい、「カモンワーフ」で食事をして終了。


静かに帰路に就きました。

おまけで宮島SAに寄ったのですが、色々な車がいてなかなか賑やかな雰囲気でした。
楽しくて小一時間程、ボーっと眺めてました。

いつもに増して文多目にもかかわらず、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

Posted at 2017/09/11 19:02:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月12日 イイね!

橋わたり うどん こんぴら 道後の湯

橋わたり うどん こんぴら 道後の湯9月10日記事と掲載が前後してしまいました。

お盆のドライブもとても楽しかったので、せめて備忘録として掲載します。
やっぱり遠出って良いですね。






過日のしまなみ海道訪問は大島までの道行きで、四国本体(?)に上陸することなく引き返しました。その後、四国への欲望を沸々と溜め込んで、此度の訪問となりました。

四国で代表的なものを10挙げよ、というお題で間違いなく3つとも入りそうな、「讃岐うどん」を食べ、「こんぴらさん」にお参りして、「道後温泉」につかる、というものなんですが、ちょっと日程の関係で「日帰り」でという条件なわけです。

まず「讃岐うどん」です。
大体、朝8:30から9:00に開店し、売切れ次第あるいは13:00~14:00に閉店するお店が多いようです。
まぁ、早起きして3件くらいは、はしごをしようと意気込むわけですが、例によって広島出発が10:00ではお話になりません。
前回の瀬戸大橋の渡橋はかれこれ四半世紀前になるかなぁと思いながら景色を堪能します。



そんなこんなで12:00過ぎに到着。駐車場に余裕がある有名店からスタート。(苦笑)
ということで訪れたのは「山越うどん」さんです。
「かまたま」と言えばココと言われるほどの超有名店だそうですが、同時に大行列でも有名なお店だそうです。。。ええ。でした。。。(写真は食後に撮影。)


私も日傘を借り、かき氷を食べ、自販機の飲料で水分補給しながらほぼ2時間後に入店。。。
もはや2件目、3件目の余力を残す必要もなく、思う存分「かまたま小」と「かけ小」に本日の日替揚げ物を注文してみます。
待ち時間における様々な思いの中、勢いあまって撮影前に「かまたま」などを食べてしまいました。

はっと気付いて、まだ食べていない「かけ」のみを地味に撮影。


うどんのお粉の風味とほのかな感じる塩味を味わいながら頂戴しました。
安いしおいしい。口の中に感じるしっかりとした硬すぎない弾力と喉ごし。
確かにおいしい。ですが、ちょっと2時間待ちは「う~ん。どうでしょう。」(長嶋茂雄風)

次に腹ごしらえも兼ねて、「こんぴらさん」こと「金刀比羅宮」にお参りです。
山越うどんさんからは意外と近く、十数キロの距離です。
車は参道から3分の少し離れたコインパーキングに止めましたが、参道近辺は駐車場の手招き案内の方でいっぱいです。

こんぴらさんと言えば、階段であります。


階段。。


階段であります。。。


道中、足元と階段を見つめつつ色々な事を考えながら上りましたが、なぜか「ゴルフが下手で良かったなぁ。」という気持ちに。ええ。運動不足ですね。

そして御本宮に到着。


展望台から『讃岐富士』を臨む眺めが最高でした。


お守りも頂いて下っていきました。
下りてしばらくの間、平地を歩きながらも下っているような脚の感覚に年齢を感じてしまいます。

そしてお参りの疲れを癒すため、「道後温泉」に向かいます。150km程の道のりですが、自動車道でスイスイと松山市内へ。
道後温泉に近付くにつれ、何度も右折専用レーンの罠にはまりながらも、その都度、現地の方々の暖かい譲り合いの精神に助けられ道後温泉近くの市営駐車場に駐車。道後温泉本館に入浴の場合1時間のサービスがつきます。


道後温泉本館は1階から3階まで、入浴場所や休憩場所等のオプションによって料金が異なるのですが、18:30頃の到着で「霊の湯」は受付を締め切っており、「神の湯」の二階席も一時間待ちとのこと。せっかくなので予約を入れて待つことに。。。

周辺のお店を見ながら待っていたのですが耐え切れず、入ったカフェの雰囲気とかき氷が良い感じで幸せでした。。。





かき氷を味わっているとちょうど携帯に連絡が入り、すんなり入場、入湯。歴史ある銭湯という趣です。
男性なら着替えさえあれば、バスタオルは貸浴衣が代わりになるので大体問題ない感じ。
女性はちょっとコツや慣れがいるかもしれませんね。




退場した時もまだまだ入湯希望の方が列を作っておられました。


帰りは景観が味わえずちょっと残念な感じですが、暗闇のしまなみ海道を通って広島に。
今回は日帰りで瀬戸内海を小さくくるっと回った感じで効率が良いようなもったいないような旅程でしたが、応用編にも出かけるべく、また、欲望を沸々とためていきたいと思います。

あまり疲れていないのはRECAROやドライビンググローブのおかげかも。。。と良い感じに考えています。

今日も長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
Posted at 2017/09/12 12:47:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「越田でお好み焼きを食べていると、目の前にホットケーキが。。。月〜木限定ということで注文。アイスが乗ってハチミツかかってます。」
何シテル?   12/07 22:18
meissen(マイセン)と申します。 豚カツの方ではなくて、カップや皿を愛でる方です。 以前はR32GT-Rでサーキット走行をライトに楽しんでいました。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

TOPSUN リアバンパーエアールーバーカバー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/20 00:59:30

お友達

お友達募集中です。気軽にお声掛け頂けるとうれしいです。
悩みに悩んで熟考の末にアイテムを導入するタイプです。
先人の方々の事例も参考にしながら、自分に合った車にしていきたいと思っています。
69 人のお友達がいます
HatmarkHatmark * タケもんタケもん *
HIROizmHIROizm * MINI原人MINI原人
キリン♪キリン♪ こみぞうこみぞう

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI Crossover ミニ MINI Crossover
MINIの魅力にはまってます。コツコツと少しづつですが、自分らしい車にしていこうと思って ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる