車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月17日 イイね!
日本人はいつ日本人になったのか あとがき

「自分の国では考えられない」とよく外国人に言われる日本の都市の安全性、人々の親切や優しさ、落とし物も殆ど交番などに届けられて持ち主に戻ること、約束を守り時間に遅れない、殆どの場合我先に行動しない人々、静かな公共空間、譲りあう運転マナー、混みあっていてもクラクションの音をめったに聞くことが無い交差点、ゴミ箱が無いのに町にゴミがほとんど落ちていない事、無人の野菜販売所、等々・・・。

外国人にとっては、そんな数えきれないほどの不思議なことが普通に行われる国、それが日本です。

どうして日本ではそれが普通のことになっているのか、どうしてそうなり得たのか、とても不思議だったのですが、一人の日本人としての私は親からそれらの事を厳しく躾けられた記憶が殆ど無い事に気づいたのです。

では何故、何時の時代から多くの日本人がそういう行動を自然にするようになったのだろうか、そしてそうはならない諸外国と何が違うのか、日本人の多くが今はほぼ無神論者でありながら極めて道徳的で利己的ではないのは、神の教えで道徳的になっているわけではないことを雄弁に証明しているので、神無くして人をここまで道徳的にすることが出来る理由は何処にあるのか、それを探し求めてみて、辿り着いた考えを書いた仮説論文が「日本人はいつ日本人になったのか」なのです。

枕草子や徒然草などの他にも江戸初期に編纂された「毛吹草」なども江戸時代の庶民(上流庶民)の間では広く読まれていたとされていますし、多く親しまれた俳句も影響は大きかったのではないかと思います。

「毛吹草」に書かれている文の中には仏教の教えから出たものと思える言葉もあり、また孔子や孟子などの儒教に源を得るような言葉も多いのは、平安時代以降の人々によって仏教用語や論語などの漢文を引用した文が、仮名交じり文で書かれて庶民にも伝わってきたことを示すものだと思えますが、それは鎌倉時代、戦国時代を経た江戸時代の三百年が安定していて、それ故興る庶民の文化活動があり、文字を読めることの意義に目覚めた人々は学び、そして学ばせ、その事でますます盛んになった読書が江戸庶民の心情に多くの影響を与えたのだろうと想像できたのです。

もちろん私の想像が正しいかどうかは判りませんが、仮説として「仮名の発明と仮名混じり文学こそが日本人の心のルーツではないか」と論文的に書いてみたのです。

その結論から見えてくる事の一つは、「天国と地獄の話による脅しで人を縛れる時代はとっくに終わった」という事でした。

神で説得できない理由は、神に背く行いの悪人が贅沢な暮らしをして大手を振って生きているのを見れば、誰でも神の話は嘘くさいと気が付くからでは無いでしょうか。

すでに「神の教えや地獄へ落ちるという恐怖心」で人の心を縛ることは人にとって有害に作用し始めているとさえ言えるのかもしれません。

「神なんて居ない、神の教えなんて作り話、最も大事なことは自分の幸せではないのか、そのために他人より自分を優先して何が問題なのか、他人を蹴落としてでも自分が這い上がる方が良いのだ、神が居ないなら神に従う必要もないはずだ、だから何をしても良いのだろう」そうなると「神はいない」と決めた方が神の不在を理由にした反動が無い分むしろ良いという事です。

日本人の知性と情操が多くの文学作品を楽しみながら読むことで出来上ったとするなら、およそ人を教育するという事に関し現在考えられる最も無理のない正しい教育方法だと私は思いました。

「毛吹草」の中にも出て来る「人のふり見て我がふり直せ」や「徒然草」の7段の下りの「長生きして恥ずかしい醜態を晒さないようにしなくては」という様なことが多くの書物に書かれていて、そういう文章からの教訓と共感が日本人の心を作って来ていて、「神」に導かれたり「神」がそうしなさいと言うからではなく「人々の間で」人はどう在るべきか、どう振る舞うべきかを判断して行動しているのが日本人の特徴であったと言えるのでしょう。

我々の今の国民的文化はそのようにして歴史的に出来上った「思いやりの文化」と呼べると思いますが、人々は私同様それがどうやって生まれて来たのか知ることもなく、意識せず、出来上った文化を知らぬ間に受け継いでいるという状態ではないかと思われるのです。

しかし、この文化の核心部分は同じ書物を読書したことに依る情緒的世界観と倫理観の共有であったので、もし読書習慣そのものが衰退しているとすれば、残念なことに、すでに形骸化や崩壊が始まっていると言っても良いのかもしれません。

もし形骸化しているとすれば、そんな日本人はこの社会の中で自分が「賛同を受ける存在でありたいと願い、嫌な奴と思われたくない」と云う大衆迎合主義的で表面的な理由で維持されているだけの状態かもしれず、本来あるべき人としての美しさの観念や己を律する哲学的倫理観などはすでに心の中には無くなってしまっているのかも知れません。

我々の先祖達が作り上げてくれた、優しい思いやりの文化の心髄を維持して行くべきであるなら、古典を読まないとしても、新たな文化コンテンツとして多くの人々が親しむ情動文化材の共有化が必須になるのではないかと思えるのです。

しかし時代によって淘汰された古典文学に勝るコンテンツはなかなか簡単には生まれないと思われるため、優れた古典文学を現代語に焼き直して活用すべきであろうし、読み聞かせソフトの製作や映像ドラマ化したコンテンツにする事なども積極的に取り組む必要があるように思えます。

ただ、江戸時代と大きく違い、現代は子供たちでさえ世界中の情報を居ながらにして知ることが出来る時代ですから、市中に在る限られた書物を借りて読み合った時代とは異なり、溢れるほどの印刷発行物や電子コンテンツが存在するので、江戸時代のように庶民の選択任せにしても日本人の伝統的情操が保たれるとは考えにくく、「悪貨は良貨を駆逐する」の例えがあて嵌ってしまう可能性もあります。

日本の未来を憂う自分は、何をすれば良いのだろう。

暫くは自分に出来る何かを探すことになるだろう。

このような文章がみんカラにふさわしいとは全く思っていないから、パスしてもらって全くかまわないのですが、最後までこれを読んでくれる人が居るのかどうか興味があります。
それで、最後まで読んで頂けたときはコメントで「読んだ」と一言入れて頂けると嬉しいです。
読んで頂けたとしても感想はあえて求めませんのでよろしくお願いいたします。
殆ど読まれないことは予想しています。
Posted at 2017/04/17 22:24:28 | コメント(7) | トラックバック(0) | 哲学 | 日記
2017年04月14日 イイね!
今日も袖ヶ浦公園を歩いてお花見、一昨日は市原の北五井緑道でお花見。4月10日は甲府周辺でお花見、4月4日は新宿御苑と目黒川へ、目黒駅付近の目黒川沿いの桜は1分咲きでしたが、並河靖之の七宝を見に行った東京都庭園美術館の桜はほぼ満開でした・・・。

↓は新宿御苑





↓は東京都庭園美術館



↓は並河靖之の七宝作品の画像ですが、会場では撮影は禁止なので、私の所蔵の写真集から。





↓は山梨県北杜市武川町山高にある実相寺の神代桜



↓は実相寺境内にある桜の接近画像




↓は山梨県韮崎市神山町武田 わに塚の大桜



↓わに塚の大桜は近くに八ヶ岳をバックに撮れる撮影スポットが設けられていた。



↓は韮崎市韮崎市神山町鍋山の大村美術館近くからの八ヶ岳



↓私の最も好きな山桜


Posted at 2017/04/14 22:37:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | ある日 | 日記
2017年04月11日 イイね!
日本人は先の大戦の敗北により天皇が現人神でないことを知らされ、西洋的な思想に依る自由主義の良い所を知ることになった。

それまでの日本人の精神文化を支えていたものは敗戦とともに崩れて失われるかに思えたが、そうはならなかったのです。

親たちが我が子を諭す時にあるべき確固たる信念が揺らいでいただろうことは想像出来るが、新憲法施行下のもとに生まれた我々は、戦前の教育を受けた多くの教師や人々の中で育ち、善悪の規範となるような教えの多くは戦前のそれと大きく変化したわけではなかったのです。

その我々の世代が成人し、育んだ子供たちが今壮年期を迎え、「日本人の心」を代表するような平均値を持つことになって、このインターネットのある時代の情報空間に於いては彼らが今、日本人の評価を作っているのかもしれない。

もちろん、世界中の外国人が日本を訪れて様々な世代の日本人と接することになるから、我々団塊の世代の人間も日本人の評価を作り上げる様々な要因に参加している。

日本人は殆ど、「嘘は泥棒の始まり」というように嘘を嫌い、嘘吐きを蔑視するから、実際に嘘をついたことが無い人は殆どいないはずだが、嘘を言う事を恥じていて、自分の立場を悪くすることが判っていても敢えて噓を以って自己保身に走らず、真実を受け入れるのがまともな人間の条件と言えるので、全ての人とは言い難いが、概ね信用に値するレベルにあると言えるだろうし、何よりも他者を尊重し迷惑をかけないことに大きな注意を払って日々を過ごしている。

そしてそのような日本人の国民性の起源を考えると千年以上遡った平安時代の日本の社会に求めることが出来るのではないかと仮説を立ててみました。

平安時代とそれ以降の日本人は枕草子や源氏物語や多くの和歌に親しみ、朱子学を主体に学んだ武士階級以外の人々の間では、それらの平安文学や鎌倉文学から二次的に生まれる文化を謳歌していたことが知られていますが、文武を尊ぶ武士も武術よりも学問が優先されたほどであり、庶民の間では永く学校の役割を果たした寺での教え、江戸期の寺子屋などによって維持されてきた教育の成果もあって、読み書きが出来る人の割合は非常に高く、三百年間に亘る江戸時代の庶民の教養が非常に高いことが基礎になって今に至っていると思われるのです。

もちろん、枕草子以前の土佐日記や平安中期の更級日記、鎌倉時代の徒然草や方丈記なども江戸時代の庶民は貸本を借りて読むことで親しんでいたと言われ、当時の人々の娯楽として平安時代や鎌倉時代の古典は庶民の傍らに在り続けたのです。

そのように定番とも云える古典が多くの庶民に読まれたことが日本人全体の情操を育む上で大きな影響を残してきたと想像されるのだが、一例として、枕草子の中に書れている「すさまじきもの」などにみられる美意識や世界観は日本人の立ち振る舞いや常識的行動に対して大きな影響力を持ったのではないかと思われます。

つまり、何が良い事か、何が美しい事か、何が称賛に価することか、どんな風に人と接することが望ましいか、などを多くの日本人が同じ書物から学ぶ、という意識もなしに、楽しんで読むことで身に着けることが出来た為、親からの言葉での伝承によるような曖昧さの無い、一般性をもって共感し、基本的了解事項を自然と共有することになったのではないかと考えられるのです。

多くの庶民が文学作品を読むという娯楽を通じて得た、ごく自然な意識や感覚が代々受け継がれ、今の日本人の常識と他人を敬う心配りや誠実さを生んだと言えるのではないかと私は想像したのです。

現代日本人の高い社会性や秩序は島国であることと単一民族だからと言う人がいるが、それだけでは何も起きはしないでしょう。

日本人は大陸に進んだ文明や政治、仏教などがあることを知って髄と唐に多くの使者を送って学ばせ、文字も輸入し日本国の文明化に努めたのです。

やがてそれは実を結び、日本人は漢字を基にして平仮名とカタカナという表音文字を発明し、長編小説文学発祥の国となるまでに至りました。

学ぶことの重要性を理解した人々は進んで読み書きを習い、仮名を得たことで文字を読めるようになった多くの庶民は同じ文学作品を楽しんだことで、あたかも国定教科書で学んだような均質な知識と素養を持つことになったと考えられ、人々の間に共通の意識と了解が生まれて来たと想像することが出来るのです。

その共有される意識とは、美しいことは何であるか、忌むべきことは何なのか、何が人を楽しませ、何が人を悲しませるのか等に及ぶと思われ、人を慮る気持ちはそうした共通の思いと了解の中から自然発生的に生まれ、人を思い遣るという情緒的な国民文化は神を必要とせずに成立することになったと考えられるのです。

キリスト教も正しい人の生き方を教えてはいますが、それは、「神」という絶対からの抗することが許されない命令にも等しいものでは無いでしょうか。

そもそもイエス・キリストが絶対的な正しさを示す神であることから生じる呪縛があり、そこから抜け出すことがヨーロッパ人の哲学にはに不可欠だったように「神が居なければすべてが許される」という破壊的とも言える帰結に繋がってはいないでしょうか。

科学の進歩により「創造者によって造られた世界」という観念が否定される近代にあっても、多くの欧米人達がキリスト教を肯定し、今なお必要とするのは、彼らがそれ以外に規範となり得るような文化を持ち得なかったからではないかと思えて来ます。

神の存在を否定してしまえば何を以って人心を律することが出来るのか、という問題に直面し、彼ら欧米人には聖書に代わって広く受け入れられる規範が殆ど無い事に気が付くのだろう。

しかし日本人には神も仏も啓蒙思想も必要不可欠では無かったのです。

古の時代から先達が残してくれた数々の優れた文学作品によって日本人の情操は豊かに育まれ、そして美しい生き様としての他者への思いやりと気配りの文化は時代を超え、敗戦のカタストロフィーも超え今日まで揺らぐことなく受け継がれて来たと言えるのではないでしょうか。

これは唯一無二の例ではないかと思えるし、このことこそが今の日本人の心を作ったと言って誤りではないと考えました。
Posted at 2017/04/11 21:15:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 哲学 | 日記
2017年04月09日 イイね!
ここ数週間の間に東アジアに武力衝突が起きる可能性が強くなっている・・・・。

言わずと知れた、北朝鮮に対する米国の先制攻撃の事だ・・・・。

どういう経緯を経てどういう結果に落ち着くかは予想が難しいが、日本にも火の粉以上の危険が及ぶと考えねばならないが、韓国のソウルはミサイルでなく砲弾が届く距離だから、先制攻撃ですべての砲を破壊できるはずもないことから、ソウルは火の海となる可能性が出ている。

北朝鮮の戦闘能力を先制攻撃で粉砕できなければ北朝鮮は日本の米軍基地へミサイルを発射する可能性が大きく、日本海上で迎撃しなければ本土に着弾することになるだろう・・・・。
当然日本の原子力発電所や都市に対しても同様なミサイルが発射されないという保証など全くない。

恐らく、これは対岸の火事では済まされないだろう・・・・。

もしかすると空襲警報が発令されるかもしれない・・・・。我が国の政府の準備に怠りがないことを祈る他ない。

私は、自分の予想が間違いであることを切望する。
Posted at 2017/04/09 20:56:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | ある日 | 日記
2017年04月07日 イイね!
大台ケ原へ続く大台ケ原公園川上線が冬季閉鎖中であることを知らずに入り口まで行ってしまったが、通れない以上どうすることも出来ず、諦めて帰路についたのだが、名阪道を走りながら、今年行く予定を立てていた諏訪大社巡りをして帰ろうか?と提案した所、家内もそれに賛成で、御在所サービスエリアで軽食を摂り、一路諏訪湖周辺を目指した。

(昨日のBlogの時限通行止めの場所について奈良県に問い合わせてみたところ、月曜から土曜までの9:00~17:00の間が通行止めになっていて、道路工事の為。という事でしたので、私が通ったPM7時前後は通行可という事でした。時限通行止めでありながらその時間帯の表示が無かったことは、係の方から丁重に謝られました。)

少し眠気が襲ってきていたので朝の5時少し前に駒ヶ岳サービスエリアに立ち寄り、1時間ほど仮眠することにした。

そして5:40分頃目を覚ますとすっかり夜が明けて、宝剣岳周辺が朝焼けのモルゲンロートでピンク色に染まっていた。



1時間の仮眠ですっかり元気になり、SAで朝食を食べてから諏訪を目指したが、少し時間が早すぎるため、諏訪大社へ行く前に山の上の方では霧氷が着いているのが判ったので、タカボッチ山に車を走らせた。
しかし少し登り始めるとやはりここでも昨日雪が降った様で積雪があり、登るにつれてどんどん深くなり、デミオのロードクリアランスでは危険な状態となってしまった・・・。残念ながら諦めるしかなかった。

再び諏訪湖畔に降りて、諏訪大社を目指した。↓は上社前宮脇に立てられた御柱の内の1本



そして下は諏訪大社本宮



下は諏訪大社秋社






そして諏訪大社春社



これまで仕事で中央高速道路で何百回と通り過ぎていた諏訪湖畔の諏訪大社4社を見て回りました・・・・。

諏訪市内で温泉に入ってゆっくりとした後、早めの昼食を済ませてから帰路につきましたが、丁度正午ごろに大月を通過したので、どこも混むことなく3時前に我が家に到着しました・・・。

橋本市の紀伊見荘で11時間も眠ったので、この日は駒ヶ岳サービスエリアでの仮眠1時間で問題なく走り切りました・・・・。

何時までこんなスケジュールでドライブ旅行が出来るか判りませんが、全く体調に変化は無く、帰宅してすぐに凍結防止剤の付着したデミオを手で洗車しました・・・・・。運転で疲れるということが無い私の体はまだ健在です・・・・笑。

今回のドライブでは山岳路をやや速いアベレージで走ったこともあって、4800km程の分子になる車載平均燃費では28.9kmまで下がり、満タン法での今回の1500kmドライブは26km/L程でした。
Posted at 2017/04/07 12:34:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ&トレッキング | 日記
プロフィール
「あとがき http://cvw.jp/b/2520550/39628945/
何シテル?   04/17 22:24
銀河 遼です。よろしくお願いします。(タカラジェンではありません) フリーランスの機械系エンジニアです。 3DCADによる設計、CAMによるMC及び旋盤...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
機械と哲学・雑学なら強いほうです。あらゆることに関し問題解決がライフワークのようなところもありますので、何なりと聞いてみてください。わかる範囲でお返事します。(あくまでわかる範囲ですが・・・・笑。)

基本は極めて真面目なほうですが、ジョークも大好きです。
53 人のお友達がいます
茨城のシーマ茨城のシーマ * ライトバン59ライトバン59 *
vertinvertin * 散らない枯葉散らない枯葉 *
AsahiPalmAsahiPalm * エルチェエルチェ *
ファン
32 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
マツダ デミオディーゼル6MT。 車の表示する平均燃費では28km以上です。ガソリン代に ...
日産 スカイライン ハコスカGTX (日産 スカイライン)
必死にバイトして頭金を作って買ったがその後のローン支払いに苦しんだ記憶在り・・・。 実 ...
トヨタ スプリンタートレノ トレノGT (トヨタ スプリンタートレノ)
ラリーをやっている友人に譲ってもらった。 ハコスカGTXとの性格の違い際立っていたが、ス ...
ホンダ プレリュード プレリュード (ホンダ プレリュード)
TE47トレノを追突されて失ってから、トヨタディーラーで整備士をする友人にもらったコロナ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.