車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月18日 イイね!
新大分丸 大分県立津久見高等学校 海洋科学校

新大分丸は 大分県立津久見高等学校が運用する練習船です。
津久見高等学校海洋科学校は、1944年に設 立された大分県立臼杵農水産学校が前身の 大分県唯一の水産高校だそうです。
臼杵農水産学校は若干の変遷を経て、1993年 に大分県立海洋科学高等学校に改名しましたが、2012年、海洋科学高等学校、臼杵商業高 等学校、津久見高等学校が統合して、津久見 高等学校の分校として新たにスタートした高校です。

老朽化が進んでいるとのことで、香川県と共同で実習船を新造し 2019年度 - 2030年度の間共同運航する予定のことで、小樽港での姿は、限られたものになりそうです。

船名:新大分丸
IMO: 9231444
MMSI: 432106000
呼出符号: JNWI
船籍国: Japan [JP]
AIS Vessel Type: Fishing
総トン数: 499 t載貨重量トン: 368 t
Length Overall x Breadth Extreme: 56.96m × 9.42m
建造年: 2000 年



































Posted at 2017/03/20 22:22:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 調査 練習船 | 旅行/地域
2017年03月06日 イイね!
新日本海フェリー「らべんだあ」 (LAVENDER)

「らべんだあ」は新日本海フェリーの新潟港~小樽港 航路で使用予定の 14年ぶりの新型船です。
6日 翌日に予定された関係者向け 内覧会のてため 小樽港に初入港しました。

特徴

①国内フェリーとして初の垂直船首を有する省エネ船型。(首形状を従来型のバルバスバウをもつ船型に対して,船首端部を上から垂直なステム形状に変化させた船型は長波頂不規則波中を向かい波で航行するとき,満載状態,バラスト状態の各積載状態で大幅な抵抗増加軽減効果が得られるそうです)

②シャフトブラケットを有する近接2軸の推進装置を採用。(左右のプロペラ間の距離を1m以内に近づけることによりキャビテーションやエロージョンなどの発生を抑制し、推進性能を向上させるとともに、シャフトブラケットの構造物を最小にして船体抵抗を減少させているそうです。)

③バルブ付リアクション型舵を組み合わせた省エネ推進システム。
 (本船の舵はプロペラボスキャップ直後に位置する舵板にバルブを装備した推進効率向上型 の薄型吊り舵とのことです。ボスキャップ及びバルブによりプロペラ後流のハブ渦発生を抑制し,さら に舵のリアクション形状によりプロペラ後流のエネルギーを回収することで推進効率の向上を実現しているとのことです。)

④ 三菱空気潤滑システム(MALS)
  (ブロアを使用し船底から空気を吹き出し船底を空気の泡でカーペットのように覆うことで、航行時の船体と水の抵抗を軽減、省エネを実現するそうです。)

船種:フェリー
船籍::日本
所有者:新日本海フェリー 運用者:新日本海フェリー
建造所::三菱重工業下関造船所
姉妹船: あされあ
建造費::約90億円
信号符字::7JYK
IMO番号::9810824
MMSI番号::431009156
IS Vessel Type:: Passenger
Gross Tonnage: :14,125tt
Deadweight: -
Length Overall x Breadth Extreme: 197.5m × 26.6m
Year Built: - 2016/09/06
発注:2016年5月10日 起工:2016年5月 進水:2016年9月6日 竣工:2017年3月 就航:2017年3月


デッキ数:8層
機関方式::ディーゼル
推進器 ::2軸
出力::11,000 kW × 2基
旅客定員:600名
車両搭載数:トラック150台、乗用車22台

 






























Posted at 2017/03/13 22:11:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 客船 | 旅行/地域
2017年03月05日 イイね!
PM10 そらち 紋別海上保安部

毎年1月初旬 「紋別沖で巡視船が流氷を確認」のニュースが配信されたら、紋別海上保安部の巡視船「そらち」が流氷の確認作業を担当していると思ってもよいでしょう。
巡視船「そらち」は、宮城県塩釜市の東北造船において建造され、昭和59年8月30日に竣工し、紋別海上保安部に配属されています。
 全長67.8メートル、全幅7.9メートル、総トン数は330トンで、海上保安庁では「500トン型」巡視船と呼ばれています。
 巡視船「そらち」が定係地としている紋別港はオホーツク海に面しており、砕氷 能力を持たない本船は、毎年1月から3月にかけて海氷が接岸するのに合わせ、 他部署を基地としたしょう戒任務やドックでの定期修理を行うため紋別を離れた生活を送ることになります。
紋別への帰港は、 例年 海氷がオホーツク海沿岸から離れる3月中旬頃になります。





小樽港に寄港している間にも 訓練等を行っています。
 ミランダ式ボートダビットに搭載された 5.5m型警備救難艇(警救艇)を降ろす様子です。





ミランダ方式の降下揚収装置は、ミランダ式ダビットとして知られるように、船舶の甲板上に設けられたダビット部材と、ダビット部材の軌道上を昇降可能なクレードルとを使用し、クレードルによって搭載艇を保持した状態で搭載艇を降下揚収する方式の装置です。



ダビット式進水機構は、降下速度は操作ワイヤーにより制御可能ですが、ワイヤーで 吊られているため、前後左右方向はコントロールされていないまま降下する。このことか ら、降下中及び海面上で船側衝突の危険が生じる場合や、着水直前及びその後の離脱までの間、波にたたかれて衝撃を 受けたり、船体にあたる危険な状況も発生します。















クレードルを引き上げた状態です。






長い派遣期間を終えて、5日 定係港 紋別港に向かいました。













Posted at 2017/03/15 23:29:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 艦船 | 日記
2017年02月19日 イイね!
PM 11 ゆうばり 網走海上保安署

例年 網走港に流氷が接近する時期に姿見せる、巡視船「ゆうばり」です。

巡視船「ゆうばり」は、大分県臼杵市の臼杵造船所において建造され1985年11月28日に竣工し、網走海上保安署に配属されました。
 全長67.8メートル、全幅7.9メートル、総トン数は330トンで、海上保安庁では「500トン型」巡視船と呼ばれています。
船歴も32年となりましたが、現役で今年も小樽港に姿を現しました。


配属港の網走にある網走刑務所の農場で、受刑者が生産した和牛 網走監獄和牛を贅沢に使った この船自慢のステーキ丼が 「海上保安庁のおいしい船飯」』(公益財団海上保安協会:監修、海上保安庁;協力/扶桑社)で紹介されています。
(この本は海上保安庁の巡視船艇で提供される食事の作り方を紹介した料理本です。海上保安庁が有する約200隻に「主計士」という船上での調理も担当する人が乗っています。全国に散らばる船艇の主計さんがご自慢メニュー52食を掲載しています。)

総トン数:526トン
全長:67.80 m 全幅:7.90 m 深さ:4.40 m 吃水:2.63 m
主機関:ディーゼルエンジン×2基
推進器:スクリュープロペラ×2軸
出力:3,000馬力 速力:18ノット 航続距離:3,200海里
乗員:33人 (最大搭載人員)

搭載艇:高速警備救難艇×2隻

レーダー:JMA-159B 航海用×2基































Posted at 2017/03/14 23:24:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 艦船 | 旅行/地域
2017年02月12日 イイね!
旧三井銀行 小樽支店

小樽で「ぶらタモリ」(NHK)の中でも紹介された 旧三井銀行小樽支店です。
 内部が公開される機会に恵まれました。 内部は10m近い背の高い天井 や 2階の回廊など旧銀行の帳場特有の様式がそのまま残る別空間です。

三井銀行小樽支店として1927年竣工。設計は旧三菱銀行神戸支店や慶応義塾大学図書館を手がけた曾禰中條建築事務所、施工は竹中工務店です。
曽禰 達蔵(そね たつぞう 1853年1月3日 - 1937年12月6日)  同郷の辰野金吾とともにジョサイア・コンドルに学んだ日本人建築家の第1期生とのことで、丸の内の三菱オフィス街の基礎を築き、のち後輩の中條精一郎(1868年 - 1936年)とともに設計事務所を開設、慶應義塾大学図書館、旧日本郵船神戸支店ビル 明治屋ビル 旧三井銀行名古屋支店 等、 曽禰中條建築事務所は都市を飾る数多くの歴史的的建造物を送り出しています。

なお、東京駅の設計者としても知られる辰野金吾や長野宇平治、岡田信一郎らが 旧日本銀行小樽支店建物の設計を担当しています。 旧三井銀行小樽支店があった色内地区はコンドルの愛弟子3人の設計した建物を、徒歩で並び見ることができる場所です。






正面の外壁に石積みの5つのアーチを連ね、軒に彫刻を施したルネサンス様式とのことです。
石は岡山県北木島産 花崗岩です。






正面 入口です。





内部は吹き抜けに回廊が巡り、天井には 石膏彫刻の模様が飾られています。














柱の飾りも洗練されています。







二階 会議室です。




建築設計は、カーテンまでにおよんでいるそうで、カーテンの設計図も現存しているそうです。




アンソニア角形掛け時計

アメリカ アンソニア社製 振り子式  FOYER NO2  製造年1915年~1920年頃
8日巻 打方付 木枠 Arabic Dial 





会議室の椅子 セーム皮が使われています。 カバーを外して椅子を見せています。
 最後の支店長をつとめられた方によりますと、一部 張り替えたそうですが、その時は牛皮を使用したとのことです。






 
二階 応接室






 唐紙 
 ヨーロッパでは、皮をなめして壁紙として使用されており。、この技法を日本独自の和紙にて壁紙としたものだそうです。円筒形の木型に地を彫り これを和紙に押し付けかたどりしたものだそうです。








建設当時から使われている 絹下地の壁紙だそうです。









ぶらタモリのなかでも、銀行の変遷が看板をつかって紹介されました。
竣工以来、三井銀行小樽支店、帝国銀行小樽支店、三井銀行小樽支店、太陽神戸三井銀行小樽支店、さくら銀行小樽支店、三井住友銀行小樽支店と名前を変え銀行店舗として使用され続けてきたが、2002年11月15日に閉店、18日付で札幌支店に統合されました。市内の都市銀行で唯一21世紀まで営業を続けていた銀行です。








一階 支店長室です。
壁の金属性の扉はとなりにある金庫室にて万が一職員が閉じ込められた場合に備えた扉だそうです。





非常時持ち出しのつづらだそうです。





敷地地質調査時の ボーリングサンプル コア





建造時の建物の設計図はもちろんの事 調度品においても図面や資料が残り、その調度品が当時のまま残っていることも魅力的な事です。





アンソニア置時計
 アメリカアンソニア社製 振り子式
 ELSANTON 製造年1907年 
 8日巻(1度のゼンマイ巻きで8日間動く) 打方付(時報)30分付
 機械にNEWYORK PATENT ENJUNE14 81 の刻印 





アンソニア製掛け時計
 明治時代に製作されたアメリカアンソニア製小型振り子内臓の掛時計






キテレツ置時計
 置時計(大型ウェストミンスターチャイム) ドイツ キテレツ社製 振り子式
MAFEIN GERMANY 115052.D.E.P..283312
19世紀の製造か?






金庫 扉です。


書庫内部です



地下に設置された貸金庫室です。地下のため結露対策が施されていて、浴室と同様室内はすべてタイル張りとなっています  
この貸金庫室外壁 外周には結露した水滴を流す溝を設けています。また 貸金庫外壁を取り囲む通路の四隅には鏡が設置され、コーナーに立って貸金庫外回り全周を確認可能です。



























Posted at 2017/03/13 22:12:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小樽のイベント | 旅行/地域
プロフィール
「ZUKIO」
何シテル?   04/01 19:32
legacybpfです。よろしくお願いします。 スバルは4台目です
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
エアレース2016 最終戦inラスベガス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/25 11:27:48
ファン
20 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴンに乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.