• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ROLLOのブログ一覧

2015年12月13日 イイね!

鉛筆使うなら、Hか2H?

今年の冬は暖冬なんだそうで。けど、日に日に冬に近づいていると感じる今日この頃。
そんな中で、久々のブログ更新です。
この間、(体調が悪いなど)いろいろあってパソコンを開く気になれず・・・。開くとすれば、メールチェックぐらい。みんカラも、スマホではチェックしてもブログアップする気にもなれずに過ごしてました。
更新が滞っていた間、何をしていたか?と訊かれても、特別なことは無く。車関連では、タイヤを冬タイヤに交換したぐらいでしょうか。車関連については、暫くはおとなしくしておこうと思ってます。

さて、そんな中でのイベント事と言えば、10月31日と11月1日の2日間行われたアニメのイベントに行ってました。京都アニメーションとアニメーションDO主催のファン感謝イベント『私たちは、いま!』というイベントです。私、京都アニメーションの制作するアニメが好きで、日本でも一二を争うアニメ制作集団の仕事ぶりには敬服しておりました。最近制作したアニメでは、京阪・宇治駅周辺が聖地となってエライことになっているらしい『響け!ユーフォニアム』。高校の吹奏楽部が舞台のお話ですが、その作画、色彩表現、撮影技術たるや素晴らしいと感じること多々。そんな会社の仕事ぶりが生で見れるチャンスということで、行ってきました。
このイベントは、アニメーション制作で実際に使われた原画などを展示公開してみたり、別料金払って監督さんたちの座談会を聞けたりするイベントで、このイベントに行けば今の京都アニメーションという会社の活動が分かるっていう内容です。私は座談会や新作アニメの発表会といったイベントには参加せず、アニメ制作で実際に使われた原画が見たい一心でした。

元々絵画が好きな私にとっては、”画(絵)を動かす”というアニメーションの世界を少しでも生で触れておきたくて行ってきたんですけど、まぁ~凄かったです。展示された原画を見て、「あっ、あの場面で使われてた画だ」とか色んな原画が展示されてたんですけど、それが実に丁寧に描かれている。1枚1枚のクオリティーの高さにはビックリ。それを動かすんだから、たまったものじゃないって感じ。日本のアニメーション業界の中でも、屈指のパワーで作画を仕上げるこの会社。やはり、凄い集団だと理解した次第。
現代のアニメーション制作現場では、デジタル技術が当然導入されている。色付けなんかは、昔のセル画に色塗って・・・じゃなく、コンピュータ上で色付けする。時には3Dを使った背景の作画も行ったりする。その様子も見ることが出来るなどしたワケですが、それでも基本、キャラクターを動かす作画や背景画は人の手で描かれています。その、画を描くアニメーターのこだわり、そしてそれに色をつけて撮影する方々一人一人の探究心や努力の結晶が、テレビのお茶の間に流されるのかと思うと、それが当然・・・な感じで観てしまう消費者が失礼に思えてしまうほどです。まぁ、アニメーターからしてみれば、そんな作品を観てもらうことが仕事なんですけど、そのクオリティーの高さといったものを消費者が少しでも感じ取れたなら、この会社としては本望なんじゃないかなと感じました。
・・・とまぁ、マニアな視点で今回のイベントには行ってきたんですけど、なかなかこういう現場を見れるというのは無い。入場料2000円は、納得かな・・・てか、いい商売しておられる(笑)。けど、実際に原画を見ることが出来て、非常に満足なイベントでした。行って良かったです。

さて、今年もあと半月となってきました。忙しなくなってきますね。
ブログ活動に関しては、モットウとしているマイペースを崩さずに参ろうと思ってます。
皆さん、お身体には充分に気をつけてくださいね♪
Posted at 2015/12/13 22:28:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメを楽しむ | 日記
2015年09月23日 イイね!

STiの商品は、ディーラーで取り付けを依頼すべし。

STiの商品は、ディーラーで取り付けを依頼すべし。我が愛車に、ニューアイテムを投入済みでした。STiのフレキシブルタワーバーです。先月末に購入し、今月初めに取り付けてました。
今年7月からタナベ製のタワーバーを取り付けていたのですが、リアの仕様が定まったのを期に欲が出てしまい、「フレキシブルタワーバーならステアリングフィールが更に良くなるだろう」と交換してみました。トレーリングリンクをSTi製に交換したことで、STi色に愛車を染めたいという欲求も出てましたので。

タワーバー自体の取り付けは自分で行ったのですが、説明書通りに取り付けたつもりが、思ったような効果が出ず・・・。試乗中、頭の中で振り返ると、「タワーバーがハの字になってるんじゃね?」・・・って思って確認したら、案の定でした。コレ、取付手順の中で起こりやすい事故みたいなものなんですが、ハの字になっていたら、タワーバーの本来の性能は出ませんわ。
しばらくハの字状態で走らせて、1年点検をしに先週末にディーラーに行った時にタワーバーの取り付けのコツなんかを訊いて再調整。すると、効果が出ました!
コーナリングが自然で気持ち良い。思い通りにコーナリングが出来る印象です。リアが強化されてる影響か、オーバーステアにもなってますね。D型のフィーリングに負けてない印象です。タナベ製のは、舵を切る時にちょっと癖があったのですが、STi製だと皆無。フレキシブル恐るべし・・・です。
当然のことながら、ステアリングの舵は重くなってますが、タナベ製を取り付けていた時もそうだったので、そんなに気にはならず。それでも重くはなってる印象です。自分で取り付け、調整をして本来の能力を発揮させることが出来た感はありますが、ステアリングのセンターが微量ながら決まらない(アライメントはディーラーに先月見てもらってまして、問題なし)。ホント、微量なんですけど。タワーバーの左右寸法は均等になる、センターのピロを車両中央になるよう再調整はしてますが、あともうひと押しが欲しい。そんな感じで仕上がってます。フレキシブルタワーバーは、それほどまでに影響を与える代物だと実感。
あとは、フレキシブルロースティフナーを取り付けたい願望が・・・。今のままだと、リアが少し硬い感じがするのでフロントをより引き締められたらな・・・と思ってます。

今回のタワーバー取り付けで得た教訓があります。それは、「STiのパーツは、お金払ってディーラーで取り付けろ」です。フレキシブルタワーバーを取り付ける方法については、取付説明書の通りにすれば良いのですが、それを再現させるのには意外と経験値がいる。ディーラーでの取り付けでは、2人作業な場面もあるとかで(左右のタワーバーをピロで結合させている都合上、テンションを与えないとピロがシッカリと動かないという理屈。テンションを確実にかけるには、2人作業だと確実)。それを聞くと納得なんです。DIYは好きですが、STi製品に関しては別だと痛感した次第です。

本来、タワーバーを共締めするダンパーを取り付けるナットはセルフロックナットなので使い回しは出来ません。ですが、今課題となっているステアリングのセンタリングの問題が解消するまでは今使っているナットを使って微調整。センターが決まれば新品のナットに交換する予定です。
・・・って、解消するんかいな。
Posted at 2015/09/23 20:42:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | 愛車のお話’15 | 日記
2015年09月22日 イイね!

玉子。

玉子。21日にテレビ放映されたドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』。観ましたが、アニメファンとしては残念な内容。アニメ実写化のニュースが流れた時には、「マジかよ・・・」とショックを受けておりましたが、案の定な感じです。やはり、アニメには勝てない・・・、というかアニメだからこそ表現できた世界観だったと改めて思う。
そんなドラマを観る前に行っておかないとと思い、アニメ『あの花・・・』の制作スタッフが作り上げた映画、『心が叫びたがってるんだ。』を観に行ってきました。

映画の内容はというと・・・

小学生の頃に何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまう少女、成瀬 順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられてしまう。
高校2年生に成長した順は、寡黙で内気な性格となっていた。ところが、そんな彼女に思いがけない出来事が舞い込む・・・。



・・・という内容なんですけど、素晴らしい内容でした。私は、主人公であるヒロイン・順の心の機微に注目しながら観ていたのですが、喋るとお腹が痛くなるという呪いを背負いながらも彼女の本当の性格や気持ちといったものを感じ取る瞬間、心救われるものがありました。それが、この映画のバックボーンにもなってるんだと理解しています。

この映画のHPには、”各界からの応援コメント”なるコーナーが設けられているのですが、そこからの抜粋。

■「言葉は刃物」とボクも作中で書きましたが、まさにその通りだと痛感させられ、その反面、大切に使うと皆を幸せにすることもできると教えてくれる、とてもいい作品です! 青山剛昌(漫画家「名探偵コナン」)

■不器用な登場人物達の一言一言に胸を打たれる。けれど、閉塞感漂う曇天の冬景色に、新しい季節の予感がした。  浅野いにお(漫画家「ソラニン」)

■今、時代と向き合った青春映画を作ることが出来るのは、実写よりもアニメーションなのかもしれない。  松江哲明(ドキュメンタリー監督)

■繊細で青すぎて、ちょっと気恥ずかしくもあるが、中年男性にも心の中にある美しい光のようなものが見えた。  毎日新聞デジタル(小西鉄兵)

どれも、納得な言葉かと。
私はこの映画へのコメントを書けと言われたら、書けません。あと1回は観ないと・・・(笑)。けど、ヒロイン・順の境遇を見ていると、「だからこそ言葉で伝え合うことって難しく、伝わりあった時の喜びは、何にも代え難いものなんだ」と感じます。友人や恋人、子供や伴侶。全てにおいてです。
映画を観たのが昨日だったのですが、今も作品の余韻に浸ってます。もう1回観たい!。順の叫びをもっと感じ取りたい!って感じです。

写真は映画館で配られた、劇中で披露されるミュージカル『青春の向う脛(すね)』のプログラム。来場者77万人にプレゼントだそうで。このプログラムの中に、順自らが描いたミュージカルのシナリオと、ミュージカルで歌われる曲の歌詞が書かれています。映画を観た後に読むと、なお言葉を発せなくなってしまった間の順の心の葛藤を垣間見ることとなります。

この映画、そして『あの花・・・』の原作名である”超平和バスターズ”。『あの花・・・』もそうですが、見事に”超平和”な生活を”バスター(buster)”した上で紡ぎ上げられた見事なストーリー。素晴らしかったです。
関連情報URL : http://www.kokosake.jp/sp/
Posted at 2015/09/22 23:08:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメを楽しむ | 音楽/映画/テレビ
2015年08月30日 イイね!

『いちご同盟』。

『いちご同盟』。最近1冊、本を読み終えました。
題名は、『いちご同盟』。1990年1月に刊行。著者は芥川賞を受賞しておられる三田誠広氏。
実はこの本、最近観たアニメで激ハマリしている『四月は君の嘘』のストーリーの中で登場します。アニメの劇中、そして原作の漫画の登場人物の会話の中で、この本からの文章の引用が行われています。この本を読まないと、ストーリーの途中でフォーカスが合わないほどの重要要素。
アニメ、そして漫画を読んで、その内容が気になって購入していたのですが、他の本を読むことに気を取られて、なかなか読めずにいましたが、やっと読むことが出来ました。
内容はというと・・・

中学三年生の良一は、同級生の野球部のエース・徹也を通じて、重症の腫瘍で入院中の少女・直美を知る。徹也は対抗試合に全力を尽くして直美を力づけ、彼女の15歳の誕生日には、良一が病院の娯楽室でピアノを弾いて祝った。そんなある日、直美が突然良一に言った、「あたしと、心中しない?」。ガラス細工のように繊細な少年の日の恋愛と友情、生と死をリリカルに描いた長篇。

主人公である良一は、繊細な心の持ち主。以前からある心の中にある”囚われ”を持ちながら15歳、中学3年生という進路を決めなくてはならない時期の中で、ひょんな事に巻き込まれ、そこから起こる色んな出来事やふれ合いが生まれる。その体験と共に、揺れ動く心の持ち主だった良一が、一つの自己を持つこととなる・・・という感じでしょうか。
良一は、少年時代からピアノ教室に通っており、色んなクラシック音楽を奏でることが出来るのですがこの小説の終盤、彼の中で一番大きな出来事に立ち向かうべく奏でた曲は、”ベートーヴェン ピアノソナタ第15番 田園”。ベートーベンのピアノソナタでも、そんなに演奏されることの無い曲。彼はこの曲を弾くことで、自己の確立へと向かうこととなります。


動画は、その”田園”の第1楽章。

ネットで調べてみたら、この小説のオマージュ作品が『四月は君の嘘』なんだという話が出てきます。この小説の文章が引用される場面は、この漫画(アニメ)のストーリー後半で出てきますが、その流れを見るとオマージュだって話は納得です。ですが、小説は小説、漫画は漫画=アニメはアニメって感じで分けて、私はその内容を感じ取れた感じです。

私は、『四月は君の嘘』でのこの小説の引用からの、主人公・公正の自己が放たれるところが大好きです。心から湧き上がる感情の”伝え方”が、とても感動的。読んで、良かった♪

教科書にも取り上げられている小説。映画化やドラマ化もされてるらしいですね。読んで、納得な感じです。
Posted at 2015/08/30 20:16:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本を読む | 音楽/映画/テレビ
2015年08月22日 イイね!

相談会。

相談会。今日は、しげお@WR-LTDさんとのオフ会に行ってきました。
よくオフ会で利用させてもらってる”アジト”にて、「インプレッサ・スポーツ(GP7)にお乗りの方が、車イジリについて色々訊いてみたいという方がいる。是非相談に乗ってあげて欲しい」との情報があり、相談主がしげおさんのブログをよく見られているとの事なので、一度会ってお話しよう・・・という会です。参加者は、相談主な方、しげおさん、そして私の3名でした。相談主の方がどんな事に悩んでおられるのか分からなかったので、しげおさん共々手探りな感じで尋ねながら、微力ながらも力になれたら・・・みたいな感じでのぞみました。

集合は午後1時。相談主の方が来られて早速、愛車を拝見。
相談主の方は、みんカラで参考になる情報を集めておられたご様子。内装を中心に色々と手を加えられておられました。ホイールも社外品に交換されているなどして、個性を出されており、それがキマってました。こちらとしては、更なるバージョンアップという事で、しげおさんと私の愛車を見ていただき、純正流用できるパーツの紹介などをさせていただきました。

相談主さんの愛車を見終わった後は、”アジト”に入って珈琲タイム。相談主さんのこれまでの車歴や愛車でのエピソード、みんカラでの私たちの活動内容や活用方法といった話で盛り上がりました。「部品は、こんな方法でゲットしてますよ」とか「スバル車は、アプライドD型が最高だよ」といったスバルを楽しむ方法みたいなものも話してみたりして・・・。その他、結構広範囲な話で盛り上がったなぁ♪

”アジト”の閉店時間に合わせて外に出て、それからもしばらく駐車場で車談義に華が咲く。しげおさんは先に帰られましたが、陽が沈んだ後も「LED照明が、どうだ・・・」とか色んな話が出ましたねぇ。
相談主さんは、色々成果はあったように感じてます。相談主さん自身、車が好きで、そんな話を思いっきり話す機会が少ないらしかったので、「こういうふれ合いもあるんですよ~」と紹介できたのが良かったかなぁ~・・・て思ってます。
相談主さん、もし私のブログをご覧になられてたら、「アレがしたい」「コレがしたい」というプランが浮かんだら、いつでも言ってください。微力ながら、ご協力させていただきますよ♪

・・・というワケでオフ会、お疲れ様でした。
Posted at 2015/08/23 00:28:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記

プロフィール

「もう、あのドキンちゃんの声は聞けないかと思うと悲しいな。」
何シテル?   11/17 19:50
ROLLOと書いて”ろろ”と申します。愛車は、インプレッサXV GP7C(CVT)。 これで愛車も5代目。2代目からインプレッサに乗ってます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

シフトカバー交換&シフトブーツ仕様変更 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/11 16:03:23
サテンメッキ・ドアミラーカバーの取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/01 20:28:16
【DIY】STIラテラルリンク・トレーリングリンクセット取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/21 20:04:33

お友達

ROLLO的な感性を気の向くままに発信しております。良かったら、ぜひ♪
ただし突然のお誘いは、ご遠慮したいところ。出来れば、ブログのコメント交流から始めてみませんか?

Myファン登録、お気軽に。
63 人のお友達がいます
しげお@WR-LTDしげお@WR-LTD * くらぽんくらぽん *
ikukiyoikukiyo * 44love44love *
YA100YA100 しろくま君しろくま君

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

スバル XV スバル XV
愛車5代目、スバル車4台目。2014年10月に新車で購入。 デビューしてからゾッコンだ ...
スバル インプレッサ XV スバル インプレッサ XV
愛車4代目、スバル3台目。2010年10月、新車で購入。 やはり安全が一番。 心に余裕 ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
インプレッサ・ワゴン 1.5is SOHC 1500㏄ FF 5MT 愛車3代目、スバ ...
スズキ セルボ・モード スズキ セルボ・モード
セルボモード SR4 DOHC 660㏄ 4WD 5MT 初めて買った車です。 さすが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.