車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月30日 イイね!
前泊もよしあし昨年は行けなかったフレンチブルーミーティング、今年は仕事上の課題もなく、しかも土曜日も休めるということがわかったので、初の「前のり」を試みることにしました。とはいっても土曜休めると決まったのは10月直前なので「車山のペンションに泊って車ごとメイングラウンドへゴー」というわけにはいきません。辛うじて空いていたホテルルートイン諏訪インターに予約を入れ、関連会社出向中のプジョー乗りの先輩に声をかけたのは出発1週間前であります。
29日土曜日。仕事が終わったのは午前2時(いつものこと)。先述の先輩は昼過ぎまで仕事だというので、土曜も車山まで登ったろという考えはこの段階であきらめています(天候が悪かったというので結果オーライではありますが)。東雲のオフィスで先輩を拾って出発したのは15時半。諏訪に到着したのは19時過ぎ(諏訪インターを出たところで前にいたのがルートインの営業車・迷わずに到着しました・笑)。
とっとと寝りゃいいのですが、普段の生活リズムが遅寝遅起き、ホテルの近くに万代書店があることもあって(笑)寝たのは午前1時。
30日日曜日。起きたのは午前7時。充実の朝食バイキングを貪り喰ってホテル出たのが8時45分。(この朝食は腹持ちが良く、夜に東京に戻ってくるまで間食チョイチョイで済みました。)毎朝やってくるベン・意・キングも両者スタンドバイミーしなかったので時間ロスすることなく現地到着しましたがそれでも9時半。案内されたのは一番上にあるP1駐車場でした。今回初めて反対側から現地到着したので渋滞なしで入れてしまいましたが、これまでで最もメイングラウンドから離れた位置でした。


それでも、2年ぶりのFBMの空気、いいもんです。



結構徘徊したつもりなのですが、今年は後で皆さんのブログを拝見して「こんなクルマ居たの?」と思うこと多数。話題のP10駐車場なんて存在すら知らなかったという有様。

さて帰り道。今回は初めて、会場出口で左折します。まぁ朝通ってきた道ではあるのですが三菱エアコンの聖地霧ヶ峰へ(ここで言う三菱は電機であって重工ではない。重工のエアコンはビーバーエアコンである。ちなみに、さのすけ号のETCは電機でなく重工製である)。途中展望駐車場が幾つもあってそのたびに車を止めてしまいたくなります。ツーリングマップル中部編の表紙で見た景色もあったりして。ただし、霧の駅は入り方間違えてスルーしてしまいました。

霧の駅のところを右折して、和田峠農の駅できのこ汁すすって、国道142号の旧道へ。上田方向に進んですぐ、車をUターンさせてしまいました。


廃墟化した峠の茶屋なのですが、置いてあった自販機が古いポッカ。しかも「維力(ウィリー)」の広告入り。デーモン小暮閣下がステージドリンクとして愛飲していたというスポーツドリンクです。

国道142号の旧道、なかなか楽しい道でした。やっぱり高速道路よりも国道、しかも旧道と呼ばれているほうが、その土地土地の文化・歴史を感じられていいですね。とかなんとか言っておきながら、東部湯の丸から高速乗って、併設のサービスエリアでお土産買って、15時過ぎにはもう出発です。これまで寄り道をした挙句に、渋滞はまって超覚低走行になってを繰り返してきた反省からです。おかげさまで多少の渋滞こそありましたが眠くなることもなく19時前に東京に戻って、豊洲のビバホームでお買物する余裕さえありました。

今回購入したのはミニカーとステッカー中心。なぜ2003年のFBMステッカーがあるのかって?能登半島に加工するからじゃ!(またかよ)
中でもお宝要素の強かったのが、グンゼ産業(現GSIクレオス)のステッカーです。
おそらく模型店の店頭のガラス扉に貼られていたであろう逸品です。でも、ふでカラなるものがあったとは知りませんでした。

結果としてFBM明けの一週間、月末月初&祝日ありの繁忙期でしたが苦も無く乗り越えられたので、前泊で余裕をもって行けたのは正解だったかもしれません。来年はどうなるかわかりませんが、欲をいえばネタを準備する時間の余裕もほしいな~っと。






Posted at 2016/11/07 03:21:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅のはなし | 日記
2016年09月25日 イイね!
拙者接写は苦手でござるシングル・インカム・トリプル・キッズな家庭に育ったので、おもちゃはあまり買い与えられておりません(とか言っていたのだが二種兼農家はシングルインカムではないかもしれない。ただ基本共稼ぎではなかった)。その反動で40越えてもプラモだミニカーだ言うとるわけでありますが、かねてから行ってみたかったホビーショーなるものがあるというので東京はビッグサイトへ行ってまいりました。


入ってみて気づいたのですが、ロボットものプラモデルもホビー、戦車や船・航空機のプラモデルもホビー。レディオコントロールカーもホビー。実はそのあたりは興味の対象外だったので、クルマのプラモデルと鉄道模型関係に的を絞ることに。自分は多趣味だと思っていたけれどそうでもないなと。

小学校低学年のころからにおいを嗅ぎ続けてきましたGSIクレオス(グンゼ産業)。



ジャーマン・シッティング・シビリアンズ・・・確かにそうですな。


日産のスーパーシルエットシリーズ。揃えたいーっ。ブルーバードは買ったことがあります。


地方の国道沿いを演出するには欠かせないオートスナック。鉄道模型の情景小物です。


トラックターミナルも事務所(独身寮?)付きが出るようです。


さて、会場の一角にチョロQコーナーがありました。正確にはチョロQzeroコーナーといいましょうか。タカラの商品としてデビューしたチョロQはタカラトミーを経て現在はトミ-テックからリリースされています。そういえばカングーのチョロQが市販化されると聞きましたがどうなったのでしょう?行ってみると、ありました。カングー2の後期顔ゼンとペイサージュ。



ジョン・アグリュム、タンタシオン・ヴィオレ、ブルー・ヴィブラート、ヴェール・ロマラン、フランス警察仕様(?)あとグレーのメタリックに見えるのがあるのですが不明。
すぐにでも発売できそうなレベルでしたが、訊くと、「来年年明けから春までには」とのことでした。スミマセン、色のヴァリエーションについては訊くのを忘れておりました。
トミーテックの人とお客さんが話をしていて、お客さんが、「給料ドロボーですねぇ。」と言っておりました。確かにそうかもしれません。ここに展示されているカングーがすべて発売されれば6種類です。自分みたいなカングーだけ買えりゃいいやという人ならまだしも、重度の菱型菌感染者ならばキヤトル、アルピーヌ、サンクも手に入れることでしょう。昔みたいな1個350円ではないのです。
しかし、我々がファンカーゴのチョロQを黄色に塗ることで夢に描き(←自分だけか)、gonta sportRSさんがチョログーの名でカングー乗りのマストアイテムして創造したカングーのチョロQが現実のものとなるのです。まずはお小遣いを貯め、年が明けたらタムタム千葉店を定期巡回して発売を待ちたいと思います。

あと、会場では最近話題の「凄い!超精密ジオラマ展」も開催されておりました。


ジオラマの精巧さもさることながら車種選択が渋い!
蛇足ですがワタクシ、この「凄い!ジオラマ」を書籍化した方と出身高校が一緒です。体育会系の出身者ばかりで、文化系の著名人めずらしいんです。
Posted at 2016/10/10 04:00:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 趣味のはなし | 日記
2016年09月14日 イイね!
オーセンティックのキャプりかた兄キから、「先週のドラマにカングーが出とったぞ」と写真つきメールが来た。
見ると、黄色の先代カングー、中期の黒バンパー仕様が。
訊くと、TBSドラマ「神の舌を持つ男」の最終回だという。
番組ホームページを見ると、TBSのアプリなら1週間後まで見れるという。
無料だというので、アプリを取り込んでしまった。
見ると、タイムカウンターで27分ぐらいのところで、芸妓さん2人の乗ったカングー登場。

なんともシュールな画だ。
そして、今年の初めにカングー界で話題をさらったドラマ「ナオミとカナコ」と、同じ使われ方をしていた。カングーって、そういうクルマだったのか・・・(笑)。

このカングー、オーセンティック風味でありながら、フォグランプは付いてるし、ドアミラーはカラードだし、もしかしたら、化けオーセンかもしれません(中期モデルはどうなんでしょう?)。

ちなみにメールが来た段階で、みんカラ含めSNSでぜんぜん話題になっとらんぞと返信したら、「視聴率がアレだったしな・・・」という回答があった。自分も番組名だけで、凄腕料理人のドラマだと思っていた・・・。 

おまけ。友達が大学卒業から最近まで乗っていたプリメーラ・カミノ・ワゴン。こんな使い方をしてゴメンナサイ(あれ、カミノだったかな?)。
Posted at 2016/09/14 05:03:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | カングーのはなし | 日記
2016年08月16日 イイね!
ぶろぐ金沢フラ車ばなし金沢市の山間部。
限界集落待ったなしではあるが、さすがにお盆の時期はムラを出た者が戻ってくる。







現在は東海地方で暮らすという同級生のプジョー2008


金沢の街のほうで暮らす3年先輩のシトロエンC4


そしてワシのルノーカングー


このムラを出た者は、フランス車に乗って帰ってくる。
・・・というほどではないが、なぜかドイツ車やイタリア車というのは見たことがない。
そして仏3大メーカー勢揃い。30戸ぐらいしかないんだぜこの集落。

ついでに言うと、現在このオーナー3人、交流は全く無い。そこらへんも金沢「らしい」ネ。
Posted at 2016/09/08 04:02:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | フランスかぶれ | 日記
2016年08月15日 イイね!
リモート・ルマンダー(注:ル・マンの話は出てきません。)
千葉から遠く離れて北陸へ。
すると、あるワケですワ。ルマンドアイス。あのキングオブ茶菓子のブルボンから8月8日から新潟+北陸3県で試験的に発売された商品であります。定価はいくらか知りませんが、大手小売店では税抜198円で売られていました。内容はというと、4つに区切られたバニラモナカの中に、アソート品で売られているような短めなルマンドが4本入っているというものでした。何処かのブログにも紹介されていましたが、モナ王とルマンド2本あれば手作りすることができます(笑)。感想としては、「1回で充分です」というのが正直なところ。200円クラスにするのであれば、あのココアフレーバーをアイスに溶かし込んだり、ルマンドそのままでなくフレーク状にしてまぶしたりしたほうが良いような気がします。そして、当たり前ですがルマンドの欠片が飛び散る。運転中に食してはいけません(笑)。今回は、1ブロックごとに、モナカの皮をはいで片面のバニラをこそぎ落とす→ルマンドだけ食う→もう片面のバニラとモナカを食うを繰り返しました。
とにもかくにも、ネットで話題になったこの商品は、北陸モンに少しばかりの優越感を与えてくれたわけであります。
Posted at 2016/08/18 03:06:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | チバのカナザワ人 | 日記
プロフィール
「土曜!アド街!北茨城! 日曜!のど自慢!増位山!」
何シテル?   12/02 09:45
旧型カングー駆け込み購入組です。 ルックスやファッションはとてもカングーに乗る人のソレではないが許せ!。 団と付いてますが語呂優先で名前をつけてます許せ!
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
こちらからはアクションを起こしません。ご安心ください(これは高校時代のトラウマがありまして)。
26 人のお友達がいます
yu_kangooyu_kangoo * シラ切り雀シラ切り雀 *
BKHBKH chintachinta
さん坊@N.E.J.St-Bowさん坊@N.E.J.St-Bow マイケル@Megane + 4 + Jマイケル@Megane + 4 + J
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー カングー さのすけ号 (ルノー カングー)
日々姿カタチを変えております。着地点がわからなくなってしまいました(笑)。
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 親父の811ブルをきっかけに日産党に。 巡り巡って初のマイカーはU13ブルSSSとなり ...
日産 クリッパーバン 日産 クリッパーバン
自慢は希望ナンバーじゃないのに「23-98」(日産クリッパー!)。
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
20年活躍しましたが2012年8月引退。楽しさを知った時には時すでに遅し。    
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.