• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

S氏のブログ一覧

2018年06月04日 イイね!

最近の165状況?

最近の165状況?ミッションがWPC加工から帰ってきました!
ちょっとわかりにくいですね
また自分用に組み付け編の写真が長々と、、、
きりがないのでおおざっぱに。

アップで見るとわかりやすい。
鈍い色でなんか強そう、これで少しでも長持ちしてくれると
いいなぁ~

ベアリング関係は全て新品にて組み付け、クリアランスのチェックと調整。
ここで1カ所組み間違えて、組み込み後に気ずきえらい事に、、、(汗
夜勤明けでちょこちょこ組んでいたので頭がボケてたんでしょう(凹

間違えて組んだアウトプット側完成
この時点でも間違いに気ずかず、、、(悲

インプット側終了、こちらは大丈夫!

4.5ファイナル組み付け。

ミッション組み付け完了!!
その後ギヤの入りを確認した所ギヤが入らない、、、
せっかく組んだのに、確認の為またミッションをバラス事に、、、(汗

ミッション割って、またギヤを抜きかえて、、、しんどーーー
正解は赤丸のバックギヤを反対に組んでました!!

最後にレリーズフォークの軸受部の交換、結構丸く摩耗してました。
フォークは165ではプレス、185は鋳物に強化?
軸受部の形状も少し違いますね。
これにてミッションオーバーホール完了!!
ゴールデンウイークまでに完了させていまして、
連休中に載せ替えする事に。

今回は、迷惑が掛からないのとゆっくり作業できる様、実家前の道路ではなく
実家の軒先でエンジン降ろしを実行する事に、しかも下はジャリ、、、
上手く出来るのか???

周りから見たら、こんなジャリの民家の軒先で異様な光景ですな、、、

無事降りました、ジャッキや馬がめり込むのでホームセンターで、
ちょどいい側溝のフタやコンパネを使い、ジャリ土でもなんとかなりました!!

後はミッション外して、油圧の上がらない要因調べの為、オイルポンプをバラシして中身の
確認してみるも何も問題無し、、、なんで???
まったく詰まりも無く機械的にも問題無し、ストレーナーやガスケット等、
組み付けも大丈夫、ワケが解りません困った、、、

一つ心当たりがあるのはココ、オイルパン下のOリング、
ここを正規品の?細い物に変えた途端油圧が上がらなくなったので
ここを戻して上がらなかったらお手上げです。
ここまでバラシたので、ついでにオイルポンプassyを新品にしてみます。
何か他に原因わかる方ぜひご教授下さい!!

ゴールデンウィーク中に、油圧、ミッション載せ替えを完了させ、
東海セリカDAYに間に合わそうとしましたが、ダメでした当日も家の用事が
急に入り見学もいけませんでした、、、
165も部品待ちで、実家の軒先でエンジン降りたまま、こうなったら
来年までやりたい事をゆっくりやろうかと思っている今日このごろです^^
Posted at 2018/06/04 17:15:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月11日 イイね!

ST185ラリークロスミッション修理(バラシ編)

ST185ラリークロスミッション修理(バラシ編)今回は、ずっと放置していたスプラインがダメになった185ラリーの
クロスミッションを修理することに、頻繁に作業しないので、
すぐに思い出せる様にの自分用作業日記的な内容になります。

最初にセレクトレバー外し、赤丸部を緩めると外れます。

ケースを外すと5速ギヤ、ロックナットを緩める為、タガネでカシメとき。

ギヤナットを緩める際空回りしない様に、3つあるシフトヘッドを持ち上げて水平にして、
二重かみ合いさせてギヤをロックさせる。

左のナット緩め、右シフトフォークは赤丸緩めるとスリーブごと抜ける。

専用プーラーにて左アウトプット側ギヤと右インプット側クラッチハブ抜き取り。
5速シンクロはバラスと面倒なので、シンクロ関係を交換しないならこのまま触らない方が良い。

T45トルクスを緩めてベアリングリテーナー外し。

インプットベアリングのスナップリング外し。

シフトシャフト3か所スナップリング外し。

シフトフォーク玉っころ外し三か所。

バックギヤ固定ボルト外し。

5速ギヤ関係。

ケース外し表側14本

裏側3本

緩めてプラハン等で叩いて取り外し。

バックギヤ関係、ギヤ先端がまるまる、、、

赤丸緩めてシャフトを抜いて、フォーク外し。

左インプット右アウトプットひっこ抜いてやっとギヤバラシ。

鉄粉量そこそこ、、、

赤丸ベアリング下にインプットシャフトのシールがあるので、ミッション割らないと交換出来ないのでバラシた際は交換した方が良いです。
プーラーでベアリング抜かないといけないのでメンドイです、、、

ギヤ脱着しにくいので、油圧プレス台を加工。
アストロ自動遮光面は、溶接素人者には作業しやすく良い仕事してくれます。

インプット側バラシ、赤丸スナップリング外し。

4速ギヤ、ベアリング外し。

ワッシャー、スナップリング外し。
ハブスリーブ外し時、スプリングとシフティングキーが飛び出すので注意。

3速ギヤ、クラッチハブ外し。

インプット側部品。

アウトプットシャフト。

4速ギヤ、ベアリング外し。
ギヤ関係を外す時は、ギヤ欠け防止の為アルミ板等を挟んで作業した方が良い。(撮影用で板無し)

プレス台加工バッチリ、1速ギヤ幅ちょうど!
以前はこう出来なくて苦労しました、、、

2速、3速ギヤ外し、アルミ+ゴム板をこんな感じで挟めばギヤ欠けは無し。

ワッシャー、スナップリング外し。

1速ギヤ、クラッチハブ外し、ここも同じで3か所シフティングキーがあり飛び出すので要注意。

アウトプット部品関係。

左ダメダメスプライン、右は予備 1速関係ジャンク品の貴重な185ラリーインプットシャフト。

ギヤの入りが悪くなるのは、ギヤ側、シンクロ、ハブスリーブの3つがハブスリーブの溝に
カチットカミ合って変速しているのですが、この部分が悪くなる事が原因です。
丸くなったり摩耗していないか要確認です。

よく見ると185ラリー専用ギヤ比のシンクロ、カミ合い部は斜め型が特徴で、スタンダードギヤ
の方は矢印型でラリーだけ違う形状、上の写真と比べるとよく解る。

ギヤ部、クラッチハブ、下側と比べると摩耗がスゴイ!!、これはSWでジムカーナー等で、
高回転から1速ギヤを使っているとこうなるんでしょうね、1速はシングルコーンだからとくに、、、

上が3速ダブルコーン、下2速トリプルコーンシンクロ。
違いは2速ギヤ部赤丸がコーン状になっていて、シンクロの摩擦面が3か所あるので
耐久性が良いです、3速も負担が掛かるのでトリプルにしてほしかった、、、

今回はジャンクラリーと現状部品の一番状態の良い物を選別して組んだ貴重なミッション、
4速ギヤもカムリプロミネントにして5速の繋がりも良い感じの純正流用クロス、ギヤ比は1速3,230、2速2,142、3速1,518,4速1,028、5速0,731燃費面、街乗りからサーキットまで乗りやすくをテーマに考えました。
しかしながら185関係のギヤ、シンクロ、ハブスリーブ関係は部品が廃盤で補修できなく、最後のクロス、、、
4、5ファイナルも貴重で、こちらはアウトプットシャフトを交換せずギヤの刻み方で無理に4、5
に変更している為、無理すると負担が掛かり割れなどのトラブルになる事も、もうこの仕様は
二度と組めないので最小限負担の掛かる2速、3速のギヤ、シンクロ、ハブスリーブ、インプットシャフト、ファイナルに、少しでも長持ちしてくれる様にWPC加工する事に、こまかく加工すると高くなるので、結局5速フルとファイナルを加工に出す事に、E系ミッションの補修が難しくなってきたのでこれからは、ミッションをいたわりながらのらないといけないですね!!








Posted at 2018/02/12 02:22:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月18日 イイね!

☆スピーカー取り付け☆

☆スピーカー取り付け☆お久しぶりです!
夏休みに油圧不良の検証の為、またまたオイルパンを開けました、、、
各部の点検、ストレーナーの破損、配管周りの詰まり、組み付け
ミス等も無く何も悪い所がありません???
まだ何か詰まっているとか組み付けミスとかだったら、
これか~となるんですが何なんでしょう、ワケわかんとゆうか困った、、、(汗
エレメントまでオイルが来てないので、ストレーナーからオイルポンプ
間の何処かが悪いはず、、、
ストレーナーは目視では問題無し、オイルレギュレーターも予備と交換しても
変わり無し、オイルパンのOリング2個もちゃんと入ってるし、気になるのは
ストレーナーのガスケットを再利用したことくらい、まだ組んで新しいし、
今まで何回か再利用して組んで問題出た事無いんですよね、
でもバラして気になる所はここぐらい、、、
色々考えても解らないのでとりあえず、
新品ストレーナーガスケットを組んで、オイルパンを装着。
一部の希を託してスターターを始動!!
          、
          、
          、
          、
          、
          、 

も油圧上がらず、、、撃沈しました。
もうオイルポンプがどうにかなってるしか考えつきません!!
でもバラしてもいないポンプが急にダメになるんもんなんですかね?
なんかポンプ見てもなんともなく、迷宮入りしそうな予感が、、、
もう何回もバラして時間も気力も無いのでしばらく放置です、、、(疲



エンジンが直らなかったので、スピーカー取り付けで現実逃避!!
YBT340さんの教科書を参考にさせて頂きました!!

この位置決めだけでも大変だと思いますが、YBさんのおかげですんなりです^^
エアソーで穴開けしました。

ビニールとスピーカー取り付けに邪魔な黒のユニット外し、
ノックスドールもどっかにあったはず、パネルの隙間の錆び対策こうゆう所も参考書どうりです^^

黒ユニットも窓ガラス下げて当たらないこの位置でタイラップ留め。

内装当てがって鉄板にマジックで印、案外切る量は少ないですね!!

エアソーで調子こいてガンガン切っていたら、配線まで切れてしまった、、、(汗
しかも直しにくい配線の根元、、、何とか修復、赤丸の所はサンダーで切った方が良さそうですね!!

内装に16.5㎝スピーカー取り付け、ビスが当たるので先端だけカット。

ツイーターもYBさん指定場所に移動、でもロールバー外さないとスピーカー外せずメンドイです。
以前社外スピーカーに交換した際、低音が無くてドアに大型スピーカー移植を妄想して、
十数年越しの作業です!!
ノーマル位置のスピーカーは軽量化の為撤去、そこにツイーターをステーで取り付け、
ダッシュ端にポツンとツイーターが有って気になってた所、スッッキリしていい感じになりました^^

スピーカー配線通し、ドア穴をアルミガラステープ2枚張り、スピーカー部4枚で塞ぎボックス化、
バッフルスポンジも指定部品のエプトシーラです!
左右同じ方法で最後に内装スピーカー取り付け、元からこの位置に付いていたかの様で、
本当にバッチリで素晴らしい!!!
音源もこの音ですよ、高音と低音のバランスが最高です、165のスピーカーサイズでは
この音は出ません、今時の車では普通なのかも知れませんが、トータルわずか1万円以下
でこの音、早く復活して走りたいです。
YBT340さんのおかげで長年の夢が叶い、本当にありがとうございました^^
Posted at 2017/09/18 16:27:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月09日 イイね!

色々うまく行きませぬ、、、

色々うまく行きませぬ、、、吸気温度を下げるべきエアクリの移動。
エンジンルーム内はマニ、タービン、ラジエターの熱で灼熱地獄の劣悪環境、、、
90℃位あるのかな?ムキ出しエアクリでは、、、
インタークーラーがあってもこれだけの温度を吸い込むと、、、
パワー面もさる事ながら、ノッキングが出やすくエンジンにも良くないので、
エアクリをエンジンルーム外にして、外気温度で吸気出来れば温度差は一目瞭然!!

現状はダクトをエアクリ前まで引っ張って小対策。

左ブレーキ、右エアクリ。

エアクリは左バンパー奥に移動70φパイプで製作、エアクリも囲われタイプに変更。









ギリギリ。

切って穴開けたり、当たるので削ったり小加工。
70φロング配管では、吸気抵抗になって1.2位しかブーストが上がらずしっぱい、、、


下回りを覗いてみていると、ふとインタークーラーウォーターポンプが気になり観察していると。
驚愕の事実が、、、

なんとポンプがずーと回ってない!!!

コンピュータセッティングの時も回ってなく、インタークーラーレスでセッティングしてしまった、、、
ショックでヘコミました、、、(悲
パワーFCではチェクランプ点かないのか、壊れているのか?

社長が吸気温度が高すぎると言っていた理由がわかりました、、、
ポンプが回っていればもう少しパワーとトルクは上がると思われます、
自分の確認不足で情けない、、、(涙

気を取り直してとりあえず予備のポンプに交換しようと回してみたら、回りが悪くガーガーゆってる、、、
バラして清掃すごいカス、、、ブラシとベアリング替えたいけど手持ちが無いので注油してこのまま
取り付け、また今度オーバーホールしないと。


70φ配管のしっぱいをふまえて80φで作り直し。

左80φ、右70φ。

80φでは確実にファンシュラウドにパイプが当たるので、凡用薄型ファンを用意お値段もお安い。

厚さがこれだけ違うので大丈夫でしょう。
ノーマルのクソ重い鉄製、前々から軽量化したいと思っていたのでちょうど良かった!!
ノーマルの半分以下で軽軽、フロントが少し軽くなって嬉しい^^


凡用ファン取り付け。
タイラップ的な簡易取り付け方法、、、これはイヤだ。



ステーを購入して切って、穴あけ、フィン保護クッション貼って取り付け。

余裕のクリアランスでいい感じ。

何度も切ったり削ったりでもつかない、、、(汗
アルミ溶接出来ればいいのになぁ~

アールが大きいので小さいアールの鋳物製を1個購入でもつかない、、、
もう1個買えばつくかも、こずかい無くなったのでまた今度挑戦、うまくいきませぬ、、、

とりあえず80φパイプに変更の暫定使用で。

以前から3速のシンクロの調子が悪く、最近ミッション部から異音?
回転に伴ってシャカシャカ音、メタル音だったらイヤなのとオイルポンプ下のOリングが
厚い物が入っているので、気になり出したらバラシて交換と確認しないと気が済まないので、
オイルパンを剥ぐ事に。

オーバーホールキットには厚いOリングしか入っておらず、、、
通路の一部に掛かってる、ココからオイルパンに潰されてさらに狭くなるのが、
気になってしかたない、、、

手前が正規品、奥が厚いやつ、写真じゃわかりにくいけど全然違います!!

正規品に交換、スッキリ、別に変えなくても大丈夫かもしれないけど、サーキットで全開走行だと怖いので不安材料潰しとゆう事で!!



次に全メタル、ジャーナル、クリアランス確認し、まったく問題無くWPCメタルも綺麗な状態で一安心^^

やっと組み上げエンジン回して油圧を確認するも、どんなに回しても油圧計がピクリとも上がらない、、、(汗
今まで何回もやった作業で、変な組み方した記憶は無いしなんで???
油圧計壊れてるのか配管外して見るとオイル来てないです、、、
ストレーナーの取り付け?配管にティシュでも詰まってるのか、Oリングが取り付け時外れたのか、オイルポンプが急に壊れるのも考えにくいし、なんなんでしょうとりあえず撃沈しました、、、(涙
シンクロも壊れてるしセリカが、ムリして走らすんじゃーねっていっるんでしょうね!!

楽しみにしていた第2回みんとも異種交流走行会、どうしても走りたい、、、
通勤車のノアでの参戦も考えたけど、さすがにミニバンでは場違い、嫁さんのポルテならなんとか
大丈夫?
で嫁さんにサーキット走る事を内緒で借りました、この車で大丈夫なのかな???

今回はライン取りの勉強をしようとずーと走っていたので、すみません全然写真撮って無かったです、、、
久々のサーキットとても楽しかったです^^
YBT290さん、デンさんすばらしい内容の走行会で、とても充実した1日を過ごす事ができありがとうございました!!
次回はセリカで参加できる様頑張ります^^


Posted at 2017/07/09 17:38:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月25日 イイね!

☆近況報告?

☆近況報告?
16day前に実家近くのドライブコースにてさくらとセリカ♪

16dayに参加してきました、会場内♪

○はしさん、左ハンドルST185。
輸出用ミラー初めて見ましたカッコイイです!!

○りさん、赤ヘッド元々載っていたかの様な純正っぽさがイイデス!!

きりおさん、バリスフルエアロST202。

タリョウさん

ドモホルンリンクルさん、ピンボケですいません、、、


きむちゃん、フェンダーミラー、ガラス部もちゃんと電動で動くそうです!!
あとオートライト良い物見させていただきました♪

NISAさん、ST205

○のうさん、さりげないこのダクト良いです!!

水冷さん、綺麗なST205.

私のST165.


週末にやっとのこと、ホイル塗装後タイヤを組み付けました、1本2千円のZ1☆245/40-17カチカチひび割れ有り、これ位の物しか買えません、、、(涙

ビフォー

アフター
足元が引き締まりいい感じになりました♪

Posted at 2017/04/25 11:51:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「最近の165状況? http://cvw.jp/b/1180919/41564968/
何シテル?   06/04 17:15
Sです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ST185ラリークロスミッション修理(バラシ編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/15 23:13:09
ST165タービンオーバーホールなど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/20 23:02:46
一式 出庫 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/18 19:20:37

お友達

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
トヨタ セリカ(st165)に乗っています。
ホンダ CBR1000RR ホンダ CBR1000RR
初のSSこれからこいつで楽しみたいと思います^^
トヨタ ノア トヨタ ノア
通勤車ノア4WD
ホンダ NSR250R ホンダ NSR250R
まだ若かった頃,夢中で峠を走っていた大好きなバイクです!

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.