• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

大型Gタイプのブログ一覧

2019年01月17日 イイね!

ミッドにEJ20とか載せたい諸兄姉へ贈るアドバイスその1

ミッドにEJ20とか載せたい諸兄姉へ贈るアドバイスその1「ミッションはGC/GF後期型以降を選ぶべし」


そうすると、最初から車速信号は電気式になってます。

前回でも少し触れましたけど

alt
こっちが中期型の配線図

alt
こっちは後期型の配線図

見れば一目瞭然ですが、車速の電気信号がメーターの外からは来てないんですよね。
つまりは、ヴィヴィオさんと同じタイプで機械式のワイヤーがメーターに繋がって、メーター内で速度信号生成しているタイプです。

フロントにミッションがあればそれで構いませんけど、このパワートレーンをミッドシップにしてしまうと縦置きミッドシップになるわけで、トランスミッションとスピードメーターは最も遠く離れてしまうわけですよ。RRよりも更に遠くに。

電気式なら、ただの配線を延長すればいいだけですが、これが機械式となったらDIYでどうにか出来るようなもんではないです。


で、

幸いにも紅茶号のミッドシップ化で最初に買ったGF1のインプレッサが、たまたま後期型だったので、最初から速度信号は電気式になってました。 今から思えばこれはラッキーでした。 もし、最初に買ったドナーが機械式だったら、そこで余計な時間を使っていたことでしょう。

まぁ、今から考えれば、このスバルのミッションって、車速信号の電気式ー機械式のコンバーションが余裕で可能っぽい事に気が付くんですが、それは今だからこそ分かる事であって、0から全てを調べて知っていかなくてはならなかった当時に、極力未知なる分野ってのは少ないに越した事は無かった。

alt

まぁとにかく、EJのミッドシップをする時、もっとも手っ取り早く安上がりなのは、パワトレーンとハーネスは全て丸ごと移植する事ですし、それで純正メーターも丸ごと使いたければ車速が電気式になってる後期型の方が良いですよっていうお話でした。



というわけで、D型のエンジンハーネスでは車速信号線は存在しないので、適当なコネクタを造ってミッションから直接車速信号線をメーターまで引っ張ってきたら、期待取りすんなり動いてくれました。

やはり昭和枯れススキならぬ昭和枯れスバルの単純な設計は良いですねぇ。


ついでに



他にメーターに表示させたい情報の信号線を抽出しておきます。

とりあえず、今回は水温計・油圧警告・排気温度警告・チェックランプを動くようにしておきました。
後、ターンシグナル左右を将来的に表示させる準備も(こちらはエンジンハーネスからは関係ないので)




ついでに、この情報にどれだけ需要があるのか謎ですが、僕が10年前にネットで探してもこの技を解説してくれてるサイトは何処にも無かったので、我流ですが載せておきます。

この世代のスバルにしか通じないのでしょうけど、エンジンハーネスのコネクタピンを抜く方法です。

せっかく分解できるように出来ているものを、ぶった切って繋ぎ合わせるのって、みすみす純正の信頼性を低下させる行為なので、分解ができればハーネス自作や間引きを高品質にできます。

まぁ、ものすごく時間かかりますが(´・ω・`)

理想のツールに辿りつくまでに、何本も折りましたが。

間引きして自作すると、ハーネスはとても軽量コンパクトになります。

ですが、あまりに膨大に時間がかかるので、今回のEJ20で同じことは多分やりません(´・ω・`)

異種間エンジンスワップのハーネス移植は、少々重かろうが要らないハーネスもいっそに丸ごと持ってきた方が時間も信頼性も無難です。

alt

膨大な配色パターンの配線を入手するのも大変ですしね。




ああ、でも フロントエンジンのミッドシップ化で純正ハーネスを丸ごと持ってくると、多少は齟齬がでます。



その一つがこれ。 O2センサーのハーネスがこんな所にきてしまいました。このまま、これをエキマニのセンサーに接続しようとすると、もれなくこのまわりのハーネスの塊がミッションの上に鎮座する事になります。

じゃぁ、単純に適当な電線で延長するかとなるのですが、配線図を見るとシールド線が使われています。

まぁ、サーキットを走るだけの自作車に、O2センサーハーネスのシールド線の重要度がどれほどのものなのかは素人の自分には分かりませんが、悪影響がどれほどかも分からない以上は、極力は純正通りにいきたいわけです。

ですが、昔は備蓄していたシールド線の在庫も、EJ15のハーネス制作の時にほぼ使い尽してしまいました。(当時このハーネス材料を買っていた通販サイトは既に閉鎖)

うーん・・・どうしよう


あ、そうだ!(・∀・)




この中から見つけましょう。

この中古ハーネスは、元々エンジンと一緒に買ったものなのですが(というか、ハーネス・ECU付ってことで買ったもの)、需要な部分が切除されていて、まったく使い物にならず、コネクタ類の部品取りとして余生を過ごしているストックです。

室内側のハーネスがまるで足りて無かったガラクタですが、エンジン回りのハーネスはあったはずなので、ここにはO2センサー周りの配線は丸ごとあるはず・・・




コネクタはすぐ見つかったので、そこから収束していたるハーネスをバラバラにしてゆき・・・



(コネクタと配線を)獲ったどーーーーーー








あとは、この純正の配線をそのまま流用して延長コードを制作し、ようやくO2センサーの信号がECUに辿りつく事ができました。

ついでに排気温度センサーのハーネスも持って来れるんですが、現時点で排気温度センサーが無いので、今回は省略です。(笑)


以上。

気が向いたら、その2を書く事もあるかもしれません。


Posted at 2019/01/18 00:15:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2019年01月02日 イイね!

平成最後のあけおめことよろ

平成最後のあけおめことよろあけましておめでとうございます。
平成最後の初詣に行ってまいりました。

10年前くらいに「大渋滞でごった返す一月一日の内宮の初詣も、日付変更直前くらいに来たら空いてんじゃね?」と思って、その当時に来た時はまさに穴場の大正解で、人もまばらで話し声も静か、とても厳かな雰囲気の中での初詣ができたのですが、遷宮あたりを境に状況は一変し、今回に至っては遂に深夜12時を過ぎてるのに赤福の売店に購買列ができているという異常事態が生まれていました。

みんな平成最後というパワーワードに惹かれているのでしょうか。

赤福の店員に「何時までやるんですか?」と聞いたら、「この商品が無くなるまでやります」と後ろに山と積まれた赤福を振り返り応えてくれました。
途方も無い量に見えましたが、それすらも二時くらいには無くなるだろうというのですから、いったいこの会社は今日一日で年間売り上げの何%を売り上げるのでしょうか。

さて内宮に入ってからは、いつものように正宮と荒祭宮に参拝をするのですが、正宮の参拝時に そういえば大学の卒業式でこの塀の向こうに入ったのがもう13年も前になるのだなぁと思って、少し感慨深くなりました。(といっても平成18年の事なのでその時の正宮は式年遷宮で消失してますが)
あの日の卒業式、僕は前日の晩は一人卒業旅行で島根におり、夜通し走って出雲大社から伊勢神宮のはしごをしていたのでした。ヴィヴィオで。

まさかその時から13年経っても、同一個体のヴィヴィオで遊んでるとは当時は思ってなかったですが....
その時の事を、このブログ一番初期の頃に書いていて、読んでみるとまるで昨日の事のように....
https://minkara.carview.co.jp/userid/134612/blog/1496004/


そんな事を思ったものですから、いつもはありきたりな願望しか祈らない荒祭宮で、ずいぶん具体的な事を天照大神にお願いしてみました

即ち、あのバカみたいな危険な車になったヴィヴィオのシェイクダウンでクラッシュしませんように

と。

人生初のドッカンターボ車が、自作のMR車ってのはいくらなんでも危険な臭いがぷんぷんします。

そんなわけで、深夜の神宮参拝の帰りに決まって立寄る伊勢のなか卯から、新年のご挨拶をお送り致しました。

今年もどうぞよろしくお願いします。


















Posted at 2019/01/02 02:02:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年12月01日 イイね!

メータースワップ 世代とグレードを越えて

メータースワップ  世代とグレードを越えて

















地味な作業シリーズ その2


紅茶号プロトタイプ Ver1に使っていたエンジンのドナーはE-GF1という形式で、分かりやすくいうと1500cc NA SOHC のEJ15が搭載されてました。

そのメーターがこれ

alt

初代インプレッサ後期の1500ccに乗ってた人にとっては馴染み深いメーターでしょう。




前々からこんなメーターをヤフオクで見つけてゲッチュしてたんです。

alt

前途したGF1と同世代のWRX STiのメーターです。
世のスポーツカーがそうであるように(前に持ってたボクスターもそうだった)、タコメーターが真ん中にきているレーシング仕様です。

何故、この二つのメーターが同世代かと解るかというと・・・

alt

alt


メーター裏のコネクタ形状がまったく同じだから


これをヤフオクで見つけて密かにゲットしていたのです。



落札直後にこのメーターをポン付けで付けてみたんですが・・・

メーターはまったく動きませんでした。

まぁ、それも当然です。

なにしろ

alt

alt

コネクタが一緒なだけで、各信号線のレイアウトはまるで違いました(;´∀`)


なので、このメーターをEJ15時代の紅茶号に付けようと思ったら、配線を思いっきり弄らないといけませんでした。

ですが、見た目だけの事にそんな時間のかかる事をしたくなかったので、STIメーターは採用を見送っていたのでした。




満を持してSTIのエンジンになった紅茶号

ついにSTIメーターが日の目を見ると時!!

・・・と思ったら

alt

形式は同じE-GC8なのに世代が1個古くてメーターがまるで別物!(゚Д゚;)



スバルんなんでこんなことするん。(´・ω・`)  ヴィヴィオの時はもっと共通だったよ?



・・・で、このメーター以外持ってないし、しょうがないので・・・
(あと、多分スピードメーターの構造がこっちの世代のメーターの方が都合が良い)

alt



これまで使っていたNAのメーターのメーターハーネスはそのままに、

メーター本体だけその世代のSTIメーターに替えて、

それを世代の違うこのGC8のハーネスに繋げるという

作業に乗りだしました。

97年型GF1の配線図と同GC8の配線図と、そして96年型GC8の配線図の三枚を睨めっこしながら、配線を繋ぎかえる所業に頭がフットーしそうだよおっっ

最初 GF1とGC8で同形状コネクタでも全く違う信号位置に翻弄されて、回転数の配線と速度の配線取り違えてたし

それもそうか GF1は真ん中に速度計があるけど、GC8は真ん中はタコだもんなぁ...

そしてまったく別物な96年型....


正直、メーターハーネスは別に用意すべきでした。 GC8にGF1のメーターハーネス繋げてるせいで、ただでさえややこしい世代間スワップが、余計ややこしく。(;´Д`)
まぁ、時間も無かったし、そもそもそんな都合よく、この世代のこのSTIメーターのハーネスが手に入るかどうか分かりませんし、、、


alt


あと、最初のEJ15のハーネスは僕が1年以上の歳月をそそいで造ったオリジナルで、形を壊したくなかったので、最初のEJ15仕様にいつでも戻せるようにコネクタを別に造りました。(今回のEJ20スワップで、部品取りのハーネスが1台分あるので)


この時に蓄えたノウハウで、ハーネスコネクタの分解はもう朝飯前ですし。(ただしこの時代のスバルハーネスに限る)









なんとか動いた....




とりあえず、タコしか動かせてないんですが、他の配線もだいたいわかったので、あとは速度と水温と、それとターンシグナルくらいは動くようにします。(´・ω・`)
Posted at 2018/12/01 22:53:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月29日 イイね!

地味な作業シリーズ 流用アクセルワイヤー加工

地味な作業シリーズ   流用アクセルワイヤー加工次にブログを書くのはシェイクダウンだと思っていたら

もはや今年中には無理となったので、たいしたネタでも無いけど、ヴィヴィオへのEJ20コンバートで必要になった地味な作業の事を書いてみます。

まずはアクセルケーブル。

alt


alt


先春の走行会で千切れたアクセルケーブル、一応先端を切って手直してみたんですが、EJ20はEJ15より必要なケーブル長が長く足りませんでした。なので今回は改めてアクセルケーブルを買い直したんでんですが(サンバー)
やっぱりケーブルの引っ張りしろ(?)が足りなくて、これでは常時ハーフスロットル状態になってしまうので加工で何とかならないかやってみる所存(´・_・`)

EJ15の時は、アクセルケーブルは加工しなくても、ほぼそのまま使えました。
むしろ、ペダル側を下手にヴィヴィオ用に加工してしまったのが蛇足で、そのせいであの走行会の失態を引き起こしてしまいました。(ケーブルがちぎれたのではなく、先端の鉛玉がぶっとんだんです)

今回解ったのが、サンバーの純正状態のままで、ヴィヴィオのペダルに取り付けても大丈夫でしたので、これで強度も信頼度も大幅アップ。何しろ純正ですからね(笑)

しかし、前途した通りEJ15ならそのままの引っ張りしろで使えたのですが、EJ20ではスロットルからインマニ上の固定台までの長さがまったく違った為に使えませんでした。

その為、この引っ張り代を伸ばす加工をしてみるとす。

もしダメなら、ケーブル屋さん探して特注に_:(´ཀ`」 ∠):

alt



alt


alt


alt


この加工、わりと握力が死ぬ。 コツつかむまで大変だった・・・








加工に成功したので、自走でガレージのお外に出ることができました。やったね。(;´∀`)



とまぁ、こういう地味な作業ばかりです。(´・ω・`)ノ




余談


北の街では哀しみを暖炉で燃やし始める頃なので
こちらも今年初のストーブオン




なお、ストーブの横に見える一斗缶は、アセトンなどの有機溶剤です(´・_・`)


Posted at 2018/11/29 22:12:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月17日 イイね!

久しぶりに紙の本を買う

久しぶりに紙の本を買う一年以上ぶりに 本屋で本を買った。
それだけぶりな事が分かったのは、ポイントカードに記載の前回購入日(だからポイントは消失していた)



そんな、もう電子書籍以外買わない僕が紙の本を久方ぶりに買った理由は表紙を見れば一目瞭然。

ノーチラスのF川さんの、2010年代の作品の中で代表作であり、僕の車自作活動史において語らずにはいられない某劇画車の今の姿が掲載されていたから。




その記載された文面にちょっと思うところがないでも無いが、こういう世界がこの日本にあるっていうのが次世代の車好きに伝われば良いな思う限り。





10年前に偶然買った某雑誌で、まさにフレームが作られている最中のこの企画に出会った僕のように。



当時はグループBマシンの資料集めしてたので、この雑誌も↓の見開き写真目当てで買って帰って読んでたら、件の企画に出会ったのでした。

Posted at 2018/11/17 23:37:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@まー氏。@ぺた×2 もうなんかどうでもいいですわー もともと公開ブログなので、友達登録ってそれほど重要な意味も無いですし。非公開は他所でやってるし」
何シテル?   01/18 01:21
人生とは前向きに生きていくしかないが、後ろ向きにしか理解できないものである。 そんな人生送ってます。 名前が微妙にころころ変わりますが、基本的な名前は”...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

スバル ヴィヴィオ 紅茶号 プロトタイプ (スバル ヴィヴィオ)
かつてヴィヴィオ T-topと呼ばれていたもの。 学生時代に共にあり、日本全国津々浦々 ...
スバル ヴィヴィオ 紅茶号 (スバル ヴィヴィオ)
人生で初めて買った自分の車です。 学生時代、常に共にあった車です。 この車で北海道に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.