• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

えぼしんのブログ一覧

2018年05月22日 イイね!

T.O.A練習会のご案内


2018年6月16日(土)、筑波ジムカーナ場でT.O.A.ジムカーナ練習会を開催します!

初級者から上級者まで、筑波ジムカーナ場を思い切り走りたいという方なら大歓迎です。 初心者の方もわからないことがあったら気軽にお声がけください。

●日時:2018年6月16日(土) 6時30分ゲートオープン

●場所:筑波ジムカーナ場

●午前、午後別のコースを設定致します。コースはジムカーナの基本に沿ったT.O.Aオリジナルのコース設定を行います。

●参加費:10,000円
※参加費は事前に振込でお願い致します (振込先は申込いただいた方にTOAより御連絡致します。)
※半日のみご参加の場合には5,000円
※女性特典として参加費全日8,000円、半日4,000円とします。
※オイル汚損その他施設、車両等を損傷させた方には実費費用のご負担をお願いします。

●走行台数:約30台を目安に募集致します。

●申込み方法
参加希望者はお知り合いのT.O.Aメンバーまでご連絡ください。T.O.Aメンバーがブログ等でも告知しますので、そちらにメッセージいただく方法でも参加受付可能です。申込期限迄にお振込み確認後、T.O.Aからの正式受理通知をもって申込完了とさせて頂きます。なお、口頭でご参加の意向を頂いる方につきましてもご入金確認後のT.O.Aからの正式受理通知をもって参加申込完了とさせていただきます。

●申込締切:6月7日(木)

宜しくお願い致します!

Team Overall

Posted at 2018/05/22 17:32:00 | コメント(0) | トラックバック(2) | ジムカーナ練習会 | 日記
2018年05月07日 イイね!

2018.5.4~6 チャンピオン戦@柿崎で前々日から勘違いしてきました

T.O.A.メンバーの発案で柿崎には前々日PMのフリー走行から走る事になりました。

NT4の参加者はりんさん、たなかさん、リーダー、たかさん、もり君、私の6名。

私としては今回が3度目の挑戦なのですが、コース内の島の位置や形が今一つ覚えきれず不安要素解消の為の参加でした。

走行開始が遅いので朝7時に赤城高原SAでリーダーと待ち合わせをして、同じような仕様の低燃費車の為90km/h巡航でのんびり現地へ向かいました。

予報では雨で最悪の場合走行を見合わせる事も考えていたのですが、走行に支障をきたす程の雨は降らずに済みました。

走行するコースはシリーズ戦で使う予定のコースらしく、1分15秒前後のロングコースでした。

島がたくさんあり入口を見失うパターンで、結構な割合でミスコースしてしまいました。

苦手意識ばかりが増す中で、トップのリーダーからは1.4秒遅れで前々日練を終了。

夜は宿の1階にある食堂で解析をしながら楽しい食事でした。

部屋に戻って動画を何度も見て島のイメージを頭に焼き付けたつもりでした。


そして前日練。

AMは2本の走行で、心配していたミスコースは無くトップのリーダーからはコンマ6秒。

PMの1本目も走りはぬるかったもののコースは頭に入っていて、この時点でトップのりんさんからコンマ6秒の2番手タイム。

明日に繋げる為の最終走行4本目。

ぬるかったと指摘された箇所をしっかり踏めてインフィールドから外周に向かう所で進路を見失いそれでも余計な所で踏んでしまってコースアウト。

コースは覚えたのに島の形状をしっかり把握できず迷いが生じ踏みたい場所でなかなか踏めない。

アナウンスで盛り上げて頂きながらラストゼッケンでミスコースと、どうしていいのか分からない自分に対する苛立ちを抑えきれませんでした。

コース攻略なんて考える余裕も無く記憶を辿ってなりでしか走れないと半ば諦めかけてた自分に対して、行動を共にしている皆さんに色々と声を掛けて頂いて感謝の言葉もありませんでした。

今までの自分はある程度の事が出来るようになっていたと錯覚していたようです。

こんなに脆かったのかと、改めて勘違いしていた事に気付かせて貰えた今回の遠征でした。

周りからはポイントリーダーと弄られながらも、自分は完全に挑戦者なんだという気持ちになれました。

そこからは気持ちを切り替えてりんさんが用意して下さった宴会場(居酒屋)で皆さんの話を聞きながら、そして弄られながら楽しく勉強させて頂けました。

変なプレッシャーから解放されて楽しみにしていた料理を頂き、遠征では恒例となっているたなかさんが酔い潰れて行く姿がとても滑稽でした。

後が無くなった前夜は時間をかけてコース図を眺めたり動画を見ながら走った記憶を頼りに島の位置や形状を覚える事に集中しました。

コースが一瞬飛んでしまっても軌道修正のきくパイロンコースと違って、島をグルグル回すようなサーキットコースでは即ミスコースに繋がるので、知らず知らずのうちにプレッシャーを感じてしまうようです。

皆さんに覚えるコツや考え方など色々アドバイスを頂き、不安は抱えながらもどうにか頑張ろうという気持ちになりました。


明けて本番当日。

早めに会場に入り準備を済ませ、少しでも早くコース図に目を通し覚える事に集中しました。

カメラで撮影しながら気合の入った慣熟歩行では、一生懸命に間違ったコースを歩いていた事を後から動画を見て知りました。

頭の中でコースを修正して落ち着いた気持ちで臨めた1ヒート目。

パドックからそろそろ出ようかという時におかぽん号がフロントを破損しながら戻って来ました。

詳しい話は聞けずそのままスタート位置に向かいました。

走り出せばやはり部分的に自信が無く探りながらになってしまいましたが、どうにかまとめて暫定3位。

パドックに戻っておかぽん号の確認に。

するとヘアピンでブレーキロックからのコースアウトで土手に乗り上げたそうです。

インタークーラーやオイルクーラーが押されてホースはつぶれ、結構なダメージでしたがタイヤの干渉やオイル漏れなどが無ければ応急で直してどうにか走れそう。

おかぽん君は不安そうですが走りたい気持ちだけはある様子。

とりあえずバンパー外して押された部分は力いっぱい引っ張って戻し干渉しない事を確認して、細かな箇所はタイラップ職人のもり君が処置をしてどうにか走れることになりました。

突然柿崎に現れた(株)田中万力工業、略して「たなまん」恐るべし。

そして、それをサポートした「もり鈑金」も侮れない。

そんな事を話していたらあっという間に時間が過ぎて2ヒート目。

練習の時からたかさんに指摘されていた事、りんさんに教えて頂いたライン、たなかさんの踏むポイントなど全部見習い、間違っていいから覚えたと思ったコースを踏めるだけ踏んで走りました。

もちろん、踏める車を作ってもらえたのもリーダーのおかげですし。





1本目から誰にも抜かれなかったたなかさんのトップタイムを0.03秒抜いて逆転する事が出来ました。

ゴールしてよく分からなかったのですが、拍手で迎えてくれたたかさん達の姿を見てやっと状況が把握できました。

パドックに戻るまでに足は震えて自然と目頭が熱くなり、何かからやっと解放された感じでした。

勝った喜びも大きいですが、間違わないコースをちゃんと踏めたことが本当に嬉しかったのはジムカーナを始めて初めての事かもしれません。

トラウマになりそうだった柿崎が、来年もまた来たいと思えるコースになりました。

周りの方々からはまだまだ吸収する事はたくさんあるので、これからも遠慮せずどんどん勉強して行きたいと思います。

もちろん、自分も持っている情報の出し惜しみは無いですし。

誰が勝ってもおかしくないタイム差で優勝が出来たのは本当に運が良かったです。

他のクラスでも僅差の戦いがあって、アナウンスの方も実況が大変だったと思います。

大会に関わった全ての方々2日間、一部の方は3日間、本当にお疲れ様でした。

ヒグじぃさん、今回も撮影して頂き有難うございました。


また来年も柿崎で熱い走りができるようにこれからも精進したいと思います。


3日間の余韻に浸ったあとは、リーダー、もり君、おかぽん君と4台連なって90km/h巡航でゆっくり帰りました。

色々な事がぎっしりと詰まった、思い出に残る最高の3日間でした。
Posted at 2018/05/07 23:09:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2018年05月02日 イイね!

2018.4.28~29 ビ筑に前日から行ってきました

前日練はMAX70台に近いエントラントで大盛況でした。

なかなか踏ませて貰えないストレスの溜まるコースでしたが、どうにかまとめる事が出来ました。




恒例になっているおかぽん君による車載。




帰宅してから急遽入った仕事を片付けて、翌日の本戦に無事参加する事が出来ました。



本番当日、ジムカーナ場ではビ筑初の100台越えとなる109台のエントリー。



慣熟走行はなかなかリズムが掴めず。

1ヒート目は操作に集中し過ぎて迷い無くMC。

公式戦ならここで終わりですが、そこはビ筑の良い所。

開き直って走ったら四駆の有利さを生かしてどうにかオーバーオール。




コースを探り探りなので操作が遅れて各所でオーバーラン気味。

ボトムを落とさず走れたのと、大きなミスをしなかったのでどうにかたかさんには勝てました。

最近常設コースばかり走っていたので覚える感覚も鈍っていたようで、走る事だけに集中できなかった事も柿崎では対策しないといけないようです。

課題を多く残してしまいましたが、帰りの反省会では鷹の目さんとhiroさんの凄さに圧倒されて走りを反省するどころではありませんでした。

あの御二方は日々進化し続けていらっしゃる。

1.5kgに挑まれる日はそう遠くは無いと確信して2日間のイベント全てが終了しました。


オフィシャルの方々、エントラントの皆さん、2日間大変お疲れ様でした!

柿崎では悔いの無いように全力で挑んできたいと思います!!

Posted at 2018/05/02 23:18:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2018年04月15日 イイね!

2018.4.14 ICCフリーに行ってきました

先週ASLの開幕戦の反省と、8月のチャンピオン戦ICCラウンドに向けて(早過ぎる気はしますが)Y.M.君とフリーに行ってきました。

地区戦がもてぎマルチで行われるので台数は少ないとの予想が的中し、12台の走行でお腹いっぱい走れました。

タイヤは3シーズン前の71Rで慣らした後は転がし用のZⅢで走行しました。

本番を意識したというよりは、どんなタイヤでも対応した走りをする事と特殊な路面の癖を感じ取る事に集中して走りました。

走行機会の少ないY.M.君は慣れない路面に戸惑いながらも次第に走りがまとまってきていました。

操作にばらつきはあるものの、順応力は流石だと感じました。

台数が少ない事と気温が低く車に優しい条件だったので自分のペースで色々と試す事が出来ました。

AMは年間固定のAコース、PMからは上下段を行き来する公式戦を意識したコース設定をしてくださいました。



攻撃性の高い路面でなかなか本番タイヤでは走れませんが、定期的に通って路面には慣れておかなければいけないようです。

好感触で走行を終えたY.M.君と帰りには遠回りになりましたが、ぐっさんの大好きな、そしてhiroさんが勝負を挑み続けているあのお店でガッツリ食べて閉店まで語り解散となりました。

Y.M.君、遠いところお疲れ様でした!



Posted at 2018/04/15 22:06:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月10日 イイね!

2018.4.7~8 チャンピオン戦Rd.1@ASLに前日から行ってきました

事前の平日フリーが好感触だったので、今年はストレス無く高速セクションも走れる状態で開幕戦を迎える事ができました。

今年仕様の車は、吸排気の変更、僅かながらブーストアップ、壊れない為のECU現車合わせ。

御世話になったのはリーダーに紹介して頂いたリコーセイさんと言うショップです。

車が乗り易くなる事を自分の事のように喜んでくれたリーダーには感謝しかありません。

本当に有難うございました。

なので、2年間休んでいましたが一昨々年誰も敵わずブッチギリのチャンピオンだったリーダーに勝負を楽しんで貰えるようにと腕を磨き、車に手を入れ開幕に臨んだ訳でした。



前日練習。

前々日までの予報では雨でしたが、前日には予報は晴れに変わりドライで走れました。

1、2本目だけを本番と想定し十分に集中し、裏履きした245の練習タイヤではありましたが納得の走りができました。

1日のベストはPMになって本番用の255で2本目の走行でした。



オフィシャルの方々の御尽力で6本も走行する事が出来ました。

途中ATランサーさんがいらっしゃって無言のプレッシャーをかけて頂いたのは言うまでもありません。

走行の後はリーダー、たかさん、たなかさん、もり君と、5人でいつものTJミーティングでした。

毎年ブログで同じ事を書いていますが、たなかさんはひたすらビールを飲み続けて終始笑顔でした。

今年はどんな忘れ物をしてくれるのかと皆で期待していましたが、今年は何も起こらず、たなかさんの成長ぶりを窺う事が出来ました。

宿に帰る頃には雨が降っていて翌朝の路面コンディションが心配でしたが、夜が明けると天気は回復していて一安心でした。



そして本番当日。

リーダーの奥様も前日夜から合流し一緒に会場入りしました。

そう言えば今年のたなかさん、忘れ物は無かったかと聞かれ「思い出を忘れた」と仰っていました。

恐らく、呑み過ぎて記憶を失くしたと言いたかったのだと思います。

会場では前日練と違って、少し緊張感のある雰囲気を久々に感じました。



コースは前日と違い、目標物の無いラインで大きく走らせたりフリーターンが追加されたりと、慣熟歩行ではイメージを作りづらい感じでした。

それに加えていつも同じコースで練習していたのもあって、久々の公式戦でコースを覚える感覚が鈍ってしまってました。

予想通りMCまがいの1本目。



島を右回りからの立ち上がり、一瞬コースが飛びましたがアクセル緩めず軌道修正。

排水口に向かってオーバースピードなどそこからは完全にリズムを崩してしまいましたが、暫定2番手。

あと1秒は詰められる予想でした。

さらに別の場所でMCまがいの2本目。



排水口から規制パイロンの外に向かって行こうとして慌てて車を戻しどうにかMCを避けられました。

動画比較でりんさんの2本目と中間まであまり変わらなかったのですが、差がそこでハッキリとついていたのがわかりました。

生憎生タイムではブッチギリのりんさんが最終セクションでPTだったためどうにか優勝する事が出来ました。

とても複雑な気持ちでしたが、昨年のASLでは逆に生タイムで2位以下に2.2秒の差をつけながら最終セクションのPTで優勝を逃したのを思い出し、今回は素直に喜ぶことにしました。

その後の表彰式でなぜ水を掛けられたのか分からないままたかさん、もり君、おかぽん君と、4人で食事をして帰りました。

途中ビックリするようなトラブルがありましたが、詳しくはおかぽん君に聞いて下さい。

前日から撮影して下さったヒグじぃさん、有難うございました。

オフィシャル、エントラントの皆さん、2日間お疲れ様でした。

次はりんさんの地元柿崎で昨年まで全く勝負させて貰えてませんが、今年は少しでも近付けるように頑張ります!!













Posted at 2018/04/10 23:53:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

「@鷹の目さん、 この大所帯での3位おめでとうございます!上を目指す鷹の目さんにとっては悔しいでしょうが、素晴らしいと思います!! 」
何シテル?   05/13 17:30
えぼしんです。公式戦とは縁のない場所で細々と競技を楽しんでいましたが、とある地区戦ドライバーの方々と出会ってからジムカーナに対する真剣度が一気に増加してしまいま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

どなたでも気軽に声をかけてください。
64 人のお友達がいます
simaosimao オデゆきぶんオデゆきぶん
メタルジャンキーメタルジャンキー Ks-XKs-X
りん@エボ6りん@エボ6 おかぽん!おかぽん!

ファン

29 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションVI 三菱 ランサーエボリューションVI
ジムカーナ専用車両です。
ホンダ フリード ホンダ フリード
足車です。
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
この車でジムカーナを始めました。
三菱 GTO 三菱 GTO
とにかく止まらない、曲がらない車でした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.