• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

taketamaのブログ一覧

2018年06月03日 イイね!

スペアタイヤのホイールナットに注意

整備手帳にメモ書きすることが多かったけど、覚書の豆知識をブログ化しておくことにする。

三菱、トヨタ系平座ナットの場合、純正平座ナットはテンパータイヤ(スペアタイヤ)用に取って置く。

平座ナットは純正のハブリングにホイールが丁度ハマって締め付けるようにできているので、純正ホイールには平座ナットで無いとだめだ。
ドレスアップ目的で色がついたテーパーナットなどに交換するのはよろしくない。
また、純正タイヤにスペーサーなど入れるのもハブリングにかからなくなるので危険。
ワイドトレッドスペーサーなど装着する場合はハブリングに丁度差し込めて、丁度のハブリングになっているものでないと危険。

社外ホイールにした場合、テーパーナットに換えるのが普通。
社外品はテーパーナットでホイールセンターを出すようにできているため。
ハブリングでセンター出してテーパーナットで締め付ける場合、ハブリングのセンターとホイールナットのセンターがずれて締め付けられることもあるようだ。



テンパータイヤ(もしくはスペアタイヤ)がある場合は純正ナット対応となっているのでパンクした場合にホイールナットが無いことになってしまう。

ホイール一個分のホイールナットも車載していないと意味が無くなってしまう。

 またクロカンSUV車などに多いスペアタイヤだったとしても、社外ホイールを購入する際、タイヤとホイールを5つ全部変える必要がある。

また、純正車載キットのレンチでは社外ホイールに適合してない場合も多いので、対応ソケットなりを積んでおかないといざという時には役に立たない。

ロックナット付けている人も、ロックナットソケットを積み込んでいないと、いざという時や、タイヤ交換依頼した時に外せない(店によってはマスターレンチで外せたりするけど)ので注意。

スペアタイヤとは純正タイヤと同じサイスのタイヤのことで、テンパータイヤとは、薄型の緊急時のタイヤのことを指す様だ。
一般的にスペアタイヤと言ってしまいがちだと思うけど。


最近の豆知識、まとめ
保険見直し




・ギボシの抜けないカシメ方
(どこで書き込んだか忘れた・・・)
要約すると銅線をカシメる部分を2倍ちょい剥いておいて、折り曲げてからカシメるってこと。
折り返しの部分が抜け止めになるし、しっかりカシメられる。
被覆のほうへ折り曲げて被覆ともにカシメるのはちょっと違う。


後から追記 

さっきちょっと調べていて気になったことがある。

クラッチスタート機能を盗難防止策として隠しスイッチ式にしようかなと思うところあり、それでいて、クランキング移動できるように手元スイッチも併用しつつ、通常状態にも出来るようにしようかなと。
もう一つ課題があって、それも同時に対応出来たらなと。

実際問題、クランキング移動自体は踏切のトラブルに合ったことが無いので使ったこと無いけど、他にもガス欠等で動かさないとだめな場合には使える機能かなと思う。

実際に合ったケースではセルスタートせざるを得ない状況があった。
強化クラッチによる純正レリーズフォークの劣化折れにてクラッチが切れなくなった場合。
それと油圧クラッチフルード漏れの場合。
クラッチが切れなくなったらセルスタート出来ないと移動が困難。
ん?その場合はクラッチペダル踏んだとしてもクラッチ切れてないから、セルスタート出来るか。

調べたとこはそれではなく、押し掛けのこと。
クラッチスタート車自体は、ある年代から義務となっているようだ。
でも押し掛けは大体の車種が出来るみたい。
でも、ミニカは出来なかった。
今までのMT車では押し掛けできるのかをトラブルシューティングとして実行してきたが、ミニカは出来なかった。
ディーゼルのボンゴは出来た。
今までの車も出来たし、フォルティスもこの間試して、出来た。
ヒットしたページにてミニカは燃料噴射しないため押し掛けは出来ないとの記述があった。
他にもあるのかはわからない。
ちょっとだけミニカの残念なところが見つかった。
盗難防止スイッチはミニカでとりあえず実験しようかな。


引っこ抜くだけでセルスタート出来るようになるみたいだけど、窓からエンジンスタートは一度危ない目に合ったことがあるので怖い。
クラッチには安全装置が欲しいかな。
普段からギアを入れて駐車しないけど、リアを上げるときはギアを入れる。
危ない目に合った時もそれをしていたわけで、マフラー交換していて排気漏れ確認しようとエンジンかけたらバックで動き出し、リア側のフェンスに激突してエンスト。
ウマが下敷きになって、フェンスがぐにゃりとへしゃげた。
体には支障なし。
若い時分でアホだったし無かったことにしようと、焦りながらもそのままゴリゴリと前進して、何とかジャッキアップしなおせた。
曲がったフェンス(よくある緑のやつで古くなっている状態の物)はぐりっと曲げなおしたらほとんどダメージはわからなくなった。

なので悪い癖は直しておきたい。
死人が出る。

あと、クランキングでギアが入っていてもすぐにエンストする・・・と思い込んでいると危ない。
過去に乗ってきた車でその辺も試してきたが、トルクの細い車はワンクランキングでエンジンかかりきること無くプスンとエンストする。
進んだとしても50cmくらいか。
掛かりの良い車は結構ツーショック位進んで1mくらい飛び出す。
危ない目に合った車はそれ以上一気に進んだと思う。
トルクのある車は飛び出したまま押し掛け状態でエンジンがかかってしまい、そのまま一速の速度域で衝突するまで進んでしまう。

とりあえず危ない。
自分はそんなこと無いと思っていて、駐車時はニュートラルだと思っていても危ない。
整備に出した後とか、車引き取るときとかにうっかりそのままセル回したりしたときも怖い。
これも経験あるけど、年配の方がちょっと移動したときなんかにギアいれて駐車する癖があったりで、そのあとが怖い。
MT乗るなら、ギアのニュートラルをしっかり左右にシフトを振ってから確かめたいものだ。
ぐにゃぐにゃシフトだと、軽く左右に振ってもニュートラルだと錯覚するくらいのものまであるから、これまた危険。
クラッチ踏みつつニュートラルだと思い込んでクラッチリリースでガックンってのも何度かある。
でも乗り込んでいるのでとりあえず、そのまま進むことはない。
とにかく事故は油断した時に起きてしまうものだ。
油断は禁物。




Posted at 2018/06/03 14:02:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車関連 | クルマ
2018年05月23日 イイね!

トヨタ、アルファード/ヴェルファイア 3万5000台をリコール 駐車ブレーキが作動せず

https://response.jp/article/2018/05/23/310007.html

電動パーキングブレーキはやっぱこうなるか。
ブレーキ制御関係をコンピューターに管理させるようになったらそうなるけど、最終的な非常手段にハンドブレーキは欲しいと思うけどな。(フット式Pブレーキではなく)
ハンドブレーキは助手席からも制御できるわけで、非常時に何とか止まる方向で人間が制御できるわけで。
リコール見るたびに思うけど、出たての新型とか新車に乗って実験台にされるのはやっぱどうかなと思う。

やはり熟成されたモデルであるとか、出てからリコールが出終わった感がある車種であるとか、そういったモデルが安心かなと。

これからは電子化された中古が増えるが、電気的な部分での劣化が出るなら、違う意味合いで中古車は怖くなってくるな。
ま、コンデンサーが壊れたり、リレーが壊れたりってのは今までもある話やけど。

そのうち乗り換えるのは、現行で電動部分が少ない車をチョイスするんやろうな。

どんどん変化する車やけど、教習所も教えずらいやろうし、必須科目が増えてもいい気がする。

Posted at 2018/05/23 21:31:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車関連 | クルマ
2018年05月10日 イイね!

点検ついでに試乗

普段はMT派なので最近のCVTがどんなだか気になって乗ってみました。
以前に初期型アウトランダーPHEVに乗ってました。

全体的にクオリティーが上がっている印象。
自身の高身長からくる不満を除けば何の不満も感じない仕上がりだと思う。
1500ccクラスの維持費で5枚ドア、悪路走破性、先進機能もあり、万能で魅力的。
乗っていてサイズ感、取り回し、パワーフィール、コーナリングなど楽だなという印象が強かった。
キビキビ走る感じではないかな。

時代の変化やけど・・・、やっぱMT採用して硬派なタイプも開発してほしいな。


Posted at 2018/05/10 17:26:36 | コメント(0) | 試乗 | クルマレビュー
2018年03月28日 イイね!

エンジンスワップまでしてみたかった

三菱らしい感じに仕上がっていて、三菱たる癖があり好ましい。
今はミラエボのセダンでもいいな。
エボはやっぱ維持費がね。
コルトも結局は早くとも面白くないってことが維持しなかった部分で、ハイト系はドラポジが決まらず運転していて楽しくないかな。
次の車種はエボ10は試乗しているので、まぁ許容範囲だろう。
勿論ドラポジの改善は必要だろうけど。
Posted at 2018/03/28 00:29:09 | コメント(0) | クルマレビュー
2016年09月10日 イイね!

自賠責は払い損?自賠責保険っていつ使うのか知っていますか?

気になったので検索したものの転載です。

車で事故を起こした場合、任意保険と呼ばれる自動車保険を使って、車を直したり、けが人がいる場合は、相手への保障をしますよね。

実際に事故を起こしたことのある人は経験があると思いますが、事故を起こすと、すぐに加入している任意保険会社に連絡します。

でも、自賠責保険会社に電話したことある人っていませんよね?

車検の時に強制的に加入させられる自賠責保険って、ぶっちゃけ、何なん?いつ、誰が使う保険なん?っていうのが、今回のお題です。



たぶん、自賠責保険について、真面目に調べたことのある人ってほとんどいないんじゃないでしょうか?

結論から言うと、任意保険にはいらないと大変なことになります。自賠責に加入していても・・・です。

自賠責は、対人しか保証しておらず、しかも補償額が低い

自賠責保険は、物損事故に対して、補償しません。あくまで、対人のみの補償となります。

しかも、その補償額も、最大で3000万円(特定の条件下で4000万円)と、メチャクチャ低いんです。万一大事故を起こしたら、場合によっては億単位の補償が必要になりますので、万一任意保険に加入していない場合、人生が終わってしまいます。そして、被害者も泣き寝入りになってしまいます。

さらに、自賠責保険はあくまで人に対してのみ支払われるので、相手が高級車だとか、運搬車等の場合は、自賠責だけだと、そもそも補償すらされません。そして、例え相手が物であっても、先ほど例に上げたような高価な物を補償する事になれば、額も非常に大きくなり、先ほどと同じく億単位で支払わなければならない可能性がありますので、自賠責だけで車を運転するのは、実際リスクが大きすぎます。

実は自賠責保険を使うのは、任意保険会社だった

そう。任意保険会社が使います。

任意保険に加入するときに、申込書と車検証、そして自賠責保険証(の写し)を提出します。

なぜ任意保険の会社に自賠責保険証を提出するのかというと、任意保険会社は、事故処理の際、自賠責保険での補償不足分を、自身の保険会社から支出するからです。

イメージとしてはこんな感じです。

自賠責保険説明

物損事故では自賠責は使われません。先程も説明したとおり、自賠責は対人のみの保険だからです。

自賠責保険は誰が使うのか? まとめ

自賠責保険って、考えようによっては、任意保険会社のためにあるように見えますよね。

だって、自賠責保険の不足分だけを支払うわけですから。保険料は私達が払って、でも、その保険を実際使って費用負担を軽減しているのは、任意保険会社で・・・みたいな。

でも、自賠責の本質は別のところにあります。

自賠責保険の使われ方 一例

加害者が不誠実であったり、金額面で折り合いがつかずに示談が成立しない場合などには、保険金の請求ができません。しかし、このような被害者を保護するために、被害者が損害賠償額(この場合は、保険金とは呼ばずに損害賠償額と呼びます。)を直接、保険会社に支払うよう請求できます。

日本損害保険協会HPより抜粋

つまり、自賠責の本質は、加入者の保護ではなく、被害者の保護です。



自賠責って、実際事故にあっても触れる機会ってあまりありません。

ですが、運転する人間にとっても、そして被害に遭われた人にとっても、とても大事な制度だということは覚えておくと、いつかきっと役に立ちます。
Posted at 2018/05/10 17:48:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車関連 | クルマ

プロフィール

ミラエボを自分でいじるようになってからいろいろ整備をするようになった。 まだまだ知らないことばかり。 過去の書き込みには間違っていることもあると思う。 気...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

愛知の主治医にて、修理中 そして、また、被害報告 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/18 09:12:18
K&N Typhoon Air Intake System(部番:69-6544TS) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/04 04:31:17
坂内工業所 オートストッパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/13 11:30:39

お友達

速度に合った車間距離空けて走行します。
周りにわかるように早めにウインカー出します。
安全のため早めのライト点灯します。

申請いただいても数増やしっぽい人はお断りします。
絡みが無い人はそのうち削除させていただきます。

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャランフォルティス フォルティス(ランサー) (三菱 ギャランフォルティス)
2018.3.9 自分用としては8台目になる。 ウチの車としては通算15台目か。 つい ...
三菱 ミニカ MINIC(ミニック) (三菱 ミニカ)
妻7台目。 車体2万円車検残り7か月でコミコミ8万円。 (ブラボー下取りありで右から左の ...
三菱 ミラージュアスティ ミラエボ (三菱 ミラージュアスティ)
3台目 2014年2月23日個人売買にて旅立ちました。 FTOを買う時点で欲しか ...
マツダ ボンゴバン ボンゴさん(デリカさん) (マツダ ボンゴバン)
2018.2.25 引き渡し完了。 2018.1.28 落札されました。 2017.12 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.