• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブラン・ヒッコリーのブログ一覧

2018年07月31日 イイね!

7月の自転車話

7月の自転車話

7月に入り暑さは増していきますが、あちこち自転車で走っています。










7月1日、ファンライド鏡野の試走。
alt

一緒にエントリーしたみん友さんと二人で、コースの起伏がどれくらいのものなのか事前に確かめて来ました。


順調だったのは前半部分のみ。

後半の登りになると結構きつくて ひぃひぃハァハァ

alt


最後の峠を目前に一人まさかの戦意喪失。

alt


結局、ソロで走破し駐車場に戻って脱落者のピックアップに迎えに行ったり。


しかしその後のランチや温泉で汗を流したりなどコミコミで楽しかったです。

試走してみて、きついけど何とか足切りには合いそうにないな、という自信を得ていました。
しかしながら翌週記録的な豪雨に見舞われ、残念なことに今年の大会は中止に。
来年リベンジです!







7月14日、伊豆半島へ。


そうだ 沼津、行こう。

と思い立ったのが直前の水曜日くらい。
土曜日の宿だけ確保して、金曜日夜に出発して土曜日の早朝に沼津へ。

ドライブ中、最後の休憩にNEOPASA 駿河湾沼津上りに立ち寄り。

alt


今年のコラボも凄いですね。

alt





そして沼津駅でDS4からロードバイクを降ろして、朝7時サイクリングスタート。

alt


alt







今回の目的地の一つがチェレステカフェ


有名選手も立ち寄るという海沿いのサイクリストカフェです。
alt



alt

白い壁には選手らのサインがいっぱい。

内浦に何度か足を運び、その後ロードバイクも乗るようになってからずっと訪れたかったお店です。
(Bianchi乗りとして気になる店名)


そして今回ようやくお邪魔することが出来ました。
alt



時間はたっぷりあったので、気さくなマスターともたくさんお話しすることが出来ました。
沼津を自転車で盛り上げようと働きかけて、道路にサイクリングマークが施されたりバイクラックが設置されたりしているみたいです。

ラブライブ!サンシャイン!!については…「さまさまですよ、だって街に人が歩いているんですから」と。

(ちなみにこのお店は作品とは無関係)
マスター曰く、魚以外何もなかった沼津が脚光を浴びることは有り難いこと。
批判的なことを言っているのは頭の固いおじいさんたちだけですよ、と。
それを聞いて一ファンとしてホッとしました。

西伊豆スカイライン(達磨山)にこれから登る予定だと伝えると、坂バカトークで盛り上がり。
最後に、ボトルいっぱいに氷を詰めて頂くというおもてなしを受けました。


こんな素敵なカフェが地元にもあればいいのに。






いつもの内浦の風景。


alt

※観光案内所です。


alt

※みかん直売所です。


altalt


ここでは店員さんに勧められ、みかんの試食を頂きました。
でもみかんを買ってこれからヒルクライムするのは困難なので、代わりに缶バッジを購入。
alt

こうして、まちあるき缶バッジが少しずつコレクションされていきます。




長井埼中学に立ち寄った後、海岸線を離れて西伊豆スカイラインを目指して県道127号線へ。


真城(さなぎ)峠を越えて、

alt


戸田(へだ)峠。

alt



だるま山高原レストハウスからの眺望。

alt

真ん中に淡島、その手前に長井崎中学校が見えます。
しかし、こんなに晴れているのに富士山は拝めず…。


息を整えていざ、西伊豆スカイラインを縦走。


alt


絶景サイクリング。

alt

この日、バイクが多かったです。(自転車は他に見かけませんでしたが…)




目的地の一つ、土肥駐車場。

alt

ラブライブ!サンシャイン!!二期 10話「シャイニーを探して」より。
鞠莉が運転するVW TypeⅡで夜中に訪れた場所。
北から南下だと、ちょうど下っている最中に立ち寄る形になりました。


そうこうしているうちに西伊豆ラインを走破。

ここまでは「辛い」と「楽しい」のバランスが拮抗していました。
何といっても景色が最高ですから。
ここから先、136号線を東へ行けばよかった…。


欲が出て、ソフトクリームを求めてそのまま411号線を南下。
また容赦なく続く登り。


暑い…。

日陰が無い(直射日光ガンガン)。

景色が良くない(見晴らし良いところ無し)。

すれ違うバイクもクルマも激減。
西伊豆スカイラインからずっと自販機が一つもない。

ラスト、仁科峠までのわずか数kmがこれまでにないくらい辛かった…。



それを過ぎればご褒美タイム。

西天城高原 牧場の家 で、少し遅めのランチ。

alt

西伊豆ご当地・塩カツオうどん。


alt

牧場に来たらお約束のソフトクリーム。


炎天下の真夏日に、ここまで自転車で走破した!という達成感が半端なかったです(自己満足)。

その後、約13km以上ゆるやかに続く県道59号の坂道を下って修善寺方面へ。



伊豆長岡駅。

alt

今年1月の時と比べると、駅舎ラッピングがすこし大人しめに…。

(↓参考写真 1月に撮影)

alt





駅からちょっと北に行ったところにある踏切。

alt

駅舎と同じくココも「HAPPY PARTY TRAIN」のMVにでてくる場所です。
こういう何の変哲もない場所にわざわざ行くのが、まさしく聖地巡礼って感じ。


alt


alt

旅の締めくくりとして、伊豆箱根鉄道 渾身のフルラッピング列車もばっちり見れました。



この日のログ。(チェレステカフェからの分)

alt


沼津巡礼は今回で通算6回目。
また近いうちに遊びに行きたいです。







7月21日夜、初めてのレース参戦。
ミッドナイトエンデューロin岡山国際サーキット


もともと、レースなど競技っぽいものには興味がありませんでした。
しかし知り合いに誘われて、3人チームで4時間耐久のクラスにエントリーすることに。



alt


alt

スタートは21時。
ひとり3周毎で交代という作戦でした。


投光器がバンバン焚かれた夜中のサーキットを、自転車で走るという非日常体験は楽しかったです。
真夏でも夜だと涼しいですし気持ちよかったです(シャカリキにペダルを回すので汗だくになりますが)

alt


alt



夜中1時にレースが終わって表彰式があって、解散したのは3時。
それからクルマで移動して二時間ほど仮眠。






翌日、7月22日は蒜山高原にてオフ会に参加

(ここ重要! このブログにおいて貴重なみんカラ要素です。)

alt

山陽欧米という名の、もはやジンギスカン食べ放題の会。

alt



食後は、ブルーベリーソフトを求めてサイクリング。

先日、ヒルクライムで心が折れていたみん友さんを「今日は往復20数kmだけのコースですよー」と騙して

alt

alt

往路10kmはずっと登り。
走り応えがありました←

alt


サイクリングに付き合ってくれたShin.Nさん、ありがとうございます!




気持ち良くかるーくサイクリングするって楽しいですが、こうして暑い中、滝のような汗を流すのも楽しいです。

(ロードバイクの醍醐味のひとつ、ヒルクライムに目覚めてから特に)


これからもドライブとサイクリングをエンジョイしていきたいと思います。

Posted at 2018/07/31 21:39:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードバイク | 日記
2018年07月24日 イイね!

AqoursとTRUE

AqoursとTRUE

先月に引き続き、7月も2つのライブへ。











ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~
福岡公演
Day.2 2018年7月8日(日) 開場15:00/開演16:00
マリンメッセ福岡

先月参加した同じライブツアーの最終公演となる福岡公演に行って来ました。

ちょうど大阪公演に参加した当日、チケット当選のメールが入り、すぐさま入金。
実は大阪公演だけでは不完全燃焼なところがあったので「これは行くしかない!」と。




しかし、楽しみにしていたライブの週末を迎えると記録的な豪雨…。
ラブライブ!遠征で記録的な悪天候と聞いて思い出すのは、2014年のさいたまスーパーアリーナ

alt
この時は大変な思いをしました。(ライブ体験やみん友さんと遊べたのはとっても良かったですが)





今回、チケットが当選し参加したのは日曜日。
運休となっていた土曜日と違い、この日は朝から新幹線だけは動いてました。


新幹線で博多に着くと同時にラーメン。
alt


alt

せっかくなので2軒食べ比べしました。


alt


キャナルシティや川端通商店街を散策など少し観光っぽいこともしてみたり。





会場のマリンメッセ福岡。

alt


発表されたばかりだった劇場版のポスターもズラリ。
alt




エントランスには、アリーナ席の座席表が掲示されていました。

alt

こういう会場レイアウトの掲示って珍しいのでは。
今回は35列目40番台、かなりセンターステージ寄りでラッキーでした。




前回は土曜日公演に参加して、今回は日曜日公演。
そのためセットリストが若干異なって、ソロ曲全員分を聞くことが出来ました。



さらに初披露の曲もいくつか。

楽しみだった「キセキヒカル」

作詞: 畑 亜貴 作曲:加藤 達也

6月に発売したばかりの二期Blu-ray最終巻の特典曲。
最初、この曲の情報を見たときに劇伴担当の加藤氏の名前があり、珍しいなーと思ってました。
曲を聞いたら、なるほど、OST「起こそうキセキを!」など何度も作中で流れアニメ二期を象徴するメロディじゃないですか。

これをライブでパフォーマンスしてくれました。
しかも席から近いセンターステージだったので、エモい振り付けと共にキャストの表情も良く見れました。


「ホップ・ステップ・ワーイ!」
これも「Aqours CLUB CD SET 2018」として6月末に発売されたばかり。
ファンミのためのライブ受けする曲って感じですが、今年度のファンミはユニット3人組で開催されるので9人Ver.披露はレアになるかも。

「勇気はどこに?君の胸に!」(11話の合唱ver.)
二期11話で流れた特殊エンディングをライブで再現、しかもフルで。
TVで観た時に演出と相まって感動しましたが、ライブとなるとやっぱり鳥肌モノ。


感動したといえば、全6公演すべて成功させた「MIRACLE WAVE」
千秋楽となった今回はこの曲の後、あんちゃんが涙ぐんでいました。
照れ隠しでドヤ顔をするのがまた可愛かったです。





今回の幕間アニメ。
花丸「国木田花丸は自由の女神である。〇か✕か」
「答えは✕ずらー。花丸は自由の花丸ずらー。どこにいても花丸は花丸。

沼津にいれば沼津の花丸。博多にいれば博多はなま(ry




終演は20時。
前回参加した大阪公演より30分近く長かったです。

alt



帰りの新幹線の時刻が迫っているので、メンバーの姿が壇上から消えると同時に退場。
博多駅までは駆け足でした。

alt
遠征らしく晩御飯は駅弁。


「4thライブ、ファンミ、劇場版と駆け抜けていきますが、Aqoursはまだまだ終わりません!勝手なこと言ってるけど(笑)」
と最後のMCでりきゃこが言ってました。
スパンが短くポンポンとイベントが行われるので、ファンとしては嬉しいです。しかし、゛生き急いでいる感”がハンパない…。


これからも全力で追いかけて行きます!







翌週、地元関西でTRUEのライブへ。
alt



TRUE TOURS 2018 ~Lonely Queen’s Liberation Party~
7月15日(日)
大阪・umeda TRAD 開場16:30/開演17:30



この日は、ちょうどTRUEこと唐沢美帆さんの誕生日。

alt


整理番号は210番台で、前から5,6列目あたりへ。




新しいアルバム曲だけかと思いきや、早々に櫻子さんの曲が来てテンション上がりました。



MCでは…
前日の京都公演で、ハンバーグもといベーシスト・二村さんが運転するレンタカーでインキーをしてしまいJAFのお世話になった話で盛り上がったんだとか。
それをTRUEさんが小馬鹿にしていたところ…


今度はTRUEさんが、その日の夜にビジネスホテルでインキーして廊下に締め出される事件が。
二村さん「こんな綺麗なブーメラン見たことない」ドヤァ



アンコールではヴァイオレットOP曲「Sincerely」でしんみりした後に、商魂たくましくグッズ紹介←

「しんみりしたままライブが終わったららしくないよね!ラストは盛り上がりましょう!」
で、「DREAM SOLISTER」のイントロが始まったと思いきや、変に間延びして"Happy Birthday to You"のメロディに。

このタイミングで誕生日をお祝いするサプライズでした。
まさか最後の最後のここで?という意外性から観客はもちろん、TRUEさんも流石に驚いていた様子。
立派なケーキが出てきたり、バンマス岩田さんからキュウリ一本が綺麗なギフトラッピングで渡され(あてつけのように)その場でかじったり。


「こうして今ステージに立たたせてもらっていることが奇跡。毎回、このライブを最後に倒れてしまってもいい、という思いでやっている」
というように、とっても熱く盛り上がって最終的に汗だくになったライブでした。


Posted at 2018/07/24 22:43:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | ライブ | 日記

プロフィール

「返信遅くなりました…
スチームパンク&スパイ物、面白いてすよね(*´ω`*)
TV2期は今のところなく、劇場版6部作が続編になりますね@チョコやん」
何シテル?   10/14 16:37
レヴォーグに乗っています。 HNは、前の愛車がDS4 brun hickory (ブランヒッコリー)だったから。 ロングドライブが楽しいので、行動範囲は...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
2223 2425262728
2930 31    

リンク・クリップ

買い物と修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/31 21:57:19
花見で会おっさ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/13 12:57:44
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE-を巡るツアー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/16 21:26:18

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
"スバルブルー"のレヴォーグで、「安心と愉しさ」を感じていきます。
シトロエン DS4 シトロエン DS4
あらゆるところから漂う、フランスの香りに酔いながら異文化コミュニケーションを楽しみました ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.