• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ijinのブログ一覧

2018年09月06日 イイね!

2018 All Japan Hill Climb Festival

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

Rd.5が終わったばかりですが、いよいよ最終戦。

近年は大会概要を流し読みしているために、オープンクラスの各クラスベストタイムに賞金出ることも知らず(自分にありえない事に興味はない)、
全戦参加が念頭に無かったので、シリーズポイントを気にしたこともなかったわけですが、今回はシリーズ順位だけあわよくばというポジション(個人的に3位までが賞だと思ってる)。
間違いなく、黒いあいつのkim5tさんの離脱があってこそで、それが無ければ関係なかったポジション。
9/8時点でRd.5の加算がされていませんが

出られるなら狙うべきなのかなぁ。狙えるのは同乗者が居ない予定だから
当落のライバルは常連のKentanaさん。
トップ争いは今年はts-tomatoさんのAE86がほぼ確定。

そして見渡せば他クラスのお近づきになった
スターレット82:ahirukantaiさんと、デミオ15MB:甲類25度さん、S2000:honey makerさんも各クラス上位圏内。
楽しみですなぁ。

晴れろ!絶対晴れろっ!凍結も禁止だっ


さて、このイベントはタイトルが「Festival」
つまり、参加者以上に観客が楽しんでもらわないといけない。

それよりもまず、大勢観に来てもらわないと。タイトルの趣旨として
自分は観られたくないですけどね。むしろタイトル変更を(笑)

参加者の皆さん。地味に宣伝活動しましょう。
え?山の中に観にいくだけでは来ない?ごもっとも
Posted at 2018/09/08 00:06:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | ヒルクライム | 日記
2018年09月03日 イイね!

ジレンマとか 裏垢的な話とか

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

ヒルクライムのジレンマの1つは以前も書いた「定点カメラ撮影」
設置&回収のタイミングがなかなか取れない。
オフィシャルさんに協力いただけると言って頂けても、かなりの労力を要する皆さんの負担を増やすわけにはいかない。

諦めるしかない。

もう1つが「スペック」
愛車のスペックと自分の技量と他人の車のスペックと他人の技量が比較できない。
知り合いと競技以外で会うことがあればそれも可能ではあるけど、ことヒルクライムでしか会わない人とは乗り比べする手段が無いのだ。
なにしろコースはオフィシャル指示に従った3(4)回しか走れない。
走行会ならお互いの了解でどうにでもなること。

自分の愛車は他の人が乗ると何秒縮まるのか?
あの人のマシンはどんな乗り味なのかを知るすべがない。
ん~ジレンマ。

同型車がまず参加しない自分だからか、気になるわけです。
なんか手段はないかなぁ?
王滝ならデモエリアが使えそう


そしてもう1つの方
タイトルに「裏垢」としたのは、まあ、言い難いことも書いてしまおうかという事で。

台数も自分が参加始めた6年前から2倍近くに増えたイベント。
マイナーが注目されるときに起こる負の増加ジレンマ。
「軽い気持ちで来る人が配慮に欠ける」
「お邪魔にならないように」は頭に無いのだ。
イベント無くなっても気にしないレベルでの参加

公道の一角を使う以上そこへのアクセスは集落を抜けていくことになる。
これはサーキット周辺でも同じことですが

なので出来るだけエンジン回さず走った方が良いであろうという配慮。
競技とコースの特性上、ゴール後に低速走行しないといけないであろう配慮。

「住民の方から「怖い」とクレームが入っています」というアナウンスは
長く競技参加したい人間にとっては「開催禁止」がチラつく由々しき事態に成りかねない案件。
「ここでこの車走らすためだけに車検取り続けてます」という勝利コメントする人もいるわけです。

この度の競技中も、集合場所へ戻る際、スタート地点に向かう車両とのすれ違いで、センターライン割れしてきた相手に同乗者が声をあげる場面に遭遇。
自身は想定内でも同乗者がそうではないわけで。
それが地元の方達だった場合は「何だ奴らは」なわけです。
オフィシャルさんたちが長年努力して開催してきたイベントが・・・
過去リストを見ても参加歴はない人物

昨年はゴールして待機中の車とドライバーがいる広くない道を、ゴール後にまだコースがあるかのような加速で走るドライバー。

ブリーフィングで「過去、事前にコース下見に来た人がいて、地元民から苦情で長年開催を中断した」とトラブルの説明がされる事もあります。
これを発言するときは直前に何かあったときと推測

この記事と同じタイミングでオフィシャル側のみん友さんが、
開催場所によってはそもそもキャパオーバーという意見も。
ごもっともかと。

開催継続には参加者の意識は重要かと思われます。
参加される方は配慮をお願いします。

自分は、自分発端で何かあったらどうしようかと毎回ビクビクなのです。
Posted at 2018/09/03 07:22:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | ヒルクライム | 日記
2018年09月02日 イイね!

本年分冥土の土産無事終了

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

残念ながら新コースにはならず、5月のvol.2と同じ。

参加台数も相変わらず100台超えで、車種も増えた。

同乗者も相変わらず車両を見て楽しみ、競技も満足のようだった。
最終戦はまた気温が低く参加しないので「冥土の土産遠征2018」はこれにて終了。

死ぬまで生きる糧になれば幸い。
宝くじ当てて参加のためにアルピーヌ買わないとって、先にトレーニング DA!

今回もみん友さんたちは好成績で嬉しい限り。
自分は[生贄君]に横から突っ込みそうになる暴れっプリ

最終戦出られたら頑張ろう。あ、懐が…
Posted at 2018/09/02 23:00:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | ヒルクライム | 日記
2018年08月03日 イイね!

WRC第8戦フィンランドTOYOTA優勝

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

この「ラリー・フィンランド」
BRIGヒルクライムチャレンジの運営さんも参戦してるんです。
アノ、なぜか微笑んでしまうトークスキルの進行さんがWRCドライバーなのです。
当然プライベーターになりますが。

そういう人たちが運営してくれているので、アクシデントの対応もスマートで、特に不満無くイベントを楽しめるんです。

新コースかもしれない次戦。なんとか参加したい。

前乗りの方々、新コースでもいつもの宿泊場所で集合に間に合う距離のようです。
Posted at 2018/08/03 10:45:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒルクライム | 日記
2018年06月29日 イイね!

ヒルクライム の特徴

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

次戦がもう来週末で、やっと車検通ってきた。
スパルコの陸運局への製品資料提出の対応不足が一因のようですが、まぁ間に合ったからいいや。


BRIGヒルクライムは
一日で全工程をこなすため、試走1回>昼食>本走2回。
初めて走るコースの場合は試走が初確認作業となる。
1回で数キロの道程を頭に入れるのは無理があります。

で、昨年の息子の初参加で、自分の初参加時の経験から
「初参加車だけでも試走を2回に」
という要望を出し、丁寧にも代表さんから
「そうしない理由」
の回答をいただいて納得したわけですが、
それを公開し忘れてました。
その理由は

「試走ですら突っ込む奴居るしっ!!」
「みんな早く帰りたい言うしっ!!!」

そうごもっとも。
確かに春と秋は表彰式の時間には日も陰り寒かったり。

そして「試走」なのにスキール音響かせスタートしていくケースが、初参加と思われる見たこと無い車両すらも山に響く。
確かに、本番を走ることなく路肩に待避とか、ボンネット折れ曲がって下山していく姿を目にしています。
で、納得。

いずれにしても既に参加台数が数年前の2倍近いので、試走2回は時間的に無理になってますなぁ。

ココ自体、参加経験ある人しか訪れないブログですが、うっかり初参加者さんが見てしまうかもしれないので一応
「試走」で突っ込まないで下さい。
試走は下見走行なので、本番走れない車両を見ると自分は悲しくなります。


予定していた反則アイテムは間に合わないなぁ・・・ヒンジが行方不明だ・・・
Posted at 2018/06/30 01:28:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒルクライム | 日記

プロフィール

「地震はあったけど募集は開始されたのでコースは無事なのかな。
あれ以上荒れたら車高調組はヤバし」
何シテル?   10/08 15:31
ijinです。 お友達になられた方でも、興味のない記事には無理に[いいね!]は押さなくても構いませんので、ゆるくお付き合いください。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ALL JAPAN HILL CLIMB Festival in 御岳 2016 -2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/04 17:02:54

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ファミリア マツダ ファミリア
マツダ ファミリアに乗っています。 '11/6:3台目入手 '15/9:仮眠 '16/7 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.