• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

oyariのブログ一覧

2018年10月08日 イイね!

ピストンヘッドからのアトム4レビュー翻訳。

ピストンヘッドからのアトム4レビュー翻訳。https://www.pistonheads.com/news/ph-driven/ariel-atom-4-driven/38856
※ピストンヘッドのアトム4レビューの翻訳です。
---------------------------------------

Ariel Atom 4: 試乗
Matt prior
October 04, 2018 in Driven

■ArielのAtomはこれまで以上に大きくて高速だが、まだ暴力的な車だろうか?

「ブレーキペダル、クラッチペダル、燃料キャップ」これがAtom 3.5から持ち越された3つのものだ。その他の目に入る全ては新規設計となる。

これはサマセットで作られる2座スポーツカーの最大のアップデートだが、世紀の初めに最初の一台が作られて以来、まだ間違いなくアトムであり続けている。
そのオープンカーの、よりパワフルで、よりマッチョで、外見はそっくりなバージョンと言える。他の何者でもない。

古いものと新しいものを見比べて、4つの大きな変更点がある。

Arielは、プロトタイプのチタン製の大口径チューブシャーシを気に入っていたが、チタンは高価で溶接のためにアルゴン充填テントを組み立てなければならなかったため、スチールで同様の断面を採用することにした。

ホイールの直径は前後1インチアップしており、新エンジンのトルク増大に対応するためにリアがより幅広くなっている。(アリエルは以前のCivic Type R自然吸気エンジンの代わりに、最新のホンダシビックタイプRに載る2.0リッターターボチャージャーユニットを採用した)

新しいエンジンに関してはおそらくこれ以上のものは望むべくもない。Atom 4の後部に取り付けられ、6,000rpmで320馬力になり、3,000rpmから42㎏のトルクを発生する。以前のAtom 3.5R(スーパーチャージド)は310馬力を8,000rpmで発生、6,000rpmで33kgのトルクだった。以前のエンジンに悪い点など何もなかったが、これはスポーツカーであり、パワーは常に重要なポイントだと言える。

Atom 4は3.5よりも長い全長を持つ。3,520mmとなるが、全幅は大きくなってはいない。そもそも全幅1,880mmはライトウェイトカーにとってかなり大きいから、大きくなりすぎないのは喜ばしいことだ。全体重量は595kgで、これまでよりも約20kg高くなる。
Arielは、驚くほど多くのユーザーが背が高いことを知った。これはおそらく類似のライトウェイトカーではそもそも適合しないからだろう。

サスペンションの変更も重要だ。アトムの誕生以来初めてダイブやスクワットを減らすことを目的としたジオメトリへの大きな変更が行われた。インボードスプリングとダンパーを備えたダブルウィッシュボーンが標準装備となる。2つの調整可能ダンパーのアップグレードがあり、その一つはテストカーにセットされていた。

また、標準、鍛造アルミ、カーボンの3つのホイールオプションがあるが、より優れた設計の標準ホイールのため、重量差はそれほど大きくはない。タイヤオプションはすべてAvonZZSで、前面に195/50 R16、背面に255/40 R17がある。(※鍛造アルミホイールが!カーボンはまあまあのお値段だと思いますが、鍛造なら現実的かな?)

2つのエグゾーストオプションも予定されている。標準版とテスト車のようにより排気効率の良いバージョンがある。
(※エグゾーストの1本出しと2本出しはオプションで選べるようですね。この記事からすると1本出しのほうがより効率の良いエグゾーストのようです)

オプション無しなら、基本料金は路上でわずか40,000ポンド以下で、Atom 4sは春に生産開始し、すぐ後に小規模の欧州型承認のために公認される予定だ。

今回のATOM4では以前のスーパーチャージャー版と違い、11時過ぎに排気音量を下げる方法が選べるようになった。一つはご存知の通り、Atom 4のエンジンを切ること。
もうひとつは新しいダッシュボードのダイヤルでブースト圧のレベルを下げることだ。
「3」なら1.3バールのブースト圧力でターボが作動するが、「2」290hp(0.6bar)または「1」220hp(0.3bar)にすることができる。もちろん右足を踏み込めば話は別になる。(※ブースト圧が変えられる3つのマッピングは、余り負荷をかけたくない町中や高速道路で重宝しそうです)

「最高に狂っている」というのがほとんど人間に残る印象になるだろう。性能はかなり激しい。:2.8秒で0-100km、0-160kmはたった6.8秒、そして最高速度260km/h。
あなたがそうしたいと思うならば、私は同乗するのはちょっと御免こうむる。エアロはちょっと改良されているが、これは未だスピードが直接ヘルメットを叩く車だ。

車内では、アトム4の座席はまだ防水仕様のプラスチックだが、少しパッディングがあり、より重要なことに、左右に分かれ、よりしっかりと腰と肩のサポートがされるようになった。まだそれを調整するためには六角レンチが必要だが、それほど時間はかからない。

ドライビングポジションはすばらしく、アリエルは以前から車のコントロール性に取り組んできた。エンジンはわずかにぐずるが、以前よりも振動が少なく、ターボによるスムーズなスロットルレスポンスにより、低速での操縦が容易になっている。いったん動き始めれば1stギアを忘れることができるだろう。

6速マニュアルHパターンのボックスは正確で簡単だが、遅い速度域でのステアリングはまだ重い。Caterhamほどではないが。旋盤が改良されている間に、ステアリング比はAtom 3.5からわずかにゆるくなったが、アリエルはステアリングの変更は悪い路面の突き上げを抑えると言う。

そして彼らは正しい。一気にAtomはAtom 3.5よりも洗練された、簡単なハンドリングの車になっている。
コントロール性は本当に印象的で、Caterhamよりロータスエリーゼに近く、ステアリングレスポンスがいい。それは生命感を持って即座に反応するが、道路の感触と精度を維持しながら、より多くの悪い要素を除外している。
ブレーキングは簡単にコントロールでき、制動力は強力で600kg以下の車体からスピードをスムーズに奪う。実際に走らせてみても、危険なラインを越えたパフォーマンスレベルにもかかわらず、それがフェードすることは想像できなかった。(※テスト車にはオプションのAPレーシングキャリパーがついているようです)

私が思うに、直線でのアトム4はフェラーリ488 GTBのように直感的だ。エンジンはスーパーチャージャーよりも息の長いレスポンスがある。事実として小さいレスポンスのラグがあるが、それは一瞬で、高回転まで続くようなものではない。
2番目と3番目のギアでは、シフトライト、レブリミットライトを好きな回転数に登録することが出来る。あらゆるスピードから、どんなギアからでも、並外れたレスポンスがある。

自然吸気エンジンよりも音が良くないか?考えるに、そこには愛すべき音がある。
エンジンは唸りを上げ、口笛を吹き、吸ってそしてまた吹く。かなりラブリーなサウンドだと思う。

このような車では進化させる必要がないという考え方もある。小さな進歩でいいと。
だがそうではない。
ここには多くの精力が傾けてられている。進化したシャシー、突然の挙動を減らし、荒々しさを減らし、CaterhamsやToyota GT86のようなオーバーステア傾向を減らしている。これは愚かに聞こえるかもしれないが、488GTBのハンドリングともまた違った感じだ。しっかりとした柔軟性、偏りのないバランス、旋回性能、スロットルのリニアな直線性、そして耐ロール性。

私はアリエルがここで本当の一歩を踏み出したと思う。
以前のAtomはゆっくりと、しかし確実に進歩していたが。だが、今回の一歩は大きな飛躍だ。ライトウェイトカーとしてはまだまだ車幅があるが、ステアリングは限界の中でもより穏やかかつ、より正確だ。Caterhamより現実的でない、という声もあるが、それは幌をつけることができないからだ(彼らはその変わりフロントスクリーンを選んだ)。
いやしかし、この進化は凄まじいものがある。

Atom 4は、今年私が乗った中で最高のドライバーズカーかもしれない。
(※最高の褒め言葉ですね。)

SPECIFICATION - ARIEL ATOM 4
Engine: 1,996cc, 4cyl, turbo petrol
Transmission: 6-speed manual, rear-wheel drive
Power: 320hp at 6,500rpm
Torque: 310lb ft at 3,000rpm
0-62mph: 2.8sec
Top speed: 162mph
Weight: 595kg
MPG: 30mpg (est)
CO2: (tbc)
Price: £39,950
Posted at 2018/10/08 14:34:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | ariel atom | 日記
2018年10月05日 イイね!

「結論」TOP GEAR ARIEL ATOM4 レビュー一部翻訳

「結論」TOP GEAR ARIEL ATOM4 レビュー一部翻訳■「結論」

歴代の中で最も完全な改修を受けたアトムは甚だしく高速で、しかし使いやすくなった。
アリエルはライトウェイトカー業界の勢力図を変えた。 誰もがアトム4から得る印象は、「広範に使える車」であろう。途方もない速さを維持し、おかしい程のグリップで、しかし今や落ち着いた喜びを人生に与える存在ですらある。

そう、これはATOMが今までほどには激しくて熱狂的ではないことを意味するが、トレードオフとしてその成熟した挙動、不意の入力を吸収する能力、ライバルが対応できないレスポンスの成熟度を得た。
そして、ターボエンジンの統合がある。私はライトウェイトカーへのターボ搭載に関していくつかの小さな疑念を持っているが、これは他のどのものよりもネガティブな要素を根絶するためにより努力をしてると言える。ホンダ自身がインストールを完了したようにすら感じる。

問題は、もちろん、この落ち着きが、ドアやフロントガラスがない車の熱狂と引き換えになったかどうかだろう。ひとたびAtom 4に乗れば確信が持てるはずだ。これは今もなお非常にエキサイティングな車だ。私は、いくつかのサーキットで恐ろしく速く走れることに気づいたが、一般道でももっと使いやすくなっている。
有り体に言って、これはかなりの成果だと言えるだろう。

Posted at 2018/10/05 21:33:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月05日 イイね!

TOP GEAR ARIEL ATOM4 レビュー一部翻訳。

TOP GEAR ARIEL ATOM4 レビュー一部翻訳。トップギアにレビューが載っていたので、「2.運転すると」の部分だけ翻訳しました。

The Atom has grown up: still blindingly quick, but with an added measure of civility
Atomは進化し続けている。際立って速いまま、躾の良さを手に入れた。


■2.運転すると

ターボラグについてはまだ語らないでおこう。
なぜなら、ターボチャージャーの追加よりもドライブ感に大きな変化が感じられるからだ。
それは新しいシャシーとサスペンションによる落ち着きの良さだろう。 旧Atomは、特にスーパーチャージャーでは、軽快て生命感のある機械だった。
エンジンが車を支配し、それ以外がなんとかフォローし、爆発的なエネルギーをなだめるような車である。 凄く刺激的(運転に勇気が必要だった)だが、神経の疲れを感じるものだった。

Atomは成長し、成熟した。フロントガラスやドア、屋根がない車においてはおかしなことに聞こえるが…。 今では荒れた道路や、厄介でトリッキーなコースでさえも、容易に攻めることができる車となった。 乗り心地はしなやかで、ラインから車をそらすことなく、窪みや隆起をクリアする。それは...快適だ。 コーナーでのブレーキングやフル加速の元ではフレームからはほんの少しの振動がある。 路面からの入力はうまくコントロールされている。

路面からの不必要な振動が除外されると、よりリラックスして運転に集中することができる。
Atom 4は非常に短時間で大きな速度に到達するため、これは良いことだ。
そういえば、ターボラグの問題。それは問題かといえば、ほんの少しだけ、そうだ。
2.0リットルエンジンに595kgしかない車重であり、ターボが反応するとさすがにそれと解るが、回転数を高く保てば、ラグはほぼ感じない。

我々はテストでハーフスロットルでミッドレンジを使用した。 あなたの要求に応え、エンジンの回転数は急上昇するが、トルクの波はやや遅れてついてくる。 自然吸気が提供するミリメートルの精度は無い。これは、コーナーの頂点で即座の反応を求める場合は、エンジンを高回転に維持する必要があることを意味する。 だが難しいことではなく、ギアを落とせばいいだけだ。

あなたには少なくとも2つの選択肢がある。
回転数を示すカウンタは非常に小さいため、正確に判断するのは難しいが、パワーピークは約4,500rpmからだろう。
あなたは4500回転以上を保って運転したとき、いつでも即座にトルクがあなたをシートに押しつけるようにすることができる - それはバカバカしいほど簡単で効果的だ。
4500回転の以下にとどまれば、あなたはこの寛大で、礼儀正しい自動車を持つことになる。
手袋が必要ないほどだ。

パフォーマンスは率直に言ってバカバカしいレベルだ。スーパーカーの速さであり、フェラーリ488やマクラーレン720Sと同等のペースだが、それに加えてオープン状態の刺激がある。
この車は、3.5Rと同じくらい速いだろうが、その高周波の叫び声の代わりに、偉大なダース・ベイダーがあなたの左の耳の隣から息を吸う。あなたはターボ加給のエアインテークで吸気音と悲鳴の曲を演奏することができるが、鼻の近くにある穴の1つにイヤプラグを付ける価値もあるかもしれない。

古い車は自己抑制的だった。サスペンションは簡単に恐怖を感じる領域に達したし、空力的にも限界に達するのは早かった。
それらのどちらもこの車では抑えられている。これは、ダッシュボードの数字が非常に速く増大することを意味する。運転免許を保持し続けるのは難しい車だ。
我々がいつも言っているように、より速いスピード、より強化されたの能力はすべてのスポーツカーが行くべき道だが、我々はそれがライトウェイトカーで成立するとは思わなかった。

アトム4は、フィーリングが不足しているわけでも、技術が足りないわけでもない。フィルタ処理が行われただけと言える。 そう、ステアリングが伝えてくる情報は以前より少ないし、振動は抑えられている。しかし、それらは素晴らしく正確であり、ドライバーが必要とする情報なのだ。サスペンションからの情報は、伝わってこなければならない。
運転上のバランスはまだアンダーステア​​方向ではないし、アリエルの努力にもかかわらず、911ほどエンジンの位置を上手く隠せてはいない。 ホイールベースは長くなったかもしれないが、重量前後比はまだ35:65だ。

全体的にはとてもフレンドリーで修正の容易な車だ。コーナー頂点ではお尻が少し動き始めるかもしれないが、それは静かな動きだ。同様に、もしホイールスピンしたとしても、それほど唐突なものではない。
この車を楽しんだかと聞かれれば、こう言うしか無い「それはもう!」。
スリルは、アドレナリンと危険が下がったために、これまでのように簡単なものではなくなったが、重要な点は、これまでのものよりもずっと広い範囲で楽しく乗れることだ。例えば…

町では素晴らしく扱いやすい。 楽しくセカンドギアで引っぱることができ、ブーストノブを1に下げると(220bhp)、吸気騒音が大幅に減る。 スロットルはギクシャクすることなく、純粋な完成度の高さを感じる。
それはうまく調整され、大トルクが、あなたの頭をひどく叩くことはほとんど無いだろう。 雨が降らない限り、比較的快適だ。 フルウィンドスクリーンを注文することも出来るが、小さなデフレクター上の気流の管理は本当に良好で、以前よりもっとリクライニングされたシートアングルによって十分に快適である。
ギアチェンジはまだ最終調整中のようだ。ゲートの中で少し緩い感じがしたが、ノブは、より短く、より小さいものに変更されている。アリエルがしているすべてのものと同様に、これにも苦心しているようだ。





Posted at 2018/10/05 17:31:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月01日 イイね!

アトム3.5 復活への道筋2

本日電話で確認したところ、

・フォーミュラ屋さんで治具を組んで測定した。
・ヒット箇所だけでなく全体にねじれが発生していることを確認
・修理することは不可能

という結論が出ました。
これから、アリエルへフレームへ送って交換してもらうフェーズに入ります。

フレームナンバー(車体番号)の問題があり、
そこを確認してからですね。

クルマ屋さんがちゃんと動いてくれていてよかった!

Posted at 2018/09/01 12:54:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | ariel atom 3.5 | 日記
2018年08月14日 イイね!

アトム4の空力

アトム4の写真から読み取れる細かい情報を空力にスポットをあてて図解してみました。

なんか雑誌のページみたいになってしまった…。
マイナー車なのであんまりこういうの誰もやってくれないだろうから自分でやる精神でいこうと思います。
alt
図である程度書いてあるので、補足的な説明になります。

①フロントノーズ
今回のATOM4で大きく設計思想が代わった部分の一つだと思います。
全体的に「空気を取り込めれば取りこめるほど良い」という考え方から、「有効に使える空気の量に開口を絞って、残りはキレイに流し、ドラッグを減らす」という考え方にシフトしています。

ATOM3.5までのノーズでは、サイドに空いた穴もラジエーターへとつながっていて、ラジエターにとにかくたくさん空気当てよう、という考え方の作りでしたが、もちろん抵抗なしで全ての空気がラジエターから熱を奪うわけではなく、跳ね返ってサイドに流れ、乱気流になる部分が大きかったと思われます。フロントで発生した乱気流はそのままタイヤ周辺の乱気流と混ざり、大きな空力的抵抗、フロントリフトを引き起こす一因になっていたでしょう。

Atom4ではラジエターへの流入を絞り、残りをサイドへキレイに流すイメージでフロントノーズが作られているように思われます。ヘッドライト取り付け位置が上げられているのはその空気の流れを邪魔しないように、ということでしょう。重心が上がるので、本来なら上げたくないはずです。
なにげにフロントノーズ底面からボディ下部への連続性もキレイに整えられているように見えます。とにかく、空気の壁とのファーストコンタクト部分で空気の流れを損なわないように、という苦心が見て取れます。

②本体上部
ボディに半分埋め込まれ、段差を減らしたノーズパネルと、その後の横に連なる透明のスクリーン。これまた、コントロールできる部分はコントロールして乱気流をへらすという考え方でしょう。

スクリーンの面積は拡大しますが、乱気流の発生位置を前に持ってくることで、ボディ後端のより大きな空気の流れまで乱気流を持ち越さない用にするというイメージかなと思います。atom3ではスクリーンの間を通った空気はエアインテーク周辺にぶち当たって乱気流を発生させることになります。

③本体後部
atom3ではエアインテークに大きく空気を取り込んでラム圧のような効果を狙っていたかと思いますが、実際にはエアフィルター前で正圧はほとんど使い切ってしまいます。むしろエアフィルター周りの空気圧に押し戻された空気がさらにエアインテーク周りの乱気流となり、エアインテークそのものが大きなドラッグを発生させてしまう構造物となっています。
Atom4ではスクリーンから上に跳ね上げられた空気を開口部を絞って取り込み、その他の部分は涙滴形のエアインテークに沿ってキレイに後方に流すというイメージが見て取れます。
これらはリアエンドへと流れるわけですが、そのリアエンドも凝った作りのマフラーで縮小し、フレームもそれに合わせて縮小。なるべく中心部にキレイに空気の流れがまとまるように全てが統一して設計されているのが見て取れます。
alt
ナンバー位置を上げたのも最初は意味がわからなかったのですが、リアエンドの抵抗部分をなるべく集中させるという意図のもとに、理にかなっています。
今回のエンジンK20Cではエキマニがエンジンに統合され、排気パイプが非常にスッキリしているのでエンジン下部の空気の流れを阻害しないようにキレイに抜きたかったのでしょう。

結果的に、エアインテークから続く空気の流れ、サイドからの空気、下部からの空気がコンパクトに合流しそうなキレイな形のリアエンドとなっています。

④タイヤ周り
タイヤの大型化はドラッグを増大させます。グリップ増大のメリットの前では目をつぶるしかありませんが、今回のアップデートでの空力的問題点としては一番大きいのではないでしょうか。前輪はそれほど大きくなっていませんけどね。
対策として、フェンダーをかなり大きくしています。回転するタイヤにぶち当たってしまった乱気流はどうしようもないので、なるべく覆ってしまいたいところですが、現在の取り付け方法ではこの辺が限界かもしれません。

そしてフェンダースポイラー。どうせタイヤ後方の乱気流はどうしようもないのだから、ちょっとでもダウンフォースに使ってやろう&空気を上に跳ね上げてしまうことで、後方の乱気流の密度を下げる効果もあるのかも?しれません。
実際どれくらいの効果があるのかわかりませんが、空気を上に跳ね上げることで一定のダウンフォースを獲られるようです。もちろん、ドラッグのデメリットもあるので、こういったデメリットが避けられない場合にのみ使える構造ですね。ようは小さなウイングをつけたという形でしょうか。

⑤アトムの矜持
アトムのモットー「シリアスファン!」をそれっぽく和訳するなら「本気で遊ぶ!」みたいな感じでしょうか。
これほど苦心して空力を考えてもアトムはウィングや巨大なアンダーパネル、リアディフューザーを標準ではつけません。何気ない見た目の中で最適化しています。いたって本気ですが、遊びだからこそ最適化しすぎない、バカバカしいまでににシンプルであることにこだわっているように見えます。そしてそれが、僕がアリエルを好きな一番のポイントかもしれません。

「馬鹿みたいに速いけど、速さが一番じゃない。」

それこそ、アトムですよ。


Posted at 2018/08/13 20:00:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | ariel atom | 日記

プロフィール

「マツダ、アテンザワゴンの試乗してきたけど、デザインはすごく良くなってる。引き算のデザインで気持ちいいです。操作系はもうちょっと重く、もうちょっと遊びを減らしてほしいけど、ファミリーカーだから問題ない。「次はこれでもいいな」って思いました。」
何シテル?   10/19 13:50
よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ランドローバー レンジローバー ランドローバー レンジローバー
BMWの作った初期タイプのレンジです。いいクルマ!
アリエル アトム アリエル アトム
2014.3. 新車登録です。
ローバー ミニ ローバー ミニ
昔乗ってました。イイくるまだった。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.