• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

神戸の秀のブログ一覧

2018年04月19日 イイね!

どうなの?BMWさん?

どうなの?BMWさん?今日、発表されたみたいですね。M2コンペティション。
今までのM2はエンジンがM社製じゃないと言う事で否定的なマニアの方もおられた様ですが・・・
その不満に対する、BMW社の回答が、このモデルなんですかね^^;
既に、M2を購入している人は勿論、納車待ちの人にしたら堪らないでしょうね。
私が、M3に乗ってるいる時に追加限定モデルでCSLが販売された時もショックでしたが、今回は、それどころの騒ぎじゃない様な気がします。
今のモデルから入れ替わりで販売するんですから・・・
おまけに価格も思った程、上がってないみたいですし・・・
もし、私がM2クーペを半年くらい待った上で購入して、1年もしないうちに、こんな記事を見たら・・・

間違い無く、買い替えるでしょう(笑)

そう思うと最高の販売促進ツールなのかもしれません。
もう少ししたら中古車市場に多くのM2クーペが出てくるかもしれませんね。
そうなると案外、価格もコナレて買い得感が高くなってるかもしれません。
それを喜ぶ人も確実に存在すると思いますしね。
いやぁ、本当に商売上手になりましたね。BMWさん(笑)

関連情報URL : https://t.co/MHzMrTZnbK
Posted at 2018/04/19 22:49:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月13日 イイね!

これが純正スピーカーです(笑)

これが純正スピーカーです(笑)
一応、B&Oサウンドシステム用ですから、標準装備のスピーカーよりは多少、高価だとは思うんですけど、市販されているスピーカーと比べるとショボいですよね^^;
このスピーカーが車内で、あの音楽を鳴らしているとは本当に信じられません。
本体はアルミダイキャストでもなく、マグネットの磁石もネオジウムの様な特別な材質は使ってないでしょう。
そう思うと、カーオーディオにおけるスピーカーの取り付け方法が如何に重要なのか分かってきますよね。
私も最初、自分で施工していた時は、とにかくサービスホールの穴を鉛テープで塞いでいれば良いと思い、その通りに施工していました。
確かに、音は変わるんですよね、間違い無く・・・
まぁ、その頃は、それで納得していたんですよ。
ましてや自分で施工していたので掛かる費用は材料代だけでしたから。
今は、どうか知りませんが、昔は大工仕事のオーディオショップが結構、幅を利かせてましたからねぇ(笑)

私が【源音】さんに、ハマっていた頃、オーナーさんと一緒に大阪フェスティバルホールにクラシック音楽を聴きに行ってました。
オーナーさん曰く、

『本当の生の音を聴いて覚える事が大事!フルオーケストラを車内で完全に再現出来るのがベストなカーオーディオです。』

との事でした。
まぁ、こんな事を言っていたので他店からは、【宗教か!】と言われていたのかもしれません^^;


究極のオーディオとは、ライブ会場や録音スタジオの醸し出す空気感を再現する事だと私は思っています。
車内で流れている声や歌が、何の意識もせずに普通に聴こえる事。
それが私のカーオーディオ感です。
今のB&Oサウンドシステムは、まさに、その通りの雰囲気を醸し出してくれています(^^♪

Posted at 2018/04/13 23:03:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月11日 イイね!

アメイジング!

アメイジング!断言しても良いです!
今、世界中で走っている、A3のB&Oサウンドシステム装着車の中で、これ程の音を出してしる車は無いでしょう(笑)


今日、アライブさんから車を引きっとってきました。

最初に、マイケル・ジャクソンの【beat it】を聴いて腰を抜かしそうになりました^^;
CDに録音されている音楽の情報量が、そのまま再現されている感じです。
これが可能なシステムなら、サラウンドやタイム何とかなどと言うシステムは全く不要です。
コンサート会場で、2階席から、いきなりステージのアリーナ最前列に移ったと言えば分かりやすいですかね。
もう、それからは、どんなソースを聴いても感動の嵐。
竹内まりや、松任谷由実、松田聖子や、中森明菜、シェリル・ノームやランカ・リー。
もう何でも来いの世界です(笑)
ビリー・ジョエルの【素顔のままで】なんか聴いてたら涙が出てきました(´;ω;`)ウゥゥ
本当にアライブさんのブログにも書かれてましたが、身体で感じるサウンド、そのままです。

ただし、CDをそのまま聴いたら話は別ですけどね^^;
でも、それとてノーマルのB&Oサウンドシステムの音とは別物です。
いやぁ、オーナーの原田さん、本当に良い仕事をしてくれました。

その後、原田さんと話をしていたんですが、このシステムは、ここが最終地点だと言われました。
『欲を出して、機材を交換しても今のバランスを崩すだけで何のメリットも無いです。
もし、どうしてもと言うならアンプから全部交換しないとダメですし、そうなると費用が半端の無い金額になります。
それに、この音なら、そこまで施工する価値はありません。
元々のサウンドシステムのクオリティが高いので私は、そのリミッターを少し外してあげただけですよ』
と・・・
そのリミッターを外す作業が1番、難儀で誰でもが出来ない作業だと思うんですけどね。
器材を交換するだけの大工仕事をする様な店では絶対に言えない言葉です。

今、B&Oサウンドシステム装着しているA3に乗っている皆さん、今のシステムに?を持っているなら是非、アライブさんを訪ねて下さい。
スーパーデッドニングの施工のみで、その不満は雲散霧消する事、間違い無いですよ(笑)

Posted at 2018/04/11 22:29:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月09日 イイね!

昨夜・・・

昨夜・・・
仕事帰りに、アライブさんに入庫させてきました(^^♪
代車は、日産のモコです。
最初、『この車もドア施工してるんですか?』と尋ねると、『いえ、ノーマルのままですよ。』との事。
その割には、FMを聴きながら帰ったんですが、番組のDJさんの声が、やたら生々しかったのは私の気のせいなのかなぁ^^;
まぁ、あの人の耳とセッティング能力なら、前後バランスと音質の調整だけで、この位の事は、やりかねません(笑)



しかし、カーオーディオに¥を落とすのは本当に久しぶりです。
前もアライブさんでドアの施工だけ、お願いしたんですが、もう、5年位、前の話ですからね・・・

私が本格的にカーオーディオにハマり込んだのは、もう、25年も前の話です。
それまで色んなショップや、自分で施工していたんですが、どうも納得出来る音が出なかったんですよね。

確かに、スピーカーや、デッキ、アンプなどの機材を交換すると音は変わります。
そうしないと機材を交換したオーナーさんは納得しませんし、カーオーディオ・ショップさんは食って行けませんからね^^;
ただ、その変わり方に
問題が・・・
まぁ、これ以上の発言は控えさせて貰います^^;

そんな時に、当時、通っていたショップさんに紹介されたのが、西宮にあった【源音】さんでした。
以前から店の存在は知っていたんですが、とにかく評判が良くなかった・・・

『あの店は宗教じみている』
『オーナーに機材を選ばせない』
『ぼったくりの工賃を取る』


とか悪評ばかりが耳に入ってきてました。
その頃に通ってた店のオーディオ担当の人と色々と話し込んだり、施工をお願いして自分の音楽の方向性が何となく見えてきたんですが、その担当の人も『私もまだ、カーオーディオは勉強中なんですよ。今の私の技術力では余計な時間を掛けさせてしまうばかりなんで、1度、私の師匠の店に顔を出してみますか?』と言われて紹介されたのが【源音】さんでした。
最初は抵抗がありました^^;
でも、まぁ、その人の師匠と言う位なんですから、音楽の方向性は同じだろうと思い、意を決して訪問したんですが・・・
何の事は無い、その店のオーナーさんは本当に真摯にカーオーディオに取り組んでいただけの事でした。

よく考えたら悪評なんて他の店からの、やっかみや嫌がらせが、ほとんどなんですよね。
あれだけの音を出せるだけの技術力を持っていない店の・・・


で、そのオーナーさんに惚れ込んで施工を頼んだですが、

CDチェンジャーは、ソニーのモービルES。
カセットデッキはサウンドストリーム。
アンプは源音オリジナル。
スピーカーはオーディオ・ファイル。

これが当時の【源音】さんがメインで使っていた機材でした。
勿論、予算に応じて他の機材も薦めて貰える事も出来ましたが私はベストな選択を選びました。
アンプとスピーカーは聞いた事も無いメーカーなんで胡散臭さ全開ですよね(笑)
ましてやオリジナル・アンプなんて・・・

まぁ、ベースは当時の富士通テンのアンプだったんですが、メーカーさんの許可を得て独自の施工がされてました。
まぁ、当時、富士通テンと深い繋がりがあったみたいなんで、その後のサウンドモニターの製品にも、その辺りのノウハウが使われたとか何とか・・・

今、思えば機材に関しては当時の最高級品ばかりです^^;
モービルESなんて当時の価格で20諭吉ですよ(笑)
そら、施工代が高くなりますよね。
それに、最低でも一週間は車を預けないとダメでしたしね。
でも完成したシステムは完璧な物でした。
掛け値無く当時のカーオーディオの頂点だったと思います。
雑誌にも紹介されましたが、その頃でも他店からの嫌がらせは酷いもんでした。
カーオーディオ・グランプリとか言っておきながら、トップの店は既に決まっていました。
その店のサウンドは他の店の誰にも聞かせる事は無く、雑誌が出版されるとグランプリを獲得していました。
取材場所にはその店のデモカーすら来て無かったんですけどね。

そんな車でしたが、あの震災で燃えて無くなってしまいました。
【源音】さん自体も震災で、お店は全壊で燃えて無くなってしましました。
それ以降、そのオーナーさんが店を立ち上げる事は無かったですね。
『本当に真摯に音を追求してしまうと商売にならない。』との言葉を残して・・・

写真のスピーカーは当時、『家でもこの音が聞けませんか?』との私の我儘を聞いて貰ってオーナーさんに作って貰った逸品です。
スピーカーボックスは手作りで、スピーカーは勿論、オーディオ・ファイル。
まぁ、ネットワークだけは弟の手作りですけどね(笑)
『カーオーディオの過酷な環境に対応する様に作られたスピーカーだから、ホームで使うなら一生物ですよ。』とのオーナーさんの言葉でしたが、本当に今でも、素晴らしい音を出してくれてます。
まぁ、当時の車内と全く同じ音では無いですが、その片鱗は今でも残っています。
名機と言うのは何年が過ぎても色褪せないんですね。

ここまで拘りを持っていた私が、又、施工を頼もうと思った位ですから、アライブさんの技術力は推して知るべし!でしょ(笑)

Posted at 2018/04/09 12:20:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月08日 イイね!

行ってきました。大阪ドーム⚾

行ってきました。大阪ドーム⚾6日、本拠地開幕戦と言う事で、見に行ってきました(^^♪
ゲーム前には色んなイベントがあり楽しめたんですが、結果は・・・(´;ω;`)ウゥゥ
盛り上がったのは、1回の裏の糸井選手の逆転2ランホームランの時だけでした^^;

藤浪投手、今シーズンも不安な立ち上がりです。
観戦場所が、1塁側内野席の前列でしたので、本当に近くで見る事が出来たんですが・・・
確かに、ボールの速さは天下一品です。
本当に唸りを上げて梅野捕手のミットに吸い込まれて行ってました。
これが、バッターが打席に立つと・・・
あの荒れ方だと、バッターの方も相当、怖いと思いますね。

『最近の藤浪投手は表情が硬い、もっと楽しんで野球をすれば良いのに・・・』と言う意見を時々、耳にするんですが、どうなんでしょうか?
野球と言うスポーツを職業にしている以上、楽しむだけでは食って行けないと思います。
どんな仕事にも、それぞれの苦労や苦しさがあるのは当然だと思いますし、又、それらの壁を乗り越えていかないと成功しないのは、どんな職業でも同じです。
当然、彼は十分過ぎる才能を持っていると思いますし、又、そうでないとプロにはスカウトされないですよね。
このまま消えて行くとは思いませんし思いたくもありません。
まだ、シーズンは始まったばかりです。
秋には、藤浪投手の弾ける様な笑顔が見たいですね。
頼みますよ、藤浪投手!
今シーズン、タイガースが優勝出来るかどうかは、本当に君の双肩に懸かっているんですから(^_-)-☆
Posted at 2018/04/08 22:44:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「どうなの?BMWさん? http://cvw.jp/b/17759/41371238/
何シテル?   04/19 22:49
今だに落着けない、55過ぎのオヤジです^^; さすがに、車のモデファイは地道に人並みになりましたが、まだまだ、行きあたりバッタリみたいな・・・ 半年に1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

S1&S3のオーナーさん、良ければ気軽に声を掛けて下さいね。
24 人のお友達がいます
Shunsuk_eShunsuk_e * kuma_dakuma_da
めだま小僧めだま小僧 つきじ丸つきじ丸
Hot.Hot. ゆーき。ゆーき。

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック) アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック)
フェイスリフトする事は知っていましたが、まさか乗り換える事になるとは微塵も(いや、少しは ...
アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック) アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック)
S3 ComeBack!です。 8Pと比べると隔世の感がありますね^^; 体幹を鍛えた ...
アウディ S1 アウディ S1
久しぶりのMT、2ドア、S・・・です。 これで、名実ともに本当の通勤快速車になりました^ ...
アウディ A1 スポーツバック アウディ A1 スポーツバック
何故か、こういう展開に・・・^^; でも、元々、VWのPOLO Blue GTが事の始ま ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2004年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.