• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
...

ビール酸のブログ一覧

2020年09月22日 イイね!

御嶽山へ

御嶽山へ今回の連休はツーリング三昧で。

日帰りだけど連休ということもあり、ちょっとばかし遠出しようかナと。
大好きな中央アルプス方面から御嶽山へ抜けるルートをチョイス。



AM1:00に起床して出発。
連休前の出張疲れも抜け切らないな、、コリャ途中で仮眠でも取るかな〜とガソリンを満タンにして出発。

クルコンを設定して、リラックスしながら中央道を北上。
いやースーパーチャージャーを換装して調子もだいぶ良くなったね。

いつもの双葉PAで相変わらず微妙な微妙な蕎麦をすする。
微妙だけど身体も温まるし、早朝は代わりもないしね。


そんなこんなで松本まで淡々と走る。

ペースカーに遮られつつ、上高地に至る頃にはいい感じのペースへ回復。
天気がもう少し良ければ安房峠も行きたかったけど、今回はパス。
穂高を拝むのは次回。

で、高山経由で361号線に入線。
いやーやっぱり最高だわ!

窓を開けてヒンヤリとした空気で目を覚ましつつ快走。
やっぱりこの辺はワインディング天国だなー。

御嶽湖経由で御嶽スカイラインまで一気に走破。



御嶽スカイラインは路面も悪いのでゆっくり走りつつ高度を上げていく。
流石にここまで標高高くなるとエンジンも苦しそうやね。。



7号目へ到着し、結構な寒さの中そそくさと撮影。
なかなか迫力がある雄大な山やね。



雪化粧が似合いそうな迫力。

遠いけど、所々に神社もあり、神聖な雰囲気を感じるいいところだね。また紅葉の季節に来たいナ。


で、帰路は折角なので地蔵峠を走る。
こちらも雄大な御嶽山を眺めるのにはベストなロケーション。



狭めのワインディングでなかなかテクニカルだけど、この景色を堪能する価値は十分あるかな。
途中、日帰り秘境温泉もあるのでゼヒ。

あとは木曽から中山道の宿場街を巡りながらノンビリツーリング。



この辺なかなか渋くていいんだよね。
次回こそは泊まりで来たいね。

600kmほどのツーリングで疲れたけど、今回も気持ちよかった。
にしても最近は長距離ツーリングが増えてる、、GTカーが欲しくなってくるよなぁ、、、

Posted at 2020/09/22 20:48:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年05月17日 イイね!

北陸へ

北陸へ過去の旅の振り返り

2月下旬位だったろうか、、有休消化しなくちゃなーなんて考えつつ、美味い寿司が食べたい...
ということで大好きな北陸へぶらりツーリングへ。



いつもよりのんびり出発し、八ヶ岳を望みなごら中央道を北上。

スーパーチャージャー含め補機類のリフレッシュしてやらなきゃナ、、なんて11万キロ近く酷使してきて最近調子を崩しつつあるエンジンに耳を傾けながらコーヒーを啜る。
それにしてもMTながらクルコン付きってのは有難い。高速巡航は楽チンそのもの。



梓川SAからはアルプスを眺めながらの下道へ。
大好きな北アルプスを横目に、やっぱりいいよな..なんて呟きながら空気の澄んだ白馬を進み目的地へ。



ギリギリ路面降雪も回避し、お気に入り撮影ポイントへ。
雲が出てきて残念だけど、相変わらずの雄大さに感激しつつ、暫し撮影。






途中同じように撮影に来られていたNAロードスターのオーナーと会話を交わしつつ、GP1との黄昏時を楽しむ。
嗚呼、今回は曇りだったからまたここへ来る理由が出来たナ、なんて。
で、次も有名な撮影スポットへ。
雲を利用して撮影出来ないかなーと試行錯誤。



オフロードカーにはこのアングルだろうね。




ここもまたGWにはリベンジしたいな、、と。
結局GWどころじゃなくなってしまい無念....だね。

で、148号を更に北上。
姫川沿いをトラックの車列に紛れながらトロトロと日本海へ向かう。




もっと前に同じ様に富山に行った際に撮った写真も。
丁度電車が来たのでコラボしてみた。

そのまま親不知へ。
澄んだ日本海沿いの断崖絶壁が気持ちいいよね。



特に飛ばすこともなく、お気に入りの音楽と共に気持ちよくドライブ。
フーイ!!と機嫌よく独り言が出てきちゃうよね。



個人的にはここの区間は漁村や道の駅に立ち寄りつつ下道を行くのが好きかな。

富山に入る頃には夕方も近づき、そそくさと立山連峰を背に撮影。
いやー立山連峰、いつ見ても雄大で美しい、、




道中至る所が撮影スポット。
でも、、やっぱり雲の無い晴天にリベンジだな。




いやーイイね。



で、本来の目的の寿司。
氷見産のノドグロ。もう最高。
この為だけに来た甲斐がある。思わずおかわりしてしまう。



ホテルへ行く前に海王丸を軽く眺め、良い1日だったなと、また黄昏れてみる。
ホテルに着いて温泉を満喫しつつ、撮影した写真を振り返り。



翌朝海王丸パークで軽く撮影して帰路へ。
帰りは飛騨高山経由の上高地か木曽で迷い、結局木曽にすることに。

あまりに気持ちいいワインディングの連続で、写真を撮るのも忘れて快走。少し狭めのワインディングから気持ちのいい路面の綺麗なワインディングまで、R53が水を得た魚の如く疾走する。

キュィーーン、バフっ、フォーン、パンパンパンッと、ペンタゴンからパワーを絞り出して高原や山々に音を響かせていくこの感じ。
クルマと対話しながらのスポーツドライビング。
やめられないよなー。


予想以上に木曽周辺が良かったもんで、今度は木曽にも宿取って二泊で行きたいナ。


北アルプスから南アルプスまでのツーリング、また紅葉の季節にでもリベンジ出来るといいんだけどなー。
それまでにはGPもリフレッシュしておきたいもんだね。

何はともあれ今回の北陸ツーリングも最高だった。
Total 1,000km2日間、改めてツーリングの楽しさを再認識したね。
Posted at 2020/05/17 23:42:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年02月15日 イイね!

冬の富士山

冬の富士山冬は空気が澄んで景色が綺麗だよね。

サムネは山中湖で撮影したものだけど、今回は西へ。
オフシーズンはワインディング無しのツーリングも悪くないなーってことで、焼津まで新鮮な海鮮を食べに足を伸ばすことに。

箱根まではいつも通り。
沼津から先はひたすらバイパスを行くルートで向かうことにした。

お初の沼津〜静清バイパスは流れも良いし、これなら高速使わずとも快適だよね。朝日を浴びて走る海沿いの道は本当に気持ちいい。
静岡は道路行政が行き届いてるなァなんて考えていると、大崩海岸に到着。



撮影を楽しんだ後は、焼津で朝食。
写真は忘れたんだけど、早朝より営業している食堂にブラリ立ち寄り。美味かったなー。
人情味溢れるおばちゃん達が切り盛りしていて、朝からほっこり。



有名な観光地と比較してリーズナブルに新鮮な海鮮を楽しめる。



画像は公式HPから


満足した後は日本平経由で三保海岸へ。





車を入れての撮影となると、山中湖よりいいかもね。
暫し景色を眺めつつ一服。

心身リフレッシュした後は、富士山を拝みながら行きと同じバイパスで帰路へ。



燃費も軽く13.0kmを超えるし、こんなのんびりツーリングも悪くないよなー。
静岡、なかなか良いところだったね。
Posted at 2020/02/16 00:27:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年11月19日 イイね!

大台突破

大台突破先日、遂に10万キロの大台突破。

手元に来て3年9ヶ月で達成、、どんだけ乗ってるんだ...週末趣味車で年間2万キロオーバーってもう 笑


この日も思い付きで伊豆は下田までタイを食べにひとっ走りしている最中だった。

いやしかしこのままのペースだと、あと5年足らずで20万キロ突破ダナ。
うーん、、こりゃ本格的にセカンドカー導入か、、
ボーナスへ向けて悪巧みが止まらないねー(そろそろ若気の至りでは済まされそうにないけど、、

そんなことを考えながら弓ヶ浜まで。
冬から春にかけてのオフシーズンにここでノンビリと海を眺めるのが好きなんだよね。


その後はいつもの松崎〜堂ヶ島〜西伊豆スカイラインとテンポよく流していく。
西伊豆スカイラインはハイスピードコーナリングから低速タイトコーナーまで緩急つけながら20km程を駆け抜けるお気に入りのワインディング。
いつ来てもサイコーだな。

後はトロトロと箱根を抜けて帰路へ。

いや〜やめられないね。
Posted at 2019/11/19 19:51:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年11月14日 イイね!

国道最高地点へ

国道最高地点へ久しぶりに気が向いたので、ブログでも...

北陸ツーリングを終え、余韻に浸りつつ、更なる絶景を求めて大好きな志賀へ。

冬は何シーズンもお世話になってきた志賀高原。


実は車で登れるシーズンに志賀草津道路に行ったことって殆ど無くて、いずれも天気はすぐれなかった印象だったなーと。



AM3:00には自宅を出発。
冬を目前に段々と冷える様になったナ、、と。

眠気の残った頭をホットコーヒーで覚ましつつ、高速を一気に流し、軽井沢へ。
10万キロを目前にしたペンタゴンユニットは絶好調。

折角だから白根火山ルートを流していくかなーと。
朝焼けの中を、少し窓を開けて気持ちよく流す。



澄んだ空気の中の浅間山を横目で見て、「やっぱイイわ」と独り言。

そのままの勢いで万座ハイウェイへ。
お初の有料道路。
似た様なコーナーが続くワンパターンなワインディングで、攻め込むってより、少し早めのペースで流す位が気持ちいい印象。

そして、万座温泉あたりから標高の高さを感じさせる景色に変わってきて、テンションが上がる。


この天気の良さなら恐らく完璧な絶景だろうナ、、と心躍らせ最後の一息を駆け上がり、遂に志賀草津高原ルートへ。



「嗚呼、完璧だ。最高だわ。来てよかった。」
もうね、この独り言に尽きる素晴らしさ。



日本国道最高地点。朝日を浴びた景色は何とも言えない"光景"。



暫しGPの撮影を楽しみつつ...


景色を堪能。。





日本で1番高い道路。
日本で1番澄んだ空。
俺のGP。

そんなカッコつけた言葉を並べたくなる位の世界。
ホント、静寂が気持ち良い。




スキーでお世話になるこの辺にも。


AM8:00になり、草津方面へ。


ここらの時間からは、観光客が増えて朝の特別な雰囲気は終了カナ、、タイミングを図って撮影。


そして下山。
ああそうそう。国道を走りながら、冬はスキーのコースだったよなーなんて思いつつ、一気に木戸池まで。


紅葉具合はイマイチだけど、それなりに雰囲気を楽しみ、名残惜しくも次へ進路を取る。この辺まで来ると、緩やかな観光道路なので、惰性に任せて流しつつ、横目で紅葉を楽しむ感じ。

で、次なる目的地のビーナスラインへ向け、菅平高原経由のワインディングラン。


この辺も中々の紅葉具合。やっぱ信州はツーリング天国だな、、と実感が増してくる。



あと、毎度思うんだけど、信州の山の景色は油絵の世界にいる様。普通の田舎道でさえ、絵になる光景が堪能出来る。

ただ、先日の台風の爪痕がそこかしこにあり、早期の復旧を願うばかり。ビーナスラインへの入線も通行止めをかい潜りといったところ。

こちらもなかなかの絶景。
何より攻め甲斐のあるワインディングが気持ち良い。
今回は早朝ではないので、ゆっくりと流しつつ撮影。



もう今シーズンは最後の走行かなー。
来春までしばしのお別れ。

そのまま八ヶ岳エコーラインを流しつつ、有名な撮影スポットへ。
本当は朝の方が綺麗に撮れるんだけど、ついでに立ち寄り撮影。


朝練もいいけど、偶のロングツーリングも充実感ある。
やっぱクルマはサイコーだな。

次は何処に行こうかね。


こんなんだから、週末しか乗らないのに年間2万キロ以上走っちゃうんだよなぁ、、(セカンドカー導入かな。。


Posted at 2019/11/14 23:27:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「公道でヤリスGRに初遭遇〜。
意外とデカくて車高高いね、、Bセグって感じではない。
FN2と大して変わらないサイズ感。うーん」
何シテル?   10/25 17:25
ココは気が向いた時の備忘録程度にしてる。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ディクセルブレーキローターPDとブレーキパッド 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/04 20:45:14
続・代車生活 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/24 07:50:39
r53 マフラーカッターについて。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/26 20:33:03

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
初代New MINIの世界観に引き込まれちゃったんだなぁ。 John Cooper W ...
ミニ MINI ミニ MINI
03モデルR53型。 10万km近い物件を格安で購入。 おんぼろなのに古さを感じさせない ...
ホンダ シビックタイプRユーロ ホンダ シビックタイプRユーロ
初のマイカー。 そして初のMT車。色々なところ走って練習したなー。 1年半ほど乗ったけ ...
ホンダ Z Zさん (ホンダ Z)
免許取って初めての車。 小学生の頃に新車で我が家にきて以来の愛着のある車。 こんな小さな ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.